市立甲府病院

市立甲府病院

〒400-0832
山梨県甲府市増坪町366番地
電 話: 055-244-1111

http://www.city.kofu.yamanashi.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


★ 診療受付時間

午前8時30分~午前11時(救急患者さんはこの限りではありません)

★ 初めて来院された方

1番の総合案内で症状等の相談をしていただき、受診科を決めます。
「診察申込書」の記入と「保険証・老人受給者証」などの提出をお願いします。
2番の初診受付で作成した「カルテ・受付票・診察券」を診察科の受付に提出してください。
(他の医療機関からの紹介で予約された方も同様の手続きをしてください。)

★ 初めての科を受診される方(他の科で受診されたことがある場合)

3番の再診受付で受診手続きをし、「カルテ・受付票・診察券」を診察科の受付に提出してください。

★ 予約診察の方

直接、診察科の受付に「診察券」を提出してください。

★ 予約外の再診の方(6ヶ月以内)

自動再診受付機で受付し、「診察券」を診察科の受付に提出してください。

★ 予約外の再診の方(6ヶ月以上または診察券を忘れた場合)

3番の再診受付で受診手続きをし、「診察券」または「仮診察券」を診察科の受付に提出してください。

★ 休診日
土曜日・日曜日・祝日・
年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)


★ 診療科目

内科 ・ 呼吸器内科 ・ 循環器内科 ・ 腎臓内科 ・ 内分泌内科 ・ 糖尿病内科 ・ 精神科(休診中) ・ 神経内科 ・ 小児科 ・ 外科 ・ 消化器外科 ・ 乳腺外科 ・ 内分泌外科 ・ 呼吸器外科 ・ 整形外科 ・ 形成外科 ・ 脳神経外科 ・ 皮膚科 ・ 泌尿器科 ・ 産婦人科 ・ 眼科 ・ 耳鼻咽喉科 ・ リハビリテーション科 ・ 放射線診断科 ・ 放射線治療科 ・ 病理診断科 ・ 麻酔科 ・ 歯科口腔外科


☆前川 慎吾(まえかわ しんご)
整形外科部長
日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医


◇交通アクセス
■ 山梨交通バス
甲府駅~市立甲府病院
(所要時間約25分)
■ 市立甲府病院専用直営バス
旧市立甲府病院~市立甲府病院
(所要時間約15分)


Sponsored Links

「脊椎内視鏡下手術・技術認定医」-整形外科、脊椎・脊髄疾患、しびれ、ほか

◆「日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医名簿
(※詳細は、下記リンク先にてご確認ください)
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/vertebra.html


和歌山県立医科大学附属病院
〒641-8510
和歌山市紀三井寺811番地1
電話(代表) 073-447-2300
・病院長 岡村吉隆

http://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇外来受付時間
・受付時間 午前8時50分~午前11時30分
・予約のある方は指定時間(予約票の記載時間)
・休診日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
当院は原則予約制とさせていただいております。

◇予約をされていない方
・紹介状をお持ちでない方

1.受診される診療科がわからないときは、正面玄関入ってすぐの総合案内でご相談下さい。
2.総合受付③④番窓口(新患受付)に設置しています新患受付番号カード発行機(稼働時間8:30~11:30)で新患番号受付番号票をお取りの上、診療申込書に必要事項をご記入下さい。

3.受付番号をお呼びしましたら、診療申込書、保険証などを添えて、総合受付③④番窓口(新患受付)に提出して下さい。

4.手続きが終わりましたらクリアファイルに診察券などをはさんでお渡ししますので、受診される診療科受付へ提出してください。
5.ほかの医療機関からの紹介状をお持ちでない方は、初診に係る費用として、1,850円を別途ご負担いただきますので、ご了承ください。


◆診療科
糖尿病・内分泌代謝内科消化器内科呼吸器・アレルギー内科循環器内科血液内科神経内科小児科神経精神科皮膚科放射線科心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科消化器外科・内分泌・小児外科脳神経外科整形外科リハビリテーション科麻酔科産科・婦人科泌尿器科耳鼻咽喉科・頭頸部外科眼科歯科口腔外科腎臓内科・血液浄化センター


◇整形外科
http://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/shinryo/orthopedic/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・診療内容
整形外科は四肢・体幹の運動器、感覚器の障害を治療する診療科です。
具体的には脊椎・脊髄疾患、脊柱変形、関節疾患、骨・軟部腫瘍、手の障害、骨折・脱臼、慢性関節リウマチ、骨粗鬆症などを治療対象としています。
また治療の機会が増加しつづけている重度の脊椎・脊髄損傷や骨折、外傷にも救命救急センターとの連携のもと積極的に対応しています。
研究・教育面では低侵襲手術の研究・開発に力を注ぎ、理論に根ざした高い技術を有する整形外科医の育成に努めています。

・診療の特色、得意とする治療
当科では多岐にわたる運動器疾患に対応できるよう、脊椎・脊髄外科、スポーツ・関節外科、骨・軟部腫瘍外科、手の外科、小児整形外科の各分野に専門スタッフを配置しています。特に脊椎の内視鏡手術については教授の吉田宗人が国内トップクラス(1999年-2009年で2700例以上)の手術実績を有しており、和歌山県外からも多数の患者様が治療に訪れています。

・専門分野
脊椎・脊髄疾患、側湾症、骨関節外傷、関節疾患、小児整形外科、骨軟部腫瘍、麻痺・再建、リウマチ、骨粗鬆症、スポーツ整形外科


☆吉田宗人(むねひと) 教授
脊椎脊髄外科
スポーツ整形外科

一般整形外科 日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎内視鏡下手術・技術認定医


◇交通アクセス
JR紀勢本線紀三井寺駅下車 徒歩約8分
和歌山バス「医大病院停留所」(病院敷地内)もしくは「医大病院前停留所」(病院前の国道沿い)下車すぐ


Sponsored Links

整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)-頚椎症、椎間板ヘルニア

横浜市立みなと赤十字病院

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号
代表電話番号:045-628-6100

・院長 四宮謙一

http://www.yokohama.jrc.or.jp/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◆紹介状(診療情報提供書)ご持参のお願い

•当院では初診の際、かかりつけの地域診療所・病院からの紹介状(診療情報提供書)のご持参を推進しております。
また、下記診療科では、初診時に紹介状(診療情報提供書)をお持ちいただくことを受診の要件としております。
   循環器科・産婦人科
現在紹介状をお持の方はおたずねください。
•紹介状(診療情報提供書)をお持ちいただくと、初診時 保険外併用療養費(選定療養)が不要になります。
•各診療科とも、手術・検査の曜日を設定しており、その曜日は原則として休診となります。
詳しくは、各診療科の外来診療予定表をご覧ください。

◆受付時間
午前8時15分~午前11時

1. 新患(紹介状をお持ちでない場合)の受付は、午前8時30分からになります。
2. 午後の一般診療のある科は、8時30分~15時まで受付ができます。
3. 予約がある場合は、その時間までに受付してください。

◆診療時間
午前9時から

◆休診日
・ 土曜日、日曜日
・ 国民の祝日に関する法律に規定する休日
・ 1月2日、1月3日および12月29日から12月31日まで

◆クレジットカード利用実施のお知らせ
当院では、ご利用者の利便性の向上を図るため、医療費のクレジットカードによる納付の取扱いを行っています。

◇ご利用いただけるクレジットカード
JCB AMERICANEXPRESS VISA MasterCard UC DC


◆診療科
http://www.yokohama.jrc.or.jp/medical_part/medical.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

内科 呼吸器科 消化器科 (消化器内科、肝・胆・膵内科)
循環器科 神経内科 小児科
外科 (乳腺外科、食道・胃外科、大腸外科、肝・胆・膵外科) 整形外科 (整形・脊椎外科、整形・関節外科) 形成外科
脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科
皮膚科 泌尿器科 産婦人科
眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科
精神科 放射線科 麻酔科
歯科口腔外科 ぜん息・アレルギー科 緩和ケア
救急部 集中治療部 健診センター



整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)専門分野 整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)外来担当表 整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)紹介文 整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科)医師紹介

◇整形外科の特色
整形外科が対象としている疾患は、小児の生まれつきの疾患から青壮年のスポーツ外傷を含めた外傷、高齢者の加齢性変化による疾患までにおよび、多種多彩な疾患を対象としております。また同時に、疾患の部位によっても多岐にわたっており、全般的に整形外科疾患に対応できるだけでなく高度な専門性が必要です。
 横浜市立みなと赤十字病院整形外科では、この様な多岐にわたる疾患すべてに対応できるだけでなく、脊椎疾患、上肢・手の疾患、下肢関節疾患、スポーツ外傷、外傷全般においてそれぞれ高度な専門性を有する医師が診療にあたっており、すべての分野において高度な医療を提供しています。
当科で主に行っている手術には骨折手術(脊椎、上肢、下肢)、脊椎手術(頚椎 腰椎の除圧術、固定術)、椎間板ヘルニア摘出術、人工関節置換術(膝関節、股関節)、前十字靭帯再建術、半月板切除術、肩腱板縫合術、肩脱臼制動術、手根管手術などがあります。

当科での手術件数は平成17年度が561件 平成18年度が784件 平成19年度が804件となっています。

外来受診は紹介状がなくても出来ますが、紹介状をお持ちの患者さんは電話でも専門分野の医師の予約をとることが出来、診察がスムーズにすすみます。


☆小森博達 副院長
東京医科歯科大学卒
・専門分野
脊椎・脊髄疾患
腰椎椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
頚髄症
脊髄腫瘍
・専門医、認定医、指導医
整形外科専門医
脊髄脊髄病学会外科指導医
整形外科学会脊椎脊髄病認定医


◇交通アクセス
お車をご利用の場合:

•首都高速横羽線・首都高速狩場線を利用:新山下ランプを降り、3つ目の信号を右折
•ベイブリッジを利用:新山下ランプを降り、1つ目の信号をUターンし、2つ目の信号を右折

交通機関をご利用の場合:
みなと赤十字病院着
•市営バス58子系統(磯子~みなと赤十字病院)
•市営バス2系統(港南車庫~上大岡駅~みなと赤十字病院)
•フジエクスプレス134系統(桜木町~みなと赤十字病院~本牧元町循環)
みなと赤十字病院入口着

•横浜駅、桜木町駅から市営バス8、26、58、148(急行)系統「みなと赤十字病院入口」下車徒歩3分 (所要時間:横浜駅から約30分 急行利用約20分、桜木町駅から約20分 急行利用約15分)
•磯子駅・根岸駅から市営バス58系統「みなと赤十字病院入口」下車徒歩3分 (所要時間:磯子駅から約30分、根岸駅から約20分)


Sponsored Links

そううつ病=双極性障害の治療指針まとめー安定薬「リチウム」推奨

東京女子医科大学東医療センター

〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
TEL:03-3810-1111
FAX:03-3894-0282
・病院長 大塚邦明

http://www.twmu.ac.jp/DNH/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初診の受付
初診の受付は、午前8時20分から外来棟(青い建物)の1階、初診受付窓口で行います。 他の診療所、病院からの紹介状をお持ちの方は、診察申込書、保険証と一緒に受付へお出しください。 紹介状をお持ちでない方は医療費とは別に、初診時に3150円をご負担していただくこととなります。
 なお、精神科・整形外科・耳鼻咽喉科の初診受付は完全予約制となっております。
(*詳しくは各診療科案内ページよりご参照下さい)


◇外来受付時間・休診日のご案内
■月曜~金曜
 午前  8:20~11:00
 午後  11:30~14:30 (特殊外来)
■土曜日 午前  8:20~11:00
※但し、自動再来受付機を利用される再診の方は7:00から受付しております。
※午後の診療につきましては、各診療科におきまして予約外来及び専門外来となっておりますので、各診療科及び初診受付にてご確認ください。
尚、緊急を要する方は初診受付にお申し出ください。
休診日/日曜日、第3土曜日、祭日(振替休日)
本学創立記念日:12月5日(当日が日曜日の場合は、翌日)
年末・年始:12月30日~1月4日


◆診療科案内

内科 精神科(旧心の医療科)
小児科 外科   乳腺診療部
整形外科 リウマチ科 形成外科
脳神経外科 心臓血管外科・呼吸器外科
皮膚科 泌尿器科
産婦人科 周産期新生児診療部・新生児科
眼科 耳鼻咽喉科
放射線科 麻酔科 ペインクリニック
歯科口腔外科 救急医療科
リハビリテーション部 検査科・光学診療部
在宅医療部 血液浄化部
輸血部 病院病理科
性差医療部 総合診療部
骨盤底機能再建診療部


◇精神科 (旧心の医療科)
部長代行 山田和男准教授

「ストレス社会」ともよばれる現代社会において、近年、うつ病やパニック障害などの精神疾患にかかってしまう方が増えています。精神科では、このような患者様のご来院・ご紹介をお待ちしております。

●外来受診を希望の患者様への大切なお知らせ●
外来待ち時間短縮のため、新規患者様・再来(2度目からの診察)の全ての患者様の診察が予定診察制になりますので、ご了承下さい。新規の患者様で紹介状をお持ちの方も、必ず予約をお取り下さい。なお、6ヶ月間以上、受診されていない患者様は、新規の扱いとなります。再診で予約のない患者様は、待ち時間が長くなります。なお、外来予約は精神科外来受付、または電話にて承ります。
電話 03-3810-1111 内線:3451
電話受付時間 平日 9:00~15:00

◎診療科の紹介
診療科の構成 精神科
特徴および特色 当科の診療の対象は、うつ病、パニック障害、社交不安障害、不眠症、PMDD(月経前不快気分障害)、身体表現性障害、認知症などの精神疾患です。薬物療法を中心とした治療を行っております。また、PMDD(月経前不快気分障害)、OFP(口腔顔面痛)、女性更年期、不安障害などの特殊外来も行っております。当科は外来のみで、精神科ベッドはありませんので、自殺の可能性があるというような、入院が必要な患者様はお受けできません。また、薬物・アルコール依存症のプログラムや精神科デイケアなどの社会療法も行っておりませんので、これらのプログラムを必要とする薬物・アルコール依存症の患者様や、精神科リハビリテーションが必要な統合失調症の患者様は、これらのプログラムや社会療法を行っている医療機関への受診をおすすめしております。
http://www.twmu.ac.jp/DNH/annai/kokoro.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

☆山田和男 准教授
平成3年慶応義塾大学卒業。
臨床精神薬理学
精神医学一般・漢方医学
日本臨床精神神経薬理学会評議員
日本うつ病学会評議員
日本精神科診断学会評議員
日本東洋医学会参事


◇交通アクセス
ご来院にはタクシーが便利です。
ご利用の際には「女子医科大学東医療センター」と告げてください。

(1)タクシー利用の場合
JR田端駅北口より約5分
JR王子駅より約10分、JR西日暮里駅より約10分
 営団地下鉄(千代田線)又は京成電鉄町屋駅より約5分
JR尾久駅より約5分

(2)都バス利用の場合
JR田端駅北口下車、[東43]荒川土手行「西尾久2丁目」下車、徒歩約5分
JR田端駅北口下車、[端44]北千住行「熊ノ前」下車、徒歩約5分
JR日暮里駅または西日暮里駅下車、[里48]足立流通センター行「熊野前」下車、徒歩約5分

(3)都電利用の場合
JR王子駅下車、三ノ輪方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分
営団地下鉄(千代田線)又は京成電鉄町屋駅下車、
 早稲田方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分

(4)日暮里・舎人ライナー利用の場合
JR日暮里駅又は西日暮里駅下車、見沼代親水公園方面行「熊野前」下車、徒歩約5分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ 双極性障害(そううつ病)の治療指針

※日本うつ病学会(http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/)

http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/index.html
(※上記、気分障害の治療ガイドライン作成委員会)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/110310.pdf
(※上記、「日本うつ病学会治療ガイドライン。双極性障害2011-PDF」)

▼双極性障害(そううつ病)の治療指針まとめ▼

◎推奨されない
抗てんかん薬(ラモトリギン、トピラマート)⇒躁状態のとき効果なし
抗うつ薬単独治療⇒うつ状態が急に躁状態になる恐れ

◎推奨される
躁状態が軽度の場合⇒リチウム
躁状態が重度の場合⇒リチウムと非定型抗精神病薬の併用
うつ状態のとき⇒リチウム,非定型抗精神病薬の一部

※非定型抗精神病薬:オランザピン(Olanzapine、商品名:ジプレキサ)


Sponsored Links

脳神経外科、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、脳腫瘍

市立奈良病院

〒630-8305 
奈良市東紀寺町1丁目50-1
 TEL:742-24-1251 / FAX:0742-22-2478

http://www.nara-jadecom.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・ごあいさつ
(一部抜粋※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
http://www.nara-jadecom.jp/about/index.html

市立奈良病院は、国立病院機構奈良病院が奈良市に移譲されて平成16年12月1日に誕生しました。本病院の開設者は奈良市ですが、実際に病院を管理する指定管理者は公益社団法人「地域医療振興協会」で、いわゆる公設民営の病院です。すなわち本院は、「公」としての公平性・透明性に「民」としての効率性・弾力性を兼ね備えた点に特徴があるといえます。基本理念として、「人権を尊重した医療」、「質の高い安全な医療」、「地域に密着した医療」の実践に努めるとともに、国立病院が築いてきた専門医療の充実、救急医療への貢献、地域の保険、医療、福祉関係機関との連携、情報提供の推進、へき地医療への貢献、医療スタッフの育成を行っております。

      病院長 二階堂雄次

★電子カルテについて
当院では、患者様に対するサービスの向上を図るために電子カルテシステムを導入しています。この システムにより、受診手続きや各種予約に関する手続きの簡素化や、院内での迅速な情報伝達・検索(他科の受診状況や処方内容などを参照できます。)を容易にすることができます。システムの更新によって検査結果やレントゲン画像などの検査所見もコンピューター画面で見ることができるようになりました。


◇診察日・診察時間のご案内

・診療日
月曜日~土曜日(但し、土曜日は午前診療 ※一部の科を除く)

・休診日
日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

・受付時間
8時30分~11時30分

・診療時間
9時~17時(但し、土曜日12時30分まで)

・面会時間
平日13時~20時/土曜日、日曜日、祝祭日13時~20時                                    

・備考
土曜日は診療を行ないます。どうぞご利用下さい。



◆診療科

内科(糖尿病)
内科(血液)
呼吸器科
脳・神経センター/神経内科

小児科
整形外科
循環器科
脳・神経センター/脳神経外科

皮膚科
産婦人科
泌尿器科
消化器肝臓病センター/消化器科

眼科
放射線科
耳鼻いんこう科
消化器肝臓病センター/外科

麻酔科
甲状腺センター
乳腺センター
四肢外傷センター

一般内科・総合診療科(院内標榜)
感染制御内科(院内標榜)

リハビリテーション科
病理・臨床検査科(院内標榜)


◇脳・神経センター/脳神経外科:
http://www.nara-jadecom.jp/section/section16.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

脳神経外科では、頭痛・めまい・しびれ・ふらつきなどの症状で発症する脳腫瘍,脳血管障害(クモ膜下出血,脳内出血,脳梗塞等)および脊椎・脊髄疾患の診療を行っています。 また,顔面のけいれん・顔面の痛み(三叉神経痛)についても診療しております。 外来では疾患の早期発見のため初診当日には頭部CT検査を行い、必要に応じて緊急でもMRI検査を可能な状況を維持しており、脳卒中の早期発見治療に心がけております。また頚椎・脊髄疾患にも診療を充実させております。脳神経外科では、脊髄腫瘍などの脊髄疾患や頚椎・腰椎椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対して、顕微鏡下手術(マイクロサージェリー)を応用し手術を行っています。


◎外来で可能な検査:

CT
X線を用いての脳の断層撮影検査、脳内出血、脳梗塞、頭部外傷などに対して異常がないかを簡便に調べることができる検査

3D-CT
アンギオ
CTを用いて造影剤を静脈注射し脳血管に異常がないかを調べる検査

MRI
MRI を用いて脳および頚部の主要な血管に異常がないかを調べる検査

MRA
24時間心電図を記録し、不整脈や狭心症の診断を行います。

頚動脈超音波
検査(エコー)
超音波で頚部の血管(総頚動脈、内頸動脈、椎骨動脈)の異常を調べる検査

脳血流シンチ
( SPECT )
アイソトープを用いて脳の血流を測定する検査。脳血管の狭窄および閉塞に伴い脳血流が低下していないか調べる検査

脳波,誘発電位
脳や脊髄神経の電気活動に異常がないかを調べる検査



☆二階堂雄次(にかいどうゆうじ) 病院長
1975年3月 奈良県立医科大学卒業
・専門分野
脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、脳腫瘍

1981年 日本脳神経外科学会専門医
2004年12月 市立奈良病院副院長
2005年 日本脳卒中学会専門医
2009年4月~市立奈良病院院長



◇交通アクセス

JR奈良駅より
市内循環バス(内回り)乗車→紀寺町下車

近鉄奈良駅より
市内循環バス(外回り)乗車→幸町下車
天理行きバス乗車→紀寺町下車

駐車場のご案内
駐車場は有料となっております。駐車場収容台数:約120台


Sponsored Links

京都第二赤十字病院-消化器科

京都第二赤十字病院

〒602-8026
京都市上京区釜座通丸太町上ル春帯町355-5 
電話:(075)231-5171(代表)FAX: 075-256-3451
・院長 中島 正継

http://www.kyoto2.jrc.or.jp/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて受診される方へ
・保険証をお持ち下さい。
・診察申込書をご記入のうえ、新患受付(B棟1階)にお出し下さい。
・かかりつけ医よりの紹介状、診療予約票もお出し下さい。
(かかりつけ医よりの紹介状がない場合は、保険外併用療養費5.250円の徴収をさせて頂いております。)
       
◇診療受付時間

・受 付 時 間: 午前8時30分~午前11時30分
・整形外科・眼科: 午前8時30分~午前11時

※予約の患者さん・救急の患者さんは、この限りではありません

・休診日: 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
本社創立記念日(5月1日)


◆診療科目:
内科 呼吸器内科
(呼吸器科) 循環器科 消化器科
心療内科
(精神科) 脳神経内科
(神経内科) 小児科 外科
呼吸器外科
(呼吸器科) 整形外科 形成外科 脳神経外科
心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科
眼科 耳鼻咽喉科 気管食道科 放射線科
歯科口腔外科

◇救急(時間外・休日)診療のご案内
● 急患の方は診療時間外、夜間や休日でも受付いたします。 まず電話でご相談下さい。
075-231-5171(代表)
● 担当者に電話をおつなぎしますので、病状などをお話下さい。


◇消化器科
http://www.kyoto2.jrc.or.jp/medic/digestive.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・診療方針
消化器疾患の全般にわたり、精度の高い診療を行っています。なかでも、消化管や胆膵疾患に対する内視鏡的診断や治療では全国でも有数の規模と実績をあげています。内視鏡診断や治療は勿論のこと、X線造影検査、血管造影、腹部超音波検査など消化器疾患に必要な検査すべてに対応しています。この一貫した診療システムが最大の特色です。目指す医療は、1)患者さんの立場に立った医療 2)チーム医療 3)QOL(quality of life)に基づいた医療です。2006年1月より内視鏡センターが全面改装され全国的にも有数の施設となっています。“内視鏡センター”をご覧ください。

☆院長 中島 正継 
略 歴 :
昭和42年 京都府立医科大学 卒業
昭和48年 京都府立医科大学 助手
昭和51年 琵琶湖胃腸病院  内科部長
昭和57年 京都第二赤十字病院 消化器科部長
平成11年 同院 副院長
平成18年 同院 院長


◇交通アクセス
交 通 J R 京都駅 地下鉄烏丸線「京都駅」→「丸太町駅」
二条駅 地下鉄東西線「二条駅」→「烏丸御池駅」烏丸線に乗換→「丸太町駅」
阪 急 烏丸駅 地下鉄烏丸線「四条駅」→「丸太町駅」
京 阪 三条駅 地下鉄東西線「三条京阪駅」→「烏丸御池駅」烏丸線に乗換→「丸太町駅」
丸太町駅 市バス93系統、202系統、204系統
「丸太町京阪前」→「府庁前」

※ 地下鉄烏丸線「丸太町駅」からは2番出口を出て徒歩約5分です。
※ 市バス(10・93・202・204系統)の最寄の停留所は「府庁前」です。


Sponsored Links

心臓病、心電図ー富山大学附属病院、循環器内科

富山大学附属病院

〒930-0194
富山市杉谷 2630番地
TEL 076-434-2281(代表)
・病院長 井上博

http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◇初めての方:
初めて来院された方は1番窓口へ初めて受診される方は、「診療申込書」(印刷してご利用ください。)の赤枠内に、氏名・住所・電話番号・勤務先などを記載してください。
記載された「診療申込書」と、健康保険証(公費負担受給者証をお持ちの方は、それもいっしょに)及び紹介状等(レントゲンフィルムや検査データがあれば、それも添えて)を1番初来院窓口に提出してください。
※当院は、高度な医療を提供する「特定機能病院」として厚生労働省から承認されており、当院を受診されます場合は原則として、他の医療機関からの「紹介状」が必要となります。患者さんの診療が円滑に行われますよう、是非ご持参いただきますようお願いいたします。なお、紹介状がない場合でも受診いただけますが、初回時に初診料とは別に紹介状無し負担額として2,625円(自費)をお支払いいただくことになりますのでご了承ください。。
初来院窓口では、患者さんとしての登録をしますので、お名前をお呼びするまでしばらくお待ちください。登録が済みましたら「受診カード」をお渡ししますので、紹介状等といっしょに診療科の各外来受付に提出してください。

※和漢診療科を受診される場合は、必ず予約が必要ですので、前もって和漢診療科外来受付(1階の最初の受付窓口)でご相談ください。

※交通事故、けんか、仕事上の疾病が原因で受診される場合はお申し出願います。

◇診療科外来受付の開始時刻は午前8時30分です。
外来受付に、受診カード、予約票、紹介状等を提出され、お名前をお呼びするまでお待ちください。


◆診療科一覧
代謝・内分泌内科免疫・膠原病内科呼吸器内科循環器内科腎・高血圧内科消化器内科血液内科皮膚科小児総合内科小児循環器内科小児発達神経科神経精神科放射線科心臓血管外科小児循環器外科呼吸器一般外科消化器外科乳腺内分泌外科小児外科脳神経外科整形外科産科婦人科眼科耳鼻咽喉科泌尿器科麻酔科歯科口腔外科和漢診療科神経内科


◇第二内科診療部門
循環器内科
【診療科長】
教授 井上 博
【副科長】
診療教授 能澤 孝

連絡先.:
TEL(076)434-7701 内科外来受付
FAX(076)434-5026

◎診療対象
不整脈、虚血性心疾患、心不全、弁膜症、心筋症、先天性心臓病などの循環器疾患を対象として、薬物療法、非薬物療法による管理を行っています。
外来診療
1.新患受付について
 外来の新規受付(新患)は火曜、金曜です。
紹介状をお持ちでない場合には、まず総合診療部で診察を受けていただき、当診療科への診察が望ましいと判断された場合に紹介されることになりますのでご了承ください。また当診療科への紹介状をお持ちの場合には火曜・金曜以外でもできる限り対応致します。
2.再診について
 再診は予約制となっています。
循環器専門医が経過をみていきます。必要に応じて他の診療科とも連携して診療を行いますので、診療に関して心配ごとがあれば担当医にいつでもご相談ください。


☆教授 井上 博(いのうえひろし)
最終学歴: 1974年 東京大学卒
学位: 1981年 東京大学
学歴/職歴: 1982年 東京大学医学部第二内科助手
1984年 アメリカインディアナ大学留学
1991年 東京大学医学部検査部講師
1992年 富山医科薬科大学医学部第二内科教授

・専門分野: 循環器内科学、心臓電気生理学
・研究分野:
1)心疾患と自律神経機能
2)心房細動の塞栓症の予知と予防



◇交通アクセス
JR富山駅より富山地鉄バス(3番乗り場)で30分
富山空港よりタクシ-で20分

お車でお越しの場合
《県道62号富山・小杉線(有沢線)から》
「ファミリーパーク前」交差点を南側に曲がる。

《県道59号富山・庄川線(朝日方面)から》
朝日公民館前の三叉路を西側に曲がる。病院南口

《国道359号線砺波方面から》
「長沢」交差点を左折し,平岡三叉路を右折し,県道68号富山外郭環状線を通り,「総野」交差点を直進する。病院南口

《北陸自動車道富山西ICから》
  1.「西インター入口」交差点を左折。400mほど進み,「平岡」交差点を左折。200mほど進み,一旦停止の交差点を左折。400mほど進み,三叉路を右折し「総野」交差点を直進して300mほどで病院南口。(案内板がありますが,病院や大学の建物は見えません。)
  2.「西インター入口」交差点を右折。県道62号富山・小杉線(有沢線)の「古沢」交差点(サンクス角)を右折し,2つ目信号の「ファミリーパーク前」交差点を南側に曲がる。
外来駐車場のご利用案内
当院は自動パーキングシステム・全自動料金精算システムを設置した駐車場を備えております。

◎外来通院患者さんのご利用の場合は「無料」です。
受診終了後、病院1階受付ロビーの駐車券精算カウンターに「駐車券」をご提示いただければ「無料」の刻印をいたします。

通常のご利用料金について(お見舞いの方、その他)
ご入車から1時間までは300円。1時間を越え30分毎に100円が加算されていきます。

その他
本駐車場は、午前7時から午後2時30分までの間、教職員・学生の利用を禁じています。

http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/map.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


Sponsored Links

聖霊病院

聖霊病院

〒466-8633
名古屋市昭和区川名山町56番地
TEL:052-832-1181(代) FAX:052-832-3744

http://www.seirei-hospital.org/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎基本方針
1. 患者様中心の医療を行います。
2. 国籍、宗教、貧富を問わず、患者様の人格、人権を尊重します。
3. 専門知識の研究、技術の向上に努力し、良質で適正な医療を提供します。
4. 地域医療機関との連携を密にし、地域の方々の健康保全に尽力します。
5. 特にカトリック医療施設として、いのちの始まりとその終わりを大切にします。

社会福祉法人聖霊会
聖霊病院
平成17年4月改正施行


◇当院を初めて受診される方:
・「初診申込書」に必要事項をご記入の上、保険証および受給者証等を添えて1番初診受付へお出しください。

・紹介状をお持ちの方は、番紹介専用受付へお出しください。
(紹介状をお持ちでない方は初診に係る保険外併用療養費が別途必要となります。)

・交通事故、仕事上の事故の場合はお申し出ください。

◇初診 8時30分~11時まで
◇再診 8時~11時30分まで
◇診療開始時刻 9時


◆診療科

内科
精神科
小児科
外科・小児外科整形外科脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
麻酔科
眼科
耳鼻咽喉科
産婦人科
放射線科
リハビリテーション科
歯科
口腔外科
健診のご案内
ホスピス聖霊
看護部


◇ホスピス精霊
http://www.seirei-hospital.org/shinryo/hosupisu.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

ホスピス聖霊では、
がんの患者様の身体の痛みやその他の身体症状、 または精神的な苦痛の緩和を積極的に行ないます。
患者様が家族の方とともに最後まで自分らしく生きることを尊重し、 限られた大切な日々への支援を行ないます。

ホスピスへの入院費用は健康保険が適応され、高額医療費支給制度の対象になっています。
ホスピスに関してのお問い合わせは 聖霊病院 ホスピス聖霊にお電話ください。

◎問い合わせ先
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~16:00
〒466-8633
名古屋市昭和区川名山町56番地
社会福祉法人 聖霊会   聖霊病院
電話 (052)832-1181(代)   担当:師長 江越澄子
Fax (052)832-6735


◇交通アクセス
地下鉄
地下鉄鶴舞線「いりなか」下車1番出口より右へ徒歩2分

市バス
(1)栄バスターミナルから「栄18系統」妙見町ゆき「杁中」下車徒歩1分
(2)千種駅前から「八事12系統」島田一ツ山ゆき「杁中」下車徒歩1分

高速道路
(1)東名高速道路名古屋インターから約20分
(2)名古屋高速道路吹上インターから約10分


Sponsored Links

福岡病院ー・呼吸器科・アレルギー科・心療内科・リウマチ膠原病内科

独立行政法人 国立病院機構
福岡病院

〒811-1394 
福岡市南区屋形原4丁目39-1 
TEL:092-565-5534(代表) FAX:092-566-0702(代表)
・院長 岩永知秋
http://www.fukuoka-nh.jp/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


◇初めての方 2番窓口

1.外来診察申込書を記入し、紹介状、持参フイルム等、保険証を2番窓口へ提出して下さい。
2.内科、心療内科、外科を受診の方は、2番窓口より問診票、保険証を受領後、問診票をご記入頂き、処置室20番窓口へ提出して下さい。

小児科を受診の方は、保険証等を受領後、処置室10番窓口の前でお待ち下さい。

リウマチ科、皮膚科、耳鼻咽喉科を受診の方は、保険証等を受領後、カルテができるまでしばらくお待ち下さい。

保険外併用療養費について
他の医療機関等から紹介状なしで直接受診される方につきましては、診察料とは別に保険外併用療養費として1,575円をご負担いただきます。

・はじめて当院を受診される方は、かかりつけ医からの「紹介状」をお持ちいただきますようお願いいたします。



◆診療科

◇呼吸器科:

当院では内科の中の各部門は一体となって診療しておりますのでの内科部門全体についてご説明いたします。

受付時間:月曜~土曜の午前8:30から10:30

(土曜日は紹介状持参の方のみ)

再来患者さんの場合は予約外来制を実施いたしておりますので、外来主治医が決まってから、ご相談ください。


内科・呼吸器科・アレルギー科・心療内科・リウマチ膠原病内科

◇アレルギー科:
当院は呼吸器科、心療内科、皮膚科、耳鼻咽喉科の4科で連携して診察しています。
対象疾患
気管支喘息,アトピー性皮膚炎,アレルギー性鼻炎,アレルギー性結膜炎,花粉症,蕁麻疹,食物アレルギー,アナフィラキシーショック,薬剤アレルギー,日光アレルギー,金属アレルギーなど.

◇リウマチ科:
対象疾患 リウマチ・膠原病を中心とした自己免疫疾患の診療を行なっております。

具体的には、

・関節リウマチ
・全身性エリテマトーデス
・強皮症
・皮膚筋炎、多発性筋炎
・シェーグレン症候群
・混合性結合組織病
・ベーチェット病
・血管炎症候群
・抗リン脂質抗体症候群
・リウマチ性多発筋痛症
         などです。

◇心療内科:
科の特徴
心療内科は「心身症」という身体の病気をあつかう「ストレス内科」ですが、 それ以外に うつ病うつ状態や不安・パニック発作で困っている人、自律神経失調症の人、アトピーや慢性じんましんの人、悩みで学校や職場へ行けない人も診療しています。摂食障害といって、食事を食べたがらなかったり、無茶食いして後で吐いたりする病気をあつかっているところもあります。

◇睡眠呼吸障害:
治療
1.検査の結果から、CPAP、口腔内装具療法、体位療法、体重減量療法などを組み合わせて治療します。
2.CPAP導入時には、食事・運動指導をあわせて行なっています。
3.CPAP導入後の治療は近くの診療所で受けることも可能です。

◇小児科:
http://www.fukuoka-nh.jp/shinryou/shinryouka/syounika/index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

ワクチン外来
感染症
食物アレルギー
乳幼児喘息
喘息
間質性肺炎
慢性呼吸不全
副鼻腔気管支症候群
睡眠時無呼吸症候群
アトピー性皮膚炎
重症心身障害児(者)

◇外科:
外科的処置が必要になる呼吸器外科疾患を対象としています.

具体的には

・肺腫瘍,縦隔腫瘍,胸壁腫瘍
・肺膿瘍などの炎症性疾患
・自然気胸をはじめとする嚢胞性肺疾患
などです.

◇皮膚科:
http://www.fukuoka-nh.jp/shinryou/shinryouka/hifuka/index.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

対象疾患■アレルギー性皮膚疾患
(アトピー性皮膚炎、金属アレルギー、薬剤アレルギーなど)

○当科では、アレルギー検査として「パッチテスト」「プリックテスト」等、行っています。

外来受付時間
■一般外来
午前:月曜日~金曜日(受付時間 8:30~10:30)
午後:月曜日、水曜日(受付時間 14:00~16:00)

■レーザー外来<完全予約制>
火曜日 診察:12:00~
照射:14:00~

◇耳鼻咽喉科:
対象疾患花粉症、アレルギー性鼻炎
当科では特に、花粉症やアレルギー性鼻炎に対して積極的に取り組んでいます。当院アレルギー科と連携した減感作療法や、主に難治な鼻づまりに効果のある鼻粘膜焼灼治療(アルゴンプラズマ療法)など、鼻炎症状に悩む方々の生活の質の向上を目指します。

◇歯科:
特色•障害者(児)の歯科治療、予防
   行動変容法、笑気吸入鎮静法、静脈内鎮静法等の行動管理を駆使した歯科治療、予防
   摂食機能療法、摂食嚥下リハビリなどの機能訓練


・有病者、高齢者の歯科治療、予防
   有病者、高齢者の全身管理を考慮した歯科治療、予防
   摂食機能療法、摂食嚥下リハビリなどの機能訓練
   アレルギー疾患患者の口腔症状に対する治療
   アスピリン喘息の方の歯痛に対する漢方治療


・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の歯科スプリント治療(約600例の実績)

◇放射線科:



◇交通アクセス
・西鉄バス:
「博多郵便局前」バス停より66番
 (那珂川営業所行)乗車

「天神・大丸前4C」バス停より61・161番

 (福大病院・老司団地・那珂川営業所行)乗車

「野間四角」・「清水四角」より6・61・66・161番

 (福大病院・老司団地・那珂川営業所行)乗車

「那珂川営業所」より61・66番

 (福浜・九大前・博多駅行)乗車

「桧原営業所」より6・61番

 (那の津四丁目・大橋駅行)乗車

「大橋駅」より6番

 (福大病院行)乗車

※いずれも「福岡病院下」下車、徒歩3分


Sponsored Links

近畿中央胸部疾患センター、一般呼吸器、呼吸器内科、呼吸器外科

近畿中央胸部疾患センター

〒591-8555
大阪府堺市北区長曽根町1180
TEL:072-252-3021/ FAX :072-251-1372
・ 院長 林 清二

http://www.hosp.go.jp/~kch/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇外来診療受付時間のご案内
・診療受付時間
午前8時30分~午前11時 医事外来受付窓口
・時間外受付 宿直室受付窓口
・休診日 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)
・お電話での予約又は変更について 月曜日~金曜日:TEL 072-252-3068
*14時~16時までの間にお願いします。
・時間外救急電話番号 072-252-3023

*午後の診察につきましては、特殊外来、予約外来がありますので、各診療科の窓口でご相談ください。
*休診日や診療時間外に救急で受診を希望される方は、電話にてご相談ください。

◇初めて受診される方(初診の方)
初めて受診される方(初診)は、備え付けの「診察申込書」に記載の上、
「健康保険証」 等及び「紹介状」を添えて、診察受付(1番窓口)にお出し下さい。
また、当センターを受診されたことがある方でも、前回受診後1年以上経過している方については、
初めて受診される方と同様の手続きを行って下さい。

■ 紹介状について
初めて受診される方(初診)及び当センターを受診されて3ヶ月以上受診していない方 で、他の病院や医院等の紹介状がない場合は、診療費の他に特定療養費として、2,625 円が必要となりますので、予めご承知ください。
ただし、肺がん及び肺結核症で経過観察の方は必要ありません。


◆診療科のご案内
・一般呼吸器・結核グループ

◇主要疾患
COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息、細菌性肺炎、慢性呼吸不全、結核、非結核性抗酸菌症、びまん性肺疾患(特発性間質性肺炎、サルコイドーシス、好酸球性肺炎、過敏性肺炎、薬剤性肺炎等)、難治性希少肺疾患(リンパ脈管筋腫症、肺胞蛋白症等)、職業性肺疾患(じん肺)、睡眠時無呼吸症候群

・呼吸器系腫瘍内科グループ
肺がん、縦隔腫瘍、悪性中皮腫などの胸部悪性腫瘍を対象に、診断および内科的治療を行っています。また胸部外科、放射線科とも密接に連携しながら診療しています。
診断にはCT、MRI、核医学的検査、気管支鏡(超音波内視鏡を含む)検査、CTガイド下経皮針肺生検検査を駆使しています。

http://www.hosp.go.jp/~kch/depart/shinryo_lc.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・呼吸器外科グループ
当院では年間約350例の全身麻酔下の胸部手術を行っています。手術を安全に行うためには、麻酔科、手術室との連携が欠かせませんが、当院では術前検討会を麻酔科医、手術室スタッフ参加のもとに行っています。

http://www.hosp.go.jp/~kch/depart/shinryo_sg.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇交通アクセス
■ 近畿中央胸部疾患センターへは...
JR阪和線堺市駅より
徒歩約15分
タクシーで約5分
南海高野線・堺東駅より
労災病院経由新金岡行きバス、黒土町下車北へ徒歩3分
南花田町、布忍、河内松原駅前行きバス、長尾町下車南へ徒歩3分
タクシーで約10分
JR阪和線、南海高野線・三国ヶ丘駅より
労災病院経由新金岡行きバス、黒土町下車北へ徒歩3分
タクシーで約5分
大阪市営地下鉄御堂筋線・新金岡駅より
労災病院経由三国ヶ丘駅行きバス、黒土町下車北へ徒歩3分
タクシーで約5分
関西国際空港から
JR阪和線、関空快速利用、JR堺市駅まで約40分
JR新幹線、新大阪駅から
大阪市営地下鉄御堂筋線利用、新金岡駅まで約35分

Sponsored Links

神戸市立医療センター中央市民病院、平成23年7月に移転

神戸市立医療センター中央市民病院

〒650-0046
神戸市中央区港島中町4丁目6番地
Tel. 078(302)4321 Fax. 078(302)7537
・院長  北  徹

http://chuo.kcho.jp/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

ー平成21年4月から地方独立行政法人化致しましたー

《新中央市民病院について》
「新病院」は、平成23年7月に、現病院の約1.3km南(神戸市中央区港島南町2丁目)に移転・開院を予定しています。
http://chuo.kcho.jp/about/new_hospital.html
(※上記リンク先にてご確認ください)


◎かかりつけ医を持ちましょう。
「かかりつけ医」と連携します。


◇初めて受診される方の受付
紹介患者さんを優先して診察します。

患者のみなさまへ
当院の外来は紹介制をとっております。

かかりつけ医・診療所など地域の医療機関からの紹介状をお持ちの患者さんを優先して診察いたしますので、呼び出しの順番が前後することをご了承ください。
なお、地域の医療機関を通じて診察予約をしていただくと待ち時間がさらに短くなりますので、かかりつけ医や診療所などの医師に紹介状を作成してもらう場合は、あわせて予約も依頼してください。

また、紹介状のない方は保険による一部負担金とは別に、初診時にかかる特定療養費として、2,620円を自己負担していただきますので、ご了承願います。医科と歯科は保険診療上別医療機関の扱いになります。各々でご負担いただくことになりますので、ご了承願います。

外来患者さんの受付は、初診の方と再診の方では若干異なります。

再診の方は「再診患者様の受付」をご確認ください。

◇診察受付時間
月~金 8:45~11:45

休診日
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


◆診療科
循環器内科 | 糖尿病・内分泌内科 | 腎臓内科 | 神経内科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 免疫血液内科 | 感染症科 | 精神・神経科 | 小児科 | 新生児科
皮膚科 | 外科 | 移植外科 | 心臓血管外科 | 呼吸器外科 | 脳神経外科 | 整形外科 | 形成外科 | 産婦人科 | 泌尿器科 | 眼科 | 耳鼻咽喉科 | 頭頸部外科 | 麻酔科 | 歯科・歯科口腔外科
臨床病理科 | 画像診断・放射線治療科 | リハビリテーション科 | 中央手術部・集中治療部 | 臨床工学室 | 救命救急センター | 救急部 | 外来化学療法センター | 心臓リハビリ



◇交通アクセス
神戸市立医療センター中央市民病院は神戸港南の人工島ポートアイランドにあります。

・公共交通機関でお越しの場合:
各交通機関から三宮で ポートライナーに乗り継ぎ、 市民病院前駅で下車してください。
ポートライナーは「北埠頭行き」、「神戸空港行き」どちらにご乗車いただいても「市民病院前駅」は停車いたします。 また、快速にご乗車いただいても停車いたします。
ポートライナー三宮駅券売機横に「再診受付機」を設置しております。
駅で再診の受付を済ませ予約時間までご自由にお過ごし頂けます。

◎各公共機関からポートライナー三ノ宮駅へは:
・JR神戸線を利用される方
東改札口を出て海側(南側)にポートライナーに通じるエスカレータがございます。
・阪急神戸線を利用される方
東改札口からJR駅構内を通り海側(南側)に出るとJR線沿いに連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
・阪神神戸線を利用される方
北改札口を出て正面のエスカレータを上がると右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
・地下鉄山手線を利用される方
東改札口から東出口5を出て正面のJR駅構内を通過すると連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
・地下鉄海岸線を利用される方
改札口を出て左側(西側)の出口4から地下街(さんちか)を阪神三宮駅を目指してください。 駅前を過ぎ正面のエスカレータを上がり右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
・淡路・四国方面から高速バスを利用される方
三宮バスターミナル降車場の2階(ミント神戸)がデッキでポートライナー三宮駅と直結しています。

◎神戸空港から:
空港ターミナルビル2階から連絡通路を通りポートライナーにご乗車ください。
すべての電車が病院前に停車いたします。

Sponsored Links

杏林大学医学部附属病院

杏林大学医学部附属病院

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL 0422-47-5511
・病院長 甲能直幸 (こうの なおゆき)

http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/index.shtml
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


◇はじめての受診の方へ
他の医療機関からの紹介で初診の予約ができます。
(紹介元医療機関からの直接予約申込みとなります)

診療受付時間
平日
8時45分~12時00分

土曜
8時45分~11時00分


・他の保険医療機関から規定の紹介状を持参せずに当院に直接来院された患者さんについては、病院の初診に関する基準により、初診料とは別に病床数が200床以上の病院について受けた初診として、3,000円と消費税150円をお支払いいただきます。
ただし、緊急その他やむを得ない事情により、他の保険医療機関等からの紹介によらず来院された場合にあっては、この限りではございません。


◆診療部門のご案内
・内科
呼吸器内科
リウマチ膠原病内科
腎臓内科
神経内科
循環器内科
血液内科
消化器内科
糖尿病・内分泌・代謝内科
感染症科
高齢診療科
腫瘍内科

・外科
消化器・一般外科
呼吸器・甲状腺外科
乳腺外科
小児外科
脳神経外科
心臓血管外科
整形外科
形成外科・美容外科
泌尿器科
眼科(アイセンター)
耳鼻咽喉科・頭頸科
顎口腔外科
産・婦人科
救急科

・内科・外科以外の診療科
精神神経科
小児科
皮膚科
放射線科
麻酔科(ペインクリニック)
リハビリテーション科

・外来センター
不整脈センター
脊椎・脊髄外科センター
摂食嚥下センター

・中央診療部門(センター・室)
高度救命救急センター
臓器・組織移植センター
熱傷センター
総合周産期母子医療センター
腎・透析センター
集中治療室
健康医学センター
がんセンター
脳卒中センター
もの忘れセンター
造血細胞治療センター


☆甲能 直幸 (こうの なおゆき)杏林大学病院長
・主な経歴
慶應義塾大学医学部卒
留学経験:米国ニューヨークマウントサイナイ医科大学 癌センター

・取得資格
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医
日本癌治療学会暫定教育医
太平洋外科系学会日本支部会理事長

・所属学会
日本耳鼻咽喉科学会
日本気管食道科学会(理事長)
米国癌学会

・専門分野
耳鼻咽喉科一般、頭頸部外科、気管食道科、機能温存手術、癌化学療法、外科腫瘍学

・紹介を希望する疾患
頭頸部腫瘍


※各診療科のスタッフ紹介一覧にて、それぞれの医師のプロフィールがご覧いただけます。


◇交通アクセス
電車と小田急バスで来院される方JR中央線 三鷹駅南口 <約20分>のりば7:仙川行、晃華学園東行、新川団地中央行 → 「杏林大学病院前」バス停下車
のりば8:野ヶ谷行 → 「杏林大学病院入口」バス停下車 バス停表示

JR中央線・京王井ノ頭線 吉祥寺駅南口 <約20分>のりば6:野ヶ谷行、深大寺行 → 「杏林大学病院入口」バス停下車
のりば6:調布駅北口行( 杏林経由 )→「杏林大学病院前」バス停下車
のりば7:仙川行、新川団地行、杏林大学病院前行 →「杏林大学病院前」バス停下車 バス停表示

京王線 仙川駅 <約15分>のりば1:吉祥寺駅中央口行、三鷹駅行 →「杏林大学病院前」バス停下車 バス停表示

京王線 調布駅北口 <約25分>のりば13:吉祥寺行(杏林経由)→「杏林大学病院前」バス停下車
のりば14:杏林大学病院行(京王バス)→「杏林大学病院」バス停下車 バス停表示

三鷹コミュニティバスで来院される方京王井の頭線 三鷹台駅 <約15分>三鷹駅行「杏林大学病院前」下車。 バス停表示

タクシーで来院される方JR三鷹駅南口、 JR吉祥寺駅中央口、京王線調布駅北口、京王線つつじヶ丘北口下車

お車で来院される方駐車場有料 約300台収容


Sponsored Links

被災者の心の相談窓口

巨大地震・東日本大震災から1か月以上がたちましたね。

被災されたみなさんの間では、さまざまな心の問題が発生していると思います。

誰が考えても、住む家や家族が亡くなってしまえば、心は、心配事や不安で一杯だと思います。

こうした場合、やはり専門的なトレーニングを積んだ相談者が必要とされますね。

避難所に居たときは、医師や保健師、それにおなじ震災体験をした仲間がいますが、避難所を出るとこうした支援も得られにくくなると思います。


それで、以下に現在被災地のみなさんのさまざまな心の相談を受け付けているところを上げておきます。



◎「心の相談緊急電話」:
⇒0120・111・916(午後1~10時。5月8日まで)

◎NPO法人「メンタル・コミュニケーション・リサーチ」:
相談ダイヤル⇒022・352・8950(月・火曜の午前11時~午後5時)

◎日本産業カウンセラー協会「こころの無料電話相談」:
⇒0120・216・633(午後1~8時。9月まで)

◎労働者健康福祉機構「心の電話相談」:
⇒0800・100・6700(午後2~8時、土日・祝日は除く)



Sponsored Links

東京都立小児総合医療センター、アトピー性皮膚炎ほかアレルギー

東京都立小児総合医療センター

〒183-8561
東京都府中市武蔵台2-8-29
TEL: 042-300-5111(代表)
・院長 林  奐

http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/annai/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇予約診療制について
 当院では、救急(ER)受診の場合を除き、原則として紹介・予約制を取っております。
 受診を希望される方は、かかりつけの病院・医院等で紹介状を書いていただき、予約センターまで、ご連絡をお願いいたします。


◇予約のご案内
 
月曜日~金曜日  9時から17時まで
土曜日      9時から12時30分まで

・予約専用電話番号 042-312-8200


◇初診について
・初診可能な診療科(以下、リンク先にてご確認ください)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/gairai/sinryouka1.pdf

初診の方は、予約時間の30分前までにお越し下さい。
小児総合医療センターエントランスを入って、右側奥の「1 診療受付」で、手続を行ってください。

<初診とは>
全く初めて当院で受診される方
清瀬小児病院、八王子小児病院、梅ヶ丘病院、府中病院、多摩総合医療センター、神経病院で受診したことのある方も含みます。



◆診療各科
・総合診療部
総合診療科 心療小児科
・からだの専門診療部
循環器科 内分泌・代謝科 血液腫瘍科
腎臓内科 神経内科 呼吸器科
結核科 感染症科 消化器科
アレルギー科 臨床遺伝科  
外科 心臓血管外科 泌尿器科
整形外科 形成外科 脳神経外科
眼科 耳鼻いんこう科 皮膚科
小児歯科 矯正歯科 臓器移植科
検査科 診療放射線科 麻酔科
・こころの専門診療部
児童・思春期精神科    
・救命・集中治療部
救命救急科 集中治療科  
・総合周産期母子医療センター
新生児科    
・子ども・家族支援部門
リハビリテーション科 心理・福祉科 育成科
・臨床研究部
臨床試験科 遺伝子研究科


◇アレルギー科
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/section/arerugi.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・診療科のご紹介
 今や子どもたちの3人にひとりはぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎・結膜炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患をもつようになりました。

 その多くの子どもたちは軽いと思われていますが、運動時の呼吸困難、痒みによる不眠などで生活の質(QOL)を低下させてはいないでしょうか。

 アレルギー科では、科学的根拠に基づいた治療ガイドラインに基づいて病気をコントロールしてアレルギーをもつ子どもたちの日常生活の質の向上に協力します。


・こんな症状のお子さんが対象です。
  ぜん息の治療は、発作を無くし運動しても苦しくならないようにするために日常管理ができるようにすること、
 もし発作が起きても対処ができることを目標にします。

  食物アレルギーは、適切な診断に基づいた必要最小限の除去にすること、アナフィラキシーが起こる場合には
 アドレナリン自己注射をできる環境を整えることをまず行います。

  さらに食物アレルギーは、年齢とともに改善していきます。適切な時期に食物負荷試験を実施すること、少し
 ずつ食べることによって改善していく(経口免疫療法)指導を順次行っています。

  アトピー性皮膚炎は、軽症でも痒みによって睡眠障害、学校生活にも影響します。治療ガイドラインにそった、
 スキンケアの正しい方法、ステロイド外用薬の使い方と薬の減らし方を 医師、看護師から説明し、学習会を開
 催して指導していきます(学習会は、順次開催予定)。

  花粉症は子どもでも増加しています。生活環境の改善と薬物治療で症状を緩和することができます。

  その他、ラテックスアレルギー、薬物アレルギーなど日常生活で問題になっているアレルギーに関して最善の
 方法を指導します。


☆赤澤 晃(あかさわ あきら) 医長
昭和59年東京慈恵会医科大学卒業
小児科、アレルギー科 日本小児学会認定専門医
日本アレルギー学会認定指導医


 
◇交通案内
JR中央線・武蔵野線 西国分寺駅 徒歩15分
JR西国分寺駅から総合医療センター(府中メディカルプラザ)行きバスまたは西府駅行きバスで5分 「総合医療センター(府中メディカルプラザ)」下車
JR国立駅5番乗り場から府中駅行きバスで10分 「総合医療センター(府中メディカルプラザ)」下車
JR国分寺駅から総合医療センター(府中メディカルプラザ)行きバスで10分 「総合医療センター(府中メディカルプラザ)」下車
京王線府中駅4番乗り場から国立駅行きバスまたは総合医療センター(府中メディカルプラザ)行きバスで20分 「総合医療センター(府中メディカルプラザ)」下車
JR南武線西府駅から西国分寺行きバスで20分 「総合医療センター(府中メディカルプラザ)」下車
 ※1時間1本のみですので、利用の際はご注意ください。

・駐車場
駐車場は有料です(最大564台)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/annai/map.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


Sponsored Links

公立志津川病院

公立志津川病院

大震災の大津波で被害を受けた宮城県南三陸町の公立志津川病院は、
仮設診療所として全9診療科で再スタート。

5階建て病院の4階まで津波で浸水。
病院としての機能は完全に失われ、スタッフや患者さんも犠牲に。

今回、米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた内科医、菅野武(31)さんも、
2009年4月から2年間、この南三陸町の公立志津川病院に内科医として勤務していらっしゃったのですね。

今年4月初めから東北大学の博士課程で学ぶ予定だったが、被災に遭い、予定を延期して4月15日まで町内の避難所に併設された救護所で、治療や全国から来た医療支援チームの調整にあたっていたという。

被災直後に新しくご長男の誕生を迎え、5月から東北大の大学院に進むご予定とのこと。

☆菅野武 医師
仙台市出身。内科医
自治医科大卒業


※今回は、被災地で貢献され、このたび「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた内科医、菅野武(31)さんについて触れさせていただきました。


Sponsored Links

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの接種の再開

☆4月1日から接種を再開
小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの接種の再開

「同時接種に問題はないと考えるが、保護者らの選択権を尊重した」と。
(岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長)


◇国立感染症研究所感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◎厚労省は接種再開に合わせてQ&Aを作成。
接種見合わせの影響で決められた接種間隔を守れなかった場合、
「再開後に早めに受ければ問題ない」としている。

※詳細は、下記、厚労省のホームページでご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016yw1.html
問1.なぜ、小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの接種を一時的に見合わせたのですか。
問2.どのような根拠に基づいて、小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの接種が再開されたのでしょうか。
~など、
PDFファイルでも見られますー

平成23年3月29日
・健康局結核感染症課
担当・内線 2377・2383
・医薬食品局安全対策課
担当・内線 2749・2756
(電話番号) 03-5253-1111



◇国立感染症研究所感染症情報センター:
お問い合わせ先
〒162-8640
東京都新宿区戸山1-23-1
国立感染症研究所 感染症情報センター
TEL 03-5285-1111


☆センター長 岡部信彦
昭和46年 東京慈恵会医科大学卒業。同大学小児科で研修後、帝京大学小児科助手、その後慈恵医大小児科助手。
神奈川県立厚木病院小児科、都立北療育園小児科など勤務。
   昭和53-55年 米国テネシー州バンダービルト大学小児科感染症研究室研究員。
帰国後、国立小児病院感染科医員、神奈川県衛生看護専門学校付属病院小児科部長。
平成 3年 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ市)伝染性疾患予防対策課課長
平成 7年 慈恵医大小児科助教授(現在同客員教授)
平成 9年 国立感染症研究所感染症情報センター・室長
平成12年 現職


Sponsored Links

藤田保健衛生大学病院ー皮膚科

藤田保健衛生大学病院

〒470-1192 
愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
TEL : 0562-93-2111(代表)
・病院長 星長清隆

http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇受付・診療時間及び休診日
受付時間 月曜日~土曜日‥‥8:15~11:30
診療時間 月曜日~金曜日‥‥8:45~17:00
    土曜日‥‥8:45~12:30
休診日 日曜・祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)
総長の日(6月11日)
開学記念日(10月10日)

※何かご不明な点がございましたら、初診・再診受付、又は外来会計までご遠慮なくお申し出ください。
【代表電話番号:0562-93-2111】


◆診療科
・内科 内科初診・一般内科
遺伝カウンセリング外来
循環器内科
呼吸器内科・アレルギー科
消化管内科
肝胆膵内科
血液内科・化学療法科
リウマチ・感染症内科
腎内科
内分泌・代謝内科
神経内科

・外科
統合外科
消化器外科 初診
肝臓・脾臓
胆臓・膵臓
食道・胃・十二指腸
小腸・結腸・直腸・肛門
小児外科
心臓血管外科
呼吸器外科
内分泌外科
乳腺外科

精神科
小児科
形成外科
脳神経外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
産科・婦人科
眼科
耳鼻咽喉科・気管食道科
放射線科
リハビリテーション科
麻酔科(麻酔科1・麻酔科2)・ペインクリニック
歯科口腔外科・小児・矯正歯科
臨床検査部
病理部
救急科
救命救急センター
医療安全部
治験管理室
緩和医療科


◇皮膚科
http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/common/dpt_clinic/derma.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

「早く、きれいに、親切に治す」 ことを診療のモットーに
 当皮膚科は、「早く、きれいに、親切に治す」ことを診療のモットーにしています。もちろん、難病といわれる治りにくい疾患も多いのですが、これも病態生理を明らかにし、原因治療に努力しています。また、大学病院であっても、なによりも診療、すなわち患者さまの治療とQOLの向上を第一に考え、教育と、研究はそれに続くものと考えています。


皮膚アレルギー、皮膚外科、美容皮膚科などが専門領域
 当科では、あらゆる種類の皮膚疾患に対応できますが、特に1)接触皮膚炎、蕁麻疹、ラテックスアレルギー、アトピー性皮膚炎の皮膚アレルギー疾患の治療、2)しみや、にきび、しわの治療、レーザー治療、その他の美容皮膚科治療、3)悪性腫瘍、良性腫瘍、瘢痕、潰瘍などの皮膚外科治療、4)乾癬などの皮膚角化症の治療をテーマとしております。これらの分野では日本で有数の診療施設であると自負しております。


☆皮膚科教授 松永佳世子
76年名古屋大学医学部卒業

・専門・実績
接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、ラテックスアレルギー、蕁麻疹、薬疹などの皮膚アレルギーが専門。日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会理事長、日本アレルギー学会代議員であり専門医・指導医、皮膚科専門医。
 美容皮膚科・日本美容皮膚科学会理事。活き活きした生活、QOL向上をめざす医療を実践。スキンケア日本香粧品学会理事として化粧品、スキンケアの開発研究を行なっています。

・セールスポイント
 一人一人の患者さまのニーズに対応する医療、原因治療、QOL向上をめざしています。


◇交通アクセス

■名鉄電車
 名古屋本線「前後」駅下車、名鉄バスで約15分
■地下鉄
 桜通線「野並」駅下車、名古屋市バスで約28分
 (※平成23年3月27日に「徳重」駅が開通)
 鶴舞線「原」駅下車、名古屋市バスで約30分

※ 前後駅前バスターミナルから「藤田保健衛生大学病院」行のバスは、1時間に約4~9本運行。
※ 大高駅から「藤田保健衛生大学病院」行のバスは、1時間に約1本運行。


Sponsored Links

九州労災病院ー整形外科、変形性膝関節症

独立行政法人 労働者健康福祉機構 九州労災病院

平成23年5月連休中移転決定!!~新病院建設の90%完成~

〒800-0296
北九州市小倉南区葛原高松1丁目3番1号/TEL093-471-1121(代表)
・病院長 糸満 盛憲

http://www.kyushuh.rofuku.go.jp/
(※詳細はリンク先にてご確認ください)


◇診察日・受付時間
【診察日】 月曜日~金曜日 【受付時間】 午前8時15分~午前11時

当院は全科予約制を取り入れておりますので、2回目以降の診療時間につきましては予約の時間にあわせてご来院ください。

お電話での予約、変更につきましては、14:00~16:00に各診療科にご連絡ください。
(TEL 093-471-1121)

土・日曜日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです。

ただし、急患はこの限りではありません。

救急診療当院は救急部医師、宿日直医師により、365日24時間救急患者さんの診察を行なっています。
まずはお電話ください。


◆診療科
内科 小児科 産婦人科
精神科・ストレス科 外科 眼科
神経内科 整形外科 耳鼻咽喉科
脳血管内科 皮膚科・形成外科 リハビリテーション科
脳神経外科 泌尿器科 放射線科



◇整形外科
☆井原 秀俊
■スポーツ整形外科部長 
■勤労者骨・関節疾患治療研究センター長
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会研修施設指導責任者


◇交通アクセス
http://www.kyushuh.rofuku.go.jp/about/access.html
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

・JR日豊本線
下曽根駅よりタクシーで約10分

・西鉄バス
小倉駅南口より曽根、行橋、中津、恒見、吉田団地、北九州空港、上貫、沼団地行きにて約30分
★行先番号 10・11・15・16・17系統 葛原・労災病院入口下車 徒歩7分
★行先番号 14系統 労災病院前下車 徒歩1分

・北九州空港
北九州空港よりタクシーで約30分(料金4,200円前後)
北九州空港からJR朽網駅(日豊本線)までエアポートバスも出ています。

・駐車料金のお知らせ駐車場をご利用の方は、30分まで無料、以後1時間毎に100円加算されます。
診療または御見舞いの方は、下記の手続きで駐車料金の割引を受けられます。


Sponsored Links

福島赤十字病院-アトピー性皮膚炎

福島赤十字病院

〒960-8530
福島市入江町11番31号
TEL(024)534-6101(代表) FAX(024)531-1721

http://www.fukushima-med-jrc.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付時間
新患受付:午前8:45~
再来受付機:
午前8:00~各科の午前の受付終了時刻まで
午後1:00~各科の午後の受付終了時刻まで

・診察時間
午前9:00~ 
午後2:00~


◆診療科
診療科名  午前の受付時間  午後の受付時間
http://www.fukushima-med-jrc.jp/use/sinryo/sinryo.html#sinryo_time
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

内科・消化器科、糖尿病・代謝内科  11:30迄
循環器科  11:30迄
精神科・神経科  11:30迄
 但し新患の方は11:00迄  (水)(木)(金)
 予約・再来のみ3:30迄
小児科  11:30迄  (月)(水)(金)3:30迄
外科、呼吸器外科  11:30迄  (火)(金)4:00迄
心臓血管外科  11:30迄  (木)4:00迄
整形外科  11:30迄
 但し(火)(水)(金)10:30迄
 ※予約および紹介状をお持ちの患者さまのみ
脳神経外科  11:30迄
神経内科 (火曜日のみ)  (火)11:30迄
皮膚科  11:30迄  (水)3:00迄
形成外科(火曜日のみ)  手術  (火)4:00迄
泌尿器科  11:30迄
 但し(月)(水)10:30迄
産婦人科  11:30迄
 但し(月)(火)10:30迄
 完全予約制  (月)(水)(金)4:00迄
 但し第2・第4金曜日休診
 完全予約制
眼科(月曜・水曜日のみ)  11:30迄
 但し予約外および新患
 の方は11:00迄
耳鼻咽喉科  11:30迄
 但し(木)10:00迄  (水)(金)4:00迄
麻酔科  11:30迄


◇皮膚科
当院皮膚科は常勤一人、手伝いなしでやっています。小手術は、形成外科が大学から毎週火曜日に来てくれているので、そちらに紹介しています。
 皮膚科には、最先端の治療・診断機械があるわけではなく、診療のレベルはごく一般的と思われます。
 入院が可能な場合がある点、当院の強みかもしれません。なお、水痘や麻疹などの伝染病は、個室の空きがないため、不本意ながら毎年数件、入院をお引き受け出来ないことがありました。個室隔離が必要と思われる場合、ご紹介の際は必ず事前にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

施設認定
●日本皮膚科学会専門医研修施設
●TNFα阻害薬使用承認施設


☆皮膚科部長  元木 良和

■専門
紫外線療法、多汗症のイオントフォレーシス
■所属学会、認定、専門医等
日本皮膚科学会認定専門医



◇交通アクセス
福島駅より約 3.5km 
●タクシー 7分
●バス 10分……「伊達・藤田方面行き」、「梁川・掛田・保原方面行き」に乗って「日赤病院前」下車

・駐車場ご利用の方法
常時開放しておりますが、外来患者さま及び面会の方々の利用を原則としております。 入院患者さまの自家用車のお持込みは、堅くお断りいたします。尚、場内で発生した車両同士の事故、盗難及び災害等には一切責任を負いませんのでご了承くださいますようお願いいたします。

Sponsored Links

勃起障害 勃起不全ー丸善クリニック

丸善クリニック

名古屋市中区栄三丁目15番27号 名古屋プラザビル 6F
TEL: 052-264-1222
院長 早瀬喜正(はやせ・よしまさ)
http://www.seisinkai.com/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇勃起に時間がかかったり途中でなえてしまう。満足のいく性交が出来ない。
EDというのは、満足な状態で性交できないことですから、“中折れ”もまぎれもなくEDの症状です。実は当クリニックの患者さんで一番多いのも“中折れ”です。体調や状況、相手によっても変わってくるでしょうが、頻繁に“中折れ”するようになったら医師にかかり、ED治療薬を処方してもらうと良いでしょう。一度服用して最後までスムーズにできたことで、それ以降は薬を持っているだけで大丈夫という患者さんもいます。いわば「性交の成功」体験をすることで自信が生まれ、回復するケースもあります。
EDには心因性のものと器質性のものがありますが、ED治療薬はどちらにも良く効きます。受診が恥ずかしいからといって精力ドリンクで済ませる人もいますが、夫婦のきずなを強める意味でも、セックスは重要な要素ですから気軽な気持ちで受診されることをお勧めします。


【診療時間】
[月~水・金] 10:00~13:00、16:00~19:00
[木・土] 10:00~13:00
【休診】 日曜・祝日


◆診療のご案内
http://www.seisinkai.com/index4.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・当院は保険医療機関ですので、各疾病治療には保険適用も可能です。

■泌尿器科

■性感染症内科    

■形成外科(自費)

【保険適用】 一般泌尿器科外来
血尿・尿潜血(男女)/血精液症(男)/前立腺がん(男)/前立腺肥大症(男)/前立腺炎(男)/尿道炎(男)/膀胱炎(男女)/クラミジア感染症(男女)/淋病(男女)/梅毒(男女)/亀頭包皮炎(男)/性器ヘルペス(男女)/尖圭コンジローム(男女)/尿路結石(男女)/過活動膀胱(男女)/神経性頻尿(男女)/尿路腫瘍(男女)/副睾丸炎(男)/外陰部炎(男女)など

【自費診療】
バイアグラ・レビトラ・シアリス外来(ED外来)/男性型脱毛症(AGAプロペシア)/にんにく注射/プラセンタ注射/包茎手術 など

【自費検診】
採血による前立腺がん検診(PSAだけの単独項目検査)/性感染症検診(男・女)/

☆前立腺がんの二次検診も当院付属の医療機関にて『信頼性の高い検査』が可能です。
☆当クリニックには手術や入院を必要とする方には、すぐに対応できる附属病院【医療法人正進会 名古屋泌尿器科病院(名古屋市中川区松葉町5-34 TEL:052-352-1222)】があり、24時間体制ができています。



☆早瀬喜正(はやせ・よしまさ) 丸善クリニック院長
1967年名古屋大学卒業。アメリカのメーヨー クリニック、ジョンズ・ホプキンス大学、ドイツのボーステル医学研究所への留学後、愛知医大泌尿器科学講師などを経て1981年丸善ビルクリニック開業。2008年移転し、医療法人正進会 丸善クリニックとして現在にいたる。日本泌尿器科学会 評議員、指導医、専門医。愛知県泌尿器科医会 理事。


◇交通アクセス
地下鉄 名城線 矢場町駅下車 6番出口より 徒歩1分
(矢場町駅までは名古屋駅より6分です。)
東山線 栄駅下車 サカエチカ 6番出口より 徒歩5分

市バス
■名古屋バスターミナル(松坂屋2Fのりば)からグリーンホーム
のりば4 栄758 (都心ループ) →ナディアパークバス停下車

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle