新鹿児島市立病院が完成!

新鹿児島市立病院が完成  母体胎児集中治療室も

加治屋町にある現施設の老朽化に伴う新築移転で、総事業費は約320億円。現在の3倍近い約4万5000平方メートルの敷地に地上8階建て、延べ床面積約5万2000平方メートルの施設を建てた。

移転に伴い、現施設の外来診療は25日から休診とし、新病院での外来診療は再診予約患者が5月7日から、
一般は5月11日から。

鹿児島市立病院の新築移転先の施設が鹿児島市上荒田町の日本たばこ産業(JT)工場跡地に完成!
病床数は約570。

最新の放射線治療機器や全国有数の病床数を持つ新生児集中治療室(NICU)も。


診療科数:21⇒28に細分化
神経内科、乳腺外科などを独立させ、最新の放射線治療機器の導入で精度の高いがん治療が可能になるという。
NICUは36床。現施設と同様に県内唯一の「母体胎児集中治療室(MFICU)」も設けた。

救命救急センターは新たに手術室を設け、初期治療室を増床するなど、迅速な救急医療ができる環境を整備。
屋上にはドクターヘリが着陸できるようにヘリポートを設けた。
 
医師130人
看護師603人
(前年度より医師は20人、看護師は42人増やした)

施設全体は、
「緑と光にあふれる病院」をコンセプトにデザインされ、待合スペースは自然光を取り入れるなどしている。

駐車場:約650台分
病院敷地の隣には芝生の公園(約1万1000平方メートル)も造成。

※4月19日:
午前10時~午後4時には手術室、集中治療室などの一般見学会を行うが、参加は自由で申込の必要はないという。

(ヨミドクター参照)

〒892-0846
鹿児島県鹿児島市加治屋町20−17
TEL 099-224-2101
鹿児島市立病院長 坪内博仁
Sponsored Links

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle