糖尿病薬、がん発症予防か

糖尿病薬、がん発症予防 ポリープ再発を抑制
「メトホルミン」を使う糖尿病患者が、使わない患者と比べ、大腸がんの発症が少ない

ヨミドクターより

糖尿病の治療薬に大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果を、
横浜市立大の中島淳教授(消化器病学)らがまとめた。

大腸がんの発症予防につながる成果で、
英医学誌ランセットオンコロジー電子版に論文が掲載された。

研究チームは、広く服用されている糖尿病治療薬の一つ「メトホルミン」を使う糖尿病患者が、使わない患者と比べ、大腸がんの発症が少ないことに注目した。

大腸がんになる前段階のポリープを切除した患者151人を対象に、
メトホルミンの服用により、別の部位でのポリープの再発が抑制できるかを調べたという。

結果、
メトホルミンを毎日服用したグループでは、切除後1年間のポリープの再発率が32%と、服用しなかったグループの52%を下回った。重い副作用は起きなかったという。

 研究チームの日暮(ひぐらし)琢磨助教は、
「研究をさらに継続して、大腸がんそのものの発症を抑制できるかを検証したい」としている。

☆ 中島 淳(なかじま・あつし) 横浜市立大学 教授
1989年大阪大学医学部卒。東京大学第3内科助手、
ハーバード大学客員研究員などを経て、現在、横浜市大附属病院消化器内科教授。
・専門
消化器内科、特に難治性の消化管機能異常の診断と治療

☆日暮琢磨  助教
横浜市立大学医学部卒 横浜市立大学大学院医学研究科修了
・ 資格
日本内科学会認定内科医・指導医、がん治療認定医、日本消化器病学会専門医
日本肝臓病学会専門医、日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医、日本カプセル内視鏡学会 認定医
Sponsored Links

テーマ : 消化器の病気
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle