小児腫瘍-白血病・リンパ腫、肉腫、脳腫瘍-国立がん研究センター、牧本 敦科長

国立がん研究センター中央病院

〒104-0045
東京都中央区築地五丁目1番1号

独立行政法人国立がん研究センター理事長
嘉山 孝正


http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)



◇初めての受診予約のご案内:
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/consultation/jushin.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎初めて受診(初診)を希望される方は予約が必要です。
・ 下記「初診予約受付」へお電話で予約をおとりください。詳しくは、1.初診予約の方法をご参照ください。
  初診予約電話受付(03-3547-5130) 10:00~16:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)
・ 次の科はFAX予約が必要です。詳しくは、FAXによる初診予約をご参照ください。
  乳腺・腫瘍内科、消化管内科、泌尿器・後腹膜腫瘍科

●当院は特定機能病院のため、他の医療機関の医師からの紹介により受診していただくシステムを採用しております。予約の際には紹介状をご用意の上、ご連絡ください。初診の患者さんの病状について時間をかけて診察することができるように、原則として初診の予約をおねがいしています。初診の予約申し込みは患者さんご自身が紹介状をご用意のうえ、初診予約受付電話(03-3547-5130)に電話してください。受付時間は10:00~16:00です(土、日、祝日、年末年始を除く)。初診の予約は、手術などの都合により科によって異なりますが、早い診療科では翌日に予約をとることができますので、電話での予約をお願いいたします。

●来院時、がんと診断される根拠となった資料(診断画像を記録したCD-ROM・フィルム・病理レポート・病理標本など)を前医より借用してお持ちいただきますと、より迅速に病状を把握することができ、検査の負担軽減や治療方針決定などに役立ちます。

(1)次の科は患者さんの数が多く、よりよい診療を行うためにFAXによる診療予約をお願いしております。
 ・ 乳腺・腫瘍内科 (婦人科腫瘍内科・原発不明がんを含む)
 ・ 消化管内科
 ・ 泌尿器・後腹膜腫瘍科
    詳しくは、FAXによる初診予約をご覧ください

(2)病状の緊急性を考え、次の科では、原発性脳腫瘍または骨軟部腫瘍と診断されていれば、予約なしに受診することができます。ただし、予約の患者さんの診療を優先しますので、お待たせすることがありますのでご理解をお願いいたします。
 ・ 脳脊髄腫瘍科 平日(9:00~16:00)
 ・ 骨軟部腫瘍科 平日(9:00~12:00)

(3)次の科では、医師からの紹介状がなくても検査結果があれば、医師からの紹介状がなくても予約をとることができます。ただし、紹介状がない場合には、再検査が必要になることが多く、特定療養費(8,400円)が追加されます。
 ・ 脳脊髄腫瘍科 (CTまたはMRI)
 ・ 乳腺外科   (がんと診断された患者さんのみ。検診異常、二次検診は不可)

(4)これまでのがん治療についての悩みについて時間をかけて相談する場合には、がん相談対話外来をご利用ください。


◆診療内容

脳脊髄腫瘍科
眼腫瘍科
頭頸部腫瘍科・形成外科
頭頸部腫瘍科
形成外科
乳腺科・腫瘍内科
乳腺外科
乳腺・腫瘍内科
呼吸器腫瘍科
呼吸器外科
呼吸器内科
呼吸器内視鏡科
消化管腫瘍科
食道外科
胃外科
大腸外科
消化管内科
消化管内視鏡科
肝胆膵腫瘍科
肝胆膵外科
肝胆膵内科 泌尿器・後腹膜腫瘍科
婦人腫瘍科
骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科
皮膚腫瘍科
血液腫瘍科・造血幹細胞移植科
血液腫瘍科
造血幹細胞移植科
小児腫瘍科
総合内科
総合内科
歯科
麻酔科・集中治療科
麻酔科
集中治療科
緩和医療科・精神腫瘍科
緩和医療科
精神腫瘍科
放射線診断科
放射線治療科
病理科・臨床検査科
病理科
臨床検査科


◇小児腫瘍科

小児腫瘍は、通常15歳以下の子どもに発生する悪性腫瘍を指します。約3分の1が白血病・リンパ腫、残りの半分近くが脳腫瘍で、脳腫瘍以外の小児固形がんの多くは、身体の深部から発生する「肉腫」または、胎児性組織が悪性化した「芽腫」と呼ばれるものです。小児腫瘍科は、関連の各診療科と連携しながら、これら多種多様な小児腫瘍※の治療を担当します。また、芽腫や肉腫は希に成人にも発生するため、小児腫瘍科で治療を行うこともあります。

※ 小児腫瘍科の対象疾患
■造血器腫瘍
急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病悪性リンパ腫(リンパ芽球性リンパ腫、大細胞性リンパ腫、バーキットリンパ腫など)、他
■脳腫瘍(脳脊髄腫瘍科との連携)
髄芽腫、神経膠腫、上衣腫、胚細胞性腫瘍、他
■その他の固形腫瘍
神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫、網膜芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、骨肉腫、
その他の骨軟部肉腫、胚細胞性腫瘍、他

http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/clinic/pediatric_oncology.html#01
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)



☆牧本 敦(まきもと あつし) 科長
1992年 徳島大学医学部医学科卒
小児造血器腫瘍
小児固形腫瘍・骨軟部肉腫 小児科学会専門医
がん治療認定医
認定感染管理医師(ICD)

・メッセージ:小児腫瘍科は、小児~若年成人に発症する造血器腫瘍、胎児性腫瘍、骨軟部腫瘍、脳腫瘍など全ての疾患の集学的治療に対応します。



◇交通アクセス

・都営地下鉄 大江戸線 築地市場駅A1番出口から徒歩3分

・東京メトロ 日比谷線 築地駅2番出口から徒歩6分

・都営地下鉄 浅草線 東銀座駅6番出口から徒歩7分

・東京メトロ 有楽町線 新富町駅4番出口から徒歩11分


●小児がん:
年間の発症者は2000~2500人。

急性リンパ性白血病など血液がん:40%
肉腫など固形腫瘍:30%
脳腫瘍:20%
その他:10%

・治療後の生活を送っている人は約5万人と推定されている。


Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle