自毛植毛、植毛、植毛専門医、SMP、植毛カウンセリング、株(グラフト)、FUT、FUE、植毛専門医・今川賢一郎 院長

医療法人横美会
ヨコ美クリニック
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル8F
TEL:045-311-8811
・ 院長  今川賢一郎
https://www.yokobikai.or.jp/lp_yokobi/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇完全予約:TEL 045-311-8811

◇診療時間:
AM9:00 ~ PM6:30
・休診日:
日・水(または木)(休診日詳細はお問い合わせ下さい)


☆今川 賢一郎  ヨコ美クリニック院長
慶応義塾大学医学部卒
・専門
植毛専門医 
・経歴
1985年~ 医療法人 横美会 院長 兼 理事長
国際毛髪外科学会(ISHRS)フェロー会員
2003年  ISHRS 人工毛特別委員会メンバー
2006年~ ISHRS ProBono委員会メンバー
2007年  ISHRS Regional Workshop プログラムディレクター
アジア毛髪外科学会(AAHRS)理事
イタリア毛髪学会(ISHR)会員
日本美容外科学会(JSAPS)評議員
国際美容外科学会(ISAPS)正会員
日本形成外科学会(JSPRS)会員
国際皮膚外科学会(ISDS)会員

【得意分野】
・ FUTによる多量植毛術(メガセッション)
・ FUE
・ 人工毛植毛、フラップ手術の修正
・ 他院の不満症例の修正
・ 傷あとへの植毛(フェイスリフトなど)
・ 新しい生え際のデザイン
 (広すぎる額、深すぎるそり、ニューハーフの植毛)
・ 女性の薄毛や脱毛、まつ毛、まゆ毛、アンダーヘアへの植毛
1990年にカリフォルニア、サクラメントのDr.G.Seeryに植毛・スカルプリダクションを、
1992年ロスのDr.T.Mayerに植毛・フラップの指導を受け、
その後多くの植毛医達と交流している。
世界最大の植毛医の団体である国際毛髪外科学会の設立会員(1994年)、
2003年度の人工毛特別委員会(Ad Hoc Committeeon Artificial Fibers)、
2006年度以降のPro Bono員会のメンバーでもある。
また日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair
RestorationSurgery:ABHRS)に2006年に認定された。

◇交通アクセス
最寄駅 横浜駅西口より、徒歩約7分
https://www.yokobikai.or.jp/lp_yokobi/index.html#clinic_cont
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

Sponsored Links

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

感染症、食中毒や感染性腸炎、成人の麻疹、水頭、流行性耳下腺炎、風疹、髄膜炎、腎盂腎炎

東京都立墨東病院

〒130-8575 
東京都墨田区江東橋4-23-15
TEL 03-3633-6151
・院長 上田哲郎
http://bokutoh-hp.metro.tokyo.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

■ 初めて当院を受診される紹介患者さんの場合
カルテ等の作成のため、予約時間の30分前までに診療棟1階の「総合案内受付」
にご来院ください。
・お持ちいただくもの
1.紹介状2.健康保険証3.各種医療証(お持ちの方)

・外来予約センター:03-3633-5511
・受付時間:午前8:30~午後5:00/月~土曜日

・診療時間
 初診受付:午前8:30~午前11:00/月~土曜日
 予約外来診療時間午前9:00~午後5:00/月~土曜

◆診療科
・内科系
消化器内科
呼吸器内科
内分泌代謝科
腎臓内科
神経内科
血液内科
総合診療科
循環器科
神経科(精神科)
小児科
リウマチ膠原病科(内科系)
診療放射線科(診療部門)
感染症科
輸血科
内視鏡科

・外科系
上部消化管外科
下部消化管外科
肝胆膵外科
乳腺外科
内視鏡外科
心臓血管外科
呼吸器外科
整形外科
リハビリテーション科 (診療部門)
脳神経外科
形成外科
皮膚科
泌尿器科
産科
婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
リウマチ膠原病科(外科系)
歯科口腔外科
麻酔科
救命救急センター
救急診療科
周産期
産科
新生児科

・専門外来
女性専用外来、インクリニック、外来化学療法室
人工関節外来、新生児フォローアップ外来
ストーマ外来、腎センター(透析室)
セカンドオピニオン外来、母乳・育児相談外来
すくすくお産外来
A型ボツリヌス毒素(ボトックス®)注射外来
リンパ浮腫外来、がん看護外来

◇感染症科
http://bokutoh-hp.metro.tokyo.jp/introduce_part/infect.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

『感染症の予防及び感染症の患者さんに対する医療に関する法律(感染症法)』で規定されている、
1類、2類、3類、4類、5類感染症を含めて、広く成人の感染症に対応しています。
なかでも、寄生虫感染症や熱帯感染症の患者が多く、
さらに、食中毒や感染性腸炎、成人の麻疹、水頭、流行性耳下腺炎、風疹、髄膜炎、腎盂腎炎
の患者さんも多く治療しています。

スタッフ

☆岩渕 千太郎(いわぶち せんたろう) 医長
医療連携対応研修医担当
東京医科歯科大学卒
・専門
感染症
・資格
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
日本内科学会認定内科医
Certificate in Travel Health(TM)
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本医師会認定産業医

☆阪本直也  医師
筑波大学卒
・専門
内科、感染症
・資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医・暫定指導医
日本エイズ学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
ICD(インフェクションコントロールドクター)

☆ 鷲野 巧弥 (わしの たくや)  医師
・専門
感染症内科

◇交通アクセス
JR総武線
錦糸町駅下車(徒歩7分)
東京メトロ半蔵門線(2番出口)
錦糸町駅下車(徒歩7分)
都営地下鉄新宿線
住吉駅下車(徒歩15分)
都営バス
錦糸町駅下車(徒歩7分)
江東車庫前下車(徒歩2分)

・駐車場利用料金:
【病院利用の方】
患者さん及び付添いの方
3時間まで100円(超過料金:1時間毎に100円)
身障者の方及び付添いの方
無料
お見舞いの方
1時間まで100円(超過料金:1時間毎に200円)

【病院利用以外の方】
15分毎に300円
駐車台数
190台

Sponsored Links

2型糖尿病、高血糖、1型糖尿病、高コレステロール血症、高中性脂肪血症、甲状腺疾患

kawasaki.jpg

川崎医科大学附属病院

〒701-0192
岡山県倉敷市松島577
TEL:086-462-1111(代表)
・病院長  園尾博司

http://www.kawasaki-m.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受診案内
・初めての方(初来院)初めて受診される方
・他院から紹介状を持参して初めて受診される方
必ず保険証をお持ちください。保険証がない場合は実費扱いとなります。

・紹介状のない方
診療申込書・保険証を初診受付へ
紹介状がなくても受診できますが、保険外併用治療費として5,400円(実費)が必要となります。

・受診相談
どの科を受診したらよいか分からない等お困りの方は、看護師長をはじめとする受診相談アドバイザーが、ご相談をお受けいたします。2階 初診受付へお申し出ください。


◇診察受付時間

≪月曜日~金曜日≫
午前8時30分~午前11時30分
午後1時30分~午後4時
≪土曜日≫
午前8時30分~午前11時30分

・診療時間 9:00~ 13:30~

◆診療科目
総合診療科、臨床腫瘍科、救急科、循環器内科、呼吸器内科、心臓血管外科、呼吸器外科、腎臓内科、泌尿器科、血液内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、神経内科、脳卒中科、脳神経外科、心療科、小児科、新生児科、小児外科、産婦人科、乳腺甲状腺外科、皮膚科、リウマチ・膠原病科、整形外科、形成外科・美容外科、リハビリテーション科、食道・胃腸内科、肝・胆・膵内科、消化器外科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、麻酔・集中治療科、放射線科(画像診断、治療、核医学診療)、健康診断センター、麻酔・集中治療科


◇糖尿病・代謝・内分泌内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

=治療している主な病気=

・糖尿病(1型糖尿病、2型糖尿病など)
・脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症など)
・肥満症
・高血圧症
・高尿酸血症(痛風)
・甲状腺疾患
・下垂体疾患
・副腎疾患
・副甲状腺機能亢進症
・その他、代謝・内分泌疾患の全般。

=関係する症状=

・検診でメタボや、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症を指摘された方
・のどが渇く
・尿がたくさん出る
・体重が急に減少してきた
・甲状腺(頚部)が腫れてきた
「一度、糖尿病と言われて放置」し、目や腎臓に障害が出て、後で後悔される患者さんが後を絶ちません。
手遅れになる前に受診されることを強くお勧めします。

スタッフ

☆金藤秀明 部長
大阪大学医学部卒
・専門
糖尿病・代謝
・資格
日本内科学会認定内科医、認定産業医、日本糖尿病学会専門医・指導医

☆宗 友厚(Tomoatsu Mune) 部長(教授)
岐阜大学医学部卒
・専門
糖尿病・内分泌・高血圧・脂質異常症
・資格
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、
日本内分泌学会専門医・指導医、日本高血圧学会専門医・指導医

☆下田将司 講師 医長
川崎医科大学卒
・専門
糖尿病・内分泌
・資格
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医

☆亀井信二 講師
山口大学医学部卒
・専門
糖尿病・内分泌
・資格
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医

☆小原健司 臨床助教
川崎医科大学卒
・専門
糖尿病・内分泌
・資格
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医

☆辰巳文則 臨床助教
川崎医科大学卒
・専門
糖尿病・内分泌
・資格
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医

ほか多数

◇交通アクセス
・電車をご利用の方
JR山陽本線・伯備線 : 「中庄(なかしょう)駅」下車、徒歩10分
岡山駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 12分
倉敷駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 5分
※快速「サンライナー」は停車しないので、ご注意ください。
・新幹線をご利用の方
上り、下りとも「岡山駅」下車
JR山陽本線・伯備線「中庄(なかしょう)駅」下車
※新倉敷駅下車は不便です。
・路線バスをご利用の方
バス停「川崎医大前」下車
岡山駅前バス停から 40分
倉敷駅前バス停から 20分
・飛行機をご利用の方
岡山空港からタクシ-で40分
Sponsored Links

テーマ : 糖尿病
ジャンル : 心と身体

◆歯科医はなぜ、手袋や機器を使い回すのか?

歯科医はなぜ、手袋や機器を使い回すのか
ヨミドクター 医療部 渡辺理雄 より

=歯科医はなぜ、手袋や機器を使い回すのか=

なぜ手袋や、歯を削るドリルを取り付ける「ハンドピース」と呼ばれる金属製の柄を患者ごとに交換しない歯科医がいるのか。

古い時代の教育を引きずっている歯科医がいるのでは、
と複数の専門家が教育の問題を上げる。

院内感染対策に関する歯学部などでの教育は、
2000年前後で変わったようです。


 たとえば、肝炎ウイルスやHIV(エイズウイルス)に感染していることがわかっている患者さんが歯科治療を望んで、
ある歯科医院に予約の電話をしてきたとしましょう。どうしたらよいでしょうか。
・ほかの患者がいなくなる診療が終わる時間帯に来てもらう
・普段とは異なる特別な感染対策を準備して迎える
・.感染対策が万全の大病院の歯科に紹介する

 今の教育内容からすると、上記の三つはどれも「正解」ではないという。

望ましい対応は、普段から全ての患者で十分な院内感染対策を行い、
感染症患者を分けることなく、いつも通りの治療を行うこと。

日本歯科医学会の指針が、治療が終わるたびにハンドピースを取り外して滅菌したり、
すべての患者ごとに手袋を交換したりするよう定めているのは、そのためだと。

感染症患者かどうかに関係なく、血液、唾液などはすべて感染性があるとして取り扱う方法を
「スタンダード・プレコーション(標準予防策)」という。

1996年ごろにアメリカで提唱されたが、
それ以前に歯学部で教育を受け、卒業後に最新の医療知識を取り入れていない一部の歯科医では、
スタンダード・プレコーションの必要性を感じずに、まったく実践していない人がいるものと思われる。

ハンドピースなどを患者ごとに交換しない理由としてもう一つ考えられるのは、
やはりコスト。

ハンドピースは精密機器で、1本10万~20万円もする。
患者ごとに交換して滅菌するとなると、多くのハンドピースをそろえたほうがよく、
その分費用がかかる。
また滅菌は、高温の蒸気発生装置に入れて行うが、
これが機器を傷め、使える製品寿命が短くなるという歯科医も。
院内感染対策をしっかりやろうとすれば、1人当たりの患者にかかる費用は、
ある程度必要になるのは確かだと。

ハンドピースの使い回し問題の新聞報道を受ける形で、
歯科の院内感染対策の費用について、
塩崎厚生労働相は7月3日、
来年春の診療報酬改定に向けて国の中央社会保険医療協議会で検討していく、
と述べた。

歯科の診療報酬が上がれば、その分、院内感染対策に振り向ける分も出てくると思う。
患者が窓口で支払うお金も増えるが、
すべての歯科医院でしっかり院内感染対策を行ってもらえるなら、相
応の負担増も許されると思われる。

 しかし同時にスタンダード・プレコーションを研修などで多くの歯科医に知ってもらい、
実践してもらう必要もあると思う。
Sponsored Links

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

食べ物がつかえる、食道癌、胃潰瘍、逆流性食道炎、感染性・薬剤性食道炎、食道潰瘍、悪性リンパ腫、食道静脈瘤

昭和大学横浜市北部病院

〒224-8503
横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
TEL 045-949-7000
・病院長 門倉光隆

http://www.showa-u.ac.jp/SUHY/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初めて来院される際に必要となるもの

・健康保険証、又は受給者証や各種医療券(高齢受給者証、身体障害者手帳など)
・他の医療機関(病院やクリニック、診療所等)からの紹介状(診療情報提供書)

※昭和大学横浜市北部病院を受診される際は、かかりつけ医からの「紹介状」をお持ち下さい。
初診時にかかる「選定療養費(5,400円)」のご負担がなくなります。
(極めて緊急性が高い等やむを得ない場合には、医療者の判断により紹介状が無くても受診を認めることがあります。
なお、この場合には診察料に加えて選定療養費(5,400円)をお支払いいただきます)

※緊急を要さない自己都合による時間外受診につきましては、選定療養費として8,400円(税込)をご負担いただいております。

◇初診受付窓口
(診察券の発行など)
平日 8:30~12:00
土曜 8:30~11:00

◇再診の方
診療時間 ※当院の再診は予約制です。
平日 8:30~17:00
土曜 8:30~13:00

※各診療科の初診診療受付時間詳細

・休診日
日曜、祝祭日
創立記念日(11/15)
年末年始(12/29~1/3)

◆診療科
呼吸器センター
消化器センター
循環器センター
心臓血管カテーテル室
こどもセンター
メンタルケアセンター
救急センター
内科
皮膚科
放射線科
外科
脳神経外科
整形外科
産婦人科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
緩和医療科
歯科・歯科口腔外科

◇昭和大学横浜市北部病院消化器センター
http://www.showa-u.ac.jp/SUHY/department/list/digestive_center/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎主な疾患
食道(咽頭・喉頭を含む)、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆道など消化器に関係するあらゆる疾患

食道癌、逆流性食道炎、感染性・薬剤性食道炎、食道潰瘍、悪性リンパ腫、食道静脈瘤
胃潰瘍、胃炎、胃悪性リンパ腫や早期・進行胃癌
大腸癌の内視鏡診断、感染性腸炎や潰瘍性大腸炎、クローン病、腸結核など
B型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肝癌が、胆疾患では急性胆嚢炎、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢癌
急性膵炎、慢性膵炎、膵性糖尿病、自己免疫性膵炎、膵癌など

スタッフ

☆工藤進英 教授 副院長 消化器センター長
新潟大学医学部卒
・専門
消化器外科学、大腸内視鏡
・資格
日本消化器内視鏡学会理事・評議員・指導医・専門医、日本外科学会専門医、日本大腸肛門病学会指導医・専門医 ほか

☆田中淳一 教授
医学博士(秋田大学)
・専門
消化器外科学、内視鏡外科、肝胆膵外科
・資格
日本外科学会指導医・認定医・専門医、日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医 ほか

☆日高英二 准教授
・専門
消化器外科学,腹腔鏡下手術(大腸)
・資格
日本消化器外科学会:指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医,
日本外科学会:専門医・指導医・認定医,日本内視鏡外科学会:技術認定医
日本消化器病学会:専門医,日本消化器内視鏡学会:専門医,
日本がん治療認定医機構:暫定教育医・がん治療認定医,日本臨床外科学会,
日本消化管学会:胃腸科指導医・胃腸科専門医・胃腸科認定医,日本医師会:認定産業医,臨床研修指導医

・馬場俊之 准教授
・専門
消化器内科学,肝疾患(肝癌、門脈圧亢進症)
・資格
日本内科学会:総合内科専門医,日本消化器病学会:指導医・専門医,
日本消化器内視鏡学会:指導医・専門医,日本肝臓学会:指導医・専門医
日本門脈圧亢進症学会:評議員・技術認定医(内視鏡),
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医,日本医師会認定産業医,臨床研修指導医

☆石田文生 准教授
・専門
消化器外科学、内視鏡外科、大腸肛門外科、大腸内視鏡
・資格
日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医、
日本内視鏡外科学会評議員・技術認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 

ほか多数

◇交通アクセス
最寄駅:センター南駅下車 徒歩7分

Sponsored Links
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle