神経内科、リハビリテーション科-回復期の高次脳機能障害に対応できる医療機関

国際医療福祉大学三田病院

〒108-8329
港区三田一丁目4番3号
電話:03-3451-8121
・理事長 高木 邦格
・病院長 小川 聡

http://mita.iuhw.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受診をされる方へ
診療受付時間 月曜日~土曜日
【初診】 8:30~11:30/12:30~16:30
【再診】 7:45~11:30/12:30~16:30 
【入院】 8:30~随時
※診療科により異なりますので、詳細は外来診療体制表をご確認ください。

◇予約等、詳細につきましては、電話でお問合せ下さい。
【予約・問い合わせ受付】 8:30-17:30

◆診療科
内科、神経内科、整形外科、脳神経外科、形成外科、精神科(もの忘れ・メンタルクリニック)、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、病理部、検査部、麻酔科、歯科口腔外科



◇神経内科 (要予約)
http://mita.iuhw.ac.jp/doctor/neuropsy/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋の疾患を持つ患者様を診療します。代表的な疾患として、脳血管障害、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ギラン・バレー症候群、筋炎、筋ジストロフィーなどがあげられます。これらの疾患を精密な神経学的診察とともに、画像診断、神経生理学的検査、各種血液生化学的検査等で正確に診断し、適切に治療してまいります。薬物中心の治療後、あるいは治療に平行してリハビリテーションも、当院リハビリテーション部門の協力のもと、積極的に行っております。リハビリテーションに関しては、当科で初期の診断・治療を行った患者様のみならず、他院にて初期治療を受けられた患者様も受け入れております。脳血管障害のリハビリテーションでしばしば問題となる失語、失認、半側空間無視といった高次機能障害に関しても、神経内科部長以下専門知識豊富なスタッフを擁し対応しております。現在当科では、4名の常勤医と神経伝達検査および針筋電図を担当する非常勤医が診療に従事しており、その全員が日本神経学会専門医です。


☆神経内科部長 武田 克彦(たけだ かつひこ)
リハビリテーション科副部長
国際医療福祉大学教授
東京大学卒、東京大学医学部附属病院神経内科研修医・都立神経病院、国立療養所下志津病院・日赤医療センターなどを経て東京大学医学部神経内科助手、元三井記念病院神経内科科長、元東京都神経科学総合研究所リハビリテーション部門副参事研究員、元日本赤十字社医療センター神経内科部長
日本神経学会神経内科専門医、日本リハビリテーション医学会リハビリテーション専門医、日本内科学会認定内科医

☆岩田 信恵(いわた のぶえ)神経内科医
国際医療福祉大学准教授
神経生理学
東京大学理学部卒、同大学院(理学修士)、大阪大学医学部卒、東京大学大学院医学系研究科(医学博士)
東京大学医学部附属病院内科研修医、三井記念病院内科レジデント、虎の門病院神経内科医員、都立駒込病院神経内科医員、東京大学医学部附属病院神経内科医員。
大学院修了後、都立広尾病院神経内科医員、東京大学医学部神経内科客員研究員、米国National Institutes of Health(NIH、NINDS)Visiting Fellowを経て現職。
日本神経学会専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野および筋電図・神経伝導分野)、米国内科学会上級会員(Fellow, American College of Physician; FACP)、American Board of Electrodiagnostic Medicine (ABEM)Diplomate(専門医)、日本医師会認定産業医、日本体育協会公認スポーツドクター、AHA認定ACLS プロバイダー、日本高次脳機能障害学会、日本神経心理学会、The Society for Neuroscience、The Movement Disorder Society
・神経内科の疾患は、診断や治療が難しい神経難病や、生活習慣の改善で予防や再発防止が可能な脳卒中、頭痛・腰痛・しびれといった日常よく遭遇する症状など、全身多岐にわたる。こうした多様な疾患を丁寧に診断、診療を行い、安心して納得のいく医療の提供に患者様から厚い信頼を得ている。英語での診療にも対応可能。


◇リハビリテーション科
http://mita.iuhw.ac.jp/doctor/rehab/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・リハビリテーション医療のめざすところは、障害を改善していくことだけではなく、障害があることにより生じている生活障害をいかに改善していくかを大切にしています。そのためには、その方の現在の生活の場を中心に据えたリハビリテーションが求められます。当院では、通常の病院機能のほかに、より専門的な各種疾患センターを有しておりますので、それぞれの診療科との緊密な連携のもとに良質なリハビリテーション医療をご提供しております。また、上記のリハビリテーション理念に基づき、都心にある病院として近隣の医療機関との連携を深め、地域に根ざした都市型リハビリテーション医療をご提供していきたいと考えております。
従来は、障害内容(例えば、片麻痺、拘縮など)でリハビリテーション適応が判断されておりましたが、平成18年4月の診療報酬改訂により、疾患名によってリハビリテーション適用が判断されることとなりました。①脳血管疾患等リハビリテーション② 運動器リハビリテーション③呼吸器リハビリテーション④心大血管疾患リハビリテーションの4疾患群別対応となり、厳密に対象疾患が規定されております。当院では、すべての施設基準をとり、上記理念に基づいて、入院および外来リハビリテーション医療をご提供しております。

☆リハビリテーション科部長
草野 修輔( くさの しゅうすけ)
国際医療福祉大学教授
福島県立医科大学卒、埼玉医科大学医学部専攻生卒、医学博士、元国立身体障害者リハビリテーションセンター・リハビリテーション科医長、前埼玉医科大学総合医療センター・リハビリテーション科助教授、社会保険庁社会保険審査会専門官、
日本リハビリテーション医学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、義肢装具等適合判定医、日本体育協会認定スポーツドクター、メディカルドーピングオフィサー、日本障害者スポーツ協会医学委員(アンチ・ドーピング部会長)、日本アンチ・ドーピング機構評議員



◇交通アクセス
・地下鉄 都営大江戸線 「赤羽橋駅」下車、「中之橋出口」より徒歩5分
東京メトロ南北線 ・都営大江戸線「麻布十番駅」下車、「3番出口」より徒歩8分
都営三田線 「芝公園駅」下車、「A2番出口」より徒歩12分
・JR 山手線・京浜東北線「田町駅」下車、「三田口出口」より徒歩20分
・都バス 「中ノ橋」下車
都06系統 渋谷駅・新橋駅
橋86系統 目黒駅・新橋駅
・港区 ミュニティバス(ちぃばす)
「中ノ橋」下車田町ルート 
田町駅前⇔中ノ橋⇔麻布十番⇔六本木ヒルズ


Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle