脳卒中、頭痛、めまい、けいれん発作、パーキンソン病、重症筋無力症など-東京都済世会中央病院-高木誠 院長

東京都済世会中央病院

〒108-0073
東京都港区三田1丁目4番17号
TEL:03-3451-8211(代表)
・院長 高木誠 
http://www.saichu.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇診療受付時間受付:
月曜日~土曜日 午前8時~午前11時30分

■受付時間
予約されていない方 : 午前8時 ~ 午前11時30分 (診察開始時間は午前9時~)
予約されている方 : 午前8時 ~ 予約時間 (診察開始時間は午前9時~)


■受診されるすべての方へ
○ 診察は基本的に予約制としております。詳しくは各科外来へお問い合わせ下さい。
○ 臨時変更となる場合があります。その際は各科外来に掲示いたします。
○ 保険証をお持ちにならない場合は、自費扱いになる場合があります。
○ 原則的に、第三者によるけが(交通事故等)の場合は、自費扱いになります。
○ 日曜・祝日、創立記念日(5月30日)、年末年始(12月30日~1月4日)は休診となります。(救急外来は除きます。)

~各科からのおしらせ~

・糖尿外来 : 月・水曜日は午後2時30分まで診察の受付をいたします
・心療科 : 初診は完全予約制、再診は原則予約制としております
・形成外科 : 火曜日は休診いたします
・脳外科 : 木曜日は手術日のため9時半までの診察となります。
 また、手術の内容により休診する場合もありますのでご注意下さい。
・眼 科 : 水曜・金曜日は午後3時まで診察の受付をいたします
・歯 科 : 午前・午後ともに完全予約制です。


◆診療科案内
総合診療内科 消化器内科 呼吸器内科
神経内科 糖尿病・内分泌内科 血液・腫瘍・感染症内科
腎臓内科 循環器科 一般・消化器外科
乳腺・内分泌外科 血管外科 心臓血管外科
呼吸器外科 脳神経外科 脳血管内治療科
整形外科 形成外科 泌尿器科
婦人科 眼科 耳鼻咽喉科
皮膚科 小児科 精神科(心療科)
歯科・口腔外科 リハビリテーション科 放射線科
麻酔科 病理診断科 人工透析室
薬剤部 臨床検査科 栄養管理科
臨床工学科 放射線技術科 化学療法センター
緩和ケア科 放射線治療科


◇神経内科
http://www.saichu.jp/practice/a04.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

○当院の神経内科は、脳血管治療科、脳神経外科と協力し、脳卒中センターで脳血管障害の診療に積極的に取り組んでいます。頭痛、めまい、しびれなどの神経系の症状や、パーキンソン病、重症筋無力症などの神経疾患の診療も行っております。また内科の一部門として、各種内科疾患に伴う神経合併症を含め、総合的な診療を行っています。

◇治療内容・特色・実績

神経内科の病気として、最も多いものは脳血管障害(脳卒中)です。当院では、脳血管障害急性期の診断・治療に、特に力を入れており、脳血管治療科、脳神経外科と一体となり、脳卒中の患者さんひとりひとりに最良の診療を目指しています。さらにCT・MR・超音波検査等の画像診断とリハビリテーションを行う理学療法士・言語聴覚士、社会的な介護を支援する医療相談室などの専門スタッフと、チーム医療をモットーに診療を行っています。また、血管外科と脳血管治療科との連携により、頚動脈狭窄病変に対しては内膜切除術による手術治療や血管内治療に関して、その適応を厳格に検討しています。年間の神経内科病棟入院患者は約800名でそのうち、脳血管障害は約200~250人です。
脳血管障害以外では、頭痛、めまい(前庭神経炎など)、けいれん発作などの急性疾患や、パーキンソン病、重症筋無力症などの難病の方も入院治療されています。
外来部門では、2000名以上の方が月曜から土曜までの午前と午後の専門外来に定期的に通院されています。初診外来は総合内科外来の一部門として月・土曜を除く午前中に診療にあたっています。
脳血管障害をはじめとして神経内科疾患でも、専門的な治療のみでなく、内科全般の一疾患として総合的な診療が重要と考えています。スタッフは神経学会専門医、脳卒中学会専門医と同時に内科学会専門医の資格を持ち、内科の一部門の神経内科として、診療にあたっています。


■神経内科とは?
神経内科は、“心療内科”や“精神神経科”などと響きが似ており、わかりにくいと感じる方も少なくないかも知れません。神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉におよぶ疾患を扱う内科の専門分野の一つです。神経内科を受診される方の主な症状は、頭痛、めまい、しびれ、物忘れ、ものがだぶる(複視)、ろれつがまわらない(構音障害)、むせる(嚥下障害)、力がぬける(運動麻痺)、ふらつく(歩行障害)、けいれんする、意識がなくなる(失神や意識障害)などです。こうした多彩な症状で受診される方々の診断と治療、再発予防とケアを目指す診療科ですが、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻科、心療科、循環器科など関連する診療科のご協力も不可欠です。当科で対象となる主な疾患としては、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、てんかん、片頭痛、脳炎、髄膜炎、多発性硬化症、神経変性疾患(パーキンソン病とその関連疾患、脊髄小脳変性症など)、認知症、ジストニア、重症筋無力症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性ニューロパチー、などに加えて、内科的疾患の神経合併症があります。
ひとりひとりの症状とその経過や既往を踏まえ、内科的な診察に加えて神経学的な診察を行い、頭部MRIや脳波など適切な補助検査を参考に、診断と治療方針を決めてゆく過程で、遅滞のない最善の治療とケアを目標としています。無限の可能性を秘めた大脳をはじめ、神経系を守るために努力を重ねていますが、まだ原因不明の疾患や治療法が確立していない疾患もあり、残された機能をいかに守りながらケアあるいはリハビリを進め、病気や障害と前向きに共存してゆくのかも重要な課題です。


◎医師のご紹介

☆高木誠 院長
慶應義塾大学 昭和54年卒業
日本内科学会 専門医・指導医、日本神経学会 指導医、日本脳卒中学会専門医

☆星野晴彦 部長  
慶應義塾大学 昭和58年卒業
日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、
日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本医師会認定産業医

☆足立智英 医長  
島根医科大学 平成元年卒業
日本内科学会 専門医・指導医、日本神経学会 指導医、日本脳卒中学会 専門医、
日本老年医学会 専門医

☆荒川千晶 副医長  
東京慈恵会医科大学 平成12年卒業
日本内科学会 認定医、日本神経学会 専門医、日本脳卒中学会 専門医

☆温井孝昌 医員  
富山医科薬科大学 平成15年卒業
日本内科学会 認定医

☆大木宏一 医員  
慶應義塾大学 平成12年卒業
日本内科学会 認定医、日本神経学会 専門医、日本脳卒中学会 専門医、日本医師会認定 産業医

☆米田純子 専修医  
浜松医科大学 平成17年卒業
関根真悠 専修医  福岡大学 平成19年卒業

☆高木康行いすゞ病院名誉院長 非常勤

☆守屋里織 非常勤


●参照(高木誠 院長より):
血圧の測定は診療所や病院で測った値だけでなく、自宅での血圧値が大切。
特に朝起床してから1時間以内の血圧値が日中測る血圧値よりも脳卒中の発症に関係していることが明らかになっています。
医療機関で測定した場合の高血圧の基準は140/90mmHg以上ですが、自宅で測った場合はそれよりも5mmHg低い135/85mmHgが高血圧の基準。
毎日朝の血圧を測定して135/85mmHgを越えていることが多い場合は要注意です。


◇交通アクセス

■地下鉄
 ・都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口より徒歩3分
 ・都営三田線 「芝公園」駅 A-2出入口より徒歩8分
 ・東京メトロ南北線 「麻布十番」駅 3番出入口より徒歩8分

■J R
 ・山手線・京浜東北線「田町駅」三田口より徒歩18分

■バス
 ・都バス「赤羽橋駅前」停留所下車徒歩1分 「都バス運行情報」
 ・ちぃばす(港区コミュニティバス)「赤羽橋駅前」停留所下車徒歩1分 「バスナビシステム」

■車
 ・首都高速をご利用の場合、芝公園出口より3分
当院の駐車場は有料となっております。(15分100円)

※駐車場ご利用の際の無料、割引等のお取り扱いは致しておりません。 収容台数に限りがございますので、ご来院の際はなるべく電車又はバスをご利用下さい。(収容台数100台)

Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle