小児の重い慢性病患者向けに「トランジショナル(移行期)ケア外来」を設置!

小児科内に「トランジショナル(移行期)ケア外来」-重い小児の慢性病患者-

九州大学病院小児科 トランジショナル(移行期)ケア外来開設

この4月、
九州大学病院(福岡市東区)は、

10代後半に達した重い小児の慢性病患者が、スムーズに大人の診療科に移行できるようサポートする専門外来を開設した。

成人後も適切な医療を提供するとともに、若年患者の自立を促す役割を担うことになる。

開設したのは、

「トランジショナル(移行期)ケア外来」

近年の小児医療の進歩により、

心臓病、がん、など、
従来は助からなかった命が救われるようになった一方、
成人後も治療が必要だったり、別の病気を併せ持ったりする患者も増えてきたという。

こうした成人患者を小児科医が診療しつづけ、
生活習慣病などにうまく対応できない課題が指摘されていたという。

そこで、
 
日本小児科学会は今年1月、成人期医療への移行に関して、
「個人の疾患の特性にあわせた医療システムが選択されるべきだ」
とする提言をまとめたという。

小児科は、患者が親から自立し、自分の病気を理解して治療への責任を持てるよう支援する必要がある、と。
(ヨミドクター参考)

理想的な医療だと思いますね。他大学病院でも始めたらと個人的には思います。


Sponsored Links

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle