呼吸器疾患-気胸、肺気腫、肺癌-胸腔鏡手術による治療

日産厚生会 玉川病院

〒 158-0095
東京都世田谷区瀬田4-8-1
TEL 03-3700-1151
FAX 03-3700-2090
・院長 中嶋 昭

http://www.tamagawa-hosp.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療日・診療時間(初診・再診共通)
■午前  8:30~11:30 月曜日~土曜日
■午後 12:30~15:30 月曜日~金曜日
 ※午後は科によって診察をしていない場合がありますので確認の上ご来院下さい。
■休診日 日曜日・祝祭日・土曜日午後
・当院を初めて受診される患者様へ
診療申込書をご記入の上、保険証・医療証を添えて1番初診窓口にお出し下さい。
(他院からの紹介状もお持ちでしたら、一緒にお出し下さい。)
受付手続きが終りましたら1番初診窓口からお呼びするまで、窓口近くでお待ち下さい。


◆診療科
診療科目内科 呼吸器科 循環器科 消化器科 神経内科 リウマチ科 小児科 外科(ヘルニアセンター) 呼吸器外科(気胸センター) 肛門科 整形外科(股関節センター) 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科(リハビリテーションセンター) 歯科 麻酔科 放射線科 人工透析科(透析センター) 健診科 東洋医学科


◇気胸研究センター
http://www.tamagawa-hosp.jp/practice/s03_pneumothorax/about/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

世界で最多の治療経験をもつ気胸専門施設です。
当センターは1986年に武野良仁医師により開設されました。
1990年より栗原正利医師が加わり2001年12月現在当院で治療を受けた気胸患者数は5400例を超えました。年間来院患者数は約350人。その内、入院して治療を受ける患者さんは約300人程です。その多くが胸腔鏡手術(内視鏡手術)で治療されています。患者さんは北海道から九州まで日本全国から訪れ、また難治性の気胸、合併症の多い重症の気胸については各地の大学病院や呼吸器の専門病院からの紹介も多数あります。
気胸は若い男性に多く見られる病気ですが、高齢化社会とともに高齢者の気胸も確実に増加しているのが現状です。高齢者の気胸は肺気腫などの合併症が多く難治性のものが多いのが特徴です。一方、女性の気胸も増加しております。女性の場合月経随伴性気胸と呼ばれる生理時に関係して気胸が起こる珍しい病態やLAM(肺リンパ脈管筋腫症)と呼ばれる未だ原因の明らかでない疾患が隠されていることがあります。女性気胸は十分注意が必要です。その他、間質性肺炎や肺線維症などの1症状として気胸が起こることがあります。
現在、当センターでの胸腔鏡手術の再発率は3%。これは国内でも世界的にも優れた成績です。手術は週7~10例おこなっており入院は1週間以内で済みます。
当センターは気胸の研究面において日本のみでなく世界的にも高い評価を受け気胸学の情報発信基地としての役割も果たしています。
また胸腔鏡手術の技術を用いて、気胸だけでなく巨大のう胞症、肺気腫、肺がんを代表とする肺悪性腫瘍に対して胸腔鏡治療を行っております。

◎栗原呼吸器外科部長から
気胸という病気は肺に穴が開くという理解しやすい病態ですが、その裏には様々な問題が潜んでいます。気胸に興味があり専門にしていると他の医師には気づかない、また医学の専門書にも出てこないことが見えてきます。例を挙げると「気胸はストレスが原因のひとつで起こる」なんて私は考えています。こんなことは医学界では「まさか?」と否定されてしまいますけど。4000人以上の患者を診ている私と気胸で困っている患者さんには理解してもらえるかも知れません。
また患者さんから「病院によって医師によって言うことが様々です。私は何を信じたら良いのか判らない」としばしば言われることがあります。これも事実ですね。気胸学は研究者も少なく、研究の過程も牛歩のあゆみですし、一般の医師の間でも情報が少なく思い込みでやっていることがあるのも事実です。また私は多くの女性の気胸を治療していてどうも男性の気胸とは根本的に違うのではないかとも感じています。
気胸で困っている患者さん! 気胸のことがもっと知りたい患者さん! そんな人たちに少しでも役立つアドバイスと治療ができればと思っています。
気胸を巡る諸問題をトータルで患者さんと共に考えて解決してゆくのが気胸センターの役割。医療の分野でも情報開示、SECOND OPINION の時代、ご遠慮なく門をたたいて下さい。

・外来診察
月曜日(午前)、火曜日(午前)、金曜日(午前)
受診の際は電話かFAXまたは病院のHPでお問い合わせください。


☆栗原正利(くりはら まさとし)日産厚生会玉川病院 気胸研究センター所長
1953年 生まれ 1979年 千葉大学医学部卒業
・専門分野
呼吸器疾患(気胸、肺気腫、肺癌など)
胸腔鏡手術による治療
・資格・認定
日本内視鏡外科学会評議員
日本呼吸器外科学会評議員、
専門医
日本気胸学会評議員
日本胸部外科学会認定医、
正会員
日本外科学会認定医、指導医
日本消化器外科学会認定医
Society of American
Gastrointestinal Endoscopic
Surgeons 会員
European Association For
Endoscopic Surgery 会員
The Society of Endoscopic
and Laparoscopic Surgeons of Asia 会員


☆片岡 秀之(かたおか ひでゆき)医長
・専門分野
胸腔鏡手術による治療
・資格・認定
日本外科学会認定医
医療情報技師


◇交通アクセス
・バス
田園都市線、大井町線二子玉川駅下車
改札右側、東急コーチ「成育医療研究センター行き」玉川病院下車
(バス/約10分乗車)
・タクシー
田園都市線用賀駅、二子玉川駅、大井町線上野毛駅より約10分
・お車
駐車場150台収容
外来診察に来られた方は、会計窓口で駐車券にパンチを打ってもらって下さい。割引の対象になります。
※お見舞いに来られた方は対象外となります。ご了承ください。


Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle