前立腺がんと乳がん

ヨミドクターで、前立腺がんについて、堀江重郎医師がふれていた。

乳がんは女性に一番多い癌で、
前立腺がんは男性に一番多い癌。

前立腺がんは最近増加が著しいがんで、
昨年初めて、日本人男性が 罹患りかんするがんで最も多くなったことが、国立がん研究センターの調査で分かった。

欧米諸国ではすでに前立腺がんは男性に最も多いがんで、
死亡者も肺がんに次いで2位となっていたとのこと。

また、日本と同じ増加傾向がアジアの国々でも見られている、と。

アジアではこれまで前立腺がんは少なかったので、人種による発がんの違いがあると考えられてきたが、
日本での前立腺がんの増加は人種、すなわち遺伝的な背景もさることながら食事の変化が大きい、と。

前立腺と乳腺はそれぞれ男性ホルモン、女性ホルモンにより成長する面で似ている臓器で、
どちらも動物性脂肪の摂取がリスクを高めることがわかっているとのこと。

牛乳には動物性脂肪が多く含まれているが、
国別の牛乳消費量は乳がん、前立腺がんの頻度とよい相関関係があるという。

前立腺は、実はコレステロールを体の中でもっとも必要としている臓器で、
大量のコレステロールを取り込んでいるうちに発がんの引き金が引かれると考えられているそうだ。

悪性度が高くなる「老化」したがん:
前立腺がんは、肺がんやすい臓がんなどのがんに比べると進行が比較的遅いがんだが、
30~40歳あたりでできて、長い年月をかけて大きくなっていくことがわかってるそうだ。

加齢とともに前立腺がんも老化していくが、
老化したがんは、より悪性度が高くなっていくとのこと。
70歳、80歳の方のほうが前立腺がんで亡くなることが多い、と。

・前立腺がんの早期発見は採血でPSAで調べることが可能。

アジアではどうしてこれまで前立腺がんは少なかったのか? について
日本の過去50年の食事内容の変化を見ても、アジアの国々は炭水化物摂取が多く、
たんぱく質や脂質の摂取が少ない傾向があった。
しかしこの30年、日々の食事での脂肪摂取が激増するに伴い前立腺がんも多くなってきた、と。

予防に有効な豆腐やウコン
前立腺がんの予防になると考えられている食材、あるいは食品に含まれる成分としては、
トマト、ブロッコリー、大豆、わさび、そしてウコンの成分であるクルクミンがあげられる。

豆腐も前立腺がんの予防に有効とのこと。

(豆腐やウコンの成分は、ダイオキシンという発がん物質を体で受け止めるレセプターの働きを妨げることがわれわれの研究でわかった。こういった野菜に含まれる体によい有効成分を機能性食品と呼び、多くの種類の野菜をとることでさまざまな機能性食品を摂取できる。日本でも消費者庁の働き掛けで、機能性食品が含まれたサプリメントの表示が始まった。)

☆堀江重郎(ほりえ しげお) 順天堂大学大学院教授。泌尿器科医。
東京大学医学部卒。日米で医師免許を取得。
国立がんセンター中央病院などを経て、2012年より現職。
男性更年期障害などを対象とするメンズヘルス外来にいち早く取り組み、
男性をはつらつとさせる医学を研究する。
ロボット支援手術ダ・ヴィンチのトップランナーとしても知られる。
 
Sponsored Links

テーマ :
ジャンル : 心と身体

更年期障害、甲状腺疾患、高脂血症、骨粗鬆症、体重に関する悩み(ダイエット・過食・やせ)、糖尿病、無月経・月経不順

東京女子医科大学東医療センター日暮里クリニック

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-20-1
サンマークシティ日暮里 ステーションポートタワー4階
・日暮里クリニック 所長 齋藤 壽仁
TEL 03-3805-7771 FAX 03-3805-7775

http://www.twmu.ac.jp/DNH/npc/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◎当クリニックは予約制です。電話での予約をお願いします。

・予約専用
予約・診療のお問い合わせTEL:03-3805-7772

・美容医療専用
予約・お問い合わせTEL:03-3805-7773

・予約受付時間
平日8:20~17:00 土8:20~12:30
※休診日は受け付けておりません。

◆診療科
内科
乳腺科
心臓血管外科
呼吸器外科
泌尿器科
骨盤底機能再建診療部
整形外科
スポーツ健康医学
形成外科
美容医療

特殊外来
女性専門外来
心臓弁膜症外来
血管外来
細胞治療
顔面けいれん外来・三叉神経痛外来
間脳下垂体外来
しびれ・痛み外来

◇女性専門外来
http://www.twmu.ac.jp/DNH/npc/department/female/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎女性の体や心の特徴を考慮した"性差医学"に基づき、各診療科の専門医である"女性医師"が担当

スタッフ

☆片井みゆき 准教授 部長 内分泌代謝内科医
信州大学医学部卒
1993年信州大学大学院医学博士課程修了後、同大附属病院内分泌内科
1998-2001年米国ハーバード大学医学部フェローとしてマサチューセッツ総合病院とジョスリン糖尿病センターで勤務
帰国後、信州大附属病院加齢総合診療科・内分泌代謝内科、遺伝子診療部
2006年信州大女性医師・医学生キャリア支援コーディネーター
2007年より東京女子医科大学准教授
・専門
更年期障害、甲状腺疾患、高脂血症、骨粗鬆症、体重に関する悩み(ダイエット・過食・やせ)、糖尿病(インスリン対応)、無月経・月経不順、その他内分泌疾患・女性に多い症状全般


佐藤眞理子 助教
・専門
女性の高血圧、女性に多い悩みや症状全般・更年期症状・総合内科


近藤(加田)奈々絵 助教
・専門
微小血管狭心症、女性に多い悩みや症状全般、更年期症状、動悸、胸痛など


山田理恵子 助教
・専門
乳腺、痔、下血、肛門疾患

ほか多数


◇交通アクセス
JR山手線・常磐線・京浜東北線 日暮里駅 北改札口東口 徒歩1分
京成電鉄 日暮里駅 改札口東口 徒歩1分
日暮里・舎人ライナー 日暮里駅 ポートタワー口 徒歩1分

・都バス
「都08」日暮里駅~錦糸町駅 日暮里駅より徒歩1分
「里22」日暮里駅~亀戸駅  日暮里駅より徒歩1分
「南千47」日暮里駅~南千住駅東口 日暮里駅より徒歩1分
「里48・深夜04」日暮里駅~舎人二ツ橋 日暮里駅より徒歩1分

改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

Sponsored Links

テーマ : 婦人病
ジャンル : 心と身体

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle