性感染症〔尿道炎・梅毒・ヘルペス・AIDS〕-細部医院-細部 高英院長

細部医院<泌尿器科・内科>

東京都文京区根津1-1-15
TEL:03-3822-6858
・院長 細部 高英

◇診療時間(月・火・水・金)
9:00~12:00
15:00~19:00

(土):
9:00~12:00
13:00~15:00

・休診
(木)(日)

☆細部 高英 院長  
S36.4.28生まれ
名古屋保健衛生大学医学部62年卒業後、慈恵医大にて研修医修行。
平成元年より、慈恵医大泌尿器科学教室助手として勤務。
平成11年8月 S61年に他界閉院した細部医院を再建。
平成8年医学博士号取得。

○泌尿器科とは
http://www.hosobeclinic.jp/cgi-bin/hosobe_s/siteup.cgi?category=1&page=1
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・泌尿器科の診察を受けるのは、はずかしい、何をされるんだろう?といった理由で
敷居が高い、どうも行きづらいという話をよく聞きます。

確かに、高学年のおねしょから、高齢者の尿失禁、男性性機能障害、包茎、性行為感染症など、
他人に相談できないが病院・診療所にも行きにくいと思います。

しかし、これらは風邪と同じ病気の1つなのです。
そういう方たちにかかりやすい・相談しやすい診療所を目指し、日々の仕事をしています。

実際に泌尿器科医が診る臓器・病気はどんなところでしょう。
尿は毎日1~1.5リットル作られます。1日5~8回の排尿ですてられます。
尿は腎臓で作られ、その尿のでき始めの腎臓から尿の通過する尿管、貯める膀胱、
最後の尿道と尿の通る道、尿路の病気を診ます。それに男性の生殖器をみる診療科です。


●主な診療内容
| 性感染症 | ED(勃起障害) | 包茎について | 前立腺疾患 | 尿失禁 | 血尿 |

◆性感染症〔尿道炎・梅毒・ヘルペス・AIDS〕について
性行為感染症(STD;Sexicial Transmitted Disease)

・初めに、性感染症はHIV以外はすべて保険適応の疾患です。自費での診療所もありますが、高額になりますので健康保険での診療をお勧めします。

淋病・クラミジア性尿道炎は近年も増加してきています。淋病は抗生剤と耐性菌とす。
最近、多剤耐性の淋菌が多く報告されています。早期治療と感染予防を徹底しないといけません。
また、口腔内の淋菌の存在も注目されており、風俗店での口腔性交による感染が増加しています。

また、AIDSも患者数が増えており、異性間の性行為感染がおおくなっています。
淋病・クラミジア尿道炎は粘膜にただれを起こし、ウイルスの進入確率が高くなります。
しっかりとした治療と感染の認識がもたれなければいけません。

AIDSの治療も確立されてきており、早期発見、早期コントロールが有効です。
また、ウイルス感染では他に尖型コンジロームと陰部ヘルペスがあります。
コンジロームは薬品あるいは電気メスによる約灼、OP、ヘルペスは内服にて抑えます。
両者とも再発の多い病気です。

STDは自分本人だけでなく、パートナーに感染させたり、母子感染で子供にうつしたりします。
感染回避と予防、早期発見、正しい治療が必要です。

★包茎について
小児の包茎は、真性包茎でも軟膏をつけながら自宅での拡張運動にてちんちんの皮が伸びて
80%の児が痛い思いをせずに治ります。

●大人の包茎は、真性包茎と陥頓包茎のみが治療が必要で、保険適応のある手術です。
仮性包茎は保険適応でありませんが、ほとんどが手術不要のものでありよく相談してから手術を
決めてください。


◇交通アクセス
東京メトロ千代田線 根津駅より徒歩1分
都バス 根津駅より徒歩30秒
◇アクセスマップ
http://www.hosobeclinic.jp/cgi-bin/hosobe_s/siteup.cgi?category=1&page=3
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle