乳癌、乳腺良性腫瘍、子宮癌、卵巣癌、子宮、卵巣の炎症性疾患、腫瘍性疾患、月経時の症状、不妊、思春期、更年期、老年期の症状等

日本赤十字社医療センター

〒150-8935
東京都渋谷区広尾4-1-22
電話 03-3400-1311(代表)
・院長 幕内 雅敏

http://www.med.jrc.or.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎外来を受診される方「かかりつけ医」をお持ちいただき、紹介状を持って受診されるようお勧めします。
※現在、産科・緩和ケア科・メンタルヘルス科の初診は完全予約制を取っております。
また、泌尿器科外来は紹介状の持参をお願いしております。
詳しくは以下「診療科・部門のご紹介」の該当診療科スケジュールをご覧ください。
http://www.med.jrc.or.jp/hospital/clinic/index.html

※診療は9:00より開始します。
ただし、診療科ごとに詳細は異なりますので、受診を希望される科のスケジュールを必ずご覧ください。
http://www.med.jrc.or.jp/hospital/clinic/index.html

■外来受付時間
<予約のない方>
・初めて受診される方(初診) 8:30 ~ 11:00
・受診されたことのある方(再診) 7:50 ~ 11:30
 ※原則として診療科が異なると初診扱いになります。
  また、同一の診療科の受診であっても、最終来院日から1ヶ月以上経過した場合には初診扱いとなることがあります。
  なお、ご予約のない方や紹介状のない方は診察までお待ちいただくことになりますので、あらかじめご了承下さい。
<予約のある方>
  7:50 ~ 来院指定時刻
  ※初診の予約は、特定の診療科を除き医療機関からの申込のみ受付けております。
   詳しくはこちら「医療連携室」をご覧ください。
■休診日
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、日本赤十字社創立記念日(5月1日)

■初めて受診される方(初診)
申込券・保険証・紹介状等を「初診受付」へお出しください。申込券はダウンロードしていただき、あらかじめ記入しご持参いただくことも可能です。
適切な診療科のわからない方は、総合案内の看護師にご相談ください(午前中のみ)。

・当センターでは、他の病院又は診療所からの紹介状をお持ちにならず受診された場合については、初診時に通常の医療費の他に保険外併用療養費(選定療養)として4,200円(税込)をいただいておりますので、ご了承ください。
他の医療機関からの紹介で当センターを受診される方で、レントゲン等の画像データをCD-RやDVD-Rでご持参の場合は、非圧縮のDICOM形式で保存されたものをお持ちください。


◆診療部

糖尿病内分泌科
血液内科
感染症科
アレルギー・リウマチ科
(リウマチセンター)
腎臓内科
緩和ケア科
神経内科
呼吸器内科
消化器内科
循環器内科
メンタルヘルス科
呼吸器外科
乳腺外科
胃・食道外科
肝胆膵外科
大腸肛門外科
心臓血管外科
骨・関節整形外科
脊椎整形外科(脊椎センター)
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
産科
婦人科
新生児科
小児科(第一小児科)
小児保健(第二小児科)
小児外科
麻酔科
集中治療科
化学療法科
内視鏡診断治療科
放射線特殊治療科
放射線診断科
放射線治療科
リハビリテーション科
救急科
健康管理科(健康管理センター)
(その他施設)
周産母子・小児センター
救命救急センター
血液浄化センター
中央手術部
NICU・MFICU・GCU・ICU・PCU・EICU
創傷ケアセンター
サイバーナイフセンター
血管内治療センター
脳神経血管内治療センター
化学療法室
内視鏡室
検査部
病理部
MEセンター(医療技術部臨床工学技術課)
輸血部
医療連携室
総合医療相談室
訪問看護ステーション
(日本赤十字広尾訪問看護ステーション)
国内医療救護部
国際医療救援部


◇乳腺外科
http://www.med.jrc.or.jp/hospital/clinic/nyusen/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・主な対象疾患
乳癌、乳腺良性腫瘍 

・治療内容・主な検査
画像診断等
乳腺エコー、マンモグラフィー、乳腺CT、乳腺MRI、CTリンパ管造影(センチネルリンパ節検索のため)

細胞組織診断
細胞診、針生検、レントゲンガイド下マンモトーム、エコーガイド下マンモトーム

補助療法
放射線治療、外来化学療法室

スタッフ

☆増田 亮(ますだ りょう)部長
乳腺外科
・認定医・専門医
日本外科学会指導医・専門医
日本乳癌学会乳腺専門医・認定医、正会員
日本胸部外科学会 呼吸器外科専門医
日本消化器外科学会認定医
医学博士
・専門
乳腺外科

☆濱 義人(はま よしひと)医師
乳腺外科

☆淺野 裕子(あさの ゆうこ)医師(非常勤)
乳腺外科

☆米田 央后(よねだ ひさみ)医師
乳腺外科


◇婦人科
http://www.med.jrc.or.jp/hospital/clinic/joseisinryouka/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

1.適切な診断と検査、治療
 婦人科疾患による日常生活の症状を取り除くためには、的確な診断が大切です。外来で症状についてよくお聞きしたうえで診察を行い、必要な検査を行います。診察と検査の結果をご説明したうえで治療方法のご相談をします。複数の治療方法がある場合は、選択をしていただきます。

2.生活の質を向上させる婦人科手術
 現在の症状を除去緩和していくことを目指すとともに、さらに、将来妊娠を希望される方にはできるだけ妊娠しやすい条件を整えます。また、手術の傷ができるだけ目立たないよう美容的配慮をしています。可能な場合は腹腔鏡手術や膣式手術を行い、開腹手術ではなるべく小さい切開としています。

3.自己輸血の準備態勢
 多量の出血が予測される手術では、輸血の副作用を減らすために術前に自己血を貯血することができます。

4.婦人科腫瘍に対する集学的治療
 

◎主な対象疾患
子宮癌、卵巣癌などの婦人科腫瘍の治療は、腫瘍の特徴と進行の程度を的確に診断し、手術療法・抗癌剤療法・放射線療法などの治療法を組み合わせて副作用が少なく最も効果が得られるように工夫しています。治療法のご説明をしたうえで選択をしていただきます。  子宮、卵巣の炎症性疾患、腫瘍性疾患、月経時の症状、不妊、思春期、更年期、老年期の症状等

◇治療内容
・婦人科腫瘍
手術療法、化学療法、放射線療法
・不妊外来
人工授精
排卵誘発
腹腔鏡下手術(卵巣腫瘍や子宮内膜症、原因不明不妊に対して実施)
子宮鏡下手術(粘膜下子宮筋腫や子宮内膜ポリープに対して実施)
子宮筋腫核手術、体外受精
胚移植を含む高度生殖医療
・ヘルスケア外来
ホルモン検査、骨密度検査

スタッフ

☆杉本 充弘 副院長
(周産母子・小児センター センター長事務取扱)
東京大学医学部卒
・認定医・専門医
日本産 科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
母体保護法指定医
婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本周産期・新生児医学会専門医制度(周産期母胎・胎児専門医)暫定指導医
医学博士
・専門
婦人腫瘍学、産婦人科学、周産期医学

☆石井 康夫 部長
第一産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
・専門
周産期医学

☆安藤 一道 部長
第二産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医
医学博士
・専門
産婦人科学、生殖内分泌学

☆宮内 彰人(みやうち あきと)部長
第三産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本生殖医学学会会員
日本受精着床学会会員
日本産婦人科内視鏡学会会員
医学博士
・専門
不妊治療・内視鏡手術

☆笠井 靖代(かさい やすよ)副部長
東京医科歯科大学医学部卒
第一産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
臨床遺伝専門医
医学博士

☆木戸 道子(きど みちこ)副部長
東京大学医学部卒
第二産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
医学博士

☆中川 潤子(なかがわ じゅんこ)副部長
第三産婦人科
・認定医・専門医
日本産科婦人科学会産婦人科専門医

ほか


◇交通アクセス
渋谷駅東口から  (JR・東急・京王・東京メトロ)
都営バス「学03」系統:日赤医療センター行き、終点下車(約15分)
恵比寿駅西口から  (JR・東京メトロ)
都営バス「学06」系統:日赤医療センター行き、終点下車(約10分)

※ご注意※
都営バス黒77系統(千駄ヶ谷駅←→目黒駅)、並びに品97系統(新宿駅西口←→品川駅)にある「日赤医療センター下」バス停からは、徒歩で約15分かかる上、ややきつい登り坂を通ります。また、案内の看板なども出ておりませんので、バスでご来院の方は、前記の渋谷駅または恵比寿駅から出発している「日赤医療センター」行きのバスをご利用ください。

Sponsored Links

乳腺内分泌外科:乳癌、乳腺疾患、乳房の腫瘤-高尾 信太郎教授

神戸大学医学部附属病院

〒650-0017
神戸市中央区楠町7丁目5-2
(代表)Tel. 078-382-5111
・病院長 杉村和朗

http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初めて診察を受けられる方へ
本病院では、診療の経過等を記載した紹介状をお持ちいただいていない場合、初診料とは別に保険外併用療養費(選定療養)「初診に係る特別の料金」として、下記料金を自費負担していただきます。

・記 初診に係る特別の料金 5,250円

◇受付時間
・初診受付:午前8時30分~午前11時00分
・再診受付:午前8時30分~午前11時00分
・診療開始時間:午前8時30分(初診・再診)

・休診日:
土曜日・日曜日・祝休日・
年末年始(12月29日から1月3日)

・休診のご確認:
http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/nonconsultation.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◆診療科目

総合内科循環器内科腎臓内科呼吸器内科免疫内科リウマチ科消化器内科糖尿病・内分泌内科神経内科腫瘍・血液内科血液内科感染症内科放射線科放射線腫瘍科小児科皮膚科精神科神経科食道胃腸外科肝胆膵外科乳腺内分泌外科心臓血管外科呼吸器外科小児外科整形外科脳神経外科眼科耳鼻咽喉・頭頸部外科泌尿器科産科婦人科形成外科美容外科麻酔科・ペインクリニック科歯科口腔外科病理診断科漢方内科遺伝子診療科救命救急科

●受診する診療科が不明な方
http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/consultation/guide/department/fumei.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇乳腺内分泌外科
http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/consultation/guide/department/nyusen.html#tantou
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎患者さまへのお知らせとお願い
原則として、健診等で乳房に異常を認めた方や、他院からご紹介いただいた方の診断および治療を行っています(現在のところは乳がん1次検診は行っていません)。

◇診療科の概要と取り扱う疾患
乳腺内分泌外科では、乳癌をはじめとする乳腺疾患の診断および治療を行っています。
乳房に腫瘤などの症状が見られた場合や検診で異常を指摘された場合にマンモグラフィや超音波などの画像診断を行い、細胞診や組織診を用いて診断を確定します。
乳癌の治療は基本的に現在のガイドラインやコンセンサス会議の結果に基づいて手術療法のみではなく、内分泌療法(ホルモン剤)・化学療法(抗がん剤)・放射線療法などを組み合わせて行います。
当院ではこれらの治療を他の診療科(腫瘍内科、放射線科、形成外科など)と連携して行っています。また、新しい治療を行う臨床試験にも取り組んでいます。


スタッフ

☆高尾 信太郎 県との連携教授
兵庫県立がんセンター・ 乳腺外科科長
神戸大学医学部卒
本乳癌学会専門医
日本外科学会専門医・指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本がん治療認定医機構暫定・教育医

☆河野 誠之(コウノ セイシ)特定助教
博士(医学)(神戸大学)
日本乳癌学会認定医
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医

☆國久 智成 医員
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医


◇交通アクセス
電車利用
JR「神戸」駅下車 徒歩約15分
神戸高速鉄道「高速神戸」駅下車 徒歩約15分
神戸市営地下鉄「大倉山」駅下車 徒歩約5分
バス利用
JR「神戸」駅前より神戸市バス9系統、110系統もしくは112系統に乗車 約5分
「大学病院前」バス停下車
タクシー利用
JR「神戸」駅前より 約5分
JR「新神戸」駅前より 約10分
自家用車利用
大阪方面から
阪神高速3号神戸線「京橋出口」で下車、国道2号線を西向直進し、東川崎交差点で右折、国道428号線(有馬街道)を北向直進
姫路・明石方面から
阪神高速3号神戸線柳原出口で下車、国道2号線を東向直進し、東川崎交差点で左折、国道428号線(有馬街道)を北向直進
Sponsored Links

循環器疾患:慢性心不全、虚血性心疾患、高血圧症、心筋症、不整脈、脂質代謝異常など-大柳 光正 主任教授

兵庫医科大学病院

〒663-8501 
西宮市武庫川町1番1号
電話番号 0798-45-6111(代表)
・病院長 太城 力良

http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めての方へ
・紹介状をお持ちでない方は、初診の保険外併用療養費として、診療費とは別に、特別の料金として5,250円(消費税込)をお支払いいただくことになります。
・仕事中の事故(通勤途上又は帰宅途上の事故を含む)あるいは交通事故で受診される場合は、必ず1番窓口でその旨をお申し出ください。
・今までにおかかりの診療科とは別の診療科を新たに受診される方も、初めて受診される方と同様の手続きを1番窓口で行ってください。診察券は全科共通でお使いになれますので、お持ちの方は一緒にお出しください。

◆診療科一覧

内科
循環器内科
血液内科
リウマチ・膠原病科
糖尿病科
肝・胆・膵科
内分泌・代謝科
消化器内科
呼吸器・RCU科
神経・脳卒中科
腎・透析科
総合診療科

精神科神経科
小児科
外科
肝・胆・膵外科
上部消化管外科
下部消化管外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
心臓血管外科
呼吸器外科
整形外科
形成外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産科婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
歯科口腔外科
胸部腫瘍科
救命救急センター
核医学・PETセンター
ペインクリニック部
リハビリテーション部
IBDセンター

◇セカンドオピニオン外来
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/consultation/second_opinion/clinic.pdf
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●循環器内科
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/clinic/internal/cardiovascular/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・循環器疾患、特に(慢性)心不全、虚血性心疾患、高血圧症、心筋症、不整脈、脂質代謝異常などの疾患患者さんを対象に診断・治療を行っています。
・特徴のあるものを取り上げますと次の5点になります。

1.心不全、特に慢性心不全は生命予後が不良であることが判明しているにもかかわらず、正確な診断・病態把握・治療の難しい病態です。私たちは、画像診断を駆使した正確な診断・病態把握に立脚し、β遮断薬の導入や心臓再同期療法を含め先進的・集学的治療にあたっています。
2.高血圧症・高血圧性心疾患は国民病といわれるぐらいもっとも疾病頻度の高い疾患です。私たちは、血圧コントロールの不良な例や高血圧性の心病変を有する例を対象に、血圧の良好なコントロール、心臓をはじめとする臓器保護治療にあたっています。
3.不整脈に対する診断と治療:電気生理学的検査等にて診断し、カテーテルアブレーションやペースメーカー植込み術を施行し、致死性不整脈に対しては植込み型除細動器の植込み術や心不全に対する心臓再同期療法(CRT)など最新の治療をしています。更に最近では心房細動に対してカテーテルアブレーションを積極的に行い、好成績をあげています。
4.虚血性心疾患に対しては、冠動脈造影・バルーン冠動脈形成術・ステント植込み術の豊富な件数・優れた成績をバックに、最良の待機的治療を提供します。一方、迅速の対応が必要な急性冠症候群(心筋梗塞症・不安定狭心症)に対しては、24時間体制で近隣の市町からの緊急の要請に対応し治療に当たっています(CCU 電話0798-45-6510)。
5.下肢閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療にも積極的に取り組んでおり、患者さんのQOL改善が期待できます。

◇冠疾患科
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/clinic/internal/cardiovascular/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
循環器疾患、特に虚血性心疾患、急性心不全、高血圧、不整脈、脂質代謝異常等を対象に診断・治療を行っています。
さらに24時間態勢にて循環器救急疾患をCCUにて受け入れております。
特徴のあるものを取り上げますと次の4点になります。

1.虚血性心疾患に対する診断と治療
2.急性冠症候群(急性心筋梗塞症・不安定狭心症)に対する診断と治療
3.急性冠症候群以外の循環器救急疾患(ショック、不整脈さらに急性心不全、肺塞栓症、大動脈解離など)
4.心不全や心筋梗塞後のリハビリテーション

スタッフ

☆大柳 光正 主任教授
神戸大学医学部卒
米国ノースカロライナ大学 チャペルヒル校生理学教室留学
・専門分野
循環器、特に虚血性心疾患・心不全・心臓リハビリテーション
・資格
日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医、日本超音波医学会指導医、日本核医学会専門医

☆増山 理 (マスヤマ トオル) 主任教授
大阪大学医学部医学科卒
米国スタンフォード大学心臓内科研究員をへて兵庫医科大学内科学循環器内科教授
・専門分野
循環器、特に心不全
・資格
日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医、日本超音波医学会指導医

☆舛谷 元丸(マスタニ モトマル) 准教授
兵庫医科大学医学部卒、兵庫医科大学 博士( 医学研究科 内科)
・専門分野
循環器、特に虚血性心疾患
・資格
日本心血管インターベンション学会指導医

☆高橋 敬子 准教授
・専門分野
循環器、特に心臓リハビリテーション・循環器画像診断
・資格
日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本循環器学会専門医

☆藤井 健一 講師
・専門分野
循環器、特に虚血性心疾患
・資格
日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医

ほか

◇交通アクセス
阪神電鉄・武庫川駅下車、西出口より徒歩5分
阪神電鉄・甲子園駅下車、タクシーで約5分
JR甲子園口駅下車、タクシーで約10分
http://www.hosp.hyo-med.ac.jp/guide/access/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

Sponsored Links

腎臓病、高血圧、副腎腫瘍、甲状腺疾患、下垂体疾患、副甲状腺疾患、性腺疾患、痛風、高尿酸血症、肥満、糖尿病-伊藤 裕 診療部長

慶応義塾大学病院

〒160-8582 
東京都新宿区信濃町35番地
電話 (03)3353-1211(代表)
・病院長 武田 純三

http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/byoin/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇外来診療のご案内

 当院は高度医療を提供する「特定機能病院」として厚生労働省から承認されており、受診には原則として、他の医療機関からの「紹介状(診療情報提供書)」が必要です。あなたさまの診療が円滑に行われるためにも、ぜひ紹介状をご持参くださるようお願いいたします。 なお、紹介状がない場合でも受診できますが、初回および再初診(6ヶ月以上当院受診がない場合)の際の会計時には「選定療養費」として5,250円をお支払いいただくことになります。
※休診日日曜日・祝日/第1・3土曜日/年末年始(12月30日~1月4日)
慶應義塾の休日(1月10日、4月23日)

◇外来受付時間

・初診・再診(予約のない方)
午前8時40分~午前11時

・再診
予約のある方 : 午前7時~来院指定時刻

・面会時間
平日 : 午後3時~午後7時
土・休日 : 午後1時~午後7時
小児病棟は病室により時間帯が異なります。
病棟にてご確認ください。


◆診療科目

内科(循環器、呼吸器、消化器、腎臓・内分泌・代謝、神経、血液、リウマチ、老年) / 外科(一般・消化器、心臓血管、呼吸器、脳神経、小児)/ 麻酔科 / 整形外科 / 形成外科 / 小児科 / 産科 / 婦人科 / 眼科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 耳鼻咽喉科 / 精神・神経科 / 放射線治療科 / 放射線診断科 / 歯科・口腔外科 / リハビリテーション科 / 救急科 / 漢方医学センター / スポーツ医学総合センター / 感染症クリニック / 遺伝相談外来


◇腎臓・内分泌・代謝内科
http://www.hosp.keio.ac.jp/shinryo/renal/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

○ご案内
腎臓・内分泌・代謝内科では、腎臓病、高血圧、内分泌代謝疾患、糖尿病などの病気に対して専門的な検査や治療を行っております。

◇当診療科の対象疾患は次のようになっております
腎臓病、高血圧、副腎腫瘍、甲状腺疾患、下垂体疾患、副甲状腺疾患、性腺疾患、痛風、高尿酸血症、肥満、糖尿病

●当診療科では次のような症状を扱っております
尿量が多い
尿量が少ない
尿がでない
血尿
蛋白尿
口渇
肥満
るいそう
乳汁分泌
甲状腺腫
尿糖
低血糖


スタッフ

☆伊藤 裕 診療部長 教授
京都大学医学部医学科卒
米国ハーバード大学医学部
Brigham and Women's Hospital Molecularand Cellular Research Laboratory博士研究員
米国スタンフォード大学医学部循環器内科 Falk Cardiovascular Research Center 博士研究員
・専門
腎臓疾患、メタボリックシンドローム、高血圧症、糖尿病、内分泌・代謝疾患
・所属学会
内科認定医・内分泌専門医・糖尿病専門医・高血圧専門医・日本抗加齢医学会専門医

☆林 晃一 診療副部長 准教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門
腎臓疾患、高血圧症
・所属学会
内科認定医・腎臓専門医・透析専門医・高血圧専門医

☆篠村 裕之 特任教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門
腎臓疾患、高血圧症、生活習慣病
・所属学会
内科認定医・総合内科専門医・腎臓専門医・透析専門医・高血圧専門医

☆柴田 洋孝 専任講師
慶應義塾大学医学部卒
・専門
内分泌・代謝疾患、副腎疾患、高血圧症
・所属学会
内科認定医・総合内科専門医・内分泌専門医・高血圧専門医

☆脇野 修(ワキノ シュウ)専任講師
・専門
腎臓疾患、高血圧症、内分泌・代謝疾患、生活習慣病
・所属学会
内科認定医・腎臓専門医・透析専門医・内分泌専門医・高血圧専門医

ほか


◇交通アクセス
JR
総武線「信濃町」駅下車、徒歩約1分

地下鉄
都営大江戸線「国立競技場」駅下車(A1番出口)、徒歩約5分
丸の内線「四谷三丁目」駅下車(1番出口)、徒歩約15分
半蔵門線・銀座線「青山一丁目」駅下車(0番出口)、徒歩約15分

バス
新宿駅西口-品川車庫(品97)「信濃町駅前(慶應病院前)」下車
早大正門-渋谷駅東口(早81)「四谷第六小学校入口」下車


※駐車スペース(有料)に限りがありますので、お車での来院はご遠慮ください。なお、当院周辺の駐車場情報(PDF)を作成いたしましたので、ご活用ください。

・成田国際空港から
成田エクスプレス(JR)利用

新宿・池袋方面行きの成田エクスプレスに乗車し、新宿駅で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約2時間)

京成スカイライナー利用

京成スカイライナーに乗車し、日暮里駅で下車。JR山手線内回り(上野・秋葉原方面行き)に乗車し、秋葉原駅でJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約2時間)

リムジンバス利用

新宿エリア行きのリムジンバスに乗車し、新宿駅西口で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗車し、信濃町駅下車(所要約2時間)
羽田空港から
東京モノレール利用

東京モノレールに乗車し、浜松町駅で下車。JR山手線内回り(渋谷・新宿方面行き)に乗車し、新宿駅でJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約1時間)

京浜急行利用

京急空港線に乗車し、品川駅で下車。JR山手線内回り(渋谷・新宿方面行き)に乗車し、新宿駅でJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約1時間)

リムジンバス利用

新宿エリア行きのリムジンバスに乗車し、新宿駅西口で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗車し、信濃町駅下車(所要約1時間半)

Sponsored Links

脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気:頭が痛い、意識が遠くなる、物忘れをする、けいれん、めまい、言葉が話しにくくなる、飲み込みにくい、むせやすい ほか-佐々木 秀直 科長

北海道大学病院

〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目
電話 (代表) 011-716-1161 FAX (代表) 011-706-7627
・病院長 福田 諭

http://www.huhp.hokudai.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇医科外来診療日のご案内臓器別内科系初診
・初診:
午前8時30分~正午まで
再診: 午前8時30分~午前11時まで
ただし、予約のある方は午前11時以降も受付ができます。

内科系の再診は月~金(祝日を除く)の毎日診療していますが,初診は曜日によって担当診療科が異なります。

●紹介状が無い場合の特別料金(保険外併用療養費)当病院では、紹介状の無い初診患者さん(初診料を算定する場合)につきましては初診に係る特別料金(保険外併用療養費)として2,625円をご負担して頂いております。
できるだけ他院等からの、紹介状を持参されることをお勧めします。


◆歯科外来診療日のご案内
初診 午前8時30分~午前12時まで
午後1時~午後4時
再診 予約制になっておりますので、予約の時間までに再来受付機で受付をしてください

※詳細は Tel:011-706-4327 にお問い合わせください。
(平日 午前8時30分~午後5時15分)

保存系歯科 予防歯科専門外来
歯内療法・歯周病専門外来
冠橋義歯補綴専門外来
咬合系歯科 小児歯科・障害者歯科専門外来
矯正歯科専門外来
歯冠修復専門外来
義歯補綴専門外来
口腔系歯科 口腔内科診療専門外来
口腔外科診療専門外来
歯科放射線専門外来
歯科麻酔専門外来
グループ系専門外来 歯ぎしり専門外来
口臭専門外来(初診時から要予約制)
摂食・嚥下専門外来
審美歯科専門外来
高次口腔医療センター 顎関節治療部門外来
顎口腔機能治療部門外来
口腔インプラント治療部門外来
高齢者歯科治療部門外来


医科
◆診療科のご案内

・診療科名  各科のご案内

第一内科 呼吸器、循環器(とくに肺循環)、代謝
第二内科 リウマチ膠原病、糖尿病内分泌、血液、腎臓
第三内科 消化器疾患および、血液疾患の診療
循環器内科 循環器疾患の診療
血液内科1 血液内科、造血細胞移植
腫瘍内科 がんの診断・治療
外科 第一外科 消化器外科、移植医療、乳腺・甲状腺外科
第二外科 消化器外科、呼吸器外科
循環器外科 心臓血管外科
整形外科
泌尿器科
麻酔科 麻酔・周術期管理、疼痛治療、高気圧酸素
形成外科
スポーツ医学診療科 スポーツ整形外科、膝関節外科
小児外科 新生児外科、小児腹部・呼吸器外科
救急科
脳・神経・感覚器科
神経内科 脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気
眼科
耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科、頭頸部外科
皮膚科
精神科神経科
脳神経外科
リハビリテーション科 リハビリテーション医療全般
小児・
周産・
女性科 産科 産科、新生児医療、生殖医療
婦人科 一般、悪性腫瘍、生殖内分泌、
中高年婦人科、泌尿婦人科、リンパ浮腫
小児科
放射線科 放射線科 画像診断、IVR、放射線治療
核医学診療科

◇臓器別内科系初診
診療分野 診療科名および初診日
呼吸器 第一内科(月~金)
膠原病 第二内科(月~金)
消化管 第三内科(月~金)
循環器 循環器内科(月~金)
内分泌・代謝 第一内科(月・木・奇数月の水) 第二内科(火・金・偶数月の水)
腎臓 第二内科(月~金)
血液 第二内科(火・金) 第三内科(月・火,水,金は紹介のみ) 血液内科(水・木)
※6月1日より臓器別内科での血液の初診については,すべて血液内科(月~金)で受付することとなります。
HIV感染症 血液内科(月~金)
神経内科 神経内科(月~金)
腫瘍 腫瘍内科(月~金)


◇神経内科
http://www.huhp.hokudai.ac.jp/patient/sec/shinkeinaika/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇診療時間
初診受付:月曜日~金曜日 午前8時30分~午前12時
再診受付:担当医と診療日時を打ち合わせし、予約してください
専門外来:完全予約制です。まず一般外来を初診して、担当医と御相談ください
専門外来:ボトックス外来、頭痛外来、重症筋無力症・筋疾患外来、高次脳機能外来

●神経疾患を疑わせる症状
脳、脊髄、末梢神経、骨格筋を総称して神経系とよんでいます。神経系の何処に障害があるのか、その部位と原因により、様々な症状がでます。

•中枢神経疾患(大脳、脳幹、小脳、脊髄の各疾患)
•末梢神経疾患
•筋疾患
•神経筋接合部疾患

◎以下のような症状のあるときは、神経内科の受診をお奨めしています;
頭が痛い、意識が遠くなる、物忘れをする、けいれん、めまい、言葉が話しにくくなる、飲み込みにくい、むせやすい、耳が聞こえにくい、力が入りずらい、筋肉がやせる、歩くのが大変になった、振るえる、痛みやシビレ、など。

スタッフ

☆佐々木 秀直 科長(教授)
北大医学部卒
医学博士
・専門分野
臨床神経学
・所属学会・指導医・認定医など
日本神経学会専門医、
日本内科学会認定医、
日本人類遺伝学会臨床遺伝学指導医
日本頭痛学会専門医

☆矢部 一郎 准教授
北大医学部卒
医学博士
・専門分野
臨床神経学
・所属学会・指導医・認定医など
日本神経学会専門医、
日本内科学会認定医、
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、
日本頭痛学会専門医

☆廣谷 真 病棟医長
札幌医科大学医学部卒
医学博士
・専門分野
臨床神経学
・所属学会・指導医・認定医など
日本神経学会専門医、
日本内科学会認定医

☆加納 崇裕 外来医長
北大医学部卒
医学博士
・専門分野
臨床神経学
・所属学会・指導医・認定医など
日本神経学会専門医、
日本内科学会認定医

ほか


◇交通アクセス:
JR利用
JR札幌駅下車、札幌駅北口より徒歩15分

地下鉄利用
地下鉄南北線にて北12条駅下車、徒歩6分

地下鉄東豊線にて北13条東駅下車、徒歩15分

バス利用
中央バス01、03、04屯田線にて北大病院前下車、徒歩3分

タクシー
JR札幌駅北口より約700円

自家用車
札樽自動車道 札幌北インターチェンジより西5丁目通りを南に15分。
Sponsored Links

肺炎,慢性気管支炎,気管支拡張症,胸膜炎,敗血症,感染性胃腸炎,HIV/AIDS,ワクチン,呼吸器感染症-三笠桂一 教授

奈良県立医科大学附属病院

〒634-8522 奈良県橿原市四条町840番地  
電話番号 0744-22-3051(代表) Fax 0744-22-4121
・病院長 榊 寿右

http://www.naramed-u.ac.jp/~hp/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇紹介状
初診で紹介状をお持ちでない場合には、保険診療料金の他に「(保険外併用療養費「選定療養」である)初診料加算額」(本院では3,150円自費)を頂きますので、ご了承ください。
良質で高度の医療を提供する特定機能病院として、また、地域の中核的医療機関として、その本来の役割を果たすため、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。    

○診療科のご案内

診療日 : 月曜日~金曜日
受付時間 : 午前8時~午前11時
診療時間 : 午前9時~
休診日 : 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/29 ~ 1/3)
※初診・予約外にて受診される場合は、事前に休診・担当医変更の有無を各外来受付迄、お問い合わせください。


◆診療科

◇専門分野

循環器・腎臓
・代謝内科
心臓病、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病、腎臓病、リウマチ、膠原病、老年病、スポーツ医学

呼吸器・血液内科
呼吸器、血液疾患、生活習慣病、肺癌、喘息、塵肺、呼吸不全、肺高血圧症、睡眠時無呼吸症候群

消化器・内分泌
代謝内科
消化器病(食道、胃腸、肝臓、胆道、膵臓)、糖尿病、内分泌疾患、生活習慣病

感染制御内科
感染症

神経内科
脳卒中、神経変性疾患、末梢神経障害、筋肉痛、筋ジストロフィー、頭痛、てんかん、物忘れ

消化器・小児外科
・乳腺外科
消化器(肝・胆・膵・食道・胃・小腸・大腸・直腸)の手術、小児の手術、乳腺の手術

脳神経外科
脳・脊髄・末梢神経の手術、てんかん、パーキンソン病

心臓血管外科
・呼吸器外科
成人と小児の心臓の手術、大血管と末梢血管の手術、呼吸器(肺・縦隔・胸壁)の手術

整形外科
関節・脊椎・脊髄・手・骨・軟部腫瘍の手術、関節リウマチ、スポーツ医学、形成外科、骨・軟骨・皮膚・神経の再生医療

歯科口腔外科
口腔顎顔面領域の良性および悪性腫瘍、顎顔面外傷、顎関節症、口唇口蓋裂、顎変形症、口腔乾燥症、歯顎矯正、歯性感性症、歯科インプラント

産婦人科
妊娠・分娩・産褥、不妊、内分泌異常、月経異常、女性生殖器疾患(炎症・腫瘍)、更年期障害

眼科
屈折・調節、緑内障、神経眼科、白内障、網膜硝子体疾患、ぶどう膜疾患、角膜・結膜疾患

小児科
血液・腫瘍、腎臓病、新生児・未熟児、小児神経、小児分泌疾患、遺伝カウンセリング

精神科
うつ病、神経症、統合失調症、老年期の痴呆、てんかん、児童思春期の精神障害、発達障害、アルコール依存症

皮膚科、形成外科
膠原病、水疱症、ウイルス性皮膚疾患、皮膚腫瘍、その他皮膚疾患一般、形成外科(先天異常、外傷や種々の疾患による身体の形成異常の治療)

泌尿器科
尿路性器腫瘍、排尿機能障害、婦人泌尿器科、小児泌尿器科、内視鏡・低侵襲手術、血液浄化療法、腎移植血管外科、男性機能不全、尿路結石症

耳鼻咽喉科
・甲状腺外科
難聴、補聴器、人口内耳、中耳炎、めまい、頭頸部腫瘍(癌など)、甲状腺、鼻アレルギー、顔面神経麻痺

放射線科(画像
診断・IVR)
CT、MRI、X線撮影、胃透視、内視鏡、US、血管造影と癌、胆管、食道、気管、動脈および静脈閉塞、動脈瘤、各種動静脈奇形の低侵襲的治療(IVR)

放射線治療
・核医学科
腫瘍の放射線治療、核医学診断

麻酔・ペイン
クリニック科
難治性、慢性の痛み治療(ペインクリニック)、麻酔相談、漢方外来

救急科
重症救急疾患、重症外傷、広範囲熱傷、急性中毒、心肺停止

総合診療科
一般内科、内科系初診患者の診療


◇感染症センター
http://www.naramed-u.ac.jp/cid/Professor.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
平成15年10月に本学に感染症センターが新設され、16年4月から本格始動するようになってから早8年が過ぎようとしています。当センターは一般感染症を含むすべての感染症に対応できるように、専門外来と入院施設では一類感染症2床と7床の空気・飛沫感染対応の病床を含む14床を有し、第1種感染症指定医療機関として、AIDS中核拠点病院として、そして、日本感染症学会モデル研修施設、環境感染学会認定教育施設として診療・教育・研究でその任を果たしています。
外来診療は一般感染症外来以外にワクチン外来や寄生虫外来、HIV感染症、呼吸器感染症外来など特殊外来も整備し、コンサルテーションを除いて月に500例近くの診療を行っています。
ー三笠桂一 教授ー

◎一般外来
・肺炎,慢性下気道感染症(慢性気管支炎,気管支拡張症,びまん性汎細気管支炎),胸膜炎,敗血症,感染性胃腸炎などが対象疾患となります。

◎HIV/AIDS外来
・当院は奈良県のエイズ中核拠点病院に選定されています。

◎専門外来
・寄生虫外来
・ワクチン外来
・呼吸器感染症外来


スタッフ

☆三笠桂一 教授
奈良県立医科大学 医学部卒
・取得学位
医学博士 (論文) 奈良県立医科大学 呼吸器内科学
・資格 
感染症専門医
内科認定医
呼吸器指導医
抗菌薬適正使用指導医
ICD
・所属学会
日本感染症学会 (評議員 国内)
日本感染症学会中日本地方会 (理事 国内)
日本化学療法学会 (評議員・理事 国内)
日本呼吸器学会 (国内)
日本エイズ学会
・受賞学術賞
日本抗生物質学術協議会奨励賞 (1999年 国内)

☆前田光一 准教授
奈良県立医科大学 医学部卒
感染症専門医
認定内科専門医
呼吸器指導医
呼吸器内視鏡指導医
ICD

☆笠原 敬 講師 
感染症専門医
認定内科専門医
呼吸器専門医
抗菌薬適正使用指導医
ICD

☆宇野健司 助教 
感染症専門医
認定内科医
抗菌薬適正使用指導医
ICD


◇交通アクセス
・電車のご利用
近鉄八木西口駅下車 徒歩約10分~15分
JR桜井線畝傍駅下車 徒歩約10分~15分

・バスのご利用
近鉄八木駅から
「医大病院前」(奈良交通バス) 下車 徒歩3分

・奈良交通バス時刻表(平日)

行き
(医大病院前へ)
八木駅から
橿原神宮駅から
http://jikoku.narakotsu.co.jp/form/asp/ejhr0070.asp?dia=2&daykind=1&fromcd=-7&tocd=1414&dia_date=20101216
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
帰り
(医大病院前から)
八木駅へ
橿原神宮駅へ

・タクシーのご利用
近鉄八木駅から約5分
近鉄橿原神宮前駅から約10分

・自家用車のご利用
駐車場(有料)は附属病院南、国道165号線バイパス高架橋の南側にございます。

Sponsored Links

加齢黄斑変性 (老人性黄斑変性)、白内障、糖尿病網膜症、緑内障、小児・神経眼科、義眼、経瞳孔的温熱療法など -直井 信久 教授

宮崎大学医学部附属病院

〒889-1692 
宮崎市清武町木原5200番地 
TEL:0985-85-1510(代表)
・病院長 池ノ上 克

http://www.miyazaki-med.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇紹介状について
本院は、高度の医療を提供し、高度な医療技術の開発や研修などを行う特定機能病院のため、初診時に他の病院からの紹介状をご持参されるとスムーズな受診ができます。
なお、紹介状のない方は診療費とは別に 特定療養費として3,150円(実費)が、かかることをご了承下さい。


◇診 療 受 付 時 間
初診 午前8時30分~午前11時
再診 午前8時30分~午後3時

※ただし、再診で採血・採尿検査がある場合は、午前8時から受付ます。

◇診 療 時 間

・午前9時~午後5時

・休 診 日
土曜・日曜・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


◆診療科 

第一内科
循環器疾患、消化器疾患、高血圧、腎疾患など

第二内科 
肝臓、胃腸、胆のう、膵臓、血液疾患など

膠原病・感染症内科 
膠原病、感染症など

第三内科 
呼吸器疾患、神経内科疾患、内分泌・代謝疾患など

精神科  
痴呆やうつ状態等の高齢者の精神障害,てんかん,児童・思春期の精神障害の診断、など

小児科  
免疫・アレルギー、小児循環器、発達・遺伝疾患、小児神経、血液・腫瘍、腎臓など

第一外科 
肝胆膵疾患、消化管、乳腺・内分泌における外科的治療など

第二外科  
心臓、血管、呼吸器、消化器、内分泌、一般外科など

整形外科 
脊椎脊髄疾患、関節疾患(変形性関節症など)、関節リウマチ、スポーツ疾患、腫瘍、骨粗鬆症など

皮膚科 
悪性腫瘍の温熱放射線療法・BRM放射線療法、重症熱傷、母斑・母斑症の皮膚外科およびレーザー治療、悪性リンパ腫の免疫賦活化学療法など

泌尿器科
尿路結石に対する治療、腹腔鏡手術、膀胱癌に対する機能温存治療、神経因性膀胱の診断と治療、尿失禁に対するコラーゲン注入療法、TVT手術、ほか泌尿器科一般

眼 科
眼科一般診療の他、専門外来として糖尿病網膜症、緑内障、小児・神経眼科、義眼、経瞳孔的温熱療法など

耳鼻咽喉科 
耳鼻科一般診療の他、感音難聴、補聴器、人工内耳、アレルギー、めまいなど

産科婦人科
高度生殖医療、腹腔鏡下手術、女性癌に対する修学的治療、更年期・老年期女性に対する医療、ほか産婦人科一般

放射線科 
放射線治療,温熱療法,IVR,内視鏡的治療など

麻酔科  
臨床麻酔、ペインクリニック

脳神経外科 
脳腫瘍、脳血管障害、脊髄・脊椎疾患、神経外傷、機能的脳神経外科疾患、先天性神経系疾患、神経系感染症など

歯科口腔外科・矯正歯科
口腔癌動注化学療法、顎変形症外科矯正手術、顎骨延長術、人工歯根、ほか歯科口腔外科一般


◇眼 科ー眼の疾患ー
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/ophtha/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●加齢黄斑変性
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/ophtha/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・宮崎大学医学部附属病院眼科の黄斑疾患治療部門では加齢黄斑変性に有効な光線力学的治療(PDT)を行っております。

「加齢黄斑変性」とはどんな病気でしょうか?
 加齢黄斑変性(ARMD)は「黄斑部」が年をとるに従って変性してくる病気で、以前は「老人性黄斑変性」と呼ばれていました。「黄斑部」とは網膜の中心部のことで、視力に最も関係した部分です。加齢黄斑変性は欧米では50歳以上の人の顕著な視力低下の原因として最も多いものでした。
 加齢黄斑変性は、網膜に栄養を送る血管が動脈硬化の為に循環が悪くなることが原因と考えられています。このため、網膜に十分な酸素や栄養が行かなくなって網膜の機能が衰えます。その結果として、ものを見る場合に中心部が見にくくなってきます。

●白内障
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/ophtha/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・白内障は目の病気の中で最も多いものです。それだけに多くの誤解が生まれやすい病気でもあります。年をとれば誰でもかかる白内障を正しく理解し、快適な毎日を送るにはどうしたらよいのでしょうか。今回はこの問題を取り上げます

白内障はよく耳にする病気ですが、実際はどのような病気なのでしょうか?
 目の中には「水晶体」と呼ばれる透明なレンズがあります。このレンズは若いときは透明ですが、老化現象によって少しづつ濁ってきます。これが「老人性白内障」です。年をとるに従い「かすみ目」を訴える方が増えてきますが、「かすみ目」の多くは白内障が原因のことが多いのです。75歳以上の方では80%で白内障による視力低下があるとされているほどありふれた病気です。


スタッフ

☆直井 信久 教授
北海道大学医学部卒
京都大学 博士( 医学研究科 外科学)修了
医学博士
・専門
網膜硝子体疾患、特に硝子体手術
遺伝性網膜変性の分子生物学的解析
網膜電気生理学、黄斑疾患

☆中馬 秀樹(Hideki Chuman)准教授
・専門
神経眼科、緑内障、小児眼科、眼神経薬理学的研究

☆河野 尚子 助教(医局長)
宮崎医科大学 医学部卒
・専門
網膜疾患、小児眼科

☆小澤 摩記(Maki Kozawa)助教(病棟医長)
宮崎大学医学部卒
・専門
網膜疾患

☆川原 亮輝(Akiteru Kawahara)助教(外来医長)
・専門
網膜疾患

ほか

◇交通アクセス
・宮交シティバスセンター(JR南宮崎駅近く)からバスを利用
→ 「大学病院・宮崎大学行」【清武経由】 所要時間約20分
→ 「宮崎大学行」【山崎・まなび野経由】 所要時間約25分
・JR清武駅(→JR清武前バス停)からバスを利用
→ 「大学病院・宮崎大学行」に乗車 所要時間約7分
・宮崎空港からタクシーを利用
→ 清武キャンパスまで約10キロ 所要時間約15分
・宮崎自動車道を使って車で
→ 清武インターから約10分

Sponsored Links

冷え症、難治性のアレルギー性疾患、慢性の疼痛、更年期障害、自律神経失調症など-漢方外来

大分大学医学部附属病院

〒879-5593
大分県由布市挾間町医大ヶ丘1丁目1番地
TEL: 097-549-4411(代表)
・病院長 古林 秀則

http://www.med.oita-u.ac.jp/hospital/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇受付時間・外来診療日

・新患受付時間
午前 8時 30分~午前 10時 30分

・再来受付時間
午前 8時 30分~午前 11時 00分(予約の方は除く)

・診療時間
午前 8時 30分~午後 5時 15分

・休診日
土曜・日曜・祝日・12月29日~1月3日は全診療科休診)


◎紹介状
本院は、一般病院・診療所等では診療することが難しい高度で専門的な医療(新しい治療法や検査など)を必要とする患者さんの診療を主として行う医療機関であり、一般病院等とは違う役割を担っている「特定機能病院」です。
これにより、本院へ受診される初診の患者さんにつきましては、医科または歯科の受診にかかわらず、原則、かかりつけ医(病院・医院・診療所)からの紹介状が必要となりますので、紹介状をお持ちの上、ご来院下さい。

なお、紹介状をお持ちでない場合でも受診いただけますが、この場合、初診料とは別に紹介状なし負担額として平成22年2月1日より、初診時負担金 2,625円を徴収させていただくこととなりました。



◆診療科

呼吸器内科
内分泌・糖尿病内科
膠原病内科
腎臓内科
神経内科
消化器内科
循環器内科
血液内科
腫瘍内科
精神科
小児科
消化器外科
呼吸器外科
小児外科
乳腺外科
食道外科
心臓血管外科
脳神経外科
整形外科
形成外科
皮膚科
腎臓外科・泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
産科婦人科
放射線科
麻酔科
歯科口腔外科


◇漢方外来
http://www.med.oita-u.ac.jp/hospital/kanpou/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

本院では平成19年5月より漢方外来を始めました。
現代医学すなわち「西洋医学」は患者さんの病気を診断して病名を決め、それに対して治療を行う医療です(病名治療)。これに対して、漢方薬を使用する「東洋医学」は、患者さんの心身全体を総合的に診て、バランスの崩れた体質を改善し、心身の調和を図る医療です(体質治療)。従って、漢方薬は同じ病名の患者さんでも、個人個人の体質(東洋医学的には“証“という)により使用するお薬は異なります。また、体質を改善することにより、治療の発端となった症状以外のいろいろな不快な症状が一緒にとれてしまうこともあります。
現代において、西洋医学と東洋医学は相対立するものではなく、それぞれの長所を生かし補い合う医学です。漢方薬が威力を発揮するのは、冷え症、難治性のアレルギー性疾患、慢性の疼痛、更年期障害、自律神経失調症などです。 

◎漢方外来診療案内

初 診 日 : 毎月2回(第2・第4木曜日午後)
完全予約制
初診担当医 : 織部和宏医師(日本東洋医学会代議員・指導医・漢方専門医、織部内科クリニック院長 )
西田欣広医師(漢方専門医・指導医、産婦人科専門医)
予約連絡先 : 代表電話(097-549-4411)
月~金曜の午後2時から4時半に電話受付

☆織部和宏(おりべ かずひろ)医師
神戸大学医学部卒
・専門科目:
内科一般、循環器、消化器、心療内科における漢方診療

☆西田欣広(にしだ よしひろ)
産婦人科専門医、漢方専門医・指導医


◇交通アクセス
主要空港から大分空港まで
■羽田空港から 1時間30分
■大阪空港(伊丹)から 55分
■名古屋空港から 1時間10分

JR利用により大分駅まで
■小倉駅から 1時間15分
■博多駅から 2時間

大分空港から大分駅まで
■バス利用 55分 時刻表/運賃(大分交通)

大分自動車道利用により病院まで
■大分インターチェンジから 10分
大分インターチェンジを出て最初の信号(大分インター入口)を左折し、次の信号を左折してください。
坂を2Kmほど下り、踏切を越えて最初の信号(賀来神社先)を右折してください。
道なりに2Km程度進むと、右側に大学(病院)がありますので、入口(信号)を右折して構内にお入り下さい。
構内に入り,左側が外来者用の駐車場です。

国道210号線から病院まで
■医大挾間入口の信号から、約5、6分
大分方面からの場合は、国道210号線を湯布院町方面に向け進み、医大挾間入口の信号を右折してください。
※湯布院・庄内方面からの場合は、信号を左折します。
途中、左側にジャスコ挾間店があり、そこから約1.2Km進むと、左側に大学(病院)がありますので、入口(信号)を左折して構内にお入り下さい。
構内に入り、左側が外来者用の駐車場です。

大分駅から病院まで
■バス利用 30分  料金410円  到着地:大学病院
※のりば:「本社前2番(トキハ本店前)」または「大分駅前3番(駅前商店街)」
※行先:「大学病院」のバスをご利用ください。
大分駅周辺 のりば&時刻表(大分バス) 時刻表 路線図
■タクシー利用 20分

賀来駅から病院まで
■バス利用 約250m先の桑原上(くわばらかみ)のバス停から乗車
  料金150円  到着地:大学病院
[桑原上バス停への行き方]
賀来駅を出て左に進み、最初の角を右に曲がります。
大通りに出たら、横断歩道を渡り、左に桑原上(くわばらかみ)バス停があります。
桑原上時刻表(大分バス) 路線図
■タクシー利用 約7分 料金1,100円程度
※賀来駅 時刻表(JR九州)

向之原駅(むかいのはるえき)から病院まで
■バス利用 約10分 料金170円  到着地:大学病院
時刻表(大分バス) 路線図
■タクシー利用 約7分 料金1,100円程度
※向之原駅 時刻表(JR九州)
Sponsored Links

冷え症外来、未病外来、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、肺梗塞、腹部大動 脈瘤、閉塞性動脈硬化症など-新見正則 血管外科医

帝京大学医学部附属病院

〒173-8606 
東京都板橋区加賀2-11-1
TEL 03-3964-1211(代表)

http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


◎外来受診の手続き

当院は特定機能病院に指定されています。高度で良質の医療を提供し、地域の医療機関とも十分な連携を持ち地域医療に貢献していくために、初めて診療を受けられる方は、お近くの医療機関を受診され「 紹介状 」をご持参の上、ご来院されることをお勧めします。
受付手続きと受付時間について
初診 ・ 予約なしの方 :  平日 8 : 30 ~ 14 : 30  /  土曜日 8 : 30 ~ 11 : 30
再診 ・ 予約がある方 :  平日 8 : 30 ~ 16 : 00  /  土曜日 8 : 00 ~ 11 : 30

~ 休診日は以下の通りです ~

→  日曜日、祝日、創立記念日 ( 6 月 29 日 )、年末年始( 12 月 29 日 ~ 1 月 3 日 )

次回の予約については診察時に医師とご相談ください
予約時間はご来院の目安時間となっています。
他の患者さんの容態等により診療開始時間及び順番が変わることがあります。ご了承ください。


◆診療科(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/medical/index.html

内科
循環器内科
心療内科
神経内科
◇外科
・肝胆膵グループ
・上部消化管グループ
・下部消化管グループ
・血管外科グループ
・内分泌グループ
・乳腺グループ
・呼吸器グループ

整形外科
産婦人科
小児科
眼科
耳鼻咽喉科
皮膚科
泌尿器科
メンタルヘルス科
放射線科
脳神経外科
ペインクリニック科
歯科口腔外科
リハビリテーション科
形成外科
救急科
心臓血管外科


◇外科 専門外来 血管外科
http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/medical/surgery/blood/index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・冷え症外来
・未病外来

・診療内容
血管外科とは、血液を入れている管である動脈と静脈の病気を診断・治療する外科の一分野です。病名としては下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、肺梗塞、腹部大動 脈瘤、閉塞性動脈硬化症などを主に扱っています。また、リンパ系の流れが障害されるリンパ浮腫なども扱います。

※簡単な疾患の解説は下記、血管疾患に関する簡単な質問と解答 を参照してください。
◎血管外科Q&A
http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/medical/surgery/blood/faq/index.html
(※血管外科Q&Aは上記リンク先にてご確認ください)

当科の外来は月曜日の午前、水曜日の午前、金曜日の午後に行っています。

●特徴・特色
・血管外科とは動脈・静脈の病気を診断・治療する科です。当科では月曜日の午前中、水曜日の午前中、金曜日の午後に外来診療を行っています。必要に応じて、入院の上、専門的な検査・治療を行います。


◇「血管外科で診療する病気は何ですか?」

拡張性動脈疾患:
腹部大動脈瘤、四肢の動脈瘤、内臓動脈瘤、頸動脈瘤など

閉塞性動脈疾患:
下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)、バージャー病、腸間膜動脈閉塞症、動脈塞栓症、血管性インポテンツ、レイノー病など

静脈疾患:
下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、肺梗塞(エコノミークラス症候群)

その他:
人工透析用のシャント作成術、リンパ浮腫、胸郭出口症候群、ベーチット病による血管病変、下腿潰瘍など

※なお、簡単な疾患の解説は 血管疾患に関する簡単な質問と解答 を参照してください。
◎血管外科Q&A
http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/medical/surgery/blood/faq/index.html
(※血管外科Q&Aは上記リンク先にてご確認ください)


☆新見正則 血管外科医
1985年に慶應義塾大学卒
1993年より5年間英国オックスフォード大学博士課程にて移植免疫学を学ぶ。
現在、帝京大学医学部で教鞭をとる。

・帝京大学医学部付属病院での診療:月曜日午前・午後、水曜日午前・午後、金曜日午後
 
◎新見正則医師ホームページ:冷え症外来、未病外来、漢方外来
http://www.mniimi.jp/index.html


◇交通アクセス
JR埼京線
十条駅 ( 徒歩 10 分 )

都営地下鉄都営三田線
板橋本町駅 ( 徒歩 13 分 )

国際興業バス
王子駅 ⇔ 板橋駅
帝京大学病院前 下車

赤羽駅西口 ⇔ 王子駅
上十条4丁目 下車 ( 徒歩 3 分 )

赤羽駅東口 ⇔ 高円寺駅
姥ヶ橋 下車 ( 徒歩 5 分 )

王子駅 ⇔ 上板橋駅
姥ヶ橋 下車 ( 徒歩 5 分 )

都営バス
王子駅 ⇔ 新宿駅西口
姥ヶ橋 下車 ( 徒歩 5 分 )

タクシー
十条駅より基本料金内

自家用車
地下 2 階駐車場を完備 ( 221 台収容可能 【 有料 】 )
※入院手続や外来診療でお越しの方は 100 分間無料 ( 25 分毎 100 円 )

Sponsored Links

白内障、がん腫瘍の治療、緑内障、斜視・弱視、網膜剥離や糖尿病性網膜症等の網膜硝子体疾患、未熟児、神経眼科、角膜・ぶどう膜疾患、コンタクトレンズ、義眼

和歌山県立医科大学附属病院

〒641-8510
和歌山市紀三井寺811番地1
Tel:073(447)2300(代)
・病院長 岡村吉隆
http://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇外来受付時間
•受付時間 午前8時50分~午前11時30分・診療時間 09:00~15:00
•予約のある方は指定時間(予約票の記載時間)
•休診日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

◇受診予約について
初診の方の診療予約について
外来の混雑緩和と待ち時間の短縮のために当院の外来受診は原則予約制とさせていただいております。

医療機関からFAXでのご予約
電話予約は時間帯により大変混み合い、ご迷惑をおかけすることがあります。

初めて受診される方は当院宛の紹介状とご持参ください。
診療のご予約は、できるだけ受診された医療機関を通してFAXでご予約ください。

○紹介状をお持ちでない方
・ほかの医療機関からの紹介状をお持ちでない方は、初診に係る費用として、1,850円を別途ご負担いただきますので、ご了承ください。

◇電話でのご予約について
1.当院あての招待状をお持ちの場合、下記電話予約センターにてお電話でもご予約いただけます。
2.特定の医師による診察を希望される場合は、必ず「○○科○○医師」あての紹介状をご用意ください。
なお、診療科によってはご希望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。
3.電話でのご予約の際には、次のことをおたずねします。
(患者様氏名、ご住所、生年月日、お電話番号(ご自宅・携帯)、ご病名、希望診療科、紹介元医療機関(かかりつけ医)
4.予約の診療時間につきましては、患者様の診療状況により、お待ちいただくこともありますが、ご了承ください。
5.予約の変更はなるべく午後の時間帯に電話予約センターへご連絡ください。複数の科を同日に予約されている場合の予約変更は、ご希望に添えないこともありますのでご了承ください。
6.患者様からは直接電話でもご予約していただけますが、時間帯によっては電話回線が大変混み合いますので、あらかじめご了承ください。

◇電話予約センター
受付時間 月~金 8:30~16:00(祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

◎電話予約センター:073-441-0489
※電話予約は、紹介状をお持ちの方が対象です。


◆診療科

糖尿病・内分泌代謝内科
消化器内科
呼吸器・アレルギー内科
循環器内科
血液内科
神経内科
小児科
神経精神科
皮膚科
放射線科
心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科
消化器外科・内分泌・小児外科
脳神経外科
整形外科
リハビリテーション科
麻酔科
産科・婦人科
泌尿器科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
眼科
歯科口腔外科
腎臓内科・血液浄化センター


◇眼 科
http://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/shinryo/ophthalmology/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎診療内容

・視覚器にかかわる疾患の診断・治療を標榜します。大学病院としての研究活動に根ざしたハイレベルな医療の提供と県の中枢医療機関としての一般臨床・地域医療との連携の癒合を実践できていると自負しています。

◇臨床の特徴:
白内障日帰り手術。眼腫瘍の国内での治療センター的役割。網膜虚血性疾患(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症)の黄斑部網膜の網膜断層撮影による高度な診断とその手術的治療。組織の線維化の基礎研究を応用した増殖硝子体網膜症、緑内障、白内障などの治療と術後管理

◇専門分野
白内障、がん腫瘍の治療、緑内障、斜視・弱視、網膜剥離や糖尿病性網膜症等の網膜硝子体疾患、未熟児、神経眼科、角膜・ぶどう膜疾患、コンタクトレンズ、義眼


スタッフ

☆雑賀 司珠也(サイカ シズヤ) 教授
和歌山県立医科大学卒
和歌山県立医科大学大学院卒
日本眼科学会認定眼科専門医

☆岡田由香 講師
角結膜
日本眼科学会認定眼科専門医

☆白井久美 講師
和歌山県立医科大学卒
和歌山県立医科大学大学院卒
屈折矯正、弱視、斜視
日本眼科学会認定眼科専門医

☆宮本武 講師
網膜硝子体、ぶどう膜
日本眼科学会認定眼科専門医

☆住岡孝吉 講師
兵庫医科大学卒
白内障
日本眼科学会認定眼科専門医

☆小門正英 助教
網膜硝子体、ぶどう膜
日本眼科学会認定眼科専門医

☆藤田識人 助教
日本眼科学会認定眼科専門医

ほか


◇交通アクセス
JRきのくに線紀三井寺駅から徒歩約10分
和歌山バス「医大病院停留所」(大学敷地内)もしくは「医大病院前停留所」(国道42号線沿い)下車すぐ

Sponsored Links

乳がん、線維腺種、パジェット病、婦人科腫瘍、生殖医療-女性外来

岐阜大学医学部附属病院

〒501-1194 
岐阜市柳戸1番1 
TEL 058-230-6000(代表)
・病院長 岩間 亨

http://hosp.gifu-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


【受 付】 8:30~11:00
【診 察】 9:00~
【休 診】 土・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29~1/3)
【臨時休診】

◇初診案内
紹介なし患者の初診に係る特別料金について本院は、大学病院の機能・役割である地域医療機関との連携による診療を推進するため、他の病院又は診療所からの紹介状なしに直接受診された初診患者に係る特別料金を、下記のとおり規定しております。
病状の経過の把握や、診療を迅速・的確に行うためには紹介状が極めて有用です。ぜひ「かかりつけ医」をお持ちいただき、紹介状をご持参の上、受診して頂きますようにお願い申し上げます。
料金 4,200円(4,000円)
※ 括弧内は、消費税法で非課税とされる助産に係る資産の譲渡に該当する場合の料金


◆診療科
内科  
 消化器内科
 循環器内科
 腎臓内科
 呼吸器内科
 血液・感染症内科
 東洋医学
 糖尿病代謝内科
 免疫・内分泌内科
 神経内科・老年内科
 総合内科
外科  
 心臓血管外科
 呼吸器外科
 消化器外科
 乳腺外科
 甲状腺外科
 腎移植外科
 成育医療科・女性科
 整形外科
 脳神経外科
 眼   科
 耳鼻咽喉科・頭頸部外科・形成外科
 皮膚科
 泌尿器科
 精神神経科
 小児科
放射線科
 放射線診断・IVR
 放射線治療
麻酔科・疼痛治療科
歯科口腔外科
総合診療部


◇乳腺外科http://hosp.gifu-u.ac.jp/medical/nyusen/nyusen.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

乳腺外科Ⅰ 科長 教授 竹村博文
乳腺外科 科長 教授 吉田和弘

・「乳腺外科」は、乳腺の病気を担当する唯一の診療科です(昔から乳腺の病気は婦人科ではなく外科が診ています)。頻度の高い病気には「乳腺炎」や「乳腺症」がありますが、最近、増えているのが「乳がん」です。岐阜大学病院の乳腺外科は、診断と治療に熟練した専門医と最新の器機が整備されているのが特徴です。がん検診や健康診断のほかに地域の診療所や総合病院の検査で発見された乳がんの治療を行っています。一人ひとりの患者さんに最善を尽くすため、事前のカンファレンスで真剣に議論しながら、治療方針や手術術式を決めています。かかりつけ医や紹介医との連携を大切にしていますので、紹介状を持参していただければ、安心して治療が受けられます。

◇主な疾患
・乳がん(診断)
・乳がん(治療)
・線維腺種
・パジェット病

☆竹村 博文(たけむら ひろふみ)教授、第一外科科長
金沢大学医学部卒
・専門分野 :
心臓血管外科
・資格・所属学会 :
日本外科学会 指導医 専門医 認定医
日本胸部外科学会 指導医 認定医
日本循環器学会 専門医
心臓血管外科専門医認定機構 専門医
日本心臓血管外科学会、日本循環器学会、日本血管外科学会、日本人工臓器学会、日本冠動脈外科学会、日本冠疾患学会、国際心臓胸部外科学会 (faculty)、米国胸部外科学会(international member)、アジア心臓血管外科学会(active member)、欧州心臓胸部外科学会(active member)

◇診療内容
http://hosp.gifu-u.ac.jp/2geka/index.php?option=com_content&view=article&id=64:nyusen&catid=9:information&Itemid=163
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

☆吉田和弘 教授 統括担当
胃がん、食道がん、大腸がん、肝がん、乳がん、膵がん、胆のうがん、消化器外科
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医
日本消化管学会胃腸科認定医
食道学会・食道外科専門医・食道科認定医

☆川口順敬(かわぐちよしひろ)客員准教授
乳がん、消化器外科
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医

☆名和正人(なわまさひと)助教
乳がん、消化器外科
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本乳癌学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医

☆森光華澄(もりみつかすみ)客員助教
乳がん、消化器外科
日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医 


◇成育医療科・女性科
http://hosp.gifu-u.ac.jp/medical/josei/josei.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

産科婦人科 ( 成育医療・女性科 ) は、女性のライフサイクルと密接に関係のある診療科です。日本女性のライフサイクルは、ほんの数十年の間に、大きな変化を遂げています。初経が早くなり、晩婚化し、子供の生みはじめが遅くなり、生み終わるのは早くなっている傾向にあります。また、閉経は遅くなる傾向にあり、閉経後の人生も昔に比べるとずっと長くなりました。晩婚化や少子化は、子宮内膜症、子宮体癌、卵巣癌などの増加をもたらすことがあり、周産期医療においても、経産婦と初産婦の比率が変化し、帝王切開などの分娩の取り扱いにも影響が出ています。また、避妊を要する期間も長くなっています。平均寿命が延びたことにより、閉経後の女性はその後の人生について、骨粗鬆症のケアなど健康に生きるための対策が必要になってきています。いずれにしても、女性のライフサイクルの変化は産婦人科医療にも大きな影響を与えており、期待される医療も変化しつつあると考えられます。当科ではこういった変化しつつある女性の生涯を通してのあらゆる悩みに対処できるよう、きめこまやかでかつ高度の診療をめざしています。
ー科長 教授 森重健一郎ー

○主な疾患
http://hosp.gifu-u.ac.jp/medical/josei/josei.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
・周産期医療
・婦人科腫瘍
・生殖医療
・女性外来
女性におこる様々な病気だけではなく、思春期、性成熟期、更年期、閉経後におこる女性の生理的な問題、健康管理についての相談を受け持つ外来です。予約制で経験豊富な女性医師が対応します。

☆森重 健一郎 教授
大阪大学医学部卒
婦人科腫瘍学、 生殖内分泌学

☆伊藤 直樹 講師
婦人科腫瘍学


◇交通アクセス
http://hosp.gifu-u.ac.jp/guide/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・鉄道を利用の方
JR 東海道線「岐阜駅」で下車
名古屋鉄道 名鉄本線「名鉄岐阜駅」で下車

・バス
岐阜大学・病院線:
JR岐阜駅起点(名鉄岐阜駅・徹明町・千手堂・忠節経由)
岐南町線:
三宅起点(JR岐阜駅・名鉄岐阜駅・柳ヶ瀬・長良北町・長良橋経由)
県庁岐大線:
県庁起点(東薮田・西岐阜駅・正木北)
岐阜高富線:
高富起点(三田洞・長良北町乗り換え・鷺山経由)
岐阜大学・病院線:
(伊自良線・本巣線・掛洞宝珠線)

・主要駅からの所要時間
バスのりば 行   先 降車するバス停 所要時間
JR岐阜駅⑨番 岐阜大学病院(長良橋経由) 岐阜大学病院(終点) 約40分
岐阜大学病院(忠節経由)
名鉄岐阜駅④番 岐阜大学病院(長良橋経由)
名鉄岐阜駅⑤番 岐阜大学病院(忠節経由)

※岐阜大学行きのバスは、岐阜大学病院までは行きませんのでご注意願います。

・タクシー
JR岐阜駅・名鉄岐阜駅から約20分

・駐車場
自家用車でお越しの方は、外来駐車場が約500台ありますので、ご利用ください。ご利用は24時間可能です。

Sponsored Links

婦人科悪性腫瘍、乳腺疾患、不妊症・不育症-女性診療科-原田 省教授

鳥取大学医学部附属病院

〒683-8504
米子市西町36番地1
TEL:0859-33-1111(電話番号案内)
・病院長 北 野 博 也

http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●他の医療機関等からの紹介状をお持ちの方は、診察申込書にご記入のうえ「保険証等」と一緒にお出しください。
(他の医療機関からの紹介状がない場合は、通常の診療費とは別に特別料金(特定療養費)3,150円が必要となります。)

・老人、乳幼児等の受給者証や公費負担関係の書類をお持ちの方は「保険証等」と一緒にお出しください。
・保険証の提示がありませんと、全額自費料金となります。(保険証等のコピー・ファックスでは取り扱いいたしません。)
・交通事故・お仕事中のけが等で受診される方は、受付の際にお申し出ください。


◇外来受診のご案内
・新来受付
8:30~10:30

・再来受付
8:30~11:00

・自動再来受付機は8:00から稼働します。

・診療開始時間
9:00~

・休診日
土曜日、日曜日、
祝(休)日
年末年始(12月29日~1月3日)


◆各診療科のご案内:
外来受付
第一内科診療科群(循環器内科、内分泌代謝内科) 0859-38-6512
第二内科診療科群(消化器内科、腎臓内科) 0859-38-6522
第三内科診療科群(呼吸器内科、膠原病内科) 0859-38-6532
精神科 0859-38-6542
小児科 0859-38-6552
第一外科診療科群(消化器外科) 0859-38-6562
第一外科診療科群(小児外科) 0859-38-6562
第二外科診療科群(心臓血管外科、乳腺内分泌外科) 0859-38-6572
第二外科診療科群(胸部外科) 0859-38-6692
整形外科 0859-38-6582
皮膚科 0859-38-6592
泌尿器科 0859-38-6602
眼科 0859-38-6612
頭頸部診療科群(耳鼻咽喉科、頭頸部外科) 0859-38-6622
放射線診療科群(放射線科、放射線治療科) 0859-38-6632
女性診療科群(女性診療科、婦人科腫瘍科) 0859-38-6642
麻酔診療科群(麻酔科、いたみ緩和ケア科) 0859-38-6652
歯科口腔外科 0859-38-6682
薬物治療科 0859-38-6692
形成外科 0859-38-6592
救急災害科 0859-38-6699
血液腫瘍科 0859-38-6742
神経内科 0859-38-6752
脳神経外科 0859-38-6762
脳神経小児科/遺伝子診療科 0859-38-6772
総合診療外来 0859-38-6692


◇女性診療科群(女性診療科・婦人科腫瘍科)
http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/departments/medical/women/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

外来問合せ:0859-38-6642

◇診療内容
胎児診断および子宮内胎児治療
腹腔鏡検査および手術(腹腔鏡・子宮鏡
不妊症・不育症に対する先進的治療
婦人科悪性腫瘍に対する集学的治療
乳腺疾患の診断

◇診療科の特色
診療と研究面で絶えず向上心を持ち、高いレベルを維持することが目標である。
少産・少子の時代となった今日、女性医学の重要性が認識されている。
山陰地区のセンター病院として、病院では女性診療科として,周産期、生殖医療および乳腺を含めた婦人科腫瘍の分野で高度先進医療を実践すると同時に、国際的にも評価をうける臨床研究を行っている。
ー主任診療科長 原田 省 教授ー

スタッフ

☆原田 省(ハラダ タスク)女性診療科群主任科長 教授
鳥取大学 医学部 医学科卒
・専門
生殖内分泌
内視鏡手術
・専門医・資格等
産婦人科専門医、生殖医療専門医産婦人科内視鏡技術認定医専門医、内分泌代謝科専門医
・受賞
2002年 八木賞(日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会)
2002年 下田賞(鳥取大学医学部)
2002年 鳥取大学研究功績賞

☆紀川 純三(キガワ ジュンゾウ)診療科長・教授(がんセンター)
・専門領域
婦人科腫瘍
・専門医・資格等
産婦人科専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医
・受賞
1994年 下田光造記念賞
1997年 八木賞

☆岩部 富夫 診療科長・准教授
・専門領域
生殖内分泌
周産期
・専門医・資格等
産婦人科専門医、生殖医療専門医
産婦人科内視鏡技術認定医専門医、内分泌代謝科専門医

☆谷口 文紀 医師・講師
・専門領域
生殖内分泌
内視鏡手術
・専門医・資格等
産婦人科専門医、生殖医療専門医、産婦人科内視鏡技術認定医

☆板持 広明 医師・講師
・専門領域
婦人科腫瘍
・専門医・資格等
産婦人科専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医

☆島田 宗昭 外来医長・助教
・専門領域
婦人科腫瘍
・専門医・資格等
産婦人科専門医

☆大石 徹郎 統括医長・講師
・専門領域
婦人科腫瘍
・専門医・資格等
産婦人科専門医、細胞診専門医


◇交通アクセス(病院まで)
米子駅から徒歩で15分、
米子駅から米子市循環バスで 8分、(循環バス時刻表)
米子空港からバスで25分

・大阪から米子まで
JR山陽新幹線-伯備線経由で3時間
高速バスで3時間20分

・東京から米子まで
飛行機で1時間20分
JR東海道・山陽新幹線-伯備線経由で5時間30分

Sponsored Links

乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、女性化乳房など、更年期障害、尿失禁・子宮脱、尿もれ、ほか

福井大学医学部附属病院
 
〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL 0776-61-3111(代表)
・病院長 山口明夫

http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初診時負担金について
初診の方は、病院・診療所等からの紹介状が必要です。
紹介状をお持ちでない方は、初診時負担金として2,625円いただくことになりますのでご了承願います。

◇診療受付時間・休診日

診療受付時間午前8時30分~午前11時00分診療開始時間午前9時から (診療時間:9時から17時まで)休診日土曜日、日曜日、祝日、年末年始
(12月29日~翌年1月3日)

◇受診科ご案内
http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/jusin/gairai/a3-gairai.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◆診療科
◇内科部門
血液・腫瘍内科
感染症・膠原病内科
神経内科
消化器内科
内分泌・代謝内科
呼吸器内科
腎臓内科
循環器内科

◇外科部門
消化器外科
乳腺・内分泌外科
心臓血管外科
呼吸器外科
泌尿器科

◇感覚・皮膚・運動部門
皮膚科
整形外科・脊椎外科
リハビリテーション科
眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科

◇成育・女性医療部門
小児科
産科婦人科

◇脳・神経・精神部門
神経科精神科
脳脊髄神経外科
麻酔科蘇生科

◇総合診療部門
放射線科

◇専門外来・その他
中高年・女性総合外来
禁煙外来
女性泌尿器科外来
専門ドック


◎乳腺・内分泌外科
http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/sinryouka/geka/h2_geka/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

乳腺・内分泌外科では、近年著しく罹患率、死亡率が増加している乳癌を中心に、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、女性化乳房などの乳腺疾患の診断と治療を行っております。

スタッフ

☆前田 浩幸 助教
・専門:
乳腺外科、消化器外科
医学博士
・認定資格:
日本外科学会 認定医 専門医
日本消化器外科学会 認定医
日本乳癌学会 認定医
日本乳癌学会中部地方会 世話人
日本乳癌学会 評議員

☆中澤 雅子 助教
・専門:
乳腺内分泌外科、消化器外科
医学博士
・認定資格:
日本外科学会 認定医 専門医
日本消化器外科学会  消化器外科専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会    専門医


◎中高年・女性総合外来http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/sinryouka/senmon_gairai/m1_senmon_gairai/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・更年期障害を中心とする中高年女性のヘルスケア全般を、産婦人科と総合診療部が共同で診療する外来です。

・どんな症状のときに受診するか
40歳を過ぎて、ほてりがある、イライラして落ち込む、コレステロールが高いといわれた、肩こりが強い、などの症状があるときに受診してください。

・対象疾患は、概ね以下のとおりです。
更年期障害、骨粗しょう症、高コレステロール血症、肩こり・腰痛など、中高年女性のさまざまな異常が対象となります。


◎女性泌尿器科外来
http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/sinryouka/senmon_gairai/m3_senmon_gairai/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・女性の尿もれ女医対応

・体にやさしい尿失禁・子宮脱の手術
  ―女性泌尿器科外来へお問合わせを―

○これまでの女性の尿失禁(尿もれ)に対して行われてきた尿失禁防止手術(TVT手術)は大血管損傷や腸管損傷などの重大な合併症が無視できないことから、新しい手術法の開発が望まれていました。福井大学附属病院泌尿器科では平成18年からTVT手術に代わる新しい手術方法(TOT手術)をいち早く取り入れ、これまでに多くの患者さんに行ってきました。手術時間も短く低侵襲(体にやさしい)で、尿失禁の治療効果にも優れていることから今後はこの治療法が主流になると考えています。

・お問合わせ
女性泌尿器科外来まで。女医が対応しますので気軽に受診して下さい。

・予約が必要です
0776-61-3111(内線3293・3295)
毎週木曜日午後2時から


◎産婦人科
http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/sinryouka/seiiku_joseiiryou/j2_seiiku_joseiiryou/j2_seiiku_joseiiryou_10.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

1)周産期医療部門
2)悪性腫瘍部門
3)婦人科診療部門
4)不妊・不育医療部門
5)中高年女性ヘルスケア部門

スタッフ

☆小辻 文和 科長・教授
・専門領域
産婦人科全般・生殖内分泌・婦人科手術

☆吉田 好雄 副科長・准教授
・専門領域
婦人科腫瘍
 
☆折坂 誠  外来医長 講師 
・専門
生殖・周産期

☆黒川 哲司 病棟医長 講師
・専門
婦人科腫瘍

☆西島 浩二 助教
・専門
周産期

☆澤村 陽子 助教
・専門
婦人科腫瘍

☆服部 克成 助教
・専門
生殖・周産期

☆品川 明子 助教
・専門
婦人科腫瘍

☆津吉 秀昭 助教
・専門
周産期

☆打波 郁子 病院助教
・専門
周産期

ほか


◇交通アクセス
・バ ス
JR福井駅前(10・11番のりば)発
福井大学病院行・・・・・・・・・・・・・・約35分

・北陸自動車道
福井北インターチェンジから 約10分
丸岡インターチェンジから・・・約10分

・電車
えちぜん鉄道(勝山永平寺線)松岡駅下車
京福バス乗り換え、福井大学病院行・・約5分

Sponsored Links

更年期・閉経後の症状病気(尿失禁、子宮脱、膀胱瘤)、子宮、卵管、卵巣、腟および外陰部に発生する悪性腫瘍、乳腺・甲状腺疾患

山形大学医学部附属病院

〒990-9585
山形県山形市飯田西二丁目2番2号
TEL 023-633-1122(代)
・病院長 久保田 功

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付時間
・新患(初診)受付時間  午前8時30分~午前11時までです。
・再来(予約あり)受付時間  予約時間に余裕をもって来院してください。
・再来(予約なし)受付時間  午前8時30分~午前11時までです。

○診療開始時間 午前9時からです。

・土曜、日曜、祝日、休日及び年末年始(12月29日~1月3日)は、全診療科休診です。

●本院は、平成6年11月に“特定機能病院”として承認されております。
初診時に他の診療所や病院などから紹介状をお持ちにならない患者様には、通常の初診料等の医療費とは別に、特定療養費(初診時負担金)として3,465円(全額自己負担、消費税込み)をご負担いただいております。
これは、平成4年の医療法改正により、医療施設はその規模や特質に応じて機能分担を目的に設けられた制度で、初期の診療は地域の医院・診療所で受診していただき、高度・専門の医療は大病院で行うことにより、限られた医療資源の有効活用、大病院の混雑緩和など、医療の合理化を図ることを目的としています。

・次に該当する方は、初診であっても特定療養費はいただきません。
救急車で搬入された方
生活保護法による医療扶助の対象となる方
特定疾患等各種公費負担制度受給対象の方
(但し乳児医療、母子家庭医療は除く)
労働災害・公務災害の方
今回受診する診療科は初めてであるが、別の診療科に継続して通院中の方
(ただし、医科歯科はそれぞれ別です)


◆診療科

第一内科
*循環器内科
*呼吸器内科
*腎臓・膠原病内科

第二内科
*消化器内科

第三内科
*神経内科
*糖尿病・代謝内分泌内科
*血液内科

小児科

精神科
*心療内科

皮膚科

放射線診断科

放射線治療科

第一外科
*消化器・一般外科/乳腺・甲状腺外科
第二外科
*心臓血管外科/呼吸器外科/小児外科

脳神経外科
*脳神経外科/脳卒中科

整形外科

産婦人科
*ナイスミディー
*腫 瘍
*不 妊
*周産期

眼 科

耳鼻咽喉科
*耳鼻咽喉科/頭頸部外科

泌尿器科

麻酔科

歯科口腔・形成外科
*歯科口腔外科/顎顔面外科
*形成外科

救急科(救急部)

高次脳機能科

腫瘍内科

病理診断科


◆産婦人科

◎ナイスミディーの紹介
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/oag_a.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

更年期・閉経後にみられるさまざまな症状、病気を対象に診療しています。

[具体的には]
1. ほてり、イライラ、肩こりなどの更年期症状の診断と治療
2. 尿失禁、子宮脱、膀胱瘤などの診断と治療
3. 骨粗鬆症の診断と治療
4. 脂質異常症の診断と治療
5. 動脈硬化症の予防と診断

*中高年女性の生活の質を改善・向上できるよう、患者様の診察を行っています。


☆倉智 博久 科長・教授
大阪大学医学部卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
内分泌代謝科専門医
生殖医療指導医
婦人科腫瘍専門医
がん治療認定医
日本女性医学学会認定医師

☆高橋 一広 外来医長 准教授
山形大学卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
日本女性医学学会認定医師

☆山谷 日鶴 病院助教
山形大学卒
日本産科婦人科学会専門医


◎腫瘍の紹介
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/oag_b.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

子宮、卵管、卵巣、腟および外陰部に発生する悪性腫瘍を中心に診療しています。良性腫瘍についても、きめ細かな対応をしています。

[具体的には]
1. 山形県における婦人科のがんセンターです。
2. 腫瘍専門外来で、婦人科腫瘍専門医が診察します。
3. 細胞・組織診断および画像診断などの高度な診断技術を駆使し、正確な診断をします。
4. 正確な診断をもとに、世界中から集めたエビデンス(医学的証拠)を検討し、患者さんごとの最適な治療をアドバイスします。
5. 高度な手術の技術を有しています。その他、抗がん剤の化学療法や放射線療法など、ほぼ全ての婦人科がんに対応できる設備を有しています。
6. セカンド・オピニオンも随時受付けています

☆倉智 博久 科長・教授
大阪大学医学部卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
内分泌代謝科専門医
生殖医療指導医
婦人科腫瘍専門医
がん治療認定医
日本女性医学学会認定医師

☆小島原 敬信 助教
山形大学大学院
医学研究科修了
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
マンモグラフィ読影専門医
がん治療認定医

☆太田 剛 助教
山形大学大学院
医学研究科修了
医学博士
日本産科婦人科学会専門医

☆須藤 毅 助教
山形大学卒
日本産科婦人科学会専門医


◎不妊の紹介
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/oag_c.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

日本では夫婦の10組に1組は子供に恵まれていません(不妊症)。不妊症に対する様々な診断と治療をしています。

[具体的には]
1. まず、不妊症の原因を調べます。女性、男性どちらも当科で診断可能です。
2. 患者様一人一人の原因に応じた治療を行っています。
3. 人工授精から体外受精、顕微授精、そして凍結胚移植など高度な不妊治療も行っています。
4. 不妊症に対する手術療法は内視鏡下手術が中心です。
5. 妊娠した場合はそのまま当院の産科外来で継続診療を受けることが可能です。


☆倉智 博久科長・教授
大阪大学医学部卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
内分泌代謝科専門医
生殖医療指導医
婦人科腫瘍専門医
がん治療認定医
日本女性医学学会認定医師

☆高橋 俊文 講師
山形大学卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
生殖医療指導医

☆五十嵐 秀樹 助教
山形大学大学院医学研究科修了
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
生殖医療指導医

☆原 周一郎 助教
山形大学大学院医学研究科修了
医学博士
日本産科婦人科学会専門医


◎周産期の紹介
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/oag_d.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

正常の経過を示していると思われる妊婦さんから,さまざまな合併症があるリスクの高い妊婦さんまで,幅ひろく対応しています.もちろん里帰り分娩の希望などもお受けいたします。

[具体的には]
1. 正常な経過を示している妊婦さんの妊娠と分娩
2. 胎児が元気であることを確かめるためのスクリーニング検査
3. 超音波診断装置を用いた胎児出生前診断,胎盤や臍帯の異常に関する診断
4. 切迫早産や妊娠中毒症,多胎妊娠などの管理と分娩
5. 羊水穿刺や絨毛採取による染色体検査・DNA診断
6. 心臓や血液,内分泌などのいろいろな疾患を合併した妊婦さんの妊娠と分娩
 などを扱っています。


☆倉智 博久 科長・教授
大阪大学医学部卒
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
内分泌代謝科専門医
生殖医療指導医
婦人科腫瘍専門医
がん治療認定医
日本女性医学学会認定医師

☆堤 誠司 講師
山形大学大学院
医学博士
医学研究科修了
日本産科婦人科学会専門医
周産期専門医・暫定指導医
臨床遺伝専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

☆吉田 隆之 助教・病棟医長
山形大学卒
日本産科婦人科学会専門医

☆前川 絢子 病院助教
新潟大学卒
日本産科婦人科学会専門医


◆第一外科
消化器すなわち食道・胃・小腸・大腸・肝・胆・膵疾患および乳腺・甲状腺疾患に関係するさまざまな外科的治療を中心に診療しています。

◎乳腺甲状腺外科の紹介
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/suf_a.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
消化器すなわち食道・胃・小腸・大腸・肝・胆・膵疾患および乳腺・甲状腺疾患に関係するさまざまな外科的治療を中心に診療しています。

・乳癌に対する乳房温存手術や集学的治療(ホルモン化学療法など)。


☆木村 理 科長・教授
東京大学卒
医学博士
日本外科学会(指導医・外科専門医・認定医)
日本消化器外科学会(指導医・消化器外科専門医・認定医)
日本老年医学会(指導医・老年病専門医・認定医)
日本消化器病学会(指導医・消化器病専門医・認定医)
日本臨床腫瘍学会(指導医)
日本癌治療学会(臨床試験登録医)
日本乳癌学会(認定医)

☆木村 青史 准教授
山形大学卒
医学博士
日本乳癌学会(乳腺専門医・認定医)
日本外科学会(外科専門医・認定医)
日本消化器病学会(消化器病専門医)
日本消化器外科学会(認定医)

☆鈴木 明彦 助教・医局長
山形大学卒
医学博士
日本外科学会(外科専門医・認定医)
日本乳癌学会(専門医)



◇交通アクセス(山形駅前~大学病院)
バス、タクシー
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/other/other_d.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


Sponsored Links

乳癌、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍、乳腺炎、女性化乳房、甲状腺癌、バセドウ病、橋本病、機能低下症、腺腫ほか

秋田大学医学部附属病院

〒010-8543
秋田県秋田市広面字蓮沼44-2
TEL 018-834-1111(代表)
・病院長 茆原順一(ちはら じゅんいち)

http://www.hos.akita-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付時間は、午前8時30分から午前10時30分となっております。
◇休診日
土日・祝日・年末年始


◇初診時負担金について
他の医療機関からの紹介によることなく直接来院された方については、
初診料とは別に紹介状なし患者の初診時負担金(3,150円)をいただきます(平成22年4月1日現在)。
ただし、救急車での搬送等の緊急その他やむを得ない事情により、他の医療機関からの紹介によることなく来院された方については、紹介なし患者の初診時負担金はいただきません。


◆診療科のご案内

消化器内科
神経内科
循環器内科
呼吸器内科
血液内科
腎臓内科
リウマチ内科
糖尿病・内分泌内科
老年内科
消化器外科
呼吸器外科
食道外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
心臓血管外科
脳神経外科
小児科
産科婦人科
精神科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線診断科
放射線治療科
麻酔科
歯科口腔外科
腫瘍内科


◇緩和ケアセンター
http://www.hos.akita-u.ac.jp/kanwa/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎スタッフ
医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、医事課職員、ソーシャルワーカーなどから構成され、患者さんとご家族が抱えている身体的症状や心の痛み、経済的な悩みなどの苦痛の軽減を支援するチームです。

☆片寄 喜久(かたよせ よしひさ)センター長 講師
平成02年 秋田大学医学部卒
平成12年 秋田大学医学部 乳腺甲状腺外科
第二外科(乳腺 甲状腺外科)
・専門
乳腺 甲状腺外科
・資格
日本外科学会認定外科専門医
日本乳癌学会認定乳腺専門医
日本消化器外科学会認定医

☆廣川 誠 委員
腫瘍センター所属
・専門 
血液内科

☆丸山 起誉幸 委員
腫瘍センター所属
・専門
食道外科  

☆木村 哲 委員
麻酔科所属
・専門
麻酔科
ペインクリニック

☆武村 尊生 委員
精神科所属
・専門
臨床心理士
精神保健福祉士

ほか多数


◇乳腺・内分泌グループ

乳腺腫瘍(乳癌、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍、乳腺炎、女性化乳房など)
甲状腺腫瘍(甲状腺癌、バセドウ病、橋本病、機能低下症、腺腫など)
上皮小体腫瘍(腺腫、過形成、癌など)

☆伊藤亜樹 助教
秋田大学医学部卒
・専門
乳腺・内分泌外科
日本外科学会専門医
マンモグラフィー読影認定医

☆寺田かおり 医員
・専門
乳腺


◇交通アクセス
秋田中央交通バスをご利用の場合
・手形山団地線
手形山経由大学病院4番線 → 手形山団地 → 秋大病院前
・赤沼、太平、松崎団地、各線
秋田駅西口13番線 → 三吉神社前 → 谷内佐渡 → 秋大病院前
・駅東線
秋田駅東口1番線 → 北光寮 → 南団地 → 秋大病院前
・赤沼線
秋田駅東口2番線 → 碇 → 南団地 → 秋大病院前

・自家用車をご利用の場合
自家用車でご来院される皆様は、所定の駐車場をご利用ください。
なお、駐車場の収容台数には制限がありますので、駐車できないこともあります。
玄関前や路上には、絶対に駐車しないようにしてください。
混雑を避けるため、なるべく公共の交通機関をご利用くださるようお願いいたします。

Sponsored Links

角膜疾患、白内障、緑内障、斜視、弱視、糖尿病網膜症、ぶどう膜疾患、網膜・脈絡膜疾患、網膜剥離、神経眼科疾患ほか-黒坂 大次郎教授

岩手医科大学附属病院

〒020-8505 
岩手県盛岡市内丸19番1号
電話番号:019-651-5111(代表)
・病院長 小林 誠一郎

http://www.iwate-med.ac.jp/hospital/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付時間
・医 科
平  日:午前8時30分〜午前11時00分、午後1時00分〜午後4時00分
土曜日:午前8時30分〜午前11時00分(受付時間以外においでの方は総合案内、または、各診療科の受付にお申し出下さい。)

◇診療日・診療時間
・月~金曜日:午前8時30分~午後5時 
・第1・4土曜日:午前8時30分~午後0時30分

◇受付時間
・循環器
平  日:午前8時30分〜午後5時00分
土曜日:午前8時30分〜午後0時30分

◇循環器診療時間
月〜金曜日:午前8時30分〜午後5時00分
第1・4土曜日:午前8時30分〜午後0時30分

・休診日
日曜日、祝祭日、第2・3・5土曜日、年末年始(12月30日~1月3日)


◇受付時間
・歯 科
水・金曜日:午前8時30分〜午後6時00分
火・木曜日:午前8時30分〜午後5時00分
第1・4土曜日:午前8時30分〜午後0時30分

◇歯科診療時間
水・金曜日:午前8時30分〜午後6時00分
火・木曜日:午前8時30分〜午後5時00分
第1・4土曜日:午前8時30分〜午後0時30分


◆診療科

・消化器・肝臓内科
(胃腸疾患、肝臓疾患、胆のう疾患、膵臓疾患、糖尿病)
・心血管・腎・内分泌内科
(心筋梗塞、狭心症、不整脈、高血圧症、内分泌代謝疾患、腎疾患等)
・ 呼吸器・アレルギー・膠原病内科
(気管支喘息、肺炎、アレルギー疾患、膠原病、心身症等)
・神経内科・老年科
(脳・脊髄・神経筋疾患、脳卒中、パーキンソン病)
・糖尿病・代謝内科
(糖尿病)
・血液・腫瘍内科
(血液疾患)
・外科
(消化器外科、内分泌外科、小児外科)
・脳神経外科
(脳・脊髄神経外科、小児脳神経外科)
・呼吸器外科
(呼吸器疾患)
・整形外科
(脊椎・脊髄疾患、骨・関節疾患、リウマチ、リハビリ、スポーツ傷病)
・形成外科
(唇顎口蓋裂、四肢先天異常、熱傷、顔面外傷、皮膚腫瘍)
・産婦人科
(産科・婦人科)
・小児科
(小児内科、新生児、循環器、血液、神経、腎、内分泌、予防接種)
・耳鼻咽喉科
(耳鼻咽喉科一般、難聴・小児聴力言語障害相談)
・眼科
(白内障、緑内障、角膜疾患、神経眼科疾患等)
・皮膚科
(皮膚科一般、皮膚腫瘍、アレルギー性皮膚疾患)
・泌尿器科
(泌尿器一般、腎不全、腎移植、性機能障害)
・放射線診断科・放射線治療科
(放射線科一般、癌の放射線治療、温熱療法、核医学)
・精神神経科
(思春期・青年期・壮年期・老年期の心の診療))
・麻酔科
(麻酔科一般、ペインクリニック)
・救急科
(岩手県高度救命救急センター)

・睡眠医療科
(睡眠時無呼吸症候群、チェーン・ストークス症候群、不眠症、過眠症、その他の睡眠関連疾患)


◇眼科
http://www.iwate-med.ac.jp/hospital/sinryouka/med/15ganka_01.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

当科では角膜疾患、白内障、緑内障、斜視、弱視、糖尿病網膜症、ぶどう膜疾患、網膜・脈絡膜疾患、網膜剥離、神経眼科疾患その他の眼科疾患全般の診療を行っております。更に、眼鏡、コンタクトレンズ、義眼の処方なども行っています。
 白内障の分野では、従来の半分以下の切開から手術ができ、術後乱視を減らすばかりでなく、感染のリスクを軽減しうる最新の手術法による手術を行っています。
 円錐角膜や種々の角膜疾患後の角膜混濁に対しては角膜移植を行っています。エキシマレーザーによる角膜混濁の除去や屈折矯正手術なども入院せずに外来で行っています。
 緑内障に対しては、最新の緑内障検査機器を用いて診断および経過観察を行っております。また、治療に際しては、病型、病期、年齢、視野障害の進行度などに合わせた目標眼圧を設定し、患者様それぞれに適切な点眼、手術等を選択しております。
 幼児や小児、児童の斜視・弱視に対しては、視能訓練士の協力のもとに、眼鏡の装用による視力向上や手術による眼位の矯正を図り、両眼視の達成を目指し、長期の経過観察を行っています。糖尿病網膜症に対しては、当院第一内科「糖尿病外来」と連携し、患者様への啓蒙活動を踏まえ、糖尿病の全身管理を図った上で、外来でのレーザー網膜光凝固あるいは入院による網膜硝子体手術を行っています。
 加齢黄斑変性、網膜細動脈瘤などに対しては、眼底血管撮影の上、レーザー光凝固および光線力学的療法を行っています。また遺伝性の網膜・脈絡膜の変性疾患に対しては、最新の機器を使った電気生理学的な検査を行い、さらには遺伝相談も受けております。また、手術によって治療が可能な網膜・脈絡膜疾患に対して、積極的に手術治療を行っています。
 網膜剥離は入院手術が主であり、また黄斑円孔や黄斑上膜に対しても、視力の改善に向けて硝子体手術、内境界膜剥離術などの繊細な最先端の手術を行っています。
 神経眼科疾患とは、脳や神経の病気で視力や視野が障害されたり、複視を生じたりする疾患のことです。従って、脳神経外科、神経内科、小児科、耳鼻科、口腔外科など他の診療科と関連が深く、連携して診療にあたっています。
 その他、眼瞼腫瘍の切除や眼瞼、義眼台、涙道の形成手術なども行っております。

スタッフ

☆黒坂  大次郎(くろさか だいじろう)診療科部長 教授
慶應義塾大学医学部卒
・専門分野
白内障、白内障手術、屈折矯正手術、眼科手術一般
・加盟学会など
日本眼科学会
日本眼内レンズ屈折矯正学会
日本白内障手術学会
日本眼科手術学会

☆町田 繁樹(まちだ しげき)准教授
岩手医科大学卒
・専門分野
網脈絡膜疾患、黄斑疾患、網膜電気生理、網膜変性の治療、網膜硝子体手術
・加盟学会など
日本眼科学会(専門医)
日本臨床視覚電気生理学会
日本網膜硝子体学会
日本眼薬理学会
The Association for Research in Vision and Ophthalmology
The International Society for Clinical Electrophysiology of Vision
PDT認定医
眼科手術学会

☆藤原 貴光(ふじわら たかみつ)外来医長 講師
弘前大学卒
・専門分野
眼底疾患、加齢黄斑変性、網膜血管疾患、網膜腫瘍、脈絡膜腫瘍、網膜硝子体手術
・加盟学会など
日本眼科学会(専門医)
The Association for Research in Vision and Ophthalmology
日本網膜硝子体学会
日本眼循環学会
日本臨床視覚電気生理学会
PDT(光線力学療法)認定医

☆木村  桂(きむら かつら)病棟医長 講師
岩手医科大学卒
・専門分野
角膜、前眼部疾患、屈折矯正手術、角膜移植
・加盟学会など
日本角膜学会
日本眼科学会(専門医)
日本眼科手術学会
日本眼内レンズ屈折矯正学会

ほか

◇交通アクセス
・盛岡駅▶(バス10分)▶[中央通一丁目][岩手医大前]バス停・下車▶(徒歩2分)▶岩手医科大学
・盛岡駅から車で10分、徒歩30分

Sponsored Links

前立腺癌、膀胱癌、腎癌、腎結石、尿管結石、腎盂腎炎、膀胱炎などの感染症、前立腺肥大症など

弘前大学医学部附属病院

〒036-8563 
青森県弘前市本町53 
TEL 0172-33-5111(代表) 
・病院長  花 田 勝 美

http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/hospital/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)    


◆受診される前のお願い

・紹介状(診療情報提供書)について

 本院を受診される際には、担当医からの紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。紹介状なしでも受診できますが、その場合は初診料の他に「保険外併用療養費制度に基づく特別の料金」」として3,150円が自己負担となります。なお、医師の指示による場合を除いて、3ヶ月以上来院していない場合は初診扱いになりますので、この負担額の対象になります。


・保険証について

 本院を初めて受診される際には、必ず保険証をお持ち下さい。また、再診の場合には毎月1回保険証をお持ちください。 保険証を確認できない場合には、全額自費負担していただくことがあります。また、保険証が確認されていない場合には、自動再来受付機での受付はできませんのでご注意下さい。


・医療費支払・高額医療・公費負担医療・労災その他の相談・説明について

 医療扶助、特定疾患、小児慢性特定疾患、育成医療、更生医療などの公費負担、労災その他の説明・相談・手続きについては医療相談室へおいで下さい。            


◇受付時間

・初診   本院が初めての方・ 他科が初めての方   午前8時30分~午前10時30分
   
・再来   通院をしている方・ 予約外来の方 午前8時00分~午前11時00分
                       予約の時間まで

・診療時間 午前8時30分~午後5時00分

・休 診 日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

 
◆診療科
  消化器内科・血液内科・膠原病内科  
  循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科  
  内分泌内科・糖尿病代謝内科・感染症科  
  神経内科  
  腫瘍内科  
  神経科精神科  
  小児科  
  呼吸器外科・心臓血管外科  
  消化器外科・乳腺外科・甲状腺外科  
  整形外科  
  皮膚科  
  泌尿器科  
  眼科  
  耳鼻咽喉科  
  放射線科  
  産科婦人科  
  麻酔科  
  脳神経外科  
  形成外科  
  小児外科  
  歯科口腔外科
    
◇泌尿器科
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/hospital/clindtl/uro.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・泌尿器科では副腎と尿路(腎臓、腎盂、尿管、膀胱、尿道)および、男性生殖器(精巣、前立腺など)の疾患を扱います。主な疾患としては前立腺癌、膀胱癌、腎癌などの悪性腫瘍、腎結石、尿管結石などの尿路結石症、腎盂腎炎、膀胱炎などの感染症、前立腺肥大症などによる排尿障害や尿失禁、腎不全、男性不妊症などが対象になります。
各種腹腔鏡手術、前立腺癌に対する小線源療法(ブラキ療法)やIMRT療法、腎移植,、ロボット支援手術(ダビンチ)など最新の方法を積極的に取り入れています。


☆大山  力 診療科長 教授
弘前大学医学部卒
・専門領域
尿路性器悪性腫瘍の診断と治療、前立腺癌、膀胱癌、精巣腫瘍、腎癌、癌化学療法、尿路変向術、鏡視下手術、糖鎖生物学

☆神村  典孝  総医長  准教授
弘前大学医学部卒
・専門領域
尿路性器悪性腫瘍の診断と治療、癌放射線療法・化学療法
 
☆ 工藤 茂将 病棟医長 助教
岩手医科大学医学部卒
・専門領域
尿路性器悪性腫瘍の診断と治療、腎移植、癌化学療法、尿路変向術
 
☆ 米山 高弘 外来医長 講師
弘前大学医学部卒 
・専門領域
尿路性器悪性腫瘍の診断と治療、前立腺癌、膀胱癌、尿路変向術、癌化学療法、尿路上皮癌に対するBCG療法

ほか


◇交通アクセス

【弘南バス】
弘前駅前(中央口)⑥番乗り場 → 〈所要時間20分〉 → 大学病院前下車

・駒越藤代(こまごしふじしろ)行

・茂森四中(しげもりよんちゅう)行

※土手町循環100円バスのご利用が便利です。

・タクシー:各社

・自家用車

(1) 本院正門付近に病院利用者用の立体駐車場があります。駐車料金は次のとおりとなっており,場内は係員の指示に従ってご利用下さい。

外来患者様
・ 30分間まで無料
・ 駐車場ゲートで駐車券を受け取り,診察等を終了し会計の支払い等終了後に外来ホールの正面玄関前受付で領収証等,証明になるものを提示し,駐車利用券の割引ライターによるチェックを受けて下さい。
その後,30分間まで無料となり,以降1時間毎に100円加算されます。
見舞い,訪問者
・ 30分間まで無料
・ 1時間まで100円
・ 以後1時間毎に100円

※ 1日あたりの駐車料金の上限は,2,000円です。
24時間を超える場合は,24時間以降分を加算します。

(2) 駐車場満車の場合は,本院周辺の民間駐車場(有料)がご利用できる場合があります。
(3) 本院周辺の公道,特に臨床研究棟沿路での駐車は不法駐車取締りの対象になります。

Sponsored Links

聴覚、味覚、アレルギー性鼻炎、頭頸部腫瘍ほか-耳鼻咽喉科・頭頸部外科 和漢診療外来-小川恵子 和漢診療(漢方)外来 特任准教授

金沢大学附属病院 

〒920-8641
金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2000(代表)
・病院長 富田 勝郎

http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇診療受付時間及び休診日
・受付時間 総合受付/ 初診 午前8時30分~11時
再診 午前8時30分~午後5時
(救急の方)
再来受付機/ 再診 午前8時~午後5時
(予約のある方)
・休診日/ 土曜日、日曜日、祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)
診療開始時間/午前9時

・初めて来院された方(予約あり)

 中央待合のテーブルに備えてある診察申込書に必要事項(黒の太線内)を記入し、保険証(高齢受給者証・公費医療券を含む)・紹介状等を添えて総合受付1番へお出しください。
 なお、紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない方は、初診時の選定療養費(2,625円)をお支払いいただくことになります。
 手続きが済みましたら、診察券・外来診療案内カード・紹介状等を透明ケースに入れてお渡ししますので、受診される診療科のブロック受付にお出しください。
 なお、予約のない初来院の患者さんには、診療科によって当日に診療できないことがありますので、あらかじめご了承願います。

◆診療部

・内科
消化器内科:消化器病、肝臓病、膵臓病、胆道疾患、消化器悪性疾患、炎症性腸疾患
内分泌・代謝内科:糖尿病、高脂血症、動脈硬化、内分泌疾患、高血圧、甲状腺疾患
リウマチ・膠原病内科:膠原病、アレルギー
呼吸器内科:呼吸器病、アレルギー
循環器内科:循環器病、心臓血管疾患、高脂血症、動脈硬化
腎臓内科:腎臓病、高血圧、透析療法
血液内科:血液病、化学療法、造血幹細胞移植 、血栓・止血、老年病
総合診療内科:内科系総合診療全般、禁煙外来
神経内科:神経内科全般
神経科精神科:精神科全般、不安障害、てんかん、認知症、睡眠障害、児童・青年期精神医学、気分障害、統合失調症
小児科:小児全般、血液、感染、免疫、アレルギー、腎臓、膠原病、循環器、内分泌、神経、発達、未熟児、小児外科
子どものこころの診療科:発達障害
放射線科:画像診断全般、血管造影・IVR治療
放射線治療科:放射線治療
皮膚科:強皮症、アトピー性皮膚炎、皮膚悪性腫瘍、乾癬、光線過敏症、白斑、皮膚外科、水疱症、痤瘡、レーザー、皮膚科一般

・外科
心臓血管外科:成人・小児心臓血管手術
呼吸器外科:呼吸器外科全般、胸腔鏡手術、肺癌、縦隔・胸壁外科、気胸、漏斗胸、気道内視鏡的治療
胃腸外科:食道外科、胃外科、小腸・大腸外科
肝胆膵・移植外科:肝・胆道・膵疾患、肝移植、小児外科
内分泌・総合外科:甲状腺疾患、上皮小体疾患、一般外科
乳腺科:乳癌及び良性乳腺疾患
整形外科:骨腫瘍、リウマチ、関節外科、外傷、骨延長、手の外科、末梢神経、スポーツ医学、足の外科
脊椎・脊髄外科:椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症、側弯症、骨粗鬆症、脊椎腫瘍、 脊髄腫瘍
泌尿器科:尿路悪性腫瘍(腎臓、膀胱、前立腺、精巣)、男性不妊、尿失禁、前立腺肥大症、神経因性膀胱、腎移植、尿路感染症、尿路結石、尿路奇形、性機能障害、小児泌尿器科、ロボット手術
眼科:初診の方は紹介状を御持参下さい。初診の予約は予約センターにお願いします。
緑内障、眼科全般
耳鼻咽喉科・頭頸部外科:耳鼻咽喉科全般、中耳炎・難聴、花粉症などのアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎・ニオイの障害、(鼻副鼻腔、聴器、口腔、咽喉頭、甲状腺、唾液腺などの)頭頸部腫瘍、音声言語障害、嚥下障害
産科婦人科:婦人科腫瘍、乳腺疾患、内分泌、更年期障害、産科、不妊症、感染症、胎児超音波スクリーニング
麻酔科蘇生科:緩和ケア外来、ペインクリニック、手術前診察
脳神経外科:脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、機能脳神経外科、脳血管内手術、内視鏡手術
核医学診療科:核医学診断、甲状腺(初診は月・水・金:要予約)、RI治療(要予約)
(核医学検査は新中央診療棟地階)
歯科口腔外科:口腔腫瘍、顎変形症、口腔感染症、顎関節疾患、歯科インプラント、口腔粘膜疾患
がん高度先進治療センター外来:悪性疾患


◇耳鼻咽喉科・頭頸部外科
http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/patients/info/ka14.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・初診の患者さんは原則的に紹介状をご用意ください。
・再診は原則的に予約となっております。
・紹介状をお持ちでない初診の方、および予約のない再診の方には、お待ち願わなければならない場合があります。
・木曜午後の検査・手術は、一度午前の診察を受けた方の予約になります。
・言語外来受診の方は、月曜午前の耳専門外来に紹介状をご持参の上、受診してください。
・和漢診療(漢方)外来では完全予約制を実施しています。 当院かかりつけの方は、現在かかりつけの診療科の主治医の紹介により、和漢診療(漢方)外来を受診することができますので 主治医にご相談ください。その他の方は、外来受付までお尋ねください。

◇外来受付:076-265-2000(内線 2907)


◎診療科案内-診療科長 吉崎 智一
耳鼻咽喉科・頭頸部外科は顔面頭蓋と頸部の主要臓器の診療を担当しています。

◇診療科の特徴・特色
・耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、顔面、頭蓋底、唾液腺、甲状腺、頸部の疾患に対して各エキスパートによる高度な診療を行っています。
・毎朝行われる症例検討会
治療方針は毎朝の症例検討会で決定されます。
・聴覚機能の回復
高度難聴に対する人工内耳埋め込み術、慢性中耳炎に対する鼓室形成術など、聴力の回復を目指した手術を行っています。
・嗅覚機能の回復
嗅覚機能のより精密な評価を行った上で、鼻副鼻腔炎による嗅覚障害に対しては嗅覚改善を目指した内視鏡手術を行い、神経性嗅覚障害に対しては漢方治療を行っています。
・手術の安全度向上
危険度の高い鼻副鼻腔、頭蓋底手術にナビゲーションシステムを用いて安全な手術を行います。
・日帰り手術
アレルギー性鼻炎、鼻骨骨折、穿孔性中耳炎、滲出性中耳炎に対しては日帰り手術を行っています。
・機能温存を目指した頭頸部がん治療
頭頸部がん治療による、嚥下、発声などの機能低下や容貌の変化を防止するため、超選択的動注化学療法併用放射線治療を取り入れるとともに、手術においても可能な限り機能温存手術を心がけています。
・高度聴覚障害児に対する言語療法
聴覚障害児の早期発見を目指すとともに、言語療育を行っています。
・音声・嚥下機能の評価と治療
音声機能検査、嚥下機能検査を行うとともに、音声改善のための喉頭形成術、嚥下機能回復のための手術を行っています。


☆吉崎 智一(よしざき ともかず)診療科長(教授)
金沢大学 医学部卒 博士
・専門分野
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 とくに頭頸部腫瘍
・資格
耳鼻咽喉科専門医、気管食道科専認定医
・受賞歴
2001年 とやま賞
2002年 日本気管食道科学会奨励賞
2005年 金沢大学十全医学賞
2007年 北國癌基金
2007年 がん集学的治療研究財団研究助成


◎専門外来

☆小川恵子 和漢診療(漢方)外来 特任准教授
名古屋大学医学部卒
機能構築医学 博士号取得
金沢大学附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 和漢診療外来 特任准教授
日本東洋医学会専門医、日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医
・職歴
平成9年 名古屋第一赤十字病院にて外科研修
平成14年 名古屋大学医学部小児外科 非常勤医員
平成16年 名古屋第二赤十字病院 小児外科常勤医
平成17年 あいち小児保健医療総合センター 医長
平成18年 あきば伝統医学クリニック 常勤医
平成19年 千葉大学医学部附属病院和漢診療科 医員

※漢方を学び始めたきっかけ
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53850
(上記リンク先にて参照してください)


◇交通アクセス

【金沢駅からバスで大学病院へ】
小立野大学病院前で下車(駅から約20~30分、210円)
■北鉄バス東口③番乗場(橋場町経由)
「金沢学院大学」「金沢東高校」「東部車庫」「湯涌温泉」「北大薬学部」「北大太陽が丘」「駒帰」行き乗車・・・・・・小立野(北陸銀行前)下車
「小立野大学病院(病院正門前)行きは、朝1本のみ運行
■北鉄バス東口⑥番乗場(香林坊経由)
「医王山」「田上住宅」行き乗車・・・・・・小立野(北陸銀行前)下車
* 運行本数の多い東口③番乗場(橋場町経由)のご利用が便利です。
【富光寺・野々市車庫・有松・野町方面からバスで大学病院へ】
■「大学病院前」「辰巳丘高校」行き乗車・・・・・・小立野(大学病院前)下車
* 但し、辰巳丘高校行きは、9時~12時まで小立野(北陸銀行前)下車となります。
【柳橋・東金沢・鳴和・橋場町方面からバスで大学病院へ】
■「平和町」「自衛隊・金大附属学校」行き乗車・・・・・・小立野(大学病院前)下車
* 但し、9時~12時まで小立野(北陸銀行前)下車となります。

<金沢駅からタクシーで大学病院へ>
■所要時間 約15~20分 1,200円~1,500円位

・自家用車でご来院の場合:

<加賀・福井方面からお越しの場合>
■国道8号線から
白山市「乾東」交差点を勝山・白山ろく方面へ右折する。「安養寺北」交差点を金沢方面へ左折し山側環状へ入る。(以降は加賀産業道路・山側環状からと同じ)
■加賀産業道路・山側環状から
加賀産業道路から「安養寺北」交差点を経て山側環状をしばらく進む。金沢市「鈴見」交差点を金沢市街・兼六園方面へ左折し、「桜町東」交差点を小立野方面へ直進。小立野トンネルを抜けて3つ目の信号「石引1丁目」交差点を広坂・兼六園方面へ右折し、「金大病院前」交差点を右折(安養寺北交差点から約30分)
■北陸自動車道金沢西インターから
ICを降りて金沢市「松島北」交差点を金沢市街・兼六園方面へ右折し、しばらく進む。「野町広小路」交差点を香林坊方面へ左折し、「香林坊」交差点を右折。「広坂」交差点を直進。「飛梅・北陸学院前」交差点を右折し、「金大病院前」交差点を左折(金沢西ICから約25分)

<能登・富山方面からお越しの場合>
■国道8号線・県道159号線から
金沢市街・兼六園方面へ進む。「橋場」交差点、「兼六園下」交差点を直進。「兼六坂上」交差点を左折し、「金大病院前」交差点を左折(森本駅前交差点から約30分)
■津幡バイパスまたは北陸自動車道金沢森本インターから
津幡バイパスからは金沢市街・兼六園・山側環状方面へ進む。森本インターからは七尾・金沢市街方面へ進み、小松・白山・金沢市街・兼六園・山側環状へ進む。
卯辰トンネルを抜け、最初の信号「鈴見」交差点を金沢市街・兼六園方面へ右折し、「桜町東」交差点を小立野方面へ直進。「石引1丁目」交差点を右折し、「金大病院前」交差点を右折(金沢森本インターから約20分)
■北陸自動車道金沢東インターから
ICを降りて「田中高架橋」下の「田中」交差点を左折し、しばらく進む。「東山」交差点を右折し「橋場」交差点、「兼六園下」交差点を直進。「兼六坂上」交差点を左折し、「金大病院前」交差点を左折(田中交差点から約25分)

Sponsored Links

子宮癌・卵巣癌、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、乳腺、甲状腺ほか-レディースドック

諏訪赤十字病院

〒392-8510
長野県諏訪市湖岸通り五丁目11-50
TEL 0266-52- 6111
・院長 小口 寿夫
http://www.suwa.jrc.or.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎当院の外来診療は、基本的に[紹介外来制で予約制]となっています。
ご予約いただいていない患者様は、予約患者様優先のため、お待ちいただくことになります。
来院当日の受付は、[紹介状あり/なし・予約あり/なし]により手順が変わります。

※ 初診患者様で、紹介状をお持ちの方は
できる限り下記の予約センターにて予約をおとりになって受診して下さい。
(医療機関で予約をとってくれる場合もありますので診療所の先生にご相談して下さい。)

【予約センター】電話番号 0266-57-6000

        予約受付時間 8時30分~17時00分

◇当日受診希望の場合は、初診受付時間 午前11時までに来院して下さい。
休診の診療科もございますので、受診の際は、
病院代表番号 0266-52-6111 にてお確かめの上、来院するようお願い致します。



●特定療養費をいただいております。
当院では、他の病院叉は診療所から紹介なしに来院された患者様については、初診時に通常の医療費の他に、
特定療養費として2,625円(税込)をいただいておりますのでよろしくお願いいたします。
但し、緊急ややむを得ない場合は除きます。


◆診療科
内科
神経内科
呼吸器科
消化器科
循環器科
腎臓内科
血液内科
小児科
産婦人科
精神科
耳鼻咽喉科
眼科
外科
整形外科
心臓血管外科
脳神経外科
形成外科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
麻酔科
総合診療科
病理部
救急部
健診部健診センター


◇婦人科
http://www.suwa.jrc.or.jp/syokai/main02_09.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

○基本方針:
腹腔鏡手術や膣式手術を適用し、低侵襲(負担の少ない)治療に心がけています。
また、進行癌には放射線科・外科と協力して集学的治療を行い治療成績の向上を目指します。

1.子宮癌・卵巣癌:進行癌には抗癌剤動脈内注入療法・化学放射線療法
2.良性腫瘍(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫)・子宮脱の手術
3.月経(生理)異常・性行為感染症・不妊症:人工授精など(体外受精は他の専門施設に紹介します)
4.更年期障害:神経内科・整形外科・精神科と連携した総合的ケア

 ※女性医師による診察が可能です。希望される方は申し出て下さい。

☆高木 靖 部長
信州大学医学部卒
佐久総合病院
北信総合病院を経て
平成13年 諏訪赤十字病院
信州大学医学部臨床准教授
・専門医・認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
日本がん治療認定医
・得意とする分野
周産期医療(妊娠・分娩管理)
婦人科腫瘍治療

☆窪田 文香(くぼた ふみか)部長
信州大学産婦人科
北信総合病院
伊那中央総合病院を経て
平成15年諏訪赤十字病院
・専門医・認定
日本産科婦人科学会専門医
・得意とする分野
産婦人科一般

☆品川 光子 医師
平成17年卒
信州大学医学部附属病院を経て
平成21年 諏訪赤十字病院
・得意とする分野
産婦人科一般

ほか


◇外科-乳腺内分泌-
http://www.suwa.jrc.or.jp/syokai/main02_13.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

乳腺(78例、内がん70例) 甲状腺(30例、内がん16例) 上皮小体(2例)
温存療法:3㎝以下が対象です。術前検査にMRIを利用しています。
センチネルリンパ節:より合併症の少ない治療をしています。

☆代田 廣志(しろた ひろし) 副院長
信州大学第2外科
飯田市立病院  
などを経て
昭和60年諏訪赤十字病院
前信州大学医学部臨床教授
・専門医・認定
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・認定医
日本乳癌学会認定医
日本甲状腺外科学会評議員
・得意とする分野
乳腺、甲状腺、上皮小体
消化器外科
外科一般

☆金井 敏晴(かない としはる)副部長
信州大学医学部附属病院
安曇総合病院
諏訪赤十字病院
松本病院
甲府病院等を経て平成22年4月より諏訪赤十字病院
・専門医・認定
日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
・得意とする分野
乳腺外科 甲状腺外科


◇交通アクセス

JR中央線
上諏訪駅下車
・バス
かりんちゃんバス、スワンバスにて8分
(上諏訪駅 ~ 日赤病院)

・タクシー 5分
・徒歩 20分
・車 中央道諏訪ICより15分

Sponsored Links

乳癌、甲状腺癌、子宮筋腫、子宮がん ほか-レディースドック

長野赤十字病院

〒380-8582 
長野県長野市若里五丁目22番1号 
TEL 026-226-4131(代) FAX 026-228-8439(代)
・院長 清澤 研道

http://www.nagano-med.jrc.or.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●「かかりつけ医」をお持ちください
当院でも、地域の診療所と連携し一貫した連続性のある医療を行いたいと考えております。
そこで、患者さまには、まず「かかりつけ医(ホームドクター)」をお持ちいただき、ご自分の健康に関していつでも気軽に相談をして健康を維持することを心がけてください。
「かかりつけ医」が専門的な検査や入院が必要と判断した場合には、患者さまの症状にあわせて病院への紹介状を書きますので、その紹介状をお持ちになり受診していただきます。
そして、検査や治療が終わり容体が落ち着きましたら、再び「かかりつけ医」のところで治療をしたり、あるいは経過を診ていただくことになります。
このように「かかりつけ医」をお持ちいただき、その医師の紹介で病院を受診することが、これからの病院の上手な利用法といえます。
なお「かかりつけ医」をお持ちになりたい方には、当院の医師からご紹介させていただきますので、遠慮なくお申し出ください。


◇受付時間・休診日について

午前8時30分~午前11時30分まで
(形成外科の金曜日は午後1時30分~午後3時30分まで)

・休診日
土曜日,日曜日,祝日
12月29日~1月3日(年末年始)
5月1日(日本赤十字社創立記念日



◎初診予約制
当院では再診の全科予約制の他、次の外来では初診の完全予約制を行っております。初診の予約方法等は次のとおりとなりますので、ご協力をお願いいたします。

◇次の予約導入外来ごとの予約受付時間内に電話にて予約をお願いいたします。

・精神科
予約受付時間:月曜日~金曜日の午後3時~4時まで

・整形外科
予約受付時間:月曜日~金曜日の午後3時~4時まで

・小児外科
予約受付時間:月曜日~金曜日の午後2時~3時まで

・乳腺・内分泌外科
予約時間:月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時10分まで

◇次の予約導入外来は、原則「紹介状」が必要となります
・神経内科

※ご不明な点がございましたら、各科外来窓口までお問い合わせください。
長野赤十字病院 電話番号 026-226-4131(代表)


◆レディースドック:

レディースドックは、子宮頸がん検診、乳がん検診を基本項目として、オプションとして甲状腺ホルモン検査、子宮体がん検診などを追加するコースが多いようです。
婦人科系疾患で近年増加傾向にあるのが、乳がんと若年者の子宮頸がんです。いずれも早期発見が重要になります。

◇乳腺・内分泌外科
乳癌の診断と治療を主体として、甲状腺疾患・上皮小体疾患の外科的診療を行っています。

●診療方針・理念
乳癌の診断と治療を主体として、甲状腺疾患(主に甲状腺癌)、上皮小体疾患の外科診療を行っています。特に乳癌は県内でも有数の症例数を持ちながらも「美容面」に配慮することはもちろん、正確な診断と、エビデンスに基づいた最新の治療を患者さんの立場に立って相談しながら実践しています。また、術後のフォローアップも重要と考え、計画的に協力医療機関と連携をとりながら行っております。


☆浜 善久 部 長
信州大学医学部外科学
内分泌外科(乳腺・甲状腺)緩和医療
日本外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会専門医
日本甲状腺学会専門医
日本内分泌甲状腺学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本外科学会
日本乳癌学会(評議員)
日本甲状腺外科学会(評議員)
日本緩和医療学会
日本内分泌外科学会
日本がん転移学会
日本甲状腺学会
INTER NATIONAL SOCIETY OF SURGERY
Breast Surgery Interanational


☆福島 優子 医師
乳腺内分必外科


◇産婦人科について
http://www.nagano-med.jrc.or.jp/shinryouannai/shinryouka/sanfujinka.html#a4
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

産婦人科全般と、東北信地方の悪性腫瘍の患者の御紹介、およびハイリスク妊娠の母体搬送に対応。婦人科外来では、悪性腫瘍、子宮筋腫、子宮脱、不妊症などを中心に診療を行っています。

●診療方針・理念
悪性腫瘍については、東北信地方の病院から御紹介いただいた患者に対し、手術、放射線治療、化学療法を組み合わせ治療をしている。現在行っている化学療法は、1クールの入院を数日とし、できる限り在宅としている。手術の際は、希望により麻酔科医の行う持続硬膜外麻酔で術後の和痛を行っている。また、良性の卵巣腫瘍、子宮外妊娠に対しては、内視鏡手術(腹腔鏡下手術)を行い、入院期間の短縮、身体侵襲の軽減を図り、患者さんに好評である。不妊症については、卵管通気法、卵管造影法、腹腔鏡検査を行う。習慣性流産に対してはリンパ球免疫療法も行っている。性感染症についても、クラミジア感染症、性器ヘルペスを中心に積極的に診断、治療を行っている。産科では通常の妊婦健診に加え、いわゆるハイリスク妊婦の治療を行う。糖尿病、てんかん、甲状腺機能亢進症、血液疾患、心疾患合併妊娠や妊娠中毒症、前期破水、前置胎盤、子宮筋腫合併妊娠の治療を行うとともに、多胎妊娠も慎重に管理している。ハイリスク妊婦の治療は、小児科と連絡をとりながら行う。その他には異形成、尖圭コンジローマなどに対するレーザー治療、前回異常分娩の妊婦あるいは高齢妊婦を対象とした羊水染色体検査も行う。


◎スタッフ


☆菅生 元康(すがせ もとやす)顧 問
婦人科腫瘍、周産期、感染症
日本産科婦人科学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
・日本産科婦人科学会
・日本感染症学会(評議員)
・日本性感染症学会(監事)

第一産婦人科

本藤 徹(ほんどう とおる)部 長
悪性腫瘍、不妊症、性感染症
日本産科婦人科学会専門医
日本医師会認定産業医
・日本産科婦人科学会
・日本生殖医学会
・日本性感染症学会
・日本周産期・新生児医学会

☆山本 かおり 副部長
産科婦人科
日本産科婦人科学会専門医
・日本産科婦人科学会
・日本周産期・新生児学会
・日本婦人科腫瘍学会

☆柿坂 宜孝
産婦人科一般
日本産婦人科学会専門医
・日本産科婦人科学会
・日本産婦人科医会
・日本婦人科腫瘍学会

☆岸本 倫太郎
産婦人科
・日本産科婦人科学会


第二産婦人科

☆酒井 英明 部 長
不妊症、内分泌
内視鏡下手術
日本産科婦人科学会専門医
日本周産期・新生児学会暫定指導医
・日本産科婦人科学会
・日本生殖医学会
・日本周産期・新生児医学会

☆一瀬 隆行
産婦人科
・日本産科婦人科学会


★健診・人間ドッグ
http://www.nagano-med.jrc.or.jp/shinryouannai/kenshin.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇交通アクセス
JR長野駅東口より約1.8km、バス(7分)、
タクシー(5分)、徒歩30分

※日赤病院前から長野駅東口の
  路線バスがあります。

Sponsored Links
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle