女性科、レディスクリニック-北里大学北里研究所病院

北里大学北里研究所病院

社団法人 北里研究所東洋医学総合研究所

〒108-8642
東京都港区白金5-9-1
TEL:03-3444-6161 レディスクリニック 03-5791-6169
・北里研究所病院 病院長 渡辺 憲明

http://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/consultation/guide/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◆診療系
総合内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科
腎臓内科 代謝内科 精神科 リウマチ科
小児科 外科 整形外科 スポーツクリニック
リハビリテーション科 婦人科 泌尿器科 皮膚科
眼科 耳鼻咽喉科 形成外科・美容外科 アレルギー科
麻酔科 放射線科 病理診断科

◆センター系
肝臓病センター 胃腸・IBDセンター 内視鏡センター 透析センター
糖尿病センター 美容医学センター 臨床環境医学センター 女性科
人工関節センター 内視鏡手術センター 頭痛センター もの忘れ外来
アスリート相談室 セカンドオピニオン メディカルフィットネスセンター スポーツ医学センター



〒108-8642
東京都港区白金5-9-1
[時間内:大代表] 03-3444-6161
[夜間休日] 03-3444-6171~2

http://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/
http://www.kitasato-u.ac.jp/toui-ken/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◆女性科:
☆荻原千香子医師
http://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/consultation/guide/center/female/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◆女性科 受付時間、診察時間
(1)新患受付
午前 月~土:午前8時20分 - 午前11時30分
          (祝日、第4土曜日を除きます)
午後 月~金:午後0時50分 - 午後 4時30分 (祝日を除きます)

(2)再来受付
午前 月~土:午前8時00分 - 午前11時30分 (祝日、第4土曜日を除きます)
午後 月~金:午後0時50分 - 午後 4時30分 (祝日を除きます)

診察前検査(採血等)の実施を考慮して、午前の受付は午前8時より行っております。

(3)診察時間
午前 月~土:午前8時50分 - 午前12時00分(正午) (祝日、第4土曜日を除きます)
午後 月~金:午後1時00分 - 午後 5時00分 (祝日を除きます)

なお、午前中の診察時間が長引くこともあります。その場合は午後の診察開始時間も変更となることがございます。ご了承ください。


1.女性科とは
昨今、男性と女性には疾病の発症メカニズムや薬物治療の効果に差があることが注目され、「性差医学」という概念が台頭してきました。性差を踏まえた医療を行うという概念から出発した診療科です。

2.北里研究所病院の女性科は
北里研究所病院では1999年にレディスクリニックの診療を、2003年から女性のドックを始め、2005年に女性科という名称で現在に至っております。全国レベルでは、まだまだ共通したコンセンサスは得られていませんが、男性と女性は違うという性差を踏まえた医療を行うという概念から出発しています。患者さま中心の医療を展開するために考えた診療科です。

たとえば、50-60代の女性がなんとなくだるくて心臓がドキドキするので、内科を受診し検査を受け、心臓は異常なしと言われても症状は続き、めまいがあるので耳鼻科に行き、耳は異常ないとのこと。その内、なんとなく鬱っぽくなり、精神科の受診もしてみたがたいしたこともないと言われ、最後に婦人科に行き、更年期障害と言われる。時間もお金もかかってしまったし、重い症状の方が待っている中ではゆっくりと先生とお話もできず、すっきりせずに病院を出てきた感じが残ってしまいました。こんなことがないように、経験豊かな女性医師が患者さま中心に診てゆくようにと考えています 。

また、医師も患者様もゆっくりと病気の話をしたいため、プライバシーのある個室で時間をかけて診療できるように配慮しております。

3.女性科の診療について
1)こころの診療科(メンタルクリニック) 担当医師 荻原千香子
女性は男性と異なり、ホルモン変動や結婚・出産・育児・更年期などが生活に大きな変化をもたらします。また、女性の社会進出が進み、生き方の選択肢が広がってきましたが、一方でこれまでと変わらぬ女性としての役割も求められるなど、女性を取り巻く環境は複雑化しています。

このようなことから、女性には特有の心身の不調、悩みが経験されます。こころの診療所(メンタルクリニック)では、女性が自分らしい生き方を選び自分らしい人生を送るために、女性スタッフが皆様のご相談に乗り一緒に考えて行きたいと思います 。

4.診察場所
北里研究所病院3階 予防医学センター

プライバシーを守るため、一般外来とは異なる場所に設置しています。また、診察室内でのプライバシー保護のために、環境整備へも配慮しています。

5.診療予約
充分な診療時間を確保するため完全予約制での診療としています。

ご予約をお取りください。また、キャンセル時もご連絡ください。
予約申し込みは下記「予約センター」でお電話にて承ります。

予約センター(新規) 電話 03-5791-6135(直通)
予約センター(変更) 電話 03-5791-6345(直通)

電話受付時間:月~金 8:30~17:00、土曜日 8:30~12:00 (第4土曜は除きます)

6.診療料
原則として保険診療ですが、各診療科初診時にカウンセリング料として5,000円(税込み)をいただいております。


こころの診療科:精神科医
☆荻原千香子(Ogiwara Chikako)
東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野

東洋医学レディスクリニック:
☆森 裕紀子 (Yukiko Mori) 漢方外来
佐賀医科大学(平成6年卒)
【専 門】 漢方全般
婦人科
【認定資格】 日本産科婦人科学会認定専門医
【自己紹介】 日々研鑽を積んで、皆様の体と心が元気になるお手伝いをします。

☆婦人科医長、人間ドック科医長
小室 優貴 (こむろ ゆうき)
慶應義塾大学医学部(1991卒)
研修: 慶應義塾大学病院
専門: 婦人科腫瘍学
資格: 日本産科婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医


◇交通アクセス
・バス
渋谷駅⇔田町駅(田87) 「北里研究所前」下車
渋谷駅⇔新橋駅(都06) 「天現寺橋」下車徒歩5分
渋谷駅⇔赤羽橋(都06) 「天現寺橋」下車徒歩5分
品川駅⇔新宿駅西口(品97) 「天現寺橋」下車徒歩5分
目黒駅⇔千駄ヶ谷駅(黒77) 「恵比寿三丁目」「天現寺橋」下車徒歩5分
目黒駅⇔新橋駅(橋86) 「恵比寿三丁目」「天現寺橋」下車徒歩5分

・地下鉄
日比谷線「広尾」駅下車1・2番出口徒歩10分
南北線・三田線「白金高輪」駅下車3番出口徒歩12分

・お車
首都高速目黒線「天現寺ランプ」下車(所要時間約2分)
患者様用として、北里研究所敷地内に135台の有料駐車場がございます。
駐車から4時間まで駐車料金が無料となります。必ず会計時に駐車券を外来窓口にご呈示下さいますようお願い致します。


Sponsored Links

胆のうポリープ、がん-東邦大学医療センター大橋病院

東邦大学医療センター
大橋病院
 
〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)
・院長 甲田英一

http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初めて受診される方へ:

・外来診療日 月曜日 から 土曜日
・休診日
第 3 土曜日、日曜日、祝日
年末年始 (12 月 29 日から 1 月 3 日)
創立記念日 (6 月 10 日)

・診療受付時間:
8 時 30 分 から 11 時 まで

※診療科によって午後診療もありますので、お問い合わせ下さい。
受付窓口 正面玄関入口入って右側の[1] 番初診受付窓口
※一部の診療科では午後の受付となる場合がございます。
詳しくは、平日の時間内(8時30分 から 16時 まで)に下記連絡先までお問い合わせ下さい。.※健康保険証(原本)、老人医療受給者証(原本)、公費受給者証(原本)ほか持参の上、ご来院下さい。
(保険証のご提示がありませんと、当日の診療費は自費料金となりますのでご了承ください。)

・初診時は、他医療機関からの「紹介状」をご持参いただくことをおすすめいたします。
他の医療機関等からの紹介状をお持ちにならずに来院された患者様につきましては、健康保険法で定められた初診料の他に、初診時選定療養費として下記料金を実費負担していただいております。
(初診時選定療養費の免除が国で定められた公費を除く)

【初診時選定療養費<ベッド数200床以上の病院>】
※当院⇒2,100円(消費税含む) (H21.6.30まで)
   ⇒3,150円(消費税含む) (H21.7.1から)
・お問い合わせ先:
電話:03-3468-1251 / 内線:3173、3174(医事課外来受付)


◆診療科

消化器内科
循環器内科
腎臓内科
神経内科
呼吸器内科
膠原病リウマチ科
糖尿病・代謝内科
心の診療科
小児科
外科(第3外科)
脳神経外科
整形外科
心臓血管外科
産婦人科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
リハビリテーション科
形成外科・美容外科
美容医学センター
女性専用外来
肛門外来
漢方外来
救急集中治療科
慢性腎疾患心血管合併症治療センター
肺がんセンター
乳がんセンター
外来化学療法室
総合健康相談センター


◇消化器内科:

消化器内科は、一般的な疾患から難知性疾患に至るまで、上部・下部消化管、肝臓、胆・膵の3領域全ての消化器疾患に対して、それぞれの分野の専門医が診断、治療にあたっています。
現在では画像診断や内視鏡手技の著しい進歩により、様々な消化器疾患に対する診断、治療の可能性が広がってまいりました。私たちは日々新しい知見を取り入れ、また手技の研鑽に努め、患者様に常にハイレベルな診断、治療を提供できますよう努めております。
なかでも特に早期がんの発見や内視鏡的摘除術、また進行がんに対してはステント留置を始めとする各種インターベンション治療、化学療法などに積極的に取り組んでいます。
また私たちは地域の先生方とも緊密な連携を取りながら診療を進めて参ります。

-前谷 容 診療部長 教授-



☆前谷 容(いるる) 診療部長 教授

・取得学位
医学博士 (論文) 東邦大学 消化器内科学
内科学一般(含心身医学)
消化器内科学

・所属学会:
日本内科学会
(評議員 国内)
日本腹部救急医学会
(理事、評議員、財務委員 国内)
日本消化器病学会
(学会評議員 国内)
日本消化器内視鏡学会
(学術評議員 国内)
日本胆道学会
(評議員、評議員選考委員、学会賞選考委員、有り方委員会委員 国内)

研究分野キーワード:
・ステント
・集学的治療
・ERCP
・膵癌
・経皮内視鏡的胃瘻造設術



◇交通アクセス
JR山手線 渋谷駅南口より
  三軒茶屋方面バス 大橋バス停下車、徒歩3分
東京急行田園都市線
  (営団半蔵門線より直通あり)
  池尻大橋駅(渋谷駅より一つ目)下車、徒歩6分
京王井の頭線
  駒場東大前駅(渋谷より二つ目)下車、徒歩10分
東急東横線(営団地下鉄日比谷線)中目黒駅より
  大橋バス停下車、徒歩3分
.駐車場の収容台数に限りがございますので、電車等をご利用下さいますようお願い申し上げます。


Sponsored Links

女性医師・スタッフによる産婦人科ーポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ

女医さんによる産婦人科クリニック


ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ

〒221-0055
横浜市神奈川区大野町1-25 ヨコハマポートサイドプレイス3F
TEL 045-440-5567 / FAX 045-440-5568
・院長 清水なほみ 

―院長・看護師・スタッフ全員女性です―

http://www.vivalita.com/clinic.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて受診される方へまずはお電話でご予約ください。
・予約専用電話: 045-440-5577

・予約受付時間 10時 - 12時 / 14時 - 17時

・診療時間 10時 ~ 13時 / 14時~ 18時


◎婦人科受診は初めてという方も気軽に受診していただけるようスタッフがご案内させていただきます。お話しだけを希望される場合や性交経験のない方は、内診はいたしませんのでご安心ください。また、緊急避妊をご希望の方は予約が不要です。

◆治療メニュー
婦人科・女性内科一般診療
妊娠の診断や避妊以外は基本的に保険診療です。保険適応外のお薬や、検査の一部が自費になることもあります。不正出血・おりもの・下腹部痛など気になる症状がある方はお早めにいらしてください。

妊娠の診断
低用量ピルの処方
緊急避妊
月経移動
月経不順・無月経
月経痛
子宮筋腫
子宮内膜症
卵巣嚢腫
性感染症
更年期障害
不妊症
膀胱炎
過敏性腸症候群
禁煙 など

◇特殊外来
婦人科一般診療に加え医師や心理カウンセラーによるカウンセリングがセットになった外来です。
カウンセリングは自費診療になります。

PMS外来
更年期外来
不妊カウンセリング外来
天使ママ外来


☆清水なほみ 院長

2001年広島大学医学部医学科卒業
広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業
日本産科婦人科学会専門医
日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

・所属学会
日本産婦人科学会・日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会

・メッセージ
同じ女性の立場で、どうすれば心と体の健康を自分の力で取り戻せるのか、一緒に考えていきたいと思います。
あなたが「ビバリータ」になるお手伝いをさせてくださいね。


◇交通アクセス
JR横浜駅「きた東口」から徒歩8分・ベイクウォーターから徒歩3分


Sponsored Links

女性医師のいる産婦人科-公立陶生病院

公立陶生病院

〒489-8642 
愛知県瀬戸市西追分町160
電話:0561-82-5101
FAX 0561-82-9139
・院長 酒井和好
 
http://www.tosei.or.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●当院では、初診の場合に初診料に加え、保険外併用療養費として1,050円を自費でお支払い頂いておりますのでご承知おき下さい。
ただし、他院からの紹介状、福祉医療、市町村民税非課税世帯、救急車での搬送による受診の方は除きます。
※保険外併用療養費とは200床以上の病院において、初診料を算定した場合に直接徴収できるものです。
●紹介状をお持ちの方は外来棟1階⑩医療相談窓口へ提出して下さい。
●救急の方は「救急外来診察室」にて24時間対応しております。


◇受付時間 月曜日~金曜日
午前8時30分~午前11時30分

◆診療科のご案内

神経内科 呼吸器・アレルギー内科 消化器内科
腎・膠原病内科 内分泌・代謝内科 血液内科
循環器科 メンタルクリニック 小児科
外 科 整形外科 脳神経外科
心臓血管外科 呼吸器外科 皮膚科
泌尿器科 産婦人科 眼 科
耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科
救急部

・人間ドック


◇産婦人科

http://www.tosei.or.jp/shinryouka/sanfujinka/sanfujinka_gaiyou.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●産婦人科の概要と特色
 
産婦人科は『女性の一生を守りつづける』ことをスローガンにいろいろなニーズにあった診療、治療に心がけています。
当科では専門分野が主に三つに分かれています。すなわち、子宮癌や卵巣腫瘍などの治療をする腫瘍部門、妊娠、分娩を取り扱う周産期部門、不妊症やホルモン異常の診療にあたる生殖部門にわけられます。
婦人科部門(腫瘍部門)ではお腹を切らない腹腔鏡下手術を導入し、子宮外妊娠、卵巣嚢腫は90%以上、また子宮筋腫は50%を腹腔鏡下に対処しています。悪性腫瘍の治療は、常に内外の最新治療に目を向けるために、日本癌治療学会、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構(登録参加施設に認定)に参加し、医師個人の判断でなく、科学的根拠に基づいた治療を心がけております。またできるだけ臓器を残す手術(温存手術)や自分自身の血液だけで手術ができる(自己血輸血)、疼痛緩和など女性の心身に優しい治療を目指しております。
産科部門(周産期部門)では愛知県から「地域周産期母子医療センター」に指定されており、ハイリスク妊娠の紹介や母体搬送を積極的に受け入れています。妊娠中期切迫早産の妊娠継続に積極的に取り組み、切迫早産、多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、不育症、胎児診断、遺伝相談などで専門的診療を行っています。母乳外来、パパママ教室開催など、母子ともに安全な病院を目指しています。
生殖部門では体外受精を含め生殖補助技術の向上をめざして努力しています。不妊症では原因検索を十分行い、排卵誘発、人工授精、体外受精・胚移植などの生殖補助医療や腹腔鏡、卵管鏡による検査および治療を行っています。
その他、月経困難症、思春期異常、更年期障害、骨粗鬆症など専門的に取り組んでいます。産婦人科でも他科同様専門分化が進んでいますが、専門性のある医師が中心となって症例検討を十分に行い、皆さんに最善の医療を提供するように努力しています。分野別の詳細につきましては診療内容、診療実績をご覧下さい。


☆女医さん (※詳細はお問合せください)

・原 紗希(はら さき)
産婦人科専攻医

・間 聖子(ませ しょうこ)
産婦人科専攻医


◇交通アクセス

電車をご利用の場合 名鉄瀬戸線「新瀬戸駅」
愛知環状鉄道「瀬戸市駅」下車、東へ徒歩5分。
バスをご利用の場合 名鉄バス「陶生病院前」下車、徒歩1分。
お車をご利用の場合 名古屋方面から「名古屋ー瀬戸線」(瀬戸街道)・「国道363号」(瀬港線)を利用。
春日井・多治見方面から「国道155号」を利用。


Sponsored Links

小児弱視、遠視、乱視矯正、遮蔽治療-東京慈恵会医科大学附属病院

東京慈恵会医科大学附属病院 (本院)

〒105-8471
東京都港区西新橋3-19-18
TEL 03-3433-1111(代表)
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

◎受診の手続き

●診療申込書に必要事項をご記入のうえ、保険証をそえて初診受付にお出しください。
保険証のご提示がありませんと、当日の診療費は自費料金となりますのでご了承ください。

●当院は特定機能病院の承認を受けていますので、紹介状をお持ちの場合はご提示ください。
初診または前回来院日より6ヶ月以上経過し、医療機関から発行されました紹介状や診療情報提供書をお持ちでない場合は、初診に係る「保険外併用療養費」として3,150円をご負担いただくこととなりますのでご了承ください。

●カルテ、診察カード等をお受け取りになりましたら、診療科の受付窓口へお出しください。


●同じ科で前回の受診から6ヶ月以内であれば、予約の有無に関わらず自動再来受付機で手続を済ませてから診療科におこしください。6ヶ月以上経過した場合は、診察申込書に必要事項を記入のうえ、診察カードと保険証をそえて初診受付へお出しください。


● 診療受付時間:
午前8時~午前11時
午前11時~午後3時
土曜日や午後の診察については、各診療科で異なります。
詳細につきましては、各診療科までお問い合わせ願います。

● 診療開始時間:
午前9時~
午後1時30分~

●休診日:日曜、祝日、本学記念日(5月1日、10月15日)年末年始(12月30日~1月4日)
※救急診療は、休診日や診療時間にかかわらず終日実施しています。救急診療についての詳細はこちら


●診察の前に診察申込書に必要事項をご記入のうえ、診察カードと保険証等をそえて初診受付へお出しください。


●診察カードの番号は、患者さん固有の番号であり、全診療科共通です。他の診療科に受診する場合も使用しますので、ご来院の際は必ずお持ちください。
●診察カードを忘れた場合や紛失された場合には、初診受付にて仮のカードの発行又はカードの再発行をいたします。


●カルテと診察カード(紹介状をお持ちの方はご一緒に)を診療科受付窓口にお出しください。
●診療科によっては、問診票をご記入いただくこともあります。
●2科以上受診される場合は、薬や検査の重複を避けるため、必ず診療科受付窓口、担当医師にお申し出ください。


●外来棟1階または2階の外来会計カウンターの計算窓口にホルダーをご提出ください。
また、月に一度、健康保険証および医療券等の確認を行いますので、提示をお願いします。
● 院外処方箋は、各科外来でお渡しします。
● 計算が終了すると番号表示パネルに受付番号が表示されます。会計窓口横の自動精算機をご利用ください。


◎院外処方の方
当院では原則として院外処方箋をお出ししています。院外処方箋を受け取られましたら、4日以内に院外の保険調剤薬局にお出しください。
● 院内処方の方
外来棟1階薬剤部窓口上部のモニター画面に出来たおくすりの番号が表示されます。ご自分のおくすり引換券の番号が表示されましたら、窓口にてお受け取りください。


◆社会保険(協会けんぽ、組合、共済の各種健康保険)、国民健康保険(全国)および後期高齢者医療、生活保護、労災、自立支援医療等の各種助成医療のお取り扱いをしております。


◇眼科

http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/sinryo/26.html
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

・診療内容・専門分野

一般外来・入院診療に加えて、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症、網膜剥離、黄斑円孔、ぶどう膜炎、視神経炎、眼球運動の異常、脳内の病気による視力や視野障害、まぶたや目の腫瘍、弱視、斜視、子供の目の病気、涙目、角膜疾患、近視の手術、色覚異常など、それぞれの専門の医師により診断・治療を行っています。

白内障 緑内障

網膜剥離 黄斑円孔

視覚障害 色覚異常

神経眼科疾患 眼の腫瘍

小児眼科疾患 糖尿病網膜症

角膜疾患 涙器疾患

ぶどう膜炎

屈折矯正  


【特色】
・眼科領域には広い分野にわたっていろいろな疾患がありますが、当科では各分野の病気に対してそれぞれの専門医がそろっていることが特色であり、どのような眼疾患に対しても最先端の診断、治療を受けることができます。
・手術は、各専門医によって毎日施行されており、緊急手術にも速やかに対応できる体制が整えられています。
・中央手術室で行われる手術件数は非常に多く、特に白内障眼内レンズ手術は年間2,000件を超えています。網膜硝子体手術300件、緑内障手術60件、斜視手術100件、眼窩腫瘍をはじめとする眼腫瘍手術30件、その他涙器・角膜移植・近視や乱視などの手術が行われており、それぞれ良好な手術成績が得られています。

=特殊検査・先進医療=
白内障: 膨大な数の症例をもとに、新しい術式や眼内レンズの開発
緑内障:診断のための視野に対する最先端の研究や新しい点眼薬の治験
硝子体:硝子体手術前後の視機能についての、心理物理学的・電気生理学的研究
視 覚:各種網膜疾患や色覚についての分子生物学的、心理物理学的、電気生理学的研究
眼腫瘍:眼内悪性腫瘍に対して、特殊なレーザー治療による眼球保存治療の開発と臨床応用神経眼科
神経眼科:機能的MRIと脳磁図による視覚中枢の機能解析と臨床応用
角 膜 :角膜移植片の新しい保存法の開発



☆吉田 正樹(ヨシダ マサキ) 診療医長 東京慈恵会医科大学 眼科講師
・取得学位:
博士(医学) (大学評価・学位授与機構) 東京慈恵会医科大学 眼科学

日本眼科学会
(国内)
日本神経眼科学会
(評議委員 2001-2006 国内)
日本弱視斜視学会
(国内)
フランス眼科学会
(国際評議委員)



◆交通アクセス:
地下鉄

・都営三田線 御成門 A5出口 約3分
内幸町 A3出口 約10分
・日比谷線 神谷町 3出口 約7分
・銀座線 虎ノ門 1出口 約10分
・銀座線・都営浅草線 新 橋 8出口 約12分
・都営浅草線・都営大江戸線 大 門 A2出口 約13分
・丸の内線・千代田線 霞ヶ関 C3出口 約13分


■JR
新橋駅下車 徒歩12分 (タクシー5分)
浜松町駅下車 徒歩15分 (タクシー8分)
東京駅下車 タクシー12分


■バス(交通事情により所要時間が異なることがあります)
・都営バス 
東98系統(東急バスと共同運行)
 東京駅丸の内南口 ~ (目黒駅経由) ~ 等々力操車所前
  「慈恵会医大前」または「愛宕山下」下車
※東京駅丸の内南口バス乗り場(5番)より約20分
※慈恵大学病院中央棟前、愛宕下通りにバス停があります
※1時間に3~4本程度、運行しています
詳しくはこちら 東京都交通局(都営バス)ホームページ

・港区コミュニティバス「ちぃばす」
新橋駅~田町駅東口(芝ルート)
※新橋駅から慈恵医大病院まで約15分
※日比谷通り、芝郵便局の近くにバス停があります
詳しくはこちら 港区ポータルサイト・みなとコミュニティバス「ちぃばす」

■羽田空港よりお越しの方
・東京モノレール 
羽田空港(第1ビル駅または第2ビル駅) → 浜松町駅 (JR線へ乗り換え) → 
新橋駅
・ 浜松町駅より タクシー8分
・ 新橋駅より タクシー5分


・京浜急行線(都営浅草線と直通運転)
1 羽田空港駅 → 京急蒲田駅 → 品川駅 → 泉岳寺駅 → 
 三田駅(都営三田線へ乗り換え) → 御成門駅 
2 羽田空港駅 → 京急蒲田駅 → 品川駅 → 泉岳寺駅 →
 大門駅 または 新橋駅 下車 


■車
首都高速「芝公園」出口より約3分
首都高速「霞ヶ関」出口より約10分

駐車場(有料)は数に限りがあり、混雑が予想されます。
電車・バス等の公共交通機関をご利用ください。

※地上高が15cm以下の車両は駐車できません。

Sponsored Links

婦人科健診・検診、緊急避妊用ピル

神奈川ウイメンズクリニック


〒221-0822
神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-20-7 ビューサイト横浜ビル4F
TEL:045-431-5000

◎女性のカラダとココロに寄り添うクリニック

―院長・看護師・スタッフ全員女性です。

・院長よりご挨拶

この度、身近で親しみやすさをモットーに、神奈川ウィメンズクリニックを開院致しました。年齢を問わず女性であれば、産婦人科的な問題だけでなく、その他のことでも、お気軽に、ご相談にいらしてください。長年の経験を生かし、皆様に貢献したいと思います。

平成23年4月5日 院長 小関 みづほ


http://kwc.main.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇診療時間【月~木、土(2・4)】
・受付時間 9:00~12:30 14:30~17:30


・休診日は金、第1・3・5土、日、祝日になります。
・休診日は変更もありますので、詳しくはHPお知らせをご覧下さい。


◆診療内容
・一般婦人科
・婦人科健診・検診
・ブライダルチェック
・ピル外来
・閉経前後の健康維持外来
・美容と健康維持外来
・漢方外来
・女性内科
・ワクチン外来


◎お知らせ
http://kwc.main.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

緊急お知らせ:子宮頸がんワクチンについて
高校2年生(平成6年4月2日から平成7年4月1日生まれ)の方へ
現在高校2年生の方は、初回ワクチンを今年(平成23年)9月末日までに接種しなければ、第2回、第3回目のワクチンを、公費で接種することができなくなります。なるべく、早く9月までに、初回のワクチンを接種してください。なお、ワクチンの確実な確保のため、事前に電話予約をしてください。


横浜市がん検診について(当院では6月からお受けできます。)
★子宮がん:20歳以上の女性を対象に2年に1回(受診間隔をおおむね24か月あけてください。) 

頸部細胞診検査:1360円
頸部細胞診検査+体部検査:2620円(最近、6か月以内に不正出血があった方のほか、医師が必要と判断した方。)
※横浜市の子宮がん検診では、子宮筋腫や卵巣腫瘍などはわかりません。もっと、詳しく知りたい方に、オプションで超音波画像診断(4500円)を行っています。
★乳がん:40歳以上の女性を対象に2年に1回(受診間隔をおおむね24か月あけてください。) 

視触診+マンモグラフィ検査:1370円(当院ではマンモグラフィは行っておりません。)
視触診検査のみ:690円(当院では、視触診のみ行っています。)
マンモグラフィ検査のみ:680円(当院ではマンモグラフィは行っておりません。)

▼女性特有のがん検診推進事業
子宮頸がん無料対象の方
前年度(平成21年4月2日から平成22年4月1日までの間に)20歳・25歳・30歳・35歳・40歳になった女性の方

乳がん無料対象の方(当院では行っておりません。)

・子宮頸癌ワクチンについて
平成23年4月より、公費負担でのワクチン接種受診が始まります。そのため、平成23年3月現在、ワクチンの在庫が全国的に不足しております。当クリニックでは、平成23年4月、開院と同時に、子宮頸癌ワクチンの接種を予定しておりましたが、子宮頸癌ワクチンの在庫がございません。メーカー側は、今年7月には、概ね安定供給ができるであろうと発表しております。患者様には、大変ご迷惑をおかけしますが、7月頃まで、お待ち下さい。


・緊急避妊用ピルについて
平成23年5月より、新しい緊急避妊専用ピルの処方が可能になります。料金等詳しいことは、まだ、未定ですが、当クリニックでは、従来の緊急避妊用ピルに加え、新しい緊急避妊用ピルもご用意させていいただく予定です。


◇交通アクセス

・電車でお越しの方へ
JR東神奈川駅より徒歩5分。
東急東横線東白楽駅より徒歩7分。
京急仲木戸駅より徒歩6分。

・車でお越しの方へ
※当院ビルの駐車場は大変混雑が予想されます。駐車場はTimesなど近隣のパーキングをご利用下さい。


Sponsored Links

女医のいる産婦人科

聖ローザクリニックタワーズ 産婦人科

〒244-0801
横浜市戸塚区信濃町535-2 タワーズシティファースト307
窓口電話:045-828-6034
予約専用ダイヤル:045-828-0489

http://www.strc.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎きめ細やかな女性に優しい医療を目指します。

http://www.strc.jp/kamoku.html
(※女性医師担当ご確認リンク)

◇外来診療時間
(月)~(土)
10:30~13:30 15:30~19:00
(日)
午前 9:00~12:00

1.産科及び婦人科疾患の大学病院への紹介システムが確立しています。
2.当クリニックはセミオープンシステムです。
分娩は聖ローザクリニック本院で対応させて頂き、それまでの初期妊婦検診(11週まで)は当院でゆったり受けていただきます。
また、里帰り分娩を考えていらっしゃる方の妊婦検診も受け付けております。
3.診療時間内に、いつでも予約なしで受診できるクリニックです。(予約もあり)
4.土曜日午後、日曜日午前中も外来診療しております。
5.女性医師の診察日があります。
6.小さなお子様(生後3ヶ月~未就学児)をお連れになり外来診療を受けられる患者様用の保育室を完備しており、スタッフは保育士の資格を有しております。
☆保育士待機時間 10:00~11:30、15:30~18:30

◆診療科
産科: 分娩、妊婦検診、産後健診(お子様は1ヶ月健診のみ)、母乳相談、栄養相談等
婦人科: 婦人科一般手術、婦人科一般外来、子宮ガン検診、乳ガン検診(触診のみ)、不妊症外来、不育症(習慣流産)外来、更年期外来、思春期外来、避妊相談、セカンドオピニオン、
男女の産み分け、避妊用ピル(マーベロン等)・緊急避妊ピル処方等
漢方科: 妊婦一般、不妊症、不育症、更年期障害等


◎妊娠中絶に対する当クリニックの考え方
http://www.strc.jp/tyuuzetu.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


☆開設者:医療法人社団 マリア会
総院長:長井 快舟(ながい かいしゅう)
 1987年 東海大学医学部卒業
 1987年 東海大学医学部産婦人科研修医
 1991年 東海大学医学部産婦人科助手
 1993年 西横浜国際総合病院産婦人科医長
 1997年 育生会横浜病院産婦人科医長
 2001年 育生会横浜病院産婦人科部長
 2005年 聖ローザクリニック産婦人科開設 院長
 2006年 医療法人社団マリア会 理事長 就任
 2008年 聖ローザクリニックセンター北を開設
総院長兼理事長に就任
専門分野: 産科:無痛分娩
婦人科:不育症、子宮脱、腹腔鏡下手術
資格・所属:  日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会会員
母体保護法指定医
日本不妊学会会員 
 2004年12月24日、東戸塚に聖ローザクリニックを開設させて頂きました。私は医学部を卒業後、大学病院で研修を行い、その後市中の病院で自己の専門知識、技術の研鑽に励んできました。

勤務医として最終的に総合病院の産婦人科部長の重責を担っている内に徐々に私の理想のクリニックを開設し、地域医療に貢献したいと考えるようになりました。

大病院では実現困難なきめ細やかな女性にやさしい医療を実践してみたいと言う思いがわき上がって来ました。

その夢を具体的に実現するために当クリニックを開設致しました。


◇交通アクセス
http://www.strc.jp/access.html(※詳細地図はリンク先にてご確認)
JR東戸塚駅 ダイエー横

Sponsored Links

自動車事故による脳損傷、重度の後遺障害-療護センター

済生会岡山総合病院・岡山療護センター

〒700-0927
岡山市北区西古松2丁目8番35号
診療科 脳神経外科、精神科
病床数 50床
http://www.nasva.go.jp/sasaeru/okayama.html
(※岡山療護センターの詳細は上記リンク先にてご確認ください)

http://www.okayamasaiseikai.or.jp/
(※「済生会岡山総合病院」の詳細は上記リンク先にてご確認ください)

http://www.nasva.go.jp/index.html (独立行政法人 自動車事故対策機構)
・理事長 金澤 悟 
(※独立行政法人 自動車事故対策機構の詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇療護センター等の概要:
http://www.nasva.go.jp/sasaeru/ryougo.html
千葉療護センター、東北療護センター、岡山療護センター、中部療護センター
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

自動車事故対策機構では、自動車事故による脳損傷によって重度の後遺障害が残り、治療と常時の介護を必要とする方のうち、一定の要件に該当する方に入院していただき、社会復帰の可能性を追求しながら手厚い治療と看護並びにリハビリテーションを行う重度後遺障害者(遷延性意識障害者)専門の療護センターを国内4か所に設置し、運営しております。

また、平成19年12月より、療護センターに準じた専門的治療・看護を行う療護機能委託病床を、北海道(札幌市)、九州(福岡県久留米市)にそれぞれ開設しました。

療護センターは、最新の医療機器(高度先進医療機器)などを備えるとともに、患者様のわずかな意識の回復の兆しをもとらえることができるよう、ワンフロア病棟システムを取り入れて集中的に観察ができるようにするとともに、患者様の日常生活行動や動作訓練がスムーズに行われるようスペースを確保するなど、細やかな配慮のもとに行っております。

また、患者様の回復に向けての環境作りとして、季節や一日の移り変わりが感じられるように、大きな窓のそばに全てのベッドを配置するとともに、外気浴、緑地の散歩などが行えるようにサニーテラスや緑地が設けられています。そのほか、四季折々のお花見、七夕、クリスマス等の行事を行うことにより、患者様の全身を通して、日常生活的な経験ができるようにしています。

・看護体制は、同じ看護師が一人の患者様を継続して受け持つプライマリー・ナーシング方式を導入するなどきめ細やかな看護を行っております。


◆入院の申込みについて:
入院の申込みについては、受付を行っています。
療護センターにお問い合わせ下さい。
問合わせ先:事務部 / Tel:086-244-7041(代)

◇主な医療機器:
CT、MRI、RI、MEG


◇交通アクセス
http://www.nasva.go.jp/sasaeru/okayama.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
JR瀬戸大橋線・宇野線「大元駅」下車徒歩5分。
バス・岡山駅前より児島駅行または興除車庫行にて西古松停留所下車徒歩1分。


☆中島 正明
岡山総合病院 脳神経外科医長
岡山大学医学部卒
・専門分野:
頭蓋底手術(脳動脈瘤、脳腫瘍)、低侵襲手術(未破裂脳動脈瘤、脊椎外科)、良性脳腫瘍(髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍)、脳血管バイパス手術、頚動脈狭窄手術、腰椎すべり症、難治性腰痛
・資格:
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脊髄外科学会認定医

☆折田 暁尚
岡山総合病院 精神科 主任医長
岡山大学医学部卒 医学博士
・専門分野:
精神科一般、特にうつ病などの気分障害、不安障害
・資格:
日本精神神経学会精神科専門医
精神科専門医研修医指導医
厚生労働省研修医プログラム責任者
精神科精神保健指定医

☆藤井 俊宏
リハビリテーション科主任医長
岡山大学 医学部卒
リハビリテーションセンター長
・専門分野:
運動器リハビリテーション、地域リハビリテーション
・資格:
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会指導責任者
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医


Sponsored Links

脳脊髄液減少症-脳神経外科-国際医療福祉大学熱海病院

国際医療福祉大学熱海病院

〒413-0012
静岡県熱海市東海岸町13-1
TEL:0557-81-9171
FAX:0557-83-6632
・病院長 寺岡 慧

http://atami.iuhw.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受診をされる方へ
外来診療日 月曜日~土曜日
外来受付時間 午前の部 8:30~12:00 午後の部 13:00~16:30
診療時間 午前の部 9:00~13:00 午後の部 14:00~17:00
救急医療 救急告示病院 病院群輪番制二次救急


◆診療科
■ 内 科
消化器内科、循環器内科、内分泌代謝科、呼吸器内科、腎臓内科、神経内科、総合診療科
■ 心療精神科
■ 小児科、小児外科
■ 外 科・消化器外科
■ 移植外科
■ 整形外科
■ 形成外科
■ 脳神経外科
■ 呼吸器外科
■ 皮膚科
■ 泌尿器科・泌尿器科(人工透析)
■ 産婦人科
■ 眼科
■ 耳鼻咽喉科
■ リハビリテーション科
■ 放射線科
■ 麻酔科・ペインクリニック外科
■ 歯科・口腔外科、病理診断科、臨床検査科


◇ 脳神経外科
http://atami.iuhw.ac.jp/doctor/noushinkeigeka.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

脳・脊髄・末梢神経の疾患の中で主に外科的治療を行う疾患を扱っています。当科で診療している主な疾患は脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)であり、脳梗塞は発症3時間以内であればt―PAを用いた血栓溶解療法を行っています。脳卒中は入院直後からリハビリテーションを実施しており、脳動脈瘤や動脈狭窄に対しては積極的に血管内治療を行っています。
また、脊髄・脊椎・末梢神経の手術を手がけており、頚椎・腰椎の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群の手術を数多く行っています。ほかに、痛みに対する脊髄電気刺激治療や顔面痙攣・斜頚に対するボツリヌス毒素注射も行っています。
当科ではマスコミでしばしば取り上げられる脳脊髄液減少症の診療を積極的に行っており、全国から多くの患者様が治療を受けに来られます。


☆篠永正道(シノナガ マサミチ) 脳神経外科教授

横浜市立大学卒、元横浜市立大学脳神経外科講師、前平塚共済病院救急センター長・診療部長、日本脳神経外科学会専門医・評議員、日本脳卒中学会専門医、日本脊髄外科学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本ニューロモデュレーション学会評議員、医学博士
国際医療福祉大学教授

◆紹介希望疾患:脳卒中、脳腫瘍、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)、顔面痙攣、痙性斜頚

・頭痛、めまい、手足の脱力・しびれなど脳と脊髄神経に関する病気に対応しています。またセカンドオピニオンについても相談に応じています。



◇交通アクセス
JR:東海道新幹線/JR東海道線「熱海駅」より徒歩8分
バス: JR熱海駅よりバスにて大学病院前(旧国立病院前)下車
●平成18年8月18日より、駐車場は有料駐車場となりました。
何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
■駐車場利用料金■
最初の30分 無料
30分~2時間 :100円/30分
2時間~ 100円/60分


◎軽度外傷性脳損傷と似た症状が出る病気に「脳脊髄液減少症」があるという。
脳脊髄液減少症
脳と脊髄の外側を満たす脳脊髄液が首や背骨への衝撃をきっかけに外に漏れ、水位が下がることで脳の位置も下がって症状が引き起こされるという。
立ち上がるときに、頭痛がする症状に加え、歩行困難やめまい、上肢の痛み・しびれ、視力低下、難聴なども、起こることがあるという。

※詳細は専門医にご相談ください。


Sponsored Links

交通事故、脳外傷損傷、軽度外傷性脳損傷でものわすれや怒りっぽい-木沢記念病院

社会医療法人厚生会 木沢記念病院

〒505-8503 
岐阜県美濃加茂市古井町下古井590 
TEL:0574-25-2181 FAX:0574-26-2181
・理事長 山田實紘
・病院長 北島康雄

◎岐阜県美濃加茂市の木沢記念病院は320列CT、PET、TomoTherapy(トモセラピー ハイ・アートシステム)を使用した癌検診・放射線治療の治療など、常に最先端の医療技術と新しい医療設備の導入を心かげ、より安全で質の高い医療サービスが提供できることを目標としています。


http://kizawa-memorial-hospital.jp/
(詳細は上記リンク先にてご確認ください)

※紹介状を持参しての受診をお願いしています。

受付スタッフが紹介状のご持参の有無を確認しておりますので、
ご理解ご了承ください。
※当院では、他の病院または診療所からの紹介状なしに来院された患者様の初診時に、通常の医療費の他に特定療養費として2,100円をお支払いいただいております。誠に勝手ながらご理解いただきたくお願い申し上げます。


◇受付時間:午前8:00~11:30
※午後診がある科、曜日もあります。外来診療担当表をご参照ください。
http://kizawa-memorial-hospital.jp/everybody/ishi_tanto_list.html


◆診療科ご案内

内科/人間ドック
循環器内科
消化器内科
内分泌代謝内科
呼吸器内科
神経内科
腎臓内科
外科
心臓血管外科
乳腺外科
脳神経外科
整形外科
産婦人科
皮膚科/皮膚がんセンター
形成外科
泌尿器科
小児科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
麻酔科
緩和ケア
病理診断科
救急部門
総合診療科


◇脳神経外科
http://kizawa-memorial-hospital.jp/hospital/shinryo/no_shinkei.html
(詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療内容
クモ膜下出血、脳内出血などの出血性病変や脳腫瘍及び頭部外傷などの手術を要する脳神経疾患に加え、脳梗塞、感染症等の脳神経全般にわたり、診療を行っています。

急性期出血性病変は、頭部CT、3DCTangio、脳血管撮影等にて迅速に手術治療(開頭術や脳血管内手術等)や薬物療法の適応を判断し加療しております。急性期脳梗塞に対しては、救急隊からの早期連絡、救急部やパラメディカルの迅速な対応により、発症後3時間以内の症例には、tPAによる超急性期血栓溶解療法を施行し、3時間以降の症例に対しては、選択的血栓溶解療法や薬物療法等の治療を行っています。慢性期脳血管障害や一過性脳虚血発作に対しては、320列MDCTや頸動脈エコー、頭部MRA、脳血流測定(PETやSPECTによる)等の検査により原因検索や手術適応の判断を行い、内頸動脈狭窄症に対しては内頸動脈ステント留置術(CAS)や内頸動脈内膜剥離術を、もやもや病や脳主幹動脈閉塞症に対してはバイパス手術を行っています。

脳腫瘍治療に対しては、PET、MRSによる悪性度の診断を行い、Functional MRIによる腫瘍と神経機能との関係を調べ、手術支援装置としてNavigation systemや電気生理を用いた術中モニターを用い、術前の手術シュミレーションや術中のさらに正確な病変の安全な摘出を心がけています。悪性神経膠腫に対しては、手術療法、術後トモセラピーによる放射線治療、テモダールによる化学療法を一連の治療として行っております。また、悪性リンパ腫に対しては、メソトレキセート大量療法、胚細胞腫や髄芽腫に対しては、ICE療法等の化学療法を施行し、転移性脳腫瘍等の多発性病変に対しては、トモセラピーによる放射線治療を行っています。

神経内科との協力のもとで、レクセル定位脳手術装置を用い、パーキンソン病に対して両側視床下核刺激術を施行しており、長期の薬物投与によるディスキネーシアに対して非常に有効性を認めています。不随運動に対するボツリヌス毒素治療、低髄液圧症候群に対して、自家血硬膜外注入療法、低酸素脳障害に対する高気圧酸素療法等、神経疾患全般を治療しています。

当院には、回復期リハビリ病棟があり、回復期リハビリの必要な患者様が院内外より入院されております。従来、高度な後遺症が残存した症例では、ほとんどが施設や療養型病院に退院しておりました。回復期リハ病棟が開設されてからは、在宅療養が増加しており、脳卒中地域連携パスを利用し、療養型病院、施設、診療所の間の連携をすすめ、地域の医療資源の有効活用とともに、患者様の社会復帰や家庭復帰を支援しています。



☆篠田 淳(副院長・中部療護センター長)

岐阜大学大学院医学系研究科
脳病態解析学(連携分野)教授

昭和56年長崎大学医学部卒業
昭和63年岐阜大学大学院修了
専門医等の資格

日本脳神経外科学会 専門医
英国王立外科協会(Edinburgh)特別会員
日本がん治療認定医機構暫定教育医



◇交通アクセス
JR高山本線 美濃太田駅下車徒歩8分
名鉄広見線 日本ライン今渡下車タクシー10分
国道41号線東濃鉄道バス 神明堂下車徒歩3分


Sponsored Links

顎関節症,睡眠時歯ぎしり・くいしばり,かみ合わせ異常感,顎関節疾患

東京医科歯科大学歯学部附属病院

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-3813-6111
・病院長 嶋田 昌彦


http://www.tmd.ac.jp/denthospital/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて診察を受けられる方

◇診療の流れ
1) 診療申込書に必要事項を記入し、保険証と一緒に初診受付窓口にお出しください。
2) 紹介状をお持ちの方は、初診受付時に窓口にご提示ください。

■ 次の場合は保険診療の取扱はできません。
1)保険証を持参しない方。
2)歯科矯正治療の方(矯正歯科受診の患者さんへ)。
ただし、唇顎口蓋裂に起因した咬合異常又は、顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)を除く。

■ 唇顎口蓋裂等
唇顎口蓋裂等で受診される方は、育成医療等の給付が受けられますので担当医又は、入院受付窓口でご相談ください。


・診療日
月曜日~金曜日
但し、
スポーツ歯科外来 ・・・火曜日・水曜日・金曜日のみ。
歯科アレルギー外来 ・・・月曜日・木曜日と水曜日(13:15から)のみ。
息さわやか外来 ・・・月曜日・木曜日のみ。


・休診日
土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)

・診療受付時間
初診 8:30~10:30
再診 8:30~15:30


・面会時間
平日 15:00~19:00
土・休日 13:00~19:00
※ご面会の方は防災センター(歯科棟北1階)にお申し出ください。



◆診療科
・育成系診療科 科長 高木 裕三 教授
矯正歯科外来 科長 森山 啓司 教授
小児歯科外来 科長 高木 裕三 教授
・維持系診療科 科長 和泉 雄一 教授
むし歯外来 科長 田上 順次 教授
歯周病外来 科長 和泉 雄一 教授
ペインクリニック 科長 嶋田 昌彦 教授
歯科心身医療外来 科長 豊福 明 教授
顎関節治療部 部長 木野 孔司 准教授
・回復系診療科 科長 小村 健 教授
口腔外科外来 科長 小村 健 教授
顎顔面外科外来 科長 山城 正司 講師
義歯外来 科長 五十嵐 順正 教授
顎義歯外来 科長 谷口 尚 教授
スポーツ歯科外来 科長 上野 俊明 准教授
言語治療外来 科長 谷口 尚 教授
インプラント外来 科長 春日井 昇平 教授
・総合診療科  科長 三浦 宏之 教授
歯科総合診療部 部長 俣木 志朗 教授
(専)いびき無呼吸歯科外来 科長 俣木 志朗 教授
歯科麻酔外来 科長 深山 治久 教授
歯科放射線外来 科長 倉林 亨 教授
  スペシャルケア外来 科長 篠塚 修 准教授
(専)摂食リハビリテーション外来 科長 植松 宏 教授
息さわやか外来 科長 川口 陽子 教授
クリーンルーム歯科外来 科長 砂川 光宏 准教授
口腔ケア外来 科長 吉増 秀實 教授
歯科アレルギー外来


◇顎関節治療部

http://www.tmd.ac.jp/dent/tmj/tmj-J.htm
(※顎関節治療部ホームページ。詳細は上記リンク先にてご確認ください)

木野 孔司 准教授

・診療内容
顎関節症および下記診療対象疾患の診断と治療
顎関節の痛みや関節の音,はぎしり,かみ合わせなどの病態(疾患の状態)と,その発症や持続に関与する病因(寄与因子)について多次元的に評価し,患者さん個々に適したオーダーメイド治療を提供します.

・主な疾病
顎関節症,睡眠時歯ぎしり・くいしばり(ブラキシズム),かみ合わせ異常感,顎関節疾患(癒着,脱臼他)

・連絡先
03-5803-5961


☆木野 孔司 ( Koji Kino ) 准教授
科長・准教授 木野 孔司
東京医科歯科大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学歯学部大学院歯学研究科(口腔外科学専攻)修了
東京医科歯科大学歯学部口腔外科学第一講座 助手
東京医科歯科大学歯学部附属病院顎関節治療部部長 助教授

平成16年4月独立行政法人化に伴い 准教授に名称変更
日本顎関節学会 評議員
日本顎関節学会 認定医
日本顎関節学会 指導医
日本顎関節学会 理事
※「顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」(木野孔司著、講談社)


◇交通アクセス
交通
最寄り駅
JR中央線,総武線 御茶ノ水駅から徒歩3分
地下鉄 東京メトロ 丸の内線 御茶ノ水駅から徒歩3分
地下鉄 東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅から徒歩3分
地下鉄 都営 新宿線 小川町駅から徒歩10分


◆歯の接触癖の是正指導ができる歯科
・東京医科歯科大歯学部病院顎関節治療部 (東京都文京区、(電)03・5803・5961)
・東京慈恵医大病院歯科 (同港区、(電)03・3433・1111)
・昭和大歯科病院顎関節症科 (同大田区、(電)03・3787・1151)
・日大松戸歯学部病院顎関節・咬合科 (千葉県松戸市、(電)047・368・6111)

Sponsored Links

高次脳機能障害、リハビリテーション、脳外傷による物忘れ、リハで軽減

福井県高次脳機能障害支援センター

〒910-0067
福井市新田塚1-42-1 
福井総合クリニック内
TEL:0776-21-1300
(内線5934)
FAX:0776-25-8264
・センター長 小林康孝


http://www.f-gh.jp/koujinou/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

福井総合クリニック(リハビリテーション科)
http://www.f-gh.jp/clinic/clinic_shinryouka_rihabirika.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇診療受付時間

・月~金(午前受付)
  午前8時~午前11時
・月~金(午後受付)
  午前11時~午後3時
・土曜
  午前8時~午前10時30分
 
◇日曜日・祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)


◇当センターでの取り組み
福井県高次脳機能障害支援センターでは、高次脳機能障害に関する、次のような相談の対応や問題の解決にむけての対応を致します。

・診断や医学的なリハビリテーションについて
・対応方法や日常生活について
・就職や職場復帰について
・福祉サービスの利用、手帳の取得について
・家族会について


◆診療科
内科
リウマチ膠原病科
消化器内科・外科
整形外科
リハビリテーション科
脳神経外科
産婦人科
小児科
耳鼻咽喉科
眼科
泌尿器科
放射線科
皮膚科
歯科・歯科口腔外科
精神科・神経科


◇高次脳機能障害とは

 交通事故や脳卒中などで脳が損傷されると、記憶能力の障害、集中力や考える力の障害、行動の異常、言葉の障害が生じることがあります。これらの障害を『高次脳機能障害』と言います。
 これまで、医学的、学術的な定義では、高次脳機能障害は、脳損傷に起因する認知(記憶・注意・行動・言語・感情など)の障害全般をさしていました。例えば、言語の障害である「失語症」や道具が上手く使えなくなる「失行症」、知的な働きや記憶などの働きが低下する「認知症」のほか、「記憶障害」「注意障害」「遂行機能障害」「社会的行動障害」などが含まれます。
 一方で、厚生労働省が平成13年から開始した「高次脳機能障害支援モデル事業」では、身体の障害がなかったり、その程度が軽いにもかかわらず、特に「記憶障害」「注意障害」「遂行機能障害」「社会的行動障害」といった認知の障害が原因となって、日常の生活や社会での生活にうまく適応できない人たちがいることが解りました。
 この方々に対する、診断やリハビリテーション、社会資源サービスの不足が問題となっていることから、この方たちが示す認知の障害を『高次脳機能障害』と呼ぶ「行政的な」定義が設けられました。
 当センターでは、主にこの行政的な定義にあてはまる方々への支援を行っています。


◎高次脳機能障害の原因、診断、診断基準
http://www.f-gh.jp/koujinou/koujinou3.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇高次脳機能障害の原因

□ 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)
もっとも多いのは脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)です。脳の血管が詰まったり、出血を起こすことで、脳の機能を損なうものです。


□ 外傷性脳損傷
次いで多いのは、外傷性脳損傷(脳外傷、頭部外傷)です。交通事故や転落事故などの際に頭に強い衝撃が加わることで、脳が傷ついたり(脳挫傷)、脳の神経線維が傷ついたり(びまん性軸索損傷)するものです。

□ その他の原因
脳炎、低酸素脳症など



☆小林康孝 センター長 リハビリ科部長

東京医科大学卒
神経内科医
・資格
日本内科学会認定内科医・指導医 日本神経学会認定神経内科専門医 日本老年医学会認定専門医・指導医日本リハビリテーション医学会専門医
日本脳卒中学会専門医日本医師会認定健康スポーツ医日本医師会認定産業医日本人間ドック認定指定医病理解剖資格
・得意分野
脳梗塞一般 高次脳機能障害 脳血管障害、神経筋疾患、高次脳機能障害を中心に診療を行っています。


◇交通アクセス
福井県高次脳機能障害支援センター
 〒910-0067 福井市新田塚1-42-1 福井総合クリニック内
  TEL:0776-21-1300 (内線5934)  FAX:0776-25-8264

公共交通機関によるアクセス
  ■バス:
京福バス・福井駅前通り、市内バス10番のりば、福井総合病院 藤島線に乗車して下さい。所要時間 約20分です。
 
  ■鉄道:
鉄道:JR福井駅でえちぜん鉄道三国芦原線に乗り、新田塚駅で下車して下さい。所要時間 約15分です。
 
  ■タクシー:
福井駅前より約4キロ、所要時間 約10分です。


■高次脳機能障害支援普及事業支援拠点機関一覧(都道府県分)
(平成23年6月1日現在)
http://www.rehab.go.jp/ri/brain_fukyu/kyoten_list.pdf

Sponsored Links

白血病治療薬、急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫

自治医科大学附属病院

〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
お問合せ電話番号:0285-44-2111(代)

http://www.jichi.ac.jp/hospital/top/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇病院のご案内
自治医科大学は、現在の「地域医療の危機」とは若干異なる時代背景のもとで、へき地における無医村問題の解消を目的に設立されました。本院は、自治医科大学に附属して昭和49年に開院しました。当初から、本学の卒業生は全員出身県に戻って地元の地域医療に携わったため、本院の医師、研修医は広く全国から参集した人たちによって構成されています。この間、建学の精神は附属病院にも受け継がれ、専門医であっても総合医的精神を尊ぶ伝統が根付いています。

本院は、1130床のベッド数を有する特定機能病院であり、栃木県の支援のもとに「とちぎ子ども医療センター」(135床)、総合周産期母子医療センターを併設する総合病院です。平均在院日数、年間の新入院患者数、救急車搬送数、手術件数は全国の大学病院や一般総合病院の中でもトップレベルであり、信頼される地域の中核病院たるよう職員皆が日々努力しています。がん診療においては、地域がん診療連携拠点病院に指定され、緩和ケア病棟(18床)が開かれています。地域の救命救急医療の中心でもあり,平成22年1月からドクターカーの運行を開始しました。

本院の診療体制は、内科系-外科系が緊密に連携して各臓器毎にセンター化しています。また総合診療部、救命救急センターをはじめ、生殖医学センター、再生・移植センター、臨床感染症センター、臨床試験センター、女性医師支援センター、地域医療連携部など、医療の各分野において先進的な取り組みを展開しています。本院は、地域中核病院の自覚を持って、お互いに顔の見える他医療機関との連携を目指し、結果的に患者の皆様の満足に繋げていきたいと願っています。

平成22年1月

病院長 島田 和幸



◇来院される方へ
他の医療機関からの紹介状をお持ちください
本院は、特定機能病院です。当院を初めて受診される方で紹介状がない場合には、選定療養費として2,625円(消費税を含む)を負担していただくことになります。
健康保険証・各種医療券(証)をお持ちください
労災・自賠等をお使いの方はお申し出ください。
保険証は月に一度呈示されますようお願いいたします。保険証の確認ができない場合は、自費扱いになることがあります。(コピーやファックスでの受付はできかねます。)
診察についてのご相談は、正面入口の総合案内でお気軽にご相談ください。

◇外来受診のご案内
月曜日~金曜日 8:30~11:00(再診予約のある方を除く。)
複数科受診希望の方は、10時までに初再診の受付をお済ませ下さい。

ただし、次の診療科を受診する場合は曜日にご注意ください。

診療科名 初診の方 予約のない再診の方
形成外科 月~木 月~木
産科 月~金 予約制
(急患は電話、または受付にて応相談)
婦人科 月~金 予約制
(急患は電話、または受付にて応相談)
心臓血管外科 火・木 火・木
美容外科 月曜(午後)完全予約制
初診の方は月~金の11時までに予約を取ってください。
但し、月曜日に予約を取った方は翌週以降になります。



◆診療科
総合診療部
総合診療部では、内科系疾患を中心にして、おもに多愁訴・複合疾患をお持ちの患者さんの診療を行っています。

循環器センター
循環器センターは、循環器内科部門と心臓血管外科部門とが共通の病棟で機能的・効果的な診療を行っています。

消化器センター内科部門
(消化器・肝臓内科)消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆道(胆嚢、胆管)、膵臓など、消化器全般の診療を行っています。

消化器センター外科部門
(消化器外科)当科はあらゆる消化器疾患の外科治療に対応できるための専門医がスタッフとして診療に当たっており、高度な技術を要する手術を多数行っています。密接な病々連携、病診連携のもとに近年増加している手術症例に対応しており、年間1300余の手術(平成19(2007)年)を施行しています。

呼吸器センター内科部門
(呼吸器内科)呼吸器内科では、気道・肺およびこれをとり囲む胸部の病気を扱っています。肺癌、肺炎などの感染症、COPD・喘息、肺線維症など多くの疾患が含まれます。

呼吸器センター外科部門
(呼吸器外科)呼吸器外科では呼吸器領域(肺、縦隔、胸壁、横隔膜)の外科的疾患、具体的には近年増加傾向にある肺癌などを扱っております。

脳神経センター内科部門
(神経内科)神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を扱います。「脳神経センター」として、脳神経外科との連携が非常にスムーズなことが大きな特徴です。

脳神経センター外科部門
(脳神経外科)脳・脊椎の手術を要する疾患を対象とし、コンピューター支援外科手術や定位放射線手術など最先端の治療も行っています。

腎臓センター内科部門
(腎臓内科)当科は、循環器内科の腎グループとして発足した経緯があり、透析患者様の循環器合併症の診断および治療を得意としています。

腎臓センター外科部門
(腎臓外科)腎臓疾患の総合的な診療を行う腎臓センターの外科部門を担当します。内科部門と連携し、腎炎から透析、透析合併症治療、腎移植に至るまでの一貫診療を行います。

血液科
血液科では、急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍と再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの特定疾患を扱っています。

内分泌代謝科
内分泌代謝科では、視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、電解質異常などの内分泌の病気と、糖尿病、高脂血症などの代謝の病気を扱っています。

アレルギー・リウマチ科
当科と県内各所の診療所との間の充実した病診連携網を基盤に、生物学的製剤を中心とした最新のリウマチ治療の実践に努力しています。

臨床腫瘍科
臨床腫瘍科では、頭頸部癌、乳癌、消化器癌を主体とする固形がんに対して、薬物療法による治療を関連各科と協力して行っています。

感染症科
自治医科大学臨床感染症センター・感染症科は、主に入院中の方を中心に、臓器によらず、あらゆる種類の感染症の診療を行っています。

緩和ケア科
平成18(2006)年11月に緩和ケア科が設置され外来診療を開始し、平成19(2007)年5月1日に緩和ケア病棟が開棟しました。

放射線科
放射線科は診療の基盤となる各種検査(単純写真、造影検査、CT、MRI、核医学検査)を行う画像診断部門(血管内治療であるIVR部門を含む)と、放射線治療部門で構成されています。

精神科
精神科では、多様な精神疾患に、多方面からのアプローチにより対応しています。

皮膚科
皮膚科では、皮膚に症状のある疾患のすべてを扱っています。皮膚疾患には皮膚だけでなく粘膜の変化、関節痛や発熱などの全身症状を伴うものもあります。

乳腺・総合外科
乳癌をはじめとする乳腺疾患の診断・手術・外来治療、また甲状腺疾患および副甲状腺疾患の手術等をおこなっています。

移植外科
当科では、18歳未満の小児を対象とした生体肝移植を行っています。

形成外科
形成外科では、顔のケガや骨折、口唇裂などの先天異常、がん切除後の再建、乳房再建、皮膚腫瘍などの病気をできるだけきれいに治すことを行っています。

美容外科
美容外科では、シミやタルミなどの老化の治療を中心に、また一重まぶた、けがの瘢痕、入れ墨やあざの治療などの美容外科一般の診療を行っています。

整形外科
脊椎、骨、関節、筋その他の運動器疾患に生じる疾患や外傷に対する総合的な診療を行っています。

産科
産科では妊娠・分娩・産褥とそれらにかかわる病気を扱っています。婦人科婦人科で扱う疾患は腫瘍、内分泌、感染症、思春期、更年期障害など多岐にわたり、幅広く女性を診療します。

泌尿器科
泌尿器科では、副腎などの内分泌臓器の病気、腎、尿管、膀胱、尿道などの尿路の病気、精巣、前立腺、陰茎などの生殖器の病気を診療しています。

耳鼻咽喉科
耳、鼻、のど、頸部など感覚器や呼吸器・消化器の入り口として重要な機能を有する「頭頸部」を専門に診療します。

眼科
眼科では、白内障、緑内障、網膜剥離等の眼球自体の病気と眼瞼や涙器等の眼球付属器の病気を扱っています。

麻酔科
麻酔科は手術室において年間7000件の麻酔管理を行い、また、ペインクリニック外来において各種疼痛疾患の治療を行っています。

リハビリテーション科
疾患別リハビリテーション施設基準(脳血管I・運動器I・呼吸器I)を取得し、各診療科の依頼に対し、理学療法、作業療法、言語療法を提供しています。また、心大血管疾患リハビリテーションIの施設基準も取得し、循環器疾患術後の心肺機能評価と運動療法を実施しています。

歯科口腔外科
歯科口腔外科では、顎口腔領域の腫瘍、炎症、先天異常、外傷、嚢胞、口腔粘膜疾患、顎変形症、顎関節症、口腔インプラント治療などを主体に診療しています。


◇血液科
http://www.jichi.ac.jp/hospital/top/medical-services/12.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・対象疾患

急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、発作性夜間血色素尿症、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血、多血症、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病、血友病など。

・得意分野
急性白血病の寛解導入及び地固め療法
悪性リンパ腫に対する化学療法、抗体療法、放射線療法などの集学的治療
抗胸腺細胞免疫グロブリンを用いた再生不良性貧血の免疫学的治療
多発性骨髄腫に対するベルケイド、レナリドマイドを用いた新規治療
同種及び自家造血幹細胞移植
特発性血小板減少性紫斑病に対するグロブリン大量療法、ピロリ菌除去療法


☆永井 正 准教授(火)(木)午前外来診療

●経歴
昭和60年 東北大学医学部卒業
昭和62年 東北大学医学部第二内科
平成3年 東北大学医学部第二医化学
平成5年 米国ロックフェラー大学
平成10年 自治医科大学血液学

●専門・実績
白血病治療薬に対する耐性機序、慢性骨髄性白血病に対する分子標的療法
●所属学会
日本内科学会、日本血液学会、日本臨床血液学会、日本生化学会、日本分子生物学会


◇交通アクセス
・電車
JR宇都宮線「自治医大駅」下車、徒歩15分または接続バスで5分
(東北新幹線を利用の場合は「東京方面からは小山駅」、「東北方面からは宇都宮駅」で下車し、宇都宮線の普通電車に乗り換え)

・お車で来院される場合
国道4号線、新国道4号線で小山市内より約12km、宇都宮市内より約25km

Sponsored Links

東京逓信病院-ステロイドの塗り薬、ベトネベートN軟膏、保湿クリーム、レーザー治療

東京逓信病院

〒102-8798
東京都千代田区富士見 2-14-23
03-5214-7111(代表)
03-5214-7381(予約専用)
・病 院 長 木 村 哲(きむら さとし)

http://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/
(※詳細はご確認ください)


◆初めて外来診療を受けられる方
 当院は全ての診療科で診療予約制を行っております。ご予約なしでご来院された場合は、当日に受診できない場合がありますのであらかじめご了承願います。

※初めて当院を受診される方でも電話でご予約ができます。紹介状をお持ちの方もご予約の上、ご来院ください。

 当院は、他の病院等からの紹介患者さまや救急患者さまで重症・重篤な患者さまを中心に診療する急性期の病院です。他の病院等からの紹介状をお持ちでない初診の患者さまは、緊急、その他やむを得ない事情がある場合を除き、初診料の他に選定療養費(3,150円税込)をご負担していただきますので、ご了承願います。

◆初診時の選定療養費について選定療養費とは、初期の治療は地域の医院・診療所などで、高度・専門医療は病院(200床以上)で行う」という、医療機関の機能分担の推進を目的として厚生労働省により制定された制度です。

◎当院では、病院と診療所の機能分担の推進を図る観点から、次のとおり選定療養費を負担していただくことにしています。

他の保険医療機関等からの紹介によらず、当院に直接来院された方につきましては、初診に係る費用として3150円(消費税込み)をお支払いいただきます。
 ただし、緊急その他やむを得ない事情により、他の保険医療機関等からの紹介によらず来院された場合につきましては、この限りではありません。

◆診療のご予約
 診療予約制は、患者さまの診療待ち時間を少しでも短縮するために行っているものです。患者さまのご理解とご協力をお願いいたします。

1 予約の対象
 初診、再診とも電話(予約センター)、又は中央受付予約窓口(5番窓口)でご予約ができます。紹介状をお持ちの方もご予約の上、ご来院ください。
 再診の予約は次回の診療に限り(診療科ごとに1回限り)可能です。

2 予約センター
(1)電話予約受付時間
    9:00~17:00(土、日、祝日、年末年始を除く)

(2)電話番号
    03-5214-7381

(3)受付開始日時
    予約希望日の3か月前から前日の17時まで

午前中は電話がかかりにくい場合がありますので、あしからずご了承願います。
3 予約の変更・取消し
 予約日時にご来院できない場合は、予約日時の前日(土、日、祝日、年末年始を除く)の17時までに、予約センターへ予約のキャンセル又は変更のご連絡をお願いいたします。
 なお、取消しの場合は、前日の締切後であっても必ずご連絡をお願いいたします。


◆診療科
内分泌・代謝内科 血液内科 神経内科 循環器内科 腎臓内科 消化器内科 呼吸器内科 精神科 一般・消化器外科 呼吸器外科 脳神経外科 整形外科 婦人科 小児科 眼科 皮膚科 形成外科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 救急総合診療科 内視鏡センター 病理科


◇皮膚科
http://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/shinryo/hifu/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

アトピー性皮膚炎に対しては、外用ステロイド剤に対して不安を感じている方にも丁寧に説明を行い、症状に応じて適切な外用薬を選択して長期の症状安定を目指します。入院中の患者さまを中心に、週1回開催している“アトピー教室”も好評です。
光線療法の設備として、2004年からはnarrow-band UVB照射装置も導入され、治療の幅が広がっています。当科は都内でも有数の皮膚科ベッド数を有するため、アトピー性皮膚炎の教育入院(1週間)、乾癬の光線療法入院(約2週間)以外にも、帯状疱疹・丹毒・蜂窩織炎等の入院に迅速に対応可能です。色素レーザー、Qスイッチレーザーの設備があり、各種血管腫、色素性病変のレーザー治療が可能ですが、適応などについては事前に診察が必要です。
-江藤 隆史 皮膚科部長-


◎主な対象疾患:
アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 天疱瘡 類天疱瘡 接触皮膚炎 白癬 薬疹 帯状疱疹 蜂窩織炎 悪性黒色腫 強皮症 結節性痒疹 皮膚良性腫瘍 脱毛症 色素異常症


☆江藤 隆史(えとう たかふみ) 皮膚科部長

1977年東京大学工学部計数工学科卒。
1984年東京大学医学部卒。
東京大学皮膚科助手、ハーバード大学病理学教室研究員、東京大学皮膚科講師・病棟医長を経て、1994年東京逓信病院皮膚科。

・専門分野:
アトピー性皮膚炎、乾癬、悪性黒色腫、水疱症
資 格 等:
日本皮膚科学会認定専門医
日本臨床皮膚科医会副会長
東京大学医学部非常勤講師など


◆交通アクセス:
JR 総武線 飯田橋駅西口から徒歩約5分
地下鉄 東西線 飯田橋駅A4出口から徒歩約9分
有楽町線 飯田橋駅B2a出口から徒歩約6分
南北線 飯田橋駅B2a出口から徒歩約6分
大江戸線 飯田橋駅A4出口から徒歩約9分

Sponsored Links

白血病、リンパ腫、放射線被曝、造血幹細胞移植

自治医科大学附属さいたま医療センター 

〒330-8503
埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847
TEL.048-647-2111(代表)
センター長 川上 正舒

http://www.jichi.ac.jp/center/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初診(受診)について
初診で当センターを受診される皆様には、原則として他の医療機関からの「紹介状」をご持参いただくこととなっております。
なお、過去に受診歴がありましても治癒・中断の後、再度受診される場合又はこれまでと異なる診療科の受診を希望される場合等も初診となり紹介状が必要となります。

診療科によっては、初診専門日や休診日を設けておりますので、来院される前にお電話でご確認いただくようお願いいたします。

当センターでは、中学生以上(12歳以上)の診療を行います。(小児科を除く)。
なお、小児科は中学生以下(15歳以下)を対象とし、小児内科領域の診療を行います。


・時間外受診について
当センターの受付時間は、8時30分から11時までとなっております。緊急の場合は、紹介元医療機関の医師から当センターあてにお電話で受診依頼していただくようお願い申し上げます。

・外来診療日
月曜日~金曜日(祝日を除く)

・診療体制
曜日 月曜日~金曜日
外来診療時間  9:00~17:00
受付時間 8:30~11:00

・休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)・創立記念日(5月14日)

・医療費のお支払い
現金、クレジットカード、デビットカード
(※現金のみ午後4時30分まで)

◆診療科
・内科系診療部
総合診療科 循環器科 消化器科
呼吸器科 内分泌代謝科 血液科
アレルギー・リウマチ科 腎臓科 神経内科
心療内科(休止中) 小児科 放射線科

・外科系診療部
一般・消化器外科 呼吸器外科 心臓血管外科
脳神経外科 整形外科 泌尿器科
耳鼻咽喉科 眼科 産婦人科
皮膚科 リハビリテーション科 麻酔科
歯科口腔外科 - -

・周産期母子医療センター
母体胎児集中治療部 分娩部 新生児集中治療部
新生児発達部

・中央診療部
中央手術部 救急部 集中治療部
麻酔部 中央放射線部 リハビリテーション部
(リハビリテーション科)
病理部 臨床検査部 輸血部
透析部 内視鏡部 栄養部
臨床工学部 脳ドック部 治験事務室
医療情報部



◇血液科
http://www.jichi.ac.jp/center/n_blood/syokai.html#staff
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎一般の方および患者のみなさまへ:

埼玉県は血液の病気の診療を行っている病院が少なく、数多くの患者さんが東京の病院への通院、入院を余儀なくされてきました。特に骨髄移植などの造血幹細胞移植については、人口100万人あたりの移植施設数が日本の都道府県の中で最も少ない県ということで、患者さんはご不便を感じていらっしゃったと思います。しかし平成19年4月に自治医科大学附属さいたま医療センターに造血幹細胞移植の豊富な診療経験をもつ医師を含む数名のスタッフが増員され、自家移植、HLA適合血縁者間移植、骨髄バンクを介した非血縁者間移植、さい帯血バンクを介した臍帯血移植、さらにはHLAが適合するドナーがいない患者さんのためにHLA不適合移植(ミスマッチ移植)も行うことができるようになりました。現在は平均して月に4~5件の造血幹細胞移植を行っています。
もちろん、これまで通り、白血病やリンパ腫に対する化学療法、再生不良性貧血に対する免疫抑制療法などの診療も万全の体制で行っています。また、病気を治すということだけを目標とするのではなく、若い患者さんのための不妊対策など、長期的なQuality of life(生活の質)を高くするための様々な工夫を行っています。いろいろな選択肢がありますので、患者さんおよびご家族と対話をしながら治療の方向性を一緒に考えていきたいと思います。いつでもお気軽にご相談ください。 (病状によってはお近くの医療機関へ紹介させていただくことがあります。より多くの患者さんが適切な医療を受けられるように、ご協力をお願いいたします。)

http://www.jichi.ac.jp/saitama-sct/
(※造血幹細胞移植に関する詳細については上記リンク先をごらんください)



☆神田 善伸 教授 科長

東京大学医学部卒
同大病院内科研修医。97年東大大学院修了。JR東京総合病院,都立駒込病院,国立国際医療センター,国立がんセンターなどを経て,2005年東大病院血液・腫瘍内科講師。
自治医科大学附属さいたま医療センター教授 科長。
 
・得意分野
造血幹細胞移植、化学療法


◇交通アクセス
バスで来院の方:
大宮駅「東口」から、国際興業バスをご利用ください。(片道:190円)

1)平日朝7時12分から17時48分までは、下記のバスが便利です。

のりば 系統番号 行き先 下車
4番 大11 自治医大医療センター行き 終点(自治医大医療センター)

所要時間:10分、約15分毎に往復運転。センター敷地内まで入ります。

2)下記の便もご利用になれます。
所要時間:10分。下車後、バス停から徒歩1分です。

のりば 系統番号 行き先 下車
7番 02-2 浦和学院高校行き
(新道・大宮医療センター経由) 自治医大医療センター入口
7番 04-2 大谷県営住宅行き
(新道・大宮医療センター経由) 自治医大医療センター

タクシーで来院の方:
大宮駅「東口」のタクシー乗り場をご利用ください。所要時間は約8分、普通車でおおよそ1,000円ぐらいになります。

お車で来院の方:
当センターは通称「見沼たんぼ」といわれる自然環境保護地域に位置していることから、施設等の整備には多くの制限を受けております。
駐車場は台数が限られておりますので、できるだけ公共の交通機関をご利用くださるようお願いいたします。

ご利用時間:
24時間ご利用になれます。
~30分       0円   
30分~2時間  100円 
2時間~3時間 200円
※3時間以後、超過1時間ごとに100円加算。


Sponsored Links

軽度外傷性脳損傷、脊髄病、鞭打ち損傷

●湖南病院・とき田クリニック

湖南病院
茨城県下妻市長塚48-1  
TEL: 0296-44-2556
・院長 石橋徹

●とき田クリニック
茨城県下妻市長塚28-1 
TEL: 0296-44-3232


http://www.konanhsp.com/
(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)


外来受診はとき田クリニックになります。
時間外・夜間・休日など緊急を要する場合は湖南病院までお電話下さい。

●湖南病院     TEL: 0296-44-2556

●とき田クリニック TEL: 0296-44-3232

◎とき田クリニック受診の流れ
・初診の患者様は、とき田クリニック1階受付にて問診票を記入し保険証をお出し下さい。 

・他院からの紹介状をお持ちの方も、とき田クリニック受付にて保険証と紹介状を一緒に
 お出し下さい。

・再診の患者様は、診察券を受付までお出し下さい。
  ↓
   
・診察(各診察受付にカルテを出して下さい。)
  ↓
   
・診察後、入院加療が必要な患者様は湖南病院へ入院となります。

・後日入院予約の患者様は、湖南病院1階受付にて入院説明をお受け下さい 。


・受診時に健康保険証・後期高齢者医療被保険者証・高齢受給者証・公費受給者証等は
 お忘れなくお持ち下さい。
 ご不明な点がございましたら受付または職員にお尋ね下さい。

一般外来診療時間
●午前9:00~12:00
●午後2:00~5:30

夜間外来
●午後6:00~7:00(月曜から金曜日)

 【ご注意】  
診察科により時間がことなる場合がございます。


◆診療科目
整形外科 内科 外科 形成外科 脳神経外科 泌尿器科 皮膚科 褥瘡外来 消化器外来 胃瘻外来 乳腺外来 内視鏡/放射線


☆石橋 徹 院長

慶応義塾大学 卒業
慶応義塾大学整形外科学教室入局
国立栃木病院
東京都立大塚病院
独立行政法人国立病院機構東京医療センター等に勤務
平成17年1月湖南病院勤務(院長)
平成20年7月湖南病院名誉院長

資格・専門分野
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎・脊髄病医
日本整形外科学会リウマチ医

・コメント(以下一部抜粋)
http://www.konanhsp.com/doctor/dr_ishibashi.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

現在、軽度外傷性脳損傷の被災者の救済に力を入れている。本邦では「鞭打ち損傷は頚椎の疾患である」という考えを持つ医師が多い。ところが、鞭打ち損傷では頚椎が異常な動きをして脳に負担を掛けるために、軽度外傷性脳損傷mild traumatic brain injury(mildTBI)という脳の病気が起こることがある。この病気は毎年世界で1000万人が罹ると推定されるほど頻度の高い病気であるが、本邦では殆ど注目されておらず、知られていない。本邦では、この病気の被災者は、通常の鞭打ち損傷と診断されて脳障害は見過ごされやすい。この病気の究極の治療法は再生医療であるが、現在この病気のために家庭復帰や社会復帰が出来ない方々に対して医療と福祉の両面から支援が必要である。軽度外傷性脳損傷は、脳の中で軸索と呼ばれる神経線維があちこちで機能しなくなり、脳の中で一種の停電が起こることであり、それによって起こる症状は、記憶力や理解力が衰えたり、根気がなく、怒りっぽくなったり、失神や痙攣発作が起きたり、脳神経が麻痺して臭いや味が分からなくなったり、目が見え難くなったり、耳が聞こえ難くなったり、手足の運動や感覚が麻痺して、箸が使い難くなったり、歩き難くなったりと様々である。さらに排尿や排便にも支障を来すことがあり、社会生活へ影響してくる。・・


◇交通アクセス
交通案内
●湖南病院
茨城県下妻市長塚48-1  
TEL: 0296-44-2556

●とき田クリニック
茨城県下妻市長塚28-1 
TEL: 0296-44-3232

◇交通アクセス

◆駐車場完備
第1駐車場から第6駐車場を用意しています。

◆市内循環送迎バス、各方面送迎バスを併せてご利用ください。
ルートはページの左側に出ています。

午後の無料送迎バス
ご自宅前まで送迎いたします。

■ご利用可能な地域: 下妻市・常総市(石下町)・築西市(明野町・関城町)・八千代町近辺
■ご利用方法: 予約制にて運行しておりますので1週間前までに下記へご連絡下さい。
■ご連絡先: 0296-44-3232
※午前の送迎バスは決まったルートにて運行いたしております。
※ご不明な点がありましたらお近くの事務員までお問い合わせ下さい。

Sponsored Links

脳神経外科-脳血管障害、良性脳腫瘍、頭蓋底疾患

杏林大学医学部附属病院

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL 0422-47-5511
・病院長 甲能直幸 (こうの なおゆき)

http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/index.shtml
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


◇はじめての受診の方へ
他の医療機関からの紹介で初診の予約ができます。
(紹介元医療機関からの直接予約申込みとなります)

診療受付時間
平日
8時45分~12時00分

土曜
8時45分~11時00分


・他の保険医療機関から規定の紹介状を持参せずに当院に直接来院された患者さんについては、病院の初診に関する基準により、初診料とは別に病床数が200床以上の病院について受けた初診として、3,000円と消費税150円をお支払いいただきます。
ただし、緊急その他やむを得ない事情により、他の保険医療機関等からの紹介によらず来院された場合にあっては、この限りではございません。


◆診療部門のご案内
・内科
呼吸器内科
リウマチ膠原病内科
腎臓内科
神経内科
循環器内科
血液内科
消化器内科
糖尿病・内分泌・代謝内科
感染症科
高齢診療科
腫瘍内科

・外科
消化器・一般外科
呼吸器・甲状腺外科
乳腺外科
小児外科
脳神経外科
心臓血管外科
整形外科
形成外科・美容外科
泌尿器科
眼科(アイセンター)
耳鼻咽喉科・頭頸科
顎口腔外科
産・婦人科
救急科

・内科・外科以外の診療科
精神神経科
小児科
皮膚科
放射線科
麻酔科(ペインクリニック)
リハビリテーション科

・外来センター
不整脈センター
脊椎・脊髄外科センター
摂食嚥下センター

・中央診療部門(センター・室)
高度救命救急センター
臓器・組織移植センター
熱傷センター
総合周産期母子医療センター
腎・透析センター
集中治療室
健康医学センター
がんセンター
脳卒中センター
もの忘れセンター
造血細胞治療センター
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


■脳神経外科

◇取り扱っている主な疾患
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/surgery05/center.shtml
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

1.脳血管障害:以下の疾患に対して、本邦屈指の高度救命救急センター、脳卒中センターにおいて開頭術、血管内手術、神経内視鏡手術など、病態に応じた最適の治療を実践している。
くも膜下出血(破裂脳動脈瘤)、脳内出血、脳動静脈奇形、もやもや病
未破裂脳動脈瘤、慢性脳虚血疾患(主幹動脈閉塞・狭窄症)
2. 脳腫瘍:以下の疾患に対して開頭術(神経モニタリング、ナビゲーション、覚醒下手術、生体腫瘍染色など)による摘出と、腫瘍の遺伝子解析で判明した薬剤感受性に応じた化学療法や放射線治療(定位的放射線手術、全脳照射)を併用する集学的治療を行っている。
①良性腫瘍:聴神経鞘腫、下垂体腫瘍、髄膜腫
②悪性腫瘍:神経膠腫、神経膠芽腫、転移性脳腫瘍、悪性リンパ腫など
③悪性腫瘍に対しての化学療法;脳腫瘍に対する入院化学療法は化学療法専門病棟にて施行している。入院を要さない化学療法(短時間で終了する抗癌剤注射や 内服化学療法など)は、外来棟化学療法室での日帰り化学療法を施行している。現在、脳腫瘍に対する化学療法として院内登録しているプロトコールは23種類 に達している。
3. 機能脳神経外科
片側顔面痙攣、三叉神経痛
4. 外傷
急性硬膜外・硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫など


☆塩川 芳昭(しおかわ よしあき)教授

東京大学医学部卒
留学経験Lund大学(Sweden) 平成元年
Karolinska研究所 平成3年
・取得資格
日本脳神経外科 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本頭痛学会 専門医
死体解剖資格
医学博士(東京大学)

・所属学会
日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会

・専門分野
脳血管障害、良性脳腫瘍、頭蓋底疾患
紹介を希望する疾患
脳血管障害、良性脳腫瘍、頭蓋底疾患

・患者様へのメッセージ
脳の病気は、病状の軽いときこそ積極的な治療が有効です。


◇交通アクセス
電車と小田急バスで来院される方JR中央線 三鷹駅南口 <約20分>のりば7:仙川行、晃華学園東行、新川団地中央行 → 「杏林大学病院前」バス停下車
のりば8:野ヶ谷行 → 「杏林大学病院入口」バス停下車 バス停表示

JR中央線・京王井ノ頭線 吉祥寺駅南口 <約20分>のりば6:野ヶ谷行、深大寺行 → 「杏林大学病院入口」バス停下車
のりば6:調布駅北口行( 杏林経由 )→「杏林大学病院前」バス停下車
のりば7:仙川行、新川団地行、杏林大学病院前行 →「杏林大学病院前」バス停下車 バス停表示

京王線 仙川駅 <約15分>のりば1:吉祥寺駅中央口行、三鷹駅行 →「杏林大学病院前」バス停下車 バス停表示

京王線 調布駅北口 <約25分>のりば13:吉祥寺行(杏林経由)→「杏林大学病院前」バス停下車
のりば14:杏林大学病院行(京王バス)→「杏林大学病院」バス停下車 バス停表示

三鷹コミュニティバスで来院される方京王井の頭線 三鷹台駅 <約15分>三鷹駅行「杏林大学病院前」下車。 バス停表示

タクシーで来院される方JR三鷹駅南口、 JR吉祥寺駅中央口、京王線調布駅北口、京王線つつじヶ丘北口下車

お車で来院される方駐車場有料 約300台収容

Sponsored Links

脳卒中、脳血管障害、脳動脈瘤、くも膜下出血、脳梗塞

東京都立 多摩総合医療センター

〒183-8524 
東京都府中市武蔵台2-8-29 
TEL(042)323-5111(代)
・院長 青木信彦

http://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初診のご案内
初診・再診とも予約診療を原則としています。
受診される方は、事前に予約センターへお電話いただき、ご希望の診療科にご予約ください。
今かかっている医療機関の診療情報提供書(紹介状)をお持ちいただくようお願いします。
名刺や検査結果のみでは、診療情報提供書の代わりにはなりません。ご了承ください。

・他の病院、診療所の先生からの紹介状をお持ちでない方は、1,300 円の特定療養費が必要になります。

・初診の方は、予約時間の30分前までにお越し下さい。
「診療受付(1番窓口)」で、手続きを行ってください。

◎初診・再診とも予約診療を原則としています。

◆診療科
総合内科
腎臓内科
消化器内科
内分泌代謝内科
血液内科
脳神経内科
呼吸器内科
循環器内科
精神科
外科
乳腺外科
呼吸器外科(胸部外科)
心臓血管外科
整形外科
脳神経外科
形成外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
リウマチ膠原病科
リハビリテーション科
診療放射線科
麻酔科
歯科口腔外科
女性専用外来
東京ER・多摩(総合)
検査科
薬剤科
栄養科
臨床工学室
治験事務局
外来化学療法センター


◇脳神経外科
http://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/medical/noushinke_geka.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

一般外来は、月曜から金曜の毎日午前中に、基本的に予約制で行っています。ご予約の患者様は直接当院予約センターに電話してください。また、地域の各病院、医院と重点的な、医療連携体制をとっており、急を要する場合や、あるいは、脳動脈瘤、頸部頸動脈狭窄、脳腫瘍などすでに具体的な診断がついていて当科で治療の相談を早めにご希望の患者様の場合も、主治医の先生から直接病院電話交換(TEL 042-323-5111 )までお電話いただければ、担当脳外科医が個別に対応いたします。

○当脳神経外科で扱う疾患:
ー脳ー
脳血管障害、脳卒中
くも膜下出血と脳動脈瘤
脳梗塞を含む脳虚血疾患
脳腫瘍 (良性、悪性)
機能外科 三叉神経痛、顔面痙攀
頭部外傷
中枢神経感染症  脳膿瘍 


以上のような疾患を扱っており、症状としては、意識障害、てんかん発作、視力、視野障害、眼球運動障害(物が二重に見える)、内分泌異常、片側聴力障害、四肢運動・知覚障害、歩行障害、言語障害、失見当識障害などのある場合、及び脳ドック等のCT、 MRI、MRA上で異常を指摘された場合が、脳神経外科の対象となる可能性があります。

○主な医療設備
高性能手術用顕微鏡 2台、ICGビデオグラフィ、ロードマップ機能付きDSA装置、MRI (3テスラ) ,ヘリカルCT, SPECT、誘発電位記録装置、カラードップラー
手術ナビゲーションシステム


☆水谷 徹 (みずたに とおる)部長

東京大学医学部卒
脳動脈瘤の治療
頚部頚動脈狭窄の治療
脳神経外科全般、
特に脳血管障害(脳動脈瘤クリッピング術、頚動脈内膜はくり術、解離性脳動脈瘤の治療、血管バイパス術他)
・研究分野:
脳血管の原理(特に解離性脳動脈瘤)

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医


※脳卒中は脳血管障害の総称で、出血性疾患(脳動脈瘤、くも膜下出血など)と、脳虚血性疾患(脳梗塞など)
の2タイプがあります。
多摩総合医療センターの脳神経外科は両方を扱っているのが特徴です。


◇交通アクセス
●電車
JR中央線 西国分寺駅 徒歩15分
JR武蔵野線 西国分寺駅 徒歩15分
●バス
【西国01】 西国分寺駅 ←約5分→ 総合医療センター
【寺85】 国分寺駅南口(3番のりば) ←約10分→ 総合医療センター
【国03・府21】 京王線府中駅(4番のりば) ←約20分→ 総合医療センター
   東京都立 多摩総合医療センター・東芝前経由
   ※8時~19時までは病院敷地内「総合医療センター」下車すぐ
     それ以外の時間帯は「武蔵台二丁目」下車 徒歩3分
【国03】 国立駅南口(5番のりば) ←約10分→ 総合医療センター
   ※8時~19時までは病院敷地内「総合医療センター」下車すぐ
     それ以外の時間帯は「武蔵台二丁目」下車 徒歩3分
【西府01】西府駅 ←約20分→ 総合医療センター

●駐車場のご案内
駐車場は3箇所ございます。
■駐車台数
  564台(3箇所合計)
http://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/center/access.html
(※駐車料金ほか詳細は上記リンク先にてご確認ください)

Sponsored Links

糖尿病、膠原病、 内分泌、消化器内科

旭川医科大学病院

〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
TEL:0166-65-2111
・病院長 松野 丈夫

http://www.asahikawa-med.ac.jp/index_h.php
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇正面玄関について

正面玄関のご利用は7:00(土・日・祝日は8:30)~19:30です。
それ以外の時間は1階の時間外玄関をご利用ください。

◇外来診療受付時間
平日午前8:30~午後0:00

◎初診の際、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合には、健康保険の初診料とは別に初診時負担額として、2,625円(税込)をいただいております。


◆診療科
1階

眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
小児科・思春期科
新生児科
脳神経外科
精神科神経科
歯科口腔外科
総合診療部

2階(玄関ホール)

消化器内科
消化器外科・一般外科
呼吸器外科
乳腺内分泌外科
小児外科
循環器内科
腎臓内科
呼吸器内科
神経内科
心臓外科
血管外科
糖尿病内科
膠原病内科
内分泌内科
血液・腫瘍内科
麻酔科蘇生科
ペインクリニック・緩和ケア科

3階
整形外科
泌尿器科
皮膚科
周産母子科(産科)
女性医学科(婦人科・生殖医学科)
放射線科


◇第二内科
├ 糖尿病内科
├ 膠原病内科
├ 内分泌内科
└ 消化器内科

◎糖尿病内科

○診療内容

糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドローム、高尿酸血症、肥満症
http://www.asahikawa-med.ac.jp/index_h.php?f=hospital+patient+shinryo_2naika
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・糖尿病
糖尿病は代表的な生活習慣病の一つであり、今も年々増加の一途をたどっています。厚生労働省の2007年国民健康・栄養調査によると、我が国における糖尿病が強く疑われる人は890万人、可能性が否定できない「予備軍」を合わせると2210万人であると報告されています。
糖尿病は初期には自覚症状に乏しいことが多く、長い期間放置していたり、血糖コントロールが不良であると、さまざまな血管合併症を引き起こすのが特徴です。神経障害、腎症、網膜症が糖尿病の三大合併症といわれています。網膜症は成人失明原因の第2位であり、腎症は透析導入原因の第1位です。さらに、足壊疽・脳梗塞・心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の発症頻度も糖尿病患者さんでは明らかに増加しています。

http://www.asahikawa-med.ac.jp/index_h.php?f=hospital+patient+shinryo_2naika
(※上記は一部抜粋です。詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・脂質異常症:
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・膠原病内科
診療内容:

リウマチ・膠原病
(関節リウマチ、強皮症、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、血管炎症候群、混合結合組織病、ベーチェット病、シェーグレン症候群など)

・内分泌内科
診療内容:

甲状腺疾患、下垂体疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患、カルシウム・リン代謝異常、骨粗鬆症

・消化器内科
診療内容:

肝臓(肝癌、ウイルス性肝疾患、自己免疫性肝疾患、代謝性肝疾患など)
胆道(胆道癌、胆道感染症、胆石破砕術、閉塞性黄疸など)
膵臓(膵癌、膵炎など)


☆羽田 勝計(ハネダ マサカズ ) 診療科長
・大阪大学 医学部卒
・受賞学術賞  日本糖尿病学会学会賞 (1995、国内)
・所属学会(6件)
日本内科学会
(国内)
日本糖尿病学会
(評議員 国内)
日本内分泌学会
(評議員 国内)
日本腎臓学会
(評議員 1993- 国内)
American Diabetes Association
(国外)


◇交通アクセス
http://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=access+index
(※下記は一部です。詳細は上記リンク先にてご確認ください)

旭川駅からのアクセス

旭川電気軌道バス

・医大病院前(行き先)
乗り場:駅前緑橋通り 5番
71番(バス系統)
約33分
270円
・医大病院前(行き先)
乗り場:1条通7丁目 12番
80・81番(バス系統)
約28分
270円

タクシー
旭川駅から所要時間約15分:料金約2,600円
※行き先を医大病院または医大と告げて下さい。


Sponsored Links

女性医師を選べる女性専門クリニックー産婦人科・麻酔科ー

西新宿レディースクリニック

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー32階
TEL 03-3340-1971(痛くない)まで

http://www.1971fujinka.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎当産婦人科(婦人科)には女医が多数在籍しております。
http://www.1971fujinka.jp/scedule_doctor/index2.php#01
(※スタッフの詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎当院では、患者さまの不安な気持ちを少しでもやわらげるため、コミュニケーションの時間を大切にしています。 医師がお悩みをうかがいながら、患者さまにとって最善の解決策を見つけてまいります。 また、当クリニックの産科婦人科は多数の女医が勤務し、女性のお悩みをうかがっています。
女性医師の希望も可能(※)ですので、お気軽にご相談ください。


●社会保険、国民保険が使用できます。医療証については、取扱できないものもございますので、お手数ですが電話にてお問い合わせください。

●区の検診割引対象や、生活保護者関係の医療割引などは取り扱っておりません。

●保険証を持参できない場合(家に忘れた。会社の手続きが長引いてまだ自分の手元に保険証が届いていない。など)の返金について

※本来、受診される内容では保険が利くものと利かないもの(自費)に分かれています。保険が利くものに関して、受診当日保険証を持参されていない場合は、患者さまの負担金(支払い金額)が100%となります。後日、受診された同月以内に、保険証の原本と領収書を持参されますと、70%(本来の保険負担金)が返金されます。但し、保険に加入されていない場合や切り替えで資格取得日が受診日に含まれない場合など、返金ができないケースもありますので、詳しくは受付にお問い合わせください。


◇診察時間
電話予約時間 8:30~20:00 / 診療時間 9:30~19:00

※平日ご来院が出来ないかたやお昼にご来院が難しいかたもご安心してご予約ください。
当クリニックでは、土曜日、日曜日、祝日そして夜間も診療・手術ともに対応しております。


◆診療科

産婦人科・麻酔科

◆診療一覧
・中絶手術
・避妊(ピル・リング)
・アフターピル
・性病
・膀胱炎

◇検診
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・婦人科がん検診
・子宮頸がん予防ワクチン

◇お悩み・症状
・かゆみ
・おりものの色・量
・生理不順
・生理通
・不正出血
・腹痛


◇交通アクセス
・JR新宿駅西口から 徒歩8分
・東京メトロ丸の内線 西新宿駅から 徒歩30秒
・都営大江戸線 都庁前駅A7番出口より 徒歩6分

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle