糖尿病、高脂血症、高尿酸血症等の代謝疾患および、甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患等-順天堂大学医学部附属順天堂医院-綿田 裕孝 教授

順天堂大学医学部附属順天堂医院

〒113-8431
東京都文京区本郷3丁目1番3号
TEL:03-3813-3111(大代表)
・院長 崎 芳成

http://www.juntendo.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて外来を受診されるかたへ
当院は「特定機能病院」として厚生労働省から承認された病院ですので、
原則として他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)が必要です。
診察を円滑に行うためにも、ご持参くださるようお願いいたします。
なお、紹介状をお持ちでない場合でも、受診していただくことは可能です。

1.紹介状をご持参の方 かかりつけ医、検診センター等からのご紹介
2.紹介状をお持ちでない方 初回および再来初診(※1)の会計時に「特定医療費(※2)」として3,150円(自費)を申し受けます。
(※1)再来初診・・・当院最終来院日より6ヶ月以上経過した場合を指します。
(※2)特定医療費・・・健康保険法により、特定機能病院が算定できる費用です。


◇外来診療時間のご案内

・受付および診療時間


=受付時間=
月曜日~金曜日     土曜日
◎午前
初診 8:00 ~ 11:00 8:00 ~ 11:00
再診 7:00 ~ 11:00 7:00 ~ 11:00
◎午後
初診 11:30 ~ 15:00 ※11:30 ~ 14:30
再診 7:00 ~ 15:00 ※7:00 ~ 14:30

◇診察時間
月曜日~金曜日     土曜日
午前 9:00 ~ 12:00 9:00 ~ 12:00
午後 13:00 ~ 16:00 13:00 ~ 15:00

※メンタルクリニック外来の受付時間は30分早く終了しております。ご注意ください。
※土曜日午後の外来診療は、一部の診療科で行っております。詳細は各外来にご確認ください。
※診療科により受付時間が異なる場合がありますので、各外来にご確認ください。

【休診日】
日曜日、第2土曜日、祝日、創立記念日(5月15日)、年末年始(12月29日~1月3日)

◎祝祭日の昼間(9時~16時)の診療体制について
この度、救急診療体制の強化を図り、患者さまの待ち時間を短縮化するために、祝祭日の昼間(9時~16時)の時間外診療体制と致しまして、緊急性の高い救急患者さまを従来通り、2号館1階救急部で診療を行い、予約の患者さまや慢性安定期の患者さまに関しては、1号館1階1A外来で別途、診療を行うことと致しました。今後とも、患者さまのための、安全で安心できる救急診療体制を構築してゆく所存でございます。なお、ご不明の点がございましたら、何なりと職員にお尋ねくださるようお願い申し上げます。
-院長-


◆診療科

総合診療科 循環器内科
消化器内科 呼吸器内科
腎・高血圧内科 膠原病・リウマチ内科
血液内科 糖尿病・内分泌内科
メンタルクリニック 脳神経内科
小児科・思春期科  
食道・胃外科 大腸・肛門外科
肝・胆・膵外科 乳腺科
心臓血管外科 呼吸器外科
小児外科・小児泌尿生殖器外科 脳神経外科
整形外科・スポーツ診療科 形成外科
皮膚科 泌尿器科
眼科
コンタクトレンズ 耳鼻咽喉・頭頸科 [動画]
放射線科 産科・婦人科
救急科 麻酔科・ペインクリニック
臨床検査医学科 歯科・口腔外科
病理診断科 予約診察室
リハビリテーション科

・乳腺センター ハートセンター
・小児科・小児外科・周産期母子メディカルセンター(母子医育支援センター)
・がん治療センター(化学療法室・緩和ケアセンター)


◇糖尿病学・内分泌内科

当科の対象疾患は、糖尿病、低血糖症、甲状腺疾患、脳下垂体疾患、副腎疾患、副甲状腺疾患、尿酸代謝異常、脂質代謝異常等広範囲に及びます。医学は日々進歩しておりますが、すべての内分泌代謝疾患に専門的に対処するために、医局員一同、最新の知識をとり得れるよう努力しております。
特に、当教室が診療面、研究面で力を注いでいる疾患が糖尿病です。糖尿病は、今や国民病と言えるほどの増加をたどっております。糖尿病はインスリンを産生する膵β細胞の機能不全および、インスリン作用を受ける肝、および骨格筋におけるインスリン抵抗性のために起こる全身の代謝異常症です。この代謝異常が、全身の動脈硬化症を進展させ、同時に、糖尿病に特有な細小血管合併症を誘発します。さらに、糖尿病は癌のリスクを高め、痴呆症のリスクも高めることが明らかになっています。従って、当科におきましては、糖尿病の各ステージにおける病態を解明し、更に、その病態に沿った治療法の開拓をテーマとして、日々、基礎研究、臨床研究を行っております。従いまして、当科受診の患者さんには、現時点での最善の糖尿病治療を提供できるものと自負しております。
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/tonyo_naibunpitsu/shinryo.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●患者さんとご家族のみなさまへ
糖尿病・内分泌内科では、主に糖尿病、高脂血症、高尿酸血症等の代謝疾患および、甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患等の内分泌疾患を診察しております。初診患者さんは、基本的に初診外来を受診していただいた後に、疾患の種類や、患者さんの都合やご希望を考え、2回目からは、それぞれの患者さんに相応しい外来担当医が診療にあたる方針にしております。当科では、特に、糖尿病の診療を得意としております。

・糖尿病ってどんな病気?

○ご存知の通り血糖値が上がり、尿の中に糖が出てきてしまう病気です。
教科書的には、多尿・口渇・多飲といった症状があります。しかし実際は、ほとんど何も症状を感じていない方が多数おられます。
自覚症状がなくても血糖値が300~500mg/dl位まで上昇していることもあります。この状態を放っておくと、ある日突然合併症が出現することも十分考えられます。

●治療
基本は食事療法です。つぎに、運動療法です。この両者を行ってみて、血糖値が改善しない場合は、内服薬を併用し、必要に応じて、インスリンも使います。
<食事療法>
ご自身の1日必要摂取カロリーを把握して、それを守るようにしましょう。 当科では、栄養士と協力して、ご自身の日頃の食生活を上手に管理できるようになるようにお手伝いします。
<運動療法>
運動の基本は1日1万歩です。ただし、正しい運動量・運動回数は個人差が大きいので、必ず医師に確認しましょう。当院ではスポーツクリニックで、運動療法士と個別にご相談できるシステムもございます。
<薬物療法>
今、使用されている薬剤は本当にご自身に合っていますか?内服薬については、担当医や薬剤師と必ずご相談下さい。ただし食事療法が全くできなければ、どんなにインスリンを注射しても、内服薬を飲んでも動脈硬化を抑制することは困難です。インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモンで、この作用が足りないから糖尿病になるわけですが、同時に、食べたいだけ、食べて、血糖値を下げるのに必要なインスリンを射てば肥満になります。従って、正しい食事療法と、必要最小限の薬剤量で糖尿病を管理することが重要です。
糖尿病である。あるいは、その予備軍であると言われ、病院への受診を勧められているが、病院に行くべきかどうか迷っている方、以上の理由でより早期の病院への受診をお勧めします。どうぞお気軽に、当科の医師に相談しにお越しください。また、「他の病院でこのように診断されましたが、順天堂ではいかがでしょうか?」といったセカンドオピニオンをご希望される方も増えており、われわれの診療の範囲内で、出来る限りお答えしております。
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/tonyo_naibunpitsu/kanja.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


☆綿田 裕孝 教授

大阪大学医学部 平成2年卒
専門分野 糖尿病学・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内分泌学会(専門医、指導医)
日本内科学会(認定医)
日本医師会(認定産業医)


☆河盛 隆造特任教授 

大阪大学医学部 昭和43年卒
専門分野 糖尿病学・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内分泌学会(専門医、指導医)
日本内科学会(認定医)


☆弘世 貴久 先任准教授(先進糖尿病治療学講座併任) 

大阪医科大学医学部 昭和60年卒
専門分野 糖尿病学・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内分泌学会(内分泌代謝科専門医、指導医)
日本内科学会(認定医)
日本医師会(認定産業医)


☆大村 千恵 准教授 

順天堂大学医学部 平成2年卒
専門分野 糖尿病(妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠)・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内分泌学会(専門医、指導医)
日本内科学会(認定医、専門医)
日本医師会(認定産業医)


☆藤谷 与士夫准教授(先進糖尿病治療学講座併任) 

大阪大学医学部 平成3年卒
専門分野 糖尿病学・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医)
日本内科学会(認定医)
日本医師会(認定産業医)


☆金澤 昭雄 准教授(病棟医長) 

滋賀医科大学医学部 平成4年卒
専門分野 糖尿病学・内分泌学
資格 日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本内科学会(認定医)
日本医師会(認定産業医)

ほか


◇交通アクセス
● J R線 「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水口) ・・・・徒歩約5分
● 地下鉄 (丸ノ内線)「御茶ノ水」駅下車 ・・・・徒歩約5分
    (千代田線)「新御茶ノ水」駅下車 ・・・・徒歩約7分
● バ ス (東京駅北口-荒川土手)順天堂前下車  
    (駒込駅南口-御茶ノ水駅)順天堂前下車  
● お車 駐車場案内:http://www.juntendo.ac.jp/hospital/intro/map_parking.html 
●1号館駐車場
稼動時間:6:00~21:00(診療日、休診日共)
駐車台数:177台(平面駐車96台、立体駐車81台)
料金:20分200円
 割引制度
 1.身体障害者手帳、愛の手帳をお持ちの方は半額割引
 2.立体駐車場をご利用の方は、20分割引があります

※ 当院の駐車台数には限りがあり、歩行に苦慮されている患者さん優先とさせていただきたく、ご来院の際には、なるべく公共交通機関をご利用くださいますよう、地球環境保全の観点からもお願い申し上げます

Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle