FC2ブログ

まだつづく熱中症、めまい、発汗、痙攣、失神、頭痛、嘔吐、倦怠感、意識障害、痙攣、血液検査値異常 重症

toko.jpg

江東病院

〒136-0072 
東京都江東区大島6-8-5
TEL 03-3685-2166 Fax:03-3685-7400
・院長  海老原 功
http://www.koto-hospital.or.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

※紹介状をお持ちでない方は、
初回の会計時及び前回来院後6ヶ月以上経過した場合も、
「特定療養費」として3,000円(税別)を申し受けます。

◇各外来の受付・診療時間
午前 午後:
・月~金
初診 8:00~11:00 11:35~15:00
再診 8:00~11:30 11:35~15:30

・土
初診 8:00~11:00
再診 8:00~11:00
診療時間9:00~12:00 13:00~16:30

◆診療科
総合診療科
脳神経内科
呼吸器内科
循環器内科
膠原病・リウマチ内科
消化器内科
腎臓内科及び血液浄化センター
糖尿病内科
小児科
外科
整形外科
脳神経外科
麻酔科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科(含美容皮膚科)
外来化学療法室
婦人科
メンタルクリニック
睡眠時無呼吸センター

☆三浦邦久 副院長兼麻酔科部長⇒ 熱中症に詳しい医師
http://www.koto-hospital.or.jp/topics/Heatstroke.html
(※URL:上記熱中症人命救助の三浦医師)
北里大学医学部卒
・専門
麻酔、救急、ペインクリニック、緩和ケア
・資格  
東京消防庁救急相談医副医長および救急隊指導医
日本麻酔科学会指導医、救急科専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本ペインクリニック学会専門医
日本集中治療医学会専門医

●東京都内では2017年に3,167人が熱中症で搬送されており、
その約半数が65歳以上の高齢者です。
若い人に比べ体内の水分量が少ない高齢者は体の冷却能力が低下し、
熱中症になり易いと言われています。
当初は二日酔いのような気分の悪さや、めまいといった症状が現れ、
次第に吐き気・意識障害、重症では死に至ることもあります。

Ⅰめまい、発汗、痙攣、失神⇒ 軽症
Ⅱ頭痛、嘔吐、倦怠感、集中力や判断力の低下⇒中等症
Ⅲ意識障害、痙攣、血液検査値異常 重症⇒重症
http://www.koto-hospital.or.jp/topics/Heatstroke.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◇交通アクセス
都営地下鉄新宿線大島駅下車、徒歩1分
都営バス亀24系統・草24系統大島駅前下車、徒歩2分
都営バス亀21系統大島駅前下車、徒歩5分
Sponsored Links

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle