減塩-高血圧、腎不全、腎炎、ネフローゼ症候群

名古屋市立大学病院

〒467-8602
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
電話番号:052-851-5511
・病院長 山田 和雄

http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇受診にあたって当院を初めて受診される方には、他の医療機関等からの紹介状をお持ちいただくことをお勧めしております。
なお、
【こころの医療センター】を受診される場合には、「受診するにあたってのお願い」をご確認ください。
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/section/department/kokoro/index.html#anchor25


◇診療受付時間
初診 8時30分~11時00分
再診【予約外】 8時30分~11時00分
(注意)診療科によって若干異なる場合があります。
診療時間 8時30分~17時00分
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)


◆診療科

総合内科
消化器内科
肝・膵臓内科
呼吸器内科
循環器内科
内分泌・糖尿病内科
血液・化学療法内科(血液内科グループ)
膠原病内科
神経内科
腎臓内科
消化器・一般外科
呼吸器外科
心臓血管外科
小児・移植外科
乳腺内分泌外科
整形外科
産科婦人科
小児科
眼科
耳鼻いんこう科
皮膚科
泌尿器科
こころの医療センター
放射線科
麻酔科(ペインクリニック)
脳神経外科
歯科口腔外科


◇腎臓内科
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/section/department/jinzo/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療科部長:木村 玄次郎
我々は、我が国における腎不全の発症率に顕著な地域差が存在する事実を発見しました (JAMA 284:2622-2624, 2000)。名古屋市を腎不全の最も少ない地域とすべく、日々鋭意努力しています。最新の学問を社会に還元すべく実践するスタンスは、日本中の模範として高く評価されています。「信頼される医療、誇れる医学」が我々のモットーです。


◎主な疾患

-腎不全
・慢性腎不全:
月や年の単位で徐々に腎機能が低下し、最終的には血液透析やCAPD (携帯型持続腹膜透析) などの腎代替療法を必要とする病気の総称で、糖尿病性腎症や慢性糸球体腎炎が最大の原因です。
・急性腎不全:
腎臓への血流が著しく減少したり(腎前性)、腎臓自体の組織破壊(腎性)や尿路系の通過障害(腎後性)のために、尿が作れなくなり、時間や日の単位で急速に腎機能が低下する疾患の総称で、心疾患や手術後、薬剤による副作用、泌尿器科疾患など様々な病態から発症します。早期診断・早期治療すれば腎臓の機能は回復します。
・急速進行性腎症:
慢性腎不全と急性腎不全(腎性)の中間に位置し、日や月の単位で進行する疾患の総称で、多量の蛋白尿と血尿を伴い尿沈渣も多彩です。肺・腎症候群として呼吸器症状や血痰を伴うこともあります。可能な限り早期に腎生検を行って診断を確定し、積極的に治療することで腎機能の回復を目指すことが重要です。

-腎炎
・急性糸球体腎炎:
扁桃炎などの後に発症することが多く、肉眼的血尿で気づくこともあります。一般に腎炎は治りますが、急性期は入院治療が必要です。
・慢性糸球体腎炎:
日本ではIgA腎症が最も高頻度に認められます。反復する肉眼的血尿や検尿異常で発見されることが多い病気です。早期であれば、扁桃摘出とステロイド・パルス療法で根治可能です。

-ネフローゼ症候群
尿に大量の蛋白が漏れ出る病気です。むくみ(浮腫)や尿の泡立ちで気づくのが普通です。腎生検を施行し、組織診断に基づいて、最適の治療方針を決定します。

・原発性糸球体疾患:
微少変化型や膜性腎症などがあります。
・二次性ネフローゼ症候群:
膠原病の一つである全身性エリテマトーデス(SLE)や糖尿病性腎症、アミロイドーシス、多発性骨髄腫などの全身疾患として発症するものもあります。

-体液・電解質異常
低ナトリウム血症、カリウム代謝異常、カルシウム代謝異常、代謝性アシドーシスなどの原因や発症メカニズムを正確に診断し、治療方針を決定します。

-高血圧
腎臓が障害されると高血圧が発症すると同時に、血圧が高いと腎障害が加速されるため、悪循環が形成されます。全ての腎疾患で130/80 mmHg未満への積極的な降圧療法が重要です。

http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/section/department/jinzo/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


☆ 木村 玄次郎  診療科部長
昭和48年大阪大学医学部卒業。
昭和51‐53年米国NIHNationalHeart,LungandBloodInstitute留学。
・専門分野
腎不全の進行抑制対策、高血圧、体液・電解質異常、腎不全の循環器合併症


☆福田 道雄  診療科副部長
・専門分野
レミッションクリニック、腎疾患全般、CAPD、高血圧

☆吉田 篤博(人工透析部)
・専門分野
人工透析、腎代替療法、膠原病腎症、妊娠合併症



◇交通アクセス
・地下鉄名古屋駅(地下鉄桜通線名古屋駅)

【3番ホーム】 野並行き (約16分) 桜山駅(市立大学病院)下車3番出口

・市バス栄バスターミナル(オアシス21のりば)

【4番のりば】 栄26号系統 「博物館」行 (約25分) 「市立大学病院」下車

・金山市営バスターミナル
【7番のりば】 金山11号系統 「池下」行 (約15分) 「桜山」下車
金山16号系統 「瑞穂運動場東」行 (約15分) 「桜山」下車
金山12号系統 「妙見町」または「金山」行 (約15分) 「市立大学病院」下車
【8番のりば】 金山14号系統 「瑞穂運動場東」行 (約15分) 「市立大学病院」下車

・自動車で来院される方へのお願い駐車場に限りがあり、駐車できない場合(特に午前中)もありますので、公共交通機関等をご利用ください。
なお、駐車場は外来者専用ですので、入院中に駐車されたままにすることはできません。


Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle