インフルエンザ、麻疹、風疹、腸管出血性大腸菌感染症、鳥インフルエンザ、百日咳、日本脳炎、予防接種情報

●「つぶやき」予測
ツイッターで「インフルエンザ」という文字を含むつぶやきを自動的に集計し、
地域別の数を公開するホームページを作成したという。

●インフルエンザ ツイッター
http://tweetflu.jp/
(※上記リンク先にてご確認ください)

。。。。。。。。。。。。。。。。。

国立感染症研究所感染症情報センター

 
〒162-8640 
東京都新宿区戸山1-23-1
Tel:03-5285-1111(内:2538) Fax:03-5285-1129

http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


◆インフルエンザの流行。
予防に努めたいですね。
以下に簡単にまとめてみました。


★インフルエンザの主な感染原因:

「飛まつ感染」⇒ せき、くしゃみ、などで空気中に飛ぶ細かいつばなどによるもの。
「接触感染」⇒ ウイルスが付着した手で、口やのど、鼻などに触れて感染するもの。

感染防止:手洗い。手の甲だけでなく手首や指先、指の間まで、石鹸と流水で15秒以上洗う。
濃度が60~80度の速乾性のアルコール消毒剤を使うのもウイルスを死滅させるのに効果的だという。

感染を広めない方法:「せきエチケット」⇒マスクの装着が有効。
素材はガーゼではなく不織布製のものが良いという。
鼻筋に合うように鼻と口を覆いゴムひもを耳にしっかり固定する。
1日1枚を目安に使い捨てにするか、マスクを替える。

マスクをしていない時には、ティッシュなどで口や鼻を覆い、他の人から顔をそむけるようにする。
覆うものがない場合は、袖口で口を押さえて飛まつが飛ばないようにする。

ワクチンは接種してから効果が発揮されるまで約2週間かかるという。
接種したからといって発症を完全に防げるわけではないので注意。

かかったときは、抗インフルエンザ薬の治療などで、外出を避け安静にする。
熱が下がっても、体内のウイルスは消えず感染力は残っているので、解熱後も最低2日間は外出を避けた方が良いという。


●RSウイルス(respiratory syncytial virus)による急性呼吸器感染症。
乳児期の発症が多く特徴的な病像は細気管支炎、肺炎である。
病原体は、RSウイルス(respiratory syncytial virus)

Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle