慶應義塾大学病院-精神・神経科

慶應義塾大学病院

〒160-8582 
東京都新宿区信濃町35番地
電話 (03)3353-1211(代表)
・病院長 武田 純三

http://www.hosp.keio.ac.jp/index.htm
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


・外来受付時間
初診・再診(予約のない方)
午前8時40分~午前11時


・休診日
日曜・祝日 / 第1・3土曜日 / 年末年始(12月30日 ~1月4日)
慶應義塾の休日(1月10日、4月23日)
 

・再診
予約のある方 : 午前7時~来院指定時刻

・面会時間
平日 : 午後3時~午後7時
土・休日 : 午後1時~午後7時
小児病棟は病室により時間帯が異なります。
病棟にてご確認ください



◇診療科等のご案内
専門外来の受診を希望される患者さんへ
当診療科が初めての方および3年以上前に当診療科を受診された方は、初診手続きが必要となりますので、午前11時までに来院し受診してください。専門外来は原則として予約制です。当日、受診できない場合もありますので予めご了承ください。また、紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない場合は、「選定療養費(5,250円)」をお支払いいただくことになります。


◆診療科目

内科(循環器、呼吸器、消化器、腎臓・内分泌・代謝、神経、血液、リウマチ、老年) / 外科(一般・消化器、心臓血管、呼吸器、脳神経、小児)/ 麻酔科 / 整形外科 / 形成外科 / 小児科 / 産科 / 婦人科 / 眼科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 耳鼻咽喉科 / 精神・神経科 / 放射線治療科 / 放射線診断科 / 歯科・口腔外科 / リハビリテーション科 / 救急科 / 漢方医学センター / スポーツ医学総合センター / 感染症クリニック / 遺伝相談外来



◇精神・神経科ご案内
 私たち精神・神経科は、こころの問題を扱います。
しかし、それは単なる心の病気の診断ではありません。 患者さん一人一人が、どのような経緯でこころの問題をもたざるをえなかったかを、からだの状態、 こころの状態(発達段階やライフサイクルの問題も含みます)、環境(家族、学校、職場)の状態などの視点から 統合的に理解していきます。従って、治療においても主として患者さん自身に行う薬物療法、精神療法といった手段に加え、 環境調整、社会的資源の積極的な活用を図っていきます。
 私たちは他の領域との連携も大切にします。医療が高度先進化した現在、臨床各科とも連携しながら、 より適切な援助ができるように心がけています。 また、患者さんが生活している地域(保健所など)との連携も挙げることができます。 さらに、各専門的治療の必要な患者さんに対しては、専門施設との連携を行います。


・当診療科の対象疾患は次のようになっております。

気分障害(躁うつ病、うつ病)、統合失調症、神経症性障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、ストレス反応、解離性・転換性 障害)、 心身症・身体表現性障害・自律神経失調症、摂食障害(神経性無食欲症、拒食症、過食症)、 睡眠障害(不眠症、過眠症、睡眠・覚醒リズム障害など)、 身体疾患に伴う精神的問題、てんかん、薬物依存、アルコール症、思春期・青年期精神障害、老年期精神障害(痴呆性疾患、せん妄 など)、 家庭・学校・職場のメンタルヘルス


◇当診療科では次のような症状を扱っております。
・気分が沈み、悲観的に考える
・無気力で、何をしても面白くない
・集中力がない
・物忘れが目立つ
・イライラして怒りっぽい
・漠然とした不安がいつも続いている
・不安で外出が怖く、乗り物に乗れない
・不安のあまりパニックになる
・戸締まりや火の始末を何度も確認せずにいられない
・汚れやウィルス・細菌などがひどく気になる
・物音や周囲の出来事にひどく過敏になる
・体は不調だが、病院の検査では異常がない
・拒食,過食
・不眠
・学校や職場にうまく馴染めない

◇主な検査内容のご案内
当診療科で実施している検査内容は次のようになります。
一般血液検査 脳波 心理検査 CT MRI


☆精神・神経科学
専任講師 渡邊衡一郎(わたなべ こういちろう)
慶応大学医学部卒

☆菊地 俊暁 (きくち としあき)
慶應義塾大学医学部精神神経科医員
慶應義塾大学医学部卒業後、桜ケ丘記念病院を経て現職。
主にうつ病や不安障害の認知行動療法や精神療法と薬物療法の統合などを研究。
日本認知療法学会幹事。
著書に神田橋條治らとの共著「うつ病治療-現場の工夫より」などがある。


◇交通アクセス
交通のご案内 路線図広域マップ狭域マップ成田・羽田から

JR総武線「信濃町」駅下車、徒歩約1分
地下鉄都営大江戸線「国立競技場」駅下車(A1番出口)、徒歩約5分
丸の内線「四谷三丁目」駅下車(1番出口)、徒歩約15分
半蔵門線・銀座線「青山一丁目」駅下車(0番出口)、徒歩約15分
バス新宿駅西口-品川車庫(品97)「信濃町駅前(慶應病院前)」下車
早大正門-渋谷駅東口(早81)「四谷第六小学校入口」下車
車※駐車スペース(有料)に限りがありますので、お車での来院はご遠慮ください。
なお、当院周辺の駐車場情報(PDF)を作成いたしましたので、ご活用ください。

成田国際空港から成田エクスプレス(JR)利用
新宿・池袋方面行きの成田エクスプレスに乗車し、新宿駅で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約2時間)

京成スカイライナー利用
京成スカイライナーに乗車し、日暮里駅で下車。JR山手線内回り(上野・秋葉原方面行き)に乗車し、秋葉原駅でJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約2時間)

リムジンバス利用
新宿駅行きのリムジンバスに乗車し、終点新宿駅で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗車し、信濃町駅下車(所要約2時間)
羽田空港から東京モノレール利用
東京モノレールに乗車し、浜松町駅で下車。JR山手線内回り(渋谷・新宿方面行き)に乗車し、新宿駅でJR総武線に乗り換え、信濃町駅下車(所要約1時間)

リムジンバス利用
新宿駅行きのリムジンバスに乗車し、終点新宿駅で下車。秋葉原方面行きのJR総武線に乗車し、信濃町駅下車(所要約1時間半)


Sponsored Links

川崎医科大学病院附属病院ー心療科(精神疾患の診療)ー

川崎医科大学病院附属病院

〒701-0192
岡山県倉敷市松島577
TEL:086-462-1111(代表)
・病院長 角田司
http://www.kawasaki-m.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇特定機能病院
医科大学の目標は、教育・研究・診療の3本柱をいかに達成していけるかにつきます。この点における私立医科大学附属病院の役割は、医学生のための教育病院であること、卒後研修医とレジデントのための臨床研修病院であること、さらに地域の基幹病院として医療の発展と患者さんへのサービスに努め、高度かつ先進的医療を提供する特定機能病院であること等が挙げられます。なお、特定機能病院の定義は、医療法の第4条の2に揚げてあり、要約すると、特定機能病院の法定人員および施設の基準等を満たすと共に、
1.高度の医療を提供する能力を有する。
2.高度の医療技術の開発および評価を行う能力を有する。
3.高度の医療に関する研修を行わせる能力を有する。
などであり、当院は平成6(1994)年4月に承認されています。その後も、特定機能病院に求められている高い社会的使命を自覚し、期待に十分応え得る魅力ある高度医療の推進に努めています。最近の専門各科における高度医療の提供の実績は下記に掲載しました。臓器別、専門スタッフによるチーム医療、最新鋭の機器・設備、患者さんのアメニティーに十分配慮した新しい療養環境、そして安全で安心と納得のできる医療行為は、高度の先進医療を提供する病院として、その使命にふさわしい内容と考えています。また、特定機能病院として、地域の病院、診療所とますます連携を深めつつ、高度で良質の医療を提供する責務を果たし、地域の人々から信頼され、支持されるよう職員一同が日々努力しているところです。


◇受診案内
・初めての方(初来院)初めて受診される方
・他院から紹介状を持参して初めて受診される方
必ず保険証をお持ちください。保険証がない場合は実費扱いとなります。
受診の際のお願い
現在、他の医療機関に受診されている場合は、できるだけ紹介状をご持参ください。その際、他の医療機関で検査した結果(血液画像診断など)や、使用中のお薬があれば一緒にご持参いただければ、診療の参考になります。

・紹介状のない方
診療申込書・保険証を初診受付へ
紹介状がなくても受診できますが、保険外併用治療費として\3150(実費)が必要となります。

・受診相談
どの科を受診したらよいか分からない等お困りの方は、看護師長をはじめとする受診相談アドバイザーが、ご相談をお受けいたします。2階 初診受付へお申し出ください。


◇診察受付時間

≪月曜日~金曜日≫
午前8時30分~午前11時30分
午後1時30分~午後4時
≪土曜日≫
午前8時30分~午前11時30分

◆診療科目
総合診療科、臨床腫瘍科、救急科、循環器内科、呼吸器内科、心臓血管外科、呼吸器外科、腎臓内科、泌尿器科、血液内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、神経内科、脳卒中科、脳神経外科、心療科、小児科、新生児科、小児外科、産婦人科、乳腺甲状腺外科、皮膚科、リウマチ・膠原病科、整形外科、形成外科・美容外科、リハビリテーション科、食道・胃腸内科、肝・胆・膵内科、消化器外科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、麻酔・集中治療科、放射線科(画像診断、治療、核医学診療)、健康診断センター


◆心療科概要:
心療科は、精神疾患の診療を行っています。具体的には、うつ病、躁うつ病、神経症、心身症、統合失調症、さらに児童思春期や老年期特有の精神疾患などの精神疾患全般を外来、入院で診療しています。

近年、心の病については、かつてよりはるかに多くの人が病院を訪れるようになってきています。しかし、県内には心療科や精神科を有する総合病院は少ないため、多くの患者さんが当科へ来られます。病気と言えない程度の相談から、専門的治療のための近隣医療機関からの紹介に至るまで、幅広いニーズに対応しています。

当科での検査としては頭部画像検査(MRIやCTなど)や各種心理検査(人格検査や知能検査)などがあります。治療法としては、主に薬物療法と精神療法、入院では作業療法なども行っています。

病棟は、他の診療科と同様な病棟構造、すなわち開放病棟だけであり、いわゆる閉鎖病棟はありません。そのため、病状によっては近隣の病院へ紹介させていただくことがあります。
科のモットー
患者さんのための医療を行うことです。気軽にご相談に応じます。福祉サービスについての情報提供も行います。精神障害者のQOL(生活の質)を高めることを常に念頭に置いています。

◇関係する症状
不眠
寝つけない。眠ってもすぐ目がさめる。

不安
漠然とした不安感があり、ゆったりとできない。

食欲不振
食べたいと思わない、食べてもおいしくない。

拒食、過食
食べることを嫌がる、食べ過ぎてしまう。

抑うつ
いつもとちがう気分の落ち込み。

過呼吸
呼吸が苦しく速くなり、手足がしびれる。

幻覚
実際にないものが見えたり聞こえたりする。

妄想
事実でないことを確信し、疑わなくなる。

など日常生活が精神的に普段と違ってきた場合、一度心療科を受診してみてください。

■治療している主な病気総合失調症
幻覚や妄想を伴い、現実的な行動がとれなくなる。

うつ病
気分が落ち込み、元気がなく、記憶力や判断力も落ちる。

躁うつ病
全く元気がなくなった、または異常にハイテンションとなる。

パニック障害
動悸や窒息感、不安感などが突然に起こる。

神経症性不眠
眠ることにとらわれてしまい、眠ろうとするほど眠れない。

不安障害
漠然とした不安感がある、または急に不安になる。

強迫性障害
ある事柄が気になり、確認せずにはおれない。

適応障害
ストレスによって不安や抑うつが起こる。

摂食障害
拒食や過食。体重や食事のことで頭が一杯になる。

身体表現性障害
心の悩みが体の症状として現れる。

などが治療の対象となりますが、広く心理的に困っていることがある場合もできるだけご相談にのります。

・特徴・特色
心の病に対して、医学生物学的側面(薬物療法など)、また心理社会学的側面(精神療法など)の両面からの診療を行っています。身体合併症をもつ患者さんには、他の診療科と連携して診療にあたっており、他の診療科に入院されている患者さんに対するコンサルテーションリエゾン精神医学にも積極的に取り組んでいます。また精神科リハビリテーションとして、作業療法士による作業療法やレクリエーション療法も活発に行っています。


■専門外来行動療法
学習心理学を臨床に応用した精神療法で、とくに強迫性障害等の不安障害への有効性が実証されています。

※受診の際のお願い
受診される場合は、事前の予約をお願いします。


☆心療科 部長(教授) 青木 省三(Syouzou Aoki)

岡山大学 S52.3 卒業

専門:臨床精神医学、青年期精神医学

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本心身医学会認定医・指導医、日本児童青年精神医学会認定医


◇交通アクセス
・電車をご利用の方
JR山陽本線・伯備線 : 「中庄(なかしょう)駅」下車、徒歩10分
岡山駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 12分
倉敷駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 5分
※快速「サンライナー」は停車しないので、ご注意ください。
・新幹線をご利用の方
上り、下りとも「岡山駅」下車
JR山陽本線・伯備線「中庄(なかしょう)駅」下車
※新倉敷駅下車は不便です。
・路線バスをご利用の方
バス停「川崎医大前」下車
岡山駅前バス停から 40分
倉敷駅前バス停から 20分
・飛行機をご利用の方
岡山空港からタクシ-で40分


Sponsored Links

国立がん研究センター東病院 ー薬剤師外来ー

国立がん研究センター東病院
独立行政法人国立がん研究センター
・理事長 嘉山 孝正

千葉県柏市柏の葉6-5-1
TEL 04-7133-1111(代)

http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html
(※詳細は、各リンク先にてご確認ください)

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の「薬剤師外来」:
同病院では、抗がん剤治療前に薬剤師が説明をしたり、電話相談に応じたりしている。
2008年8月からは、医師の診察時に薬剤師が立ち会う試みも一部で始めたという。
・患者の情報を共有できるのでより的確な助言ができ、たとえ投薬ミスがあったとしても気づきやすい、などのメリットがある。


★薬剤部:
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/pharmacy/index.html
薬剤部では日常業務として、調剤業務、製剤業務、注射薬業務、薬務業務、医薬品情報業務、服薬指導業務を行っています。

・抗がん剤調製室(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/pharmacy/ph03.html

・薬剤部部員紹介(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/pharmacy/ph11.html


★初めて診察を受ける時は何を持っていけばいいでしょう。
ー初めて受診される場合は、以下のものをご用意ください。ー
・ 紹介状
・ 紹介された病院より預かった資料(レントゲンフィルム・検査結果等)
・ 保険証(老人医療受給証等)

◆休日外来診療について:
毎月第2及び第4日曜日に新規の患者さんを対象とした休日外来診療を行っています。
「平日に休みを取りにくい」・「癌ではないかと心配」・「健康診断で精密検査を勧められた」とういう方などに受診していただき、癌の早期発見につなげる事を目的としています。

※予約センター電話:04-7134-6991
・受付:
平日 8時30分~17時15分

◆診療科目:
消化管内科、下腹部外科 ・・・ 月2回
呼吸器内科、頭頸部外科、上腹部外科 ・・・ 第2のみ
肝胆膵内科、胸部外科、泌尿器科 ・・・ 第4のみ
化学療法科及び乳腺科 ・・・ 化療、乳腺、血液の交代制のため詳しくは予約センターへお問い合わせください。


◇初診患者さんへのお願い

患者さんに対する診療行為の中で様々な試料や診療情報が発生しますが、従来、このような試料や診療情報を研究目的で用いることは、患者さんに不利益や危険をもたらすことが無いという考えに基づき、患者の皆様にお知らせすることなく行われてきました。
しかし、どのような試料や情報が、どのように使われているかをご理解いただき、そのような利用に同意をいただいたうえで、研究に用いさせていただくことが求められる時代となってきました 。

そのため、国立がん研究センター東病院では、平成17年4月から、受診されるすべての初診患者の方に、「検査試料、生検組織、摘出標本などのがん研究への利用に関するお願い」という説明文書をお配りし、回答をいただくようにお願いしております。

※日本病院薬剤師会が認定する「がん専門薬剤師」は、現在全国に222人いるという。

◇交通のご案内:
•つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス駅西口から、東武バス(国立がんセンター経由) 江戸川台駅東口行きまたは柏の葉公園循環行き6分 国立がんセンター下車またはタクシー4分
•JR常磐線・東京メトロ千代田線・東武野田線 柏駅西口から、東武バス国立がんセンター行き30分またはタクシー20分
•東武野田線 江戸川台駅東口から、東武バス(国立がんセンター経由) 柏の葉キャンパス駅西口行き10分 国立がんセンター下車またはタクシー7分
•羽田空港から、東武・京浜急行高速バス柏駅西口行き1時間15分
•常磐自動車道 柏IC. 千葉方面出口から国道16号線へ500m先を右折5分


Sponsored Links

富山大学附属病院(産科婦人科教授・齋藤 滋)

富山大学附属病院

〒930-0194
富山市杉谷 2630番地
TEL 076-434-2281(代表)
・病院長 遠藤俊郎
http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受付時間は初来・再来とも午前8時30分~午前11時まで(午後の予約の方は除きます)

・お電話はなるべく外来が手すきな午後2時以降にお願いします。

◆診療科
総合診療部
代謝・内分泌内科
免疫・膠原病内科
呼吸器内科
循環器内科
腎・高血圧内科
消化器内科
血液内科
皮膚科
小児総合内科
小児循環器内科
小児発達神経科
神経精神科
放射線科
心臓血管外科
小児循環器外科
呼吸器一般外科
消化器外科
乳腺内分泌外科
小児外科
脳神経外科
整形外科
産科婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
麻酔科
歯科口腔外科
和漢診療科
神経内科


※総合診療部
診療対象.紹介状のない初診の患者さんや複雑な要因が関与すると思われる患者さんを対象に、こころのケアを含めた総合的視点から包括的、全人的医療を行っています。
対象患者.病名、診断が未定の初診の患者さんが対象です。

【部長】
教授 山城 清二


【副部長】
診療教授 北 啓一朗

連絡先TEL(076)434-7701
 内科外来受付
FAX(076)434-5069

・和漢診療科は、完全予約制です。


◇産科婦人科産科婦人科医局
【診療科長】
教授 齋藤 滋
診療科長
(教授)
周産期、腫瘍、子宮内膜症、不育症

【副科長】
診療教授 日高 隆雄
副科長
(診療教授)
腫瘍、子宮内膜症、腹腔鏡手術、漢方、更年期


・連絡先TEL
(076)434-7714
産科婦人科外来受付
FAX(076)434-5036

概要.附属病院産科婦人科は1979年10月より診療が始まりました。診療部門は大きく3つに分けられ、腫瘍、周産期、不妊・生殖内分泌の専門家がチームを編成し、診療にあたっています。
腫瘍に関して進行癌症例に対して術前化学療法を行い、手術不能例を手術可能にし根治性を高めたり、放射線療法と組み合わせることによって治療効果をあげることに成功しています。放射線療法では、腔内照射や組織内照射を富山県内で行なう唯一の施設であり高齢者や進行症例、再発症例に対して治療を行っています。また、平成20年からは照射部位をコンピューターで設定し、副作用を少なく、治療効果を高める装置も導入され、今後治療成績がさらに向上すると考えられます。日本婦人科腫瘍専門医2名が中心となり専門的な治療を行なっています。また、子宮頚部の初期病変(上皮内癌など)に対して特殊な電気メスを用いた円錐切除を行い、子宮頚癌の根治性と妊孕性温存の両方の面で良好な成績を収めています。
周産期に関して早産の予知・予防に積極的に取り組み、早産による新生児死亡や後障害発生を減らすことに成功しています。平成13年度より周産母子センターが併設され、さらに多くの患者さんを受け入れることが出来るようになりました。現在、富山県内の第3次医療施設として富山県立中央病院とともに中心的な役割を果たしています。県外から多くの先天性心疾患(生まれつきの心臓の病気)の患者が紹介され、手術件数では北陸一です。
不育症に関して妊娠はするのですが、流産や死産をくり返し元気な赤ちゃんを持てない人を不育症といいます。当科の教授 齋藤 滋は、厚生労働省の不育症の研究班の代表世話人を務め、不育症に対しての治療を行なって良好な成績を得ています。県外からも多くの患者さんが来られ、治療により元気な赤ちゃんを出産されています。
不妊症に関して従来、体外受精を行なってきましたが、産婦人科医不足のため一旦中断しております。しかし、県内の不妊専門の医院と連携をとり、治療を進めることは可能です。
特殊外来に関して更年期外来、産婦人科漢方外来、思春期外来、子宮内膜症外来を設置し、特に、漢方外来では更年期・不妊症などの内分泌異常の治療に良好な成績を収めています。 日高准教授、長谷川診療講師は更年期疾患の専門医であり、多くの症例を治療しております。また当科ではKTPレーザーメスを用いた子宮内膜症の手術を積極的に行なっており、不妊症例では2年以内に70%以上の人が妊娠しておられます。


◇高度な医療または特徴的な医療
産科・婦人科の一般的な疾患の治療に加え、以下のような特徴的な医療を行っています。

•独自のマーカーを用いた早産の早期発見・早期治療
•パルスドップラー超音波断層法検査を用いた胎児異常の早期発見・治療
•多胎や妊娠中毒症などのハイリスク妊娠の管理
•ダブルバスケットカテーテルを用いた胎児手術
•子宮頚部高度異常形成~上皮内癌等の子宮頚部早期癌に対するLEEPを用いた子宮温存手術
•良性卵巣腫瘍・子宮筋腫・子宮内膜症などの内視鏡下手術
•抗癌化学療法の副作用軽減を目的とした漢方併用療法
•卵管性不妊症に対する卵管鏡下卵管形成術
•原因不明不妊症に対する漢方治療
•子宮内膜症の系統的治療
•更年期障害・骨粗しょう症に対するホルモン補充療法および漢方療法
•不育症に対する系統的治療
【増えている腹腔鏡下手術】
 腹腔鏡下手術とは、開腹せずに腹腔鏡で腹腔内の様子をビデオスクリーンに写しだし、この画面を見ながら特殊な器具を使って手術を行う方法です。腹腔鏡下手術ではお腹に5から10mm程度の3ヶ所ほど小さな穴を開けるだけで手術ができます。傷が小さいため、術後の痛みが少ない上、傷はほとんど見えなくなるので美容上の利点もあります。3から4日という短期間の入院ですみ、社会復帰も早くなります。開腹手術に比べて腹腔内の癒着が起こりにくいともいわれ、不妊症患者の手術にも適していると考えられています。このような観点からも腹腔鏡下手術は今後ますます盛んになる手術法と考えられます。
 当科では、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮外妊娠、不妊症(卵管卵巣周囲癒着症や多嚢胞性卵巣)などを対象に腹腔鏡下手術を行っています。当科での腹腔鏡下手術の実施件数と実施率はどんどん増えていきます。


☆齋藤 滋(さいとう しげる)
診療科長
富山大学 医学部 教授

昭和 55年 奈良県立医科大学卒業、産婦人科学教室入局(主任:一條元彦教授)
昭和 59年 同大学院医学研究科卒業
同大学助手(産婦人科)
昭和 60年 奈良県立医科大学医学博士授与
昭和 61年5月~62年7月 京都大学ウイルス研究所予防治療部に留学
文化勲章受章者の日沼夫先生のもとでサイトカイン、分子生物学、細胞生物学を学ぶ
平成  2年 奈良県立医科大学 講師 (産婦人科)
平成  9年 奈良県立医科大学 助教授(産婦人科)
平成 10年 富山医科薬科大学 教授 (産科婦人科学)
平成13年~15年3月、
平成17年~19年3月 富山医科薬科大学附属病院周産母子センター長(併任)
平成16年~21年3月 富山医科薬科大学副病院長
平成21年4月~平成22年11月 富山大学附属病院周産母子センター長(教授と併任)
※平成17年10月より、富山医科薬科大学から富山大学に名称変更となる


◇交通アクセス(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
(http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/map.html)
富山大学附属病院へのアクセス方法所在地
〒930-0194
富山市杉谷2630番地
TEL.076-434-2281(代表)

交通機関をご利用の場合
JR富山駅より富山地鉄バス(3番乗り場)で30分

富山空港よりタクシ-で20分
お車でお越しの場合
《県道62号富山・小杉線(有沢線)から》
「ファミリーパーク前」交差点を南側に曲がる。

《県道59号富山・庄川線(朝日方面)から》
朝日公民館前の三叉路を西側に曲がる。病院南口

《国道359号線砺波方面から》
「長沢」交差点を左折し,平岡三叉路を右折し,県道68号富山外郭環状線を通り,「総野」交差点を直進する。病院南口

《北陸自動車道富山西ICから》
  1.「西インター入口」交差点を左折。400mほど進み,「平岡」交差点を左折。200mほど進み,一旦停止の交差点を左折。400mほど進み,三叉路を右折し「総野」交差点を直進して300mほどで病院南口。(案内板がありますが,病院や大学の建物は見えません。)
  2.「西インター入口」交差点を右折。県道62号富山・小杉線(有沢線)の「古沢」交差点(サンクス角)を右折し,2つ目信号の「ファミリーパーク前」交差点を南側に曲がる。
外来駐車場のご利用案内
当院は自動パーキングシステム・全自動料金精算システムを設置した駐車場を備えております。

外来通院患者さんのご利用の場合は「無料」です。
受診終了後、病院1階受付ロビーの駐車券精算カウンターに「駐車券」をご提示いただければ「無料」の刻印をいたします。

入院患者さんのご利用の場合は「無料」です。(1回限り)
ご入院の際に、病院1階受付ロビーの駐車券精算カウンターに「駐車券」をご提示頂ければ「無料」の刻印をいたします。

付き添いの方のご利用の場合は「無料」です。
各病棟のナースステーションで駐車券に「付添確認印」を押印いたしますので、病院玄関ホール1階受付ロビーの駐車券精算カウンターに駐車券をご提示頂ければ「無料」の刻印をいたします。なお、時間外及び休日は、病院玄関ホール1階インフォメーション窓口(守衛室)で手続きをお願いいたします。

通常のご利用料金について(お見舞いの方、その他)
ご入車から1時間までは300円。1時間を越え30分毎に100円が加算されていきます。

その他
本駐車場は、午前7時から午後2時30分までの間、教職員・学生の利用を禁じています。


Sponsored Links

旭川医科大学病院

旭川医科大学病院

〒078-8510
旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
TEL:0166-65-2111
http://www.asahikawa-med.ac.jp/index_h.php?f=index
(※詳細は上記リンク先よりご確認ください)

◇外来診療受付時間
平日午前8:30~午後0:00


◇病院長から(一部抜粋)
(※詳細は下記リンク先にてご確認ください)
http://www.asahikawa-med.ac.jp/index_h.php?f=hospital+guide+president

吉田晃敏学長のご指名により平成19年7月1日付けで旭川医大病院の第8代病院長に就任いたしました。医療の荒海に漕ぎ出す一艘の船に乗り込んだ気持ちです。船へのダメージを恐れて入江に避難したまま医療の嵐の過ぎ去ることを待つことはもはや出来ません。幸いにも私の乗った「旭川医科大学病院丸」には乗員としてこの数年間必死になって病院の収入増に努力してこられた優秀な職員の方々がおりますし、何にも増して全幅の信頼をおくことの出来る吉田晃敏学長という舵取りがおります。病院長としての当面の任務は学長が病院運営改革に関して掲げられたマニフェストを出来るだけ早い時期に確実に実行することだと思います。このことを常に念頭におきながら吉田学長の舵取りの下、職員の皆様のご協力を得て安心して荒波に漕ぎ出したいと思っております。以下に、私が病院長としてまず心がけたいことを2、3挙げたいと思います。
旭川医科大学病院長 松野丈夫

☆第八代病院長 松野 丈夫
昭和46年(1971年)北海道大学医学部医学科卒業
平成9年(1997年)旭川医科大学整形外科学講座 教授
平成14年(2002年)第29回日本股関節学会 主催
平成18年(2006年)第39回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 主催
平成19年(2007年)旭川医科大学病院 病院長


◇当院を初めて受診される方(初来院)の手続

記載台にある申込書(A4版白色)に必要事項を記入し、保険証と紹介状を添え、受付カウンターの「初診受付」へお持ちください。

初診の際、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合には、健康保険の初診料とは別に初診時負担額として、2,625円(税込H.23.2月時点)をいただいております。
※ 詳細は、受診前にお問合せください。


◆診療科
1階
眼科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
小児科・思春期科
新生児科
脳神経外科
精神科神経科
歯科口腔外科
総合診療部

2階(玄関ホール)
消化器内科
消化器外科・一般外科
呼吸器外科
乳腺内分泌外科
小児外科
循環器内科
腎臓内科
呼吸器内科
神経内科
心臓外科
血管外科
糖尿病内科
膠原病内科
内分泌内科
血液・腫瘍内科
麻酔科蘇生科
ペインクリニック・緩和ケア科

3階
整形外科
泌尿器科
皮膚科
周産母子科(産科)
女性医学科(婦人科・生殖医学科)
放射線科



◇交通アクセス
主要地からのアクセス(JR・飛行機・自動車)

JRで道内主要駅から旭川駅まで

平成21年5月現在
出発駅 系統名 所要時間 備考
新千歳空港駅 快速エアポート
≫特急スーパーカムイ 約1時間56分 日中1時間間隔直通運転あり
札幌駅 特急スーパーカムイ 約1時間20分 日中30分間隔運転
北見駅 特急オホーツク 約2時間53分
網走駅 特急オホーツク 約3時間40分
釧路駅 特急スーパーおおぞら
~特急スーパーカムイ 札幌駅乗換え
約5時間12分 乗換え時間は含みません
稚内駅 特急スーパー宗谷/
特急サロベツ 約3時間34分/
約3時間48分
函館駅 特急スーパー北斗~
特急スーパーカムイ 札幌駅乗換え
約4時間36分 乗換え時間は含みません

飛行機で主要空港から旭川空港まで

平成21年10月現在
路線 所要時間 1日の便数 運行会社
東京(羽田) 約1時間35分 12便 JAL・AIRDO・ANA・SKY
名古屋(中部) 約1時間45分 1便 ANA
函館 約1時間 1便 HAC
詳しい発着時刻は旭川空港ターミナルホームページ(時刻表)
http://www.aapb.co.jp/furaitoinfo.htmlにて

自動車で主要駅・主要都市から旭川医科大学まで

平成21年5月現在(※詳細は下記リンク先でご確認ください)
http://www.asahikawa-med.ac.jp/index.php?f=access+index
出発地 距離 所要時間 経路
札幌駅 道央道経由約146km 約2時間19分 運転ルートリンク(Googleマップ)
稚内駅 道央道経由約249km 約5時間30分 運転ルートリンク(Googleマップ)
函館駅 道央道経由約444km 約6時間29分 運転ルートリンク(Googleマップ)
新千歳空港 道央道経由約183km 約2時間46分 運転ルートリンク(Googleマップ)
富良野駅 約53km 約1時間28分 運転ルートリンク(Googleマップ)
帯広駅 道東道経由約173km 約3時間57分 運転ルートリンク(Googleマップ)
釧路駅 道東道経由約298km 約6時間34分 運転ルートリンク(Googleマップ)
網走駅 約214km 約5時間 運転ルートリンク(Googleマップ)
根室駅 約361km 約8時間47分 運転ルートリンク(Googleマップ)
紋別市 約148km 約3時間50分 運転ルートリンク(Googleマップ)


旭川駅からのアクセス

旭川電気軌道バス

平成21年5月現在
行き先
のりば
バス系統
所要時間
運賃
医大病院前
駅前緑橋通り 5番
71番
約33分
270円
医大病院前
1条通7丁目 12番
80・81番
約28分
270円

※のりば名をクリックすると旭川駅周辺バス停マップが表示されます。
※何れの系統も「医大病院前停留所」が終点です。

71番時刻表 | 80番時刻表 | 81番時刻表

タクシー

旭川駅から所要時間約15分:料金約2,600円
※行き先を医大病院または医大と告げて下さい


旭川空港からのアクセス

バス

平成21年5月現在
行き先
のりば
下車 運行会社 所要時間
運賃
旭川市内行き
旭川空港 旭川医科大学
旭川電気軌道・道北バス
約16分
440円
旭川行き
旭川空港 旭川医科大学
ふらのバス
約18分
440円

※旭川市内行きバスは旭川電気軌道と道北バスの共同運行です。

空港線時刻表 | ふらのバスラベンダー号

タクシー

所要時間約13分 料金約3,000円
※行き先を医大病院または医大と告げて下さい。


Sponsored Links

名古屋市立大学病院ー呼吸器外科

名古屋市立大学病院

〒467-8602
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
電話:052-851-5511
・病院長 山田和雄
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・初めて受診される方
1.総合案内に設置されている番号札をお取りのうえ、後方の記載台にある『診療申込票』に必要事項をご記入ください。他の病院・診療所等からの紹介状をお持ちの方は、診療申込票中段にある「紹介状の有無」の「有」を丸で囲ってください。
2.2番新来受付窓口より番号でお呼び出ししますので、診療申込票、保険証(医療証を含む)、番号札を提出してください。次に4番診察券交付窓口で保険証(医療証を含む)、診察券をお渡ししますのでご確認のうえお受け取りください。なお、交通事故・労災の関係で受診される方は、必ずお申し出ください。
3.次に受診科のある階の外来受付窓口に移動後、診察券を、また紹介状がある場合は紹介状を提出してください。手続きが終わりましたら「診療予定票」をお渡ししますので、お呼びするまで外待合でお待ちください。

◇診療受付時間
初診:8時30分~11時
再診:(予約外)午前8時30分~午前11時
(注意)診療科によって若干異なる場合があります。
診療時間 8時30分~17時
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

◇当院に初めて受診される方へ
当院は地域の病院・診療所と連携を深め、機能分担により高度で良質な医療を提供する特定機能病院として承認されています。ほかの医療機関等からの紹介状がない場合でも受診できますが、紹介状をお持ちいただくことにより医師がこれまでの診療の経緯について正確に把握することができるなど診療をより円滑に行うことができますので、ぜひ紹介状をご持参いただきますようお願いします。

なお、ほかの医療機関等からの紹介状がない場合は、初診料のほか「初診料加算額」として1,050円(税込)をご負担いただいておりますので、ご了承の程お願い申し上げます。


◇初診料加算額のおしらせ
当院は地域の病院・診療所と連携を深め、機能分担により高度で良質な医療を提供する特定機能病院として承認されています。次の方は、初診料のほか「初診料加算額」として1,050円(税込)をご負担いただいておりますので、ご了承の程お願い申し上げます。

◇初めて受診される方で、ほかの医療機関等からの紹介状のない方
当院に受診したことがあるが久しぶりの方
風邪などの、普通2~3週間で治癒する病気で、しばらく間をあけて受診される方
次の方は、初診料加算額1,050円をご負担いただく必要はありません。

ほかの医療機関等からの紹介状をお持ちの方(紹介状をお持ちの方は必ず受付に出してください)
救急車で来院された方
慢性疾患により長期に継続して受診されている方
交通事故、労災交通事故や労災の関係で受診される方は、必ず診察の前にそれぞれの診療科の受付にお申し出ください。

保険証の確認毎月初めての受診時と、保険証の内容に変更があった時には、診察券と保険証(医療証、医療券も含む)を受診される科の受付へお出しください。


◆受診案内

内科
総合内科
消化器内科
肝・膵臓内科
呼吸器内科
循環器内科
内分泌・糖尿病内科
血液・膠原病内科
神経内科
腎臓内科
外科
消化器・一般外科
呼吸器外科
心臓血管外科
小児・移植外科
乳腺内分泌外科
整形外科
リハビリテーション部
産科婦人科
臨床遺伝医療部
小児科
眼科
耳鼻いんこう科
皮膚科
泌尿器科
こころの医療センター
放射線科
麻酔科
脳神経外科
歯科口腔外科
緩和ケア部

◇呼吸器外科
呼吸器外科では、積極的に悪性腫瘍から難治性の良性疾患まで幅広く、診断から手術、化学療法に至るまで総合的に疾患治療に取り組んでいます。

診療科の特色呼吸器外科は肺、縦隔(両方の肺に挟まれた心臓などのある部分)の疾患をあつかっています。

疾患の中で主なものは、肺癌などの肺の腫瘍、胸腺腫などの縦隔の腫瘍などで、その他、重症筋無力症に対する胸腺摘出術、手掌多汗症に対する交感神経切除などを行います。

診療・治療に対する心がけ呼吸器外科分野でも医学の進歩にともなって治療の方法は変化してきています。
手術方法の決定にあたっては最新のエビデンスに基づき、症例の進行度、耐術能などに応じて細かい取り決めを行っています。

手術を含む治療方法について患者さん、御家族に十分ご説明をし、疑問の点は質問して頂いて十分なインフォームド・コンセントのもとに治療を行います。

個々の症例につき、内科、放射線科を含めた呼吸器の検討会を行い、方針を決定します。手術以外の選択肢についても十分ご説明します。

肺癌などの肺切除術は胸腔鏡を併用し10cm程度の皮膚切開で行うなど、患者さんにとって負担の少ない方法をとると同時に手術に際しては安全性を最も優先しています。

・主な疾患とその治療法肺癌
肺の悪性腫瘍であり、多くは喫煙者の男性にみられますが、近年では非喫煙者の女性の肺癌が明らかに増加しています。呼吸器外科で扱う中心的な疾患であり、当科ではほぼ全例で胸腔鏡を併用した低侵襲手術を積極的に取り入れ、また進行例では拡大手術や術前術後の化学療法、放射線療法を併用した多角的治療を取り入れています。
転移性肺腫瘍
他の臓器の悪性腫瘍が肺に転移してできた悪性腫瘍で、原発巣がコントロールされていれば手術の適応になります。胸腔鏡下手術が基本です。
縦隔腫瘍
胸腺腫、奇形腫、神経原性腫瘍、胸腺癌、悪性胚細胞性腫瘍と多種多様な腫瘍があります。悪性度の高いものは積極的な切除と周囲臓器の切除も必要になりますが、術前術後の化学療法、放射線療法も効果を認めます。良性腫瘍には胸腔鏡下手術がよい適応になります。
重症筋無力症
眼瞼下垂、複視の眼症状や易疲労感、脱力等の全身症状、構語障害や嚥下障害などの球麻痺症状を主症状とする難治性疾患で抗アセチルコリンレセプター抗体がその病態に大きく関連した疾患です。胸腺の切除が有効で積極的に手術療法を行っています。胸腔鏡下手術も可能です。
手掌多汗症
手掌の発汗過多を主訴とする疾患です。内科的治療は困難で、根治には外科療法が効果的です。胸腔鏡下手術を積極的に行っています。
悪性胸膜中皮腫
アスベストと強く関連のある悪性腫瘍で予後不良な疾患です。根治術だけではなかなか根治が困難です。現在では術前化学療法、術後放射線療法を組み合わせが推奨されています。

☆診療科部長
藤井 義敬 (フジイ ヨシタカ)
1949年 生まれ
1975年 大阪大学 医学部 医学科
呼吸器外科疾患全般、特に縦隔
■現在の研究課題
・ 肺癌、 胸腺腫の発生進展に関わる遺伝子
・ 重症筋無力症の発生と胸腺、 胸腺腫との関わり
・ 胸腺と自己免疫疾患


☆診療科副部長
矢野 智紀 (ヤノ モトキ)
1965年愛知県瀬戸市生まれ
90年名古屋市立大学医学部卒
同大学入局
96年からミズーリ州ワシントン大学心臓胸部外科に2年半留学
99年名古屋市立大学腫瘍免疫外科学助手
05年同講師
その後現職
呼吸器外科疾患全般
・所属学会
日本外科学会(専門医・指導医)
日本呼吸器外科学会(専門医)
日本胸部外科学会(認定医・評議員)
日本呼吸器内視鏡学会(評議員)
日本肺がん学会。


◇交通アクセス
・地下鉄名古屋駅(地下鉄桜通線名古屋駅)
3番ホーム野並行き(約16分)桜山駅(市立大学病院)下車3番出口

・市バス栄バスターミナル(オアシス21のりば)
【4番のりば】
栄26号系統 「博物館」行 (約25分)「市立大学病院」下車

・金山市営バスターミナル
【7番のりば】
金山11号系統 「池下」行(約15分)「桜山」下車
金山16号系統 「瑞穂運動場東」行(約15分)「桜山」下車
金山12号系統 「妙見町」または「金山」行(約15分)「市立大学病院」下車
【8番のりば】
金山14号系統 「瑞穂運動場東」行(約15分)「市立大学病院」下車

地下鉄・市バスの時刻表については、
名古屋市交通局ホームページ:
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/
をご利用ください。

自動車で来院される方へのお願い駐車場に限りがあり、駐車できない場合(特に午前中)もありますので、
公共交通機関等をご利用ください。
なお、駐車場は外来者専用ですので、入院中に駐車されたままにすることはできません。

駐車場管理時間
24時間

駐車場使用料
患者さん 受診の領収書(または薬袋)を駐車場整理券と一緒にご提示ください。 無料
付添の方 一般駐車場利用申請書による承認が必要です。 無料
見舞いの方等 0分~30分まで 無料
見舞いの方等 30分~60分まで 100円
見舞いの方等 以降30分毎 50円増

駐車・駐輪・身障者用駐車台数等駐車場 350
上記のうち身体障害者用駐車場 10
駐輪場 約240

(平成21年4月1日現在)


Sponsored Links

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院ー泌尿器

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

〒241-0811
横浜市旭区矢指町1197-1
TEL 045-366-1111(代表)
http://www.marianna-u.ac.jp/seibu/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◇病院長のご挨拶
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は、横浜市の地域中核病院として昭和62年5月に開院致しました。当院の理念は、『「生命の尊厳」を重んじ常に病める人の声に耳を傾け、癒すこと』です。この理念のもとに病院職員が一丸となって、患者さまのため、さらには病院の発展のために努力を重ねております。
 その結果、平成16年3月に日本医療機能評価機構の病院機能評価の認定を受け、平成21年3月には更新認定を受けることができました。
 また、平成22年10月には地域医療を支える地域医療支援病院として承認を受けました。当院は地域医療の第一線であるかかりつけ医とのネットワークを築き、地域の皆様に継続性のある適切な医療を提供できるように、地域医療全体の向上と充実を支援してまいります。患者さまの日常の健康管理は地域のかかりつけ医、より詳しい検査や手術、入院治療は当院が行う、といった形で機能と役割を分担してまいりたいと存じます。
 これからも私どもは、皆様のニーズに対して、「信頼と満足度100%」の病院となるよう努力する所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
病院長 田口 芳雄


◇初めて受診される方:
地域中核病院としての機能を発揮するため、初めて診療を受けられる方は、お近くの医療機関等で診察を受けられ、紹介状をご持参のうえご来院されることをお勧めします。2回目以降の再診は予約制となりますので、医師が発行する予約票の指示に従ってご来院ください。
ご予約なしで受診される場合は診療待ちの時間が長くなることがあります。

診療受付時間
平 日 第2・4・5土曜日
初 診 8:30 ~ 11:00 8:30 ~ 11:00
予 約 8:30 ~ 16:00 8:30 ~ 11:00
休 診 日
土曜日(第1・第3)、日曜日、
祝日、10月第2土曜日(開学記念日の休日)
年末年始(12月29日 ~ 1月3日)

◇初診受付:
・備え付けの診療申込書の太枠内に必要事項をご記入いただき、保険証と紹介状を添えて初診受付にお出しください。受付終了のあと受診する診療科の受付においでください。

紹介状がない場合は保険診療の自己負担金のほかに初診時選定療養費として、別途 3,150円をご負担していただきます。
症状により受診科の判断がつかない場合は総合案内にご相談ください。
(内科・外科)は必ずお寄りください。
5年以上受診されていない場合は初診受付をしてください。
カルテは5年間受診していないと破棄となります。あらかじめご承知ください。
歯科に受診する場合は直接歯科受付にお申し込みください。
氏名や住所、電話番号、保険証の内容に変更があった時は初診受付にお申し出ください。

【紹介状について】
• 初診時につきましては、原則としてかかりつけ医等からの紹
介制としております。受診時には、かかりつけ医等の地域医
療機関からの紹介状をご持参くださいますよう、お願い申し
上げます。
ただし、救急車での来院等、緊急を要する場合は除きます。

【紹介状をお持ちでない場合】
• 初診時、他の医療機関からの紹介状がなく来院された場合で
も受診することは可能ですが、その場合は、保険診療の自己
負担金のほかに、特別の料金【選定療養費3,150円】をお
支払いいただいています。

【かかりつけ医への紹介について】
• 当院での治療の結果、患者さまの症状が落ち着いたと判断さ
れた段階で、かかりつけ医等の地域の医療機関で診療してい
ただくようにお勧めしています。


◆診療科
総合診療内科 血 液 内 科 リウマチ・膠原病内科 腎臓・高血圧内科
呼 吸 器 内 科 消 化 器 内 科 循 環 器 内 科 代謝・内分泌内科
神 経 内 科 神 経 精 神 科 小  児  科 一般・消化器外科
(乳腺外科)
小 児 外 科 胸部・心臓血管外科 脳 神 経 外 科 整 形 外 科
形 成 外 科 皮  膚  科 泌 尿 器 科 産 婦 人 科
眼    科 耳 鼻 咽 喉 科 放 射 線 科 麻  酔  科
歯    科


◇泌尿器科
診療科のご紹介 (特色)
泌尿器科疾患全般の診断・治療を行います。特殊な検査や、手術療法、化学療法を行う場合などは入院が必要ですが、可能な限り、外来通院で診断・治療ができるよう努めています。近年、増加している前立腺癌の診断に必要な、前立腺針生検(組織検査)の多くも、局所麻酔により外来で行っています。  

ただし、悪性腫瘍に対する放射線治療と腎尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、当院に設備がないため、必要に応じて他施設に紹介いたします。また、小児泌尿器科疾患、性機能障害(ED)、不妊症、男性更年期障害で、より専門的な検査や治療を要する時も、他施設に紹介いたします。

☆スタッフのご紹介:

・武村 宏 主任医長
平成6年聖マリアンナ医科大学医学部卒
泌尿器科全般
日本泌尿器科学会専門医・指導医
・堤 久 医 長
平成9年聖マリアンナ医科大学医学部卒
泌尿器科全般、泌尿性器腫瘍、化学療法
日本泌尿器科学会専門医・指導医
 

・取り扱い症例 (症例数・治療成績)
年間の全手術数は約180例で、そのうち70%は内視鏡による経尿道的手術です。

臓器別にみると、前立腺疾患(40%)が最も多く、膀胱疾患(30%)、腎・尿管疾患(20%)と続きます。 

前立腺疾患では前立腺肥大症と前立腺癌がほとんどです。前立腺肥大症に対しては、まず内服治療を行い、効果がない場合は経尿道的前立腺切除術(年間約20例)を行います。これは、尿道に内視鏡を挿入して、肥大組織を切除する手術で、約1週間の入院が必要となります。前立腺癌は年々増加傾向にあります。診断に必要な前立腺針生検は年間約130例行い、約45%が癌と診断されています。前立腺癌と診断された場合、病期診断を行い治療法を決定します。前立腺に限局した癌の場合、75歳以下でほかに合併疾患がなければ、開腹による前立腺全摘除術(年間約10例)を行います。放射線療法(外照射、小線源密封療法)や腹腔鏡による手術をご希望の方には対応可能な病院をご紹介いたします。これらの治療の適応とならない場合、外来通院で内分泌療法を行っております。

膀胱疾患は、膀胱炎、膀胱の機能障害、膀胱腫瘍など多岐にわたります。膀胱腫瘍の場合、まず尿道に内視鏡を挿入して腫瘍を切除する経尿道的切除術(年間約40例)を行います。この場合、約1週間の入院が必要となります。膀胱腫瘍の多くは、この手術で切除可能ですが、再発しやすい性質があり、一般的に術後1年の再発率は50%とされています。そのため、再発予防目的に、膀胱内薬液注入療法を行うこともあります。これは、週1回膀胱に薬を入れるもので、外来通院で治療可能です。また、経尿道的切除術の病理診断の結果によっては、開腹して膀胱をすべて摘出する根治的膀胱全摘除術の適応となることがあります。この場合は、約1ヶ月の入院が必要となります。 

腎・尿管疾患では、腎盂腎炎、腎尿管結石、腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍などがあります。腎盂腎炎の場合、軽症であれば外来通院で治療可能ですが、重傷の場合は、1-2週間の入院が必要です。腎尿管結石は、痛みに対する治療は行えますが、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)が必要な場合は、他院へご紹介いたします。腎腫瘍では、腎臓を周囲の脂肪組織とともに、一塊として摘出する根治的腎摘除術(年間約10例)が第一選択となります。腫瘍が小さい場合は、腫瘍周囲の正常組織の一部を含めて切除する、腎部分切除術も適応となります。腎盂尿管腫瘍に対しては、腎臓と尿管および膀胱の一部を摘出する、腎尿管全摘除術(年間約10例)を行います。いずれの手術も、開腹で行うため、10日-2週間の入院が必要となります。腹腔鏡による手術をご希望の場合は、他院へご紹介いたします。

・その他
外来診療
月曜日から金曜日の午前中、第二、第四、第五土曜日の午前中に外来診療を行っています。初診の方は、紹介状が無くても受診できますが、かかりつけの先生からの紹介状を持参していただく方が診療が円滑に行えます。

緊急の場合は電話でお問い合わせください。


◇交通アクセス
■ 電車
【小田急線利用】
新宿方面からは江ノ島行に乗車(小田原行乗車の方は相模大野で江ノ島行に乗り換え)、大和で相鉄線横浜行に乗換えて2つ目の三ツ境下車。
小田原方面からの方は、海老名で、相模線横浜行に乗換え三ツ境下車。(海老名から三ツ境まで所要時間約15分)
【東急田園都市線利用】
中央林間で小田急線江ノ島行に乗換え。大和で相鉄線横浜行に乗換え、2つ目の三ツ境下車。(中央林間から大和まで所要時間約6分)
【東急東横線 ・ 京浜急行線 ・ JR京浜東北線利用】
横浜で相鉄線急行(海老名行など)に乗換えて三ツ境で下車。(横浜から三ツ境まで所要時間約17分)
【JR横浜線利用】
新横浜または八王子方面からの方は十日市場にて三ツ境行バスに乗換え、西部病院前下車。(十日市場から西部病院前まで所要時間約20分)

■ 徒歩
【相鉄三ツ境駅より病院まで】
三ツ境駅から野境道路沿い徒歩約12分(約1Km)水道企業団隣

■ バス利用
【相鉄三ツ境駅より病院まで】 
三ツ境駅北口バス発着所1番(116系統)より、若葉台中央行または若葉台中央経由十日市場行に乗車、西部病院前下車。(三ツ境駅より3つ目)

■車利用
【東名横浜・町田I.C. より保土ヶ谷バイパス横浜方面】
上川井I. C. 左折(国道16号線横浜方面)⇒上川井交番前交差点(パチンコ)右折⇒野境道路直進2Km左側
下川井I. C. 右折(丸子・茅ヶ崎線:中原街道)⇒トンネルを抜け西部病院入口交差点右折⇒野境道路直進200m右側

【駐車場】 料金・・・ 30分無料
30分以上4時間まで400円
以降1時間毎に100円


Sponsored Links

長野県立こども病院

長野県立こども病院

〒399-8288
長野県安曇野市豊科3100
電話番号 0263-73-6700(代) FAX:0263-73-5432(代)
・宮坂勝之(院長)

http://www.pref-nagano-hosp.jp/kodomo/iryou.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇病院長あいさつ

 皆様こんにちは。4月1日、こども病院院長として着任しました。小児医療全体を担当する病院に関わった経験はありませんので、日々驚き、感動し、時には疑問を持ちながら仕事をしています。
先日、患者さんのご両親から、院長は病院の「理念」、「方針」を理解しているのか、方針の内容を言えるのか、との疑問を投げ かけられました。皆様ご存知のように、「病院の理念」、「基本方針」、「職員の倫理要綱」、「患者と家族の権利憲章」、 「患者さんとと家族の皆さんへのお願い」は、院内のいろいろな場所に掲示してあります。これらは本院で行われるすべての医療行為の基本を定めた ものであり、私もここに書かれたことを旨として日々仕事をしているつもりでおりました。ただ、質問された際にお答えできず、 「病院の理念と目標は絵に描いた餅ではなく、我々はその実現に向けて日々努力すべきだ」と唱えてきたものとして慙愧に堪えません。長い間病院に勤務してきて、知らずしらず患者さんの視点から離れ、傲慢になってきたのかとつくづく反省させられました 。病院職員の方々にも、「病院の理念」、「基本方針」、「職員の倫理要綱」、「患者と家族の権利憲章」、 「患者さんとと家族の皆さんへのお願い」を改めて読み直し、味わい、胸に刻むようお願いいたしましたし、研修センターでも職員の教育に決意を新たにして取り組みます。

 当院は、長野県における小児医療の最後の砦としての役割を果たしています。今まで長野県民の皆さまの強力なバックアップをいただいて運営されてきましたし、これからも変わらずご支援いただかなくてはなりません。

そのために、病院で行われている医療やそれに伴う様々な業務をより安全に、より正確に、より効率的に、より高いレベルで実施するとともに、より開かれた病院組織にしていく必要があります。地方独立行政法人化された本院の実績は、今後評価委員会、そして県民を代表する県議会により厳しくチェックされますが、日々、患者さん、県民の方々のご意見を広く伺い、よりよい病院運営を心掛けるつもりです。今後ともご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

地方独立行政法人長野県立病院機構
長野県立こども病院院長事務取扱
地方独立行政法人長野県立病院機構
理 事 長 勝 山 努

◆初めての方  

平成22年9月21日(火)から電子カルテが導入されました。
それに伴い受付方法と診察の流れが変わっております。
正面玄関内に職員がおりますので不明な点はお尋ねください。

※患者さんや同居されている方が、はしか・水ぼうそう・おたふくかぜ・風疹・はやり目(流行性角結膜炎)・インフルエンザに罹っているとき、又はこれらの方が周囲におられるときは、受診日の前日か当日の来院前に電話でご連絡ください。場合によっては、受診の延期や特別な来院方法をお願いすることがあります。院内感染防止のためにご協力をお願いします。


【医療機関からの紹介】

 長野県立こども病院を受診するには、原則として医療機関からの紹介状をいただいております。また、

予約制で診療を行っていますので、以下の要領で予約をお取りになり予約時間の30分前にご来院ください。

 診察申込書や問診票の記載、書類準備などの手続きに時間が掛かります。受診予約時間の30分前の来院をお願いしています。


1.受診されている医療機関に、こども病院への紹介状を書いていただきます。(様式は定めていません。)
2.患者様あるいはその保護者の方に、こども病院に予約の電話を入れていただきます。
3.診療日時を患者様と調整のうえ、受診日を決定します。
4.診察日当日は次のものをお持ちください。
紹介状、保険証、母子手帳、お持ちの方は福祉医療受給者証
診察申込書、問診票(事前に診察申込書、問診票を記入された方のみ)
※診察申込書、問診票を事前に記入していただくことで、受付にかかる時間を短くすることができます。
 受診日当日も記入できます。
http://www.pref-nagano-hosp.jp/kodomo/outpatient.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◆診療科目
総合診療部
新生児科
麻酔・集中治療部
神経科
循環器科
小児外科
整形外科
形成外科
脳神経外科
心臓血管外科
泌尿器科
産 科
眼科
皮膚科
耳鼻いんこう科
こころの診療科
遺伝科
リハビリテーション科
放射線科
臨床病理科

高度医療機器 MRI(磁気共鳴画像診断装置)
SPECT(単光子放射線コンピューター断層撮影装置)
リニアック・マイクロトロン(医療用直線加速装置・医療用円型加速装置)
マルチスライスCT(多断面画像診断装置)


◇新生児
特 色

 長野県下には一つの総合周産期センター(当院)と5つの地域周産期センターが存在し、長野県下の新生児救急医療を担っております。長野こども病院新生児科は県唯一の総合周産期センターとして、長野県全体の新生児高度専門医療、ならびに長野県中部の新生児地域医療のみならず、
1.地域の周産期医療施設とのネットワーク作り、2.産科医・小児科医・助産師・看護師の育成、3.療育、教育と連携した成長、発達フォローアップと在宅支援の活動などを積極的に行っております。
 また、同院周産期センターでは、信州大学と連携して、これまで県下全域からハイリスク母胎(胎児異常や多胎、切迫早産、妊娠高血圧症、子宮内胎児発育遅延等)の受け入れをしてきましたが、ミドルリスク母胎(多胎、前回胎児異常、妊娠30.34週の切迫早産等)の受け入れも積極的に行っております。全国同様長野県も産科・小児科不足でお産を中止する施設が増えており、当周産期センターがミドルリスク母胎を積極的に引き受けることによって、県内周産期医療が危機的な状況の中、地域周産期センターや市中医療機関の分娩をこれまで以上に積極的にバックアップしていく体制を取っております。

 本施設は周産期新生児専門医研修基幹施設に認定されており、医学生、初期研修医、後期研修医の新生児医療研修ならびに専門医取得を目指している小児科医の育成もおこなっています。新生児科医はすべての疾患の主治医として、小児循環器科、小児神経科、小児外科、脳神経外科、形成外科、眼科、遺伝科等の専門医とともに新生児期の総合的な小児科管理を行い、さらに退院後の精神運動発達のフォローアップを行っています。また、胎児異常のある母胎に対しても、我々新生児科医が分娩前から積極的に関わっております。また当院新生児科では米国小児科学会認定、Neonatal Resuscitation Program Instructorが医師で4名、看護師で5名存在し、新生児蘇生法(NCPR)のAコース講習会を月1回長野県内地域周産期センターにて開催し、地域の新生児蘇生の技術更新に努めております。

☆総合周産期母子医療センター長
新生児科部長
・中村 友彦 
1984年信州大学医学部卒、1993年長野県立こども病院新生児科、1995-97年、カナダ・トロント大学呼吸生理部門、トロント小児病院新生児研究部門、2002年長野県立こども病院新生児科部長、2004年同総合周産期母子医療センター長
資格:日本小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会 周産期新生児暫定指導医、外国人医師臨床修練指導医、米国小児科学会認定、Neonatal Resuscitation Program Instructor、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生コアインストラクター
研究分野:未熟児貧血とエリスロポエチン療法、液体換気療法、高頻度振動換気法、陰圧換気療法、肺理学療法、新生児慢性肺疾患、液体保育器、MRSAと常在菌、カンガルーケアの留意点


◇産科 
長野県唯一の総合周産期センターとして、ハイリスク妊産婦と胎児の管理を行っています。緊急母体搬送については、信州大学附属病院産科と役割分担を行い、長野県内で受け入れが完結されるシステムになっています。
 また、胎児疾患についてはわが県におけるセンター施設として専門的な出生前診断や胎児治療を行い、出生後につながる一貫した診療を行っています。産科内部で診療方針の統一を図っているのみならず、新生児科や循環器科などの小児各科とも緊密な連携が取れている点は、他県の総合周産期センター以上であると自負しています。

☆医師の紹介菊池 昭彦 (部長)

東京大学医学部産婦人科講師(兼任)
日本産科婦人科学会 代議員、専門医
日本周産期新生児医学会 評議員、母体胎児専門医制度暫定指導医
日本超音波医学会 編集委員会委員、超音波専門医、超音波指導医
日本分娩監視研究会 幹事
長野県産科婦人科医会 理事
長野県母子衛生学会 常任理事、編集委員
長野県周産期医療検討会 委員
Journal of Medical Ultrasonics, Editorial Board, OB/GYN Area Editor


◇泌尿器科  
泌尿器科は腎・尿管・膀胱・尿道などの尿路疾患と陰茎・精巣などの男児生殖器疾患、性分化異常症、排尿機能の障害が主な診療分野で、診断と内科的・外科的治療を行います。受診の多い疾患は、水腎症、膀胱尿管逆流症、尿道下裂、停留精巣、尿失禁・夜尿症、脊髄疾患に起因する神経因性膀胱、包茎などです.それぞれに早期に積極的治療の必要な疾患と成長とともに 治ってゆく疾患があり、見きわめながら治療方針を決めています。現在泌尿器科医は1名で、院内各科および信州大学医学部泌尿器科と連携しながら診療を行い ます。

西澤医師の診察は第1・3・5週、第2・4週は信大医師の診察となります。

☆医師の紹介
西澤 秀治 
1987年三重大学医学部卒業。信州大学泌尿器科、佐久総合病院泌尿器科、自治医科大学外科・小児外科、泌尿器科、英国Great Ormond Street 病院留学などを経て2002年長野市民病院泌尿器科、07年4月よりこども病院.日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本小児泌尿器科学会認定医。
 わかりやすい説明を心がけています。


病院種別 -
病床数 200
主な職員数 医師93人(常勤50、フェロー15、後期臨床研修医10、非常勤18)
看護師・助産師259人(臨任、非常勤含む、うち助産師22)      2010.9月現在


◇交通アクセス
長野自動車道豊科インターチェンジから車で約5分。
JR大糸線豊科駅よりタクシーで約3.2km。
JR篠ノ井線田沢駅からタクシーで約3.8km。
病院に乗り入れるバスはない。
かつては安曇野市豊科地域振興バスが運行していたが、2007年9月7日をもって運行を休止している。


Sponsored Links

聖マリアンナ医科大学 東横病院

聖マリアンナ医科大学 東横病院

〒221-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3-345
TEL 044-722-2121
http://www.marianna-u.ac.jp/toyoko/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・病院長ご挨拶
東横病院は、平成20年6月にリニューアルオープンいたしました。消化器病センター、心臓病センター、脳卒中センター、女性検診科を創設し、これまでの総合病院とは異なり、臓器に特化した高度医療を提供する専門病院に生まれ変わりました。
消化器、心臓、脳は人間にとって非常に大事な臓器です。当院では、これらの疾患に対して最良・最適な医療を提供したいと考えております。
各センターには、その道に精通した専門家を集めました。医師は所属学会における指導医、専門医、認定医など臨床経験の豊富な医師であり、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学士、理学療法士、管理栄養士なども経験豊かなスタッフが揃っております。さらには、専門的な知識・技術・人間性を兼ね備えたスタッフの育成にも力を注いでいます。

当院では、最先端の医療機器を導入し、患者さまにとって安全で、身体への負担が少ない検査を行っております。電子カルテによる徹底したデータ管理、完全フィルムレスの画像診断も行っており、各部門への迅速なデータ・画像等の配信が可能です。当院から地域の各医療機関へ患者さまを紹介するための各種画像記録装置も設置し、「地域医療連携」にも力を入れています。
また、当院は各センターにホットラインを持ち、24時間・365日、いつでも急患や緊急の事態に対応しております。

聖マリアンナ医科大学設立の母体であり、伝統ある当院は、地域の皆さまに支えられ、地域に密着した病院として発展を遂げてまいりました。これからも、皆さまに信頼される安全・安心な最適の医療を提供し、消化器、心臓、脳の疾患に関しては「東横病院で診てもらいたい」と思っていただけるような病院となれるよう、スタッフ一丸となり邁進していく所存です。今後とも、変わらぬご支援を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

聖マリアンナ医科大学東横病院 病院長 舟木 成樹


◇東横病院について
東横病院では、消化器病センター、心臓病センター、脳卒中センターを創設し、人間の三大死因であるがん、心臓病、脳卒中を中心に専門的な検査・診療を行っております。
また、女性臓器の疾患を対象に検診を行う女性検診科をも併設し、それぞれのセンターにおいて臓器に特化した高度な医療を提供しています。 .


・受診のご案内
外来診療は、消化器外科・消化器内科・循環器科・脳卒中科・脳外科等の診療を行っております。受診がスムーズに患者さまへ最適・最良な医療を提供できるよう努めてまいります。

・受診について:
初めて受診される方で受診科の判断がつかない場合には総合案内にご相談ください。
毎月、月はじめの来院日に、保険証等の確認をしますのでご持参ください。確認ができない場合には自費扱いになることがあります。

※当院は他の医療機関からの紹介状が無い場合でも受診が可能です。
さらに、初診時に紹介状が無くても、診察料金以外に特別な料金(保険外併用療養費)はいただきません。

・診療科目等
消化器内科、消化器外科、循環器科(生活習慣病外来)、脳卒中科、脳神経外科、
放射線科、麻酔科、女性検診科

診療受付時間
平日
8:30~11:00 13:30~16:00

土曜(第2・4・5土曜日)
8:30~11:00

・外来の休診日
日曜日・祝日・土曜日(第1・3)
開学記念日(10月第2土曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

・予約と受診時のご注意とお願い
次回の予約は担当医師とよく相談してお決めください。診療時間など計画的に管理しますので、変更は難しくなります。
診療後に次の予約票をお渡しいたします。
診療は予約時間帯ごとの受付順におこないますが、診療状況等により遅れる場合があります。あらかじめ、ご了承ください。
どの科に受診したらよいかわからない方は総合案内看護師までおたずねください。

◇初診の方へ
予約と受診時のご注意とお願い
備え付けの診療申込書と問診表を記入し、保険証等を添えて、外来受付にお出しください。
紹介状をお持ちの方
備え付けの診療申込書を記入し、紹介状と保険証等を添えて、外来受付にお出しください。
再診で予約がある場合にも、外来受付にお出しください。


◆センター・診療科のご案内
人間の体の中でも特に大事な臓器である「消化器」、「心臓」、「脳」。東横病院では、この3つの臓器の疾患に対して、より高度で専門的な診療を行うために、3つのセンターを作りました。それぞれ最新の医療機器を備え、病気の早期発見・早期治療に努めています。また、医師・スタッフ共にすべて女性の女性検診科も併設しています。
少しでも体に不調を感じましたら、お気軽にご相談ください。

消化器病センター
心臓病センター
脳卒中センター
女性検診科
麻酔科


◇消化器病センター

消化器病センターは、消化管の検査・診断・治療を主に行っているセンターです。
消化器内科医と消化器外科医が一体となり、常に情報を共有しながら、患者さまの診断と治療にあたっています。
拡大内視鏡、色素内視鏡、超音波の内視鏡などさまざまな内視鏡が揃っており、確かな技術を持った内視鏡医師も在籍しています。

・消化器病センター長ご挨拶
消化器病センターの中には、消化器内科と消化器外科があり、この2つの診療科の医師が一体となって患者さまの診断と治療にあたっています。
情報の共有・交換等を行いながら、患者さまに常に最良・最適な治療方法を選択するシステムを作っているところが消化器病センターの特徴です。
技術面での特徴は2つあります。1つは体に傷をつけずに早期がんを内視鏡で切除する技術を持った医師がいること。もう1つは、おなかの傷口を小さくする腹腔鏡下手術の技術があること。入院期間が短くて済むため、患者さまの早期社会復帰が可能となります。例えば、大腸がんであっても手術からだいたい1週間くらいで退院されている方が多いです。
センターには、最良の技術を提供するためのデジタルハイビジョンのモニター、拡大内視鏡、色素内視鏡、超音波の内視鏡などの医療機器が揃っています。また、腹腔鏡下手術専門の手術室を持っているということも特徴の1つです。
内視鏡や手術までの待ち時間が短くなるよう努力し、正確な診断と、患者さまへの侵襲が極力少ない治療法のご提案・ご提供を心がけています。
なんでも早期発見・早期治療が大事です。おなかの調子が悪いなど、消化器に関することならば、どんなことでもご相談いただきたいと思います。自分の体は健康であるということを証明するためや、自分が安心するために検査を受けるということでもいいと思います。気軽にご相談ください。
          消化器病センター長 宮島 伸宜


内視鏡というと、皆さまやはり「つらい」というイメージが強いようで、検査をおすすめしても「ツライから嫌だ」と言われてしまいます。しかし、内視鏡は日進月歩で進歩しています。進歩した機械を使い、患者さまがなるべくつらくならない内視鏡検査をしたいと心がけています。どうしても苦手という方には、眠くなる薬を飲んでいただき、眠っている間に検査を行うことも可能です。患者さまの希望をお聞きして、希望に沿った方法で検査を行っています。
昔は胃カメラというと胃の中を見るためのものでしたが、最近の内視鏡は精度が良いため、例えば咽頭がんを発見することもできます。本来、咽頭は耳鼻科ですが、耳鼻科では普段の検診でノドの内視鏡はめったに行いません。このようなこともありますし、日本人の死亡原因の1番は「がん」で、中でも多いのが胃がんと大腸がんなのです。病気の元が見つかるのが早ければ早いだけ治療も簡単に済みますので、ぜひ年1回は定期健診を受けてください。
東横病院には、消化器すべて(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の最先端とされる内視鏡が揃っています。カプセル内視鏡等の新しい機器も今後導入する予定です。たくさんの経験を積むことで技術を高め、より高品質な内視鏡検査を行えるようにしたいと考えています。そしていつか、「内視鏡検査を受けるのであれば東横病院がいい」と言ってもらえるようになればと思います。川崎市からはじまって、何年かあとには神奈川、その次は関東・・・というふうに少しずつ広まり、「わざわざ川崎市まで受けに来てよかった」と言ってもらえる病院になることをめざして努力してまいります。
           副院長 中嶋 孝司


☆副院長
(教授) 中嶋孝司 上部消化管・下部消化管内視鏡診断
内視鏡治療 外科学会専門医
消化器内視鏡学会専門医・指導医


☆センター長・診療部長
(教授) 宮島伸宜 消化器・一般外科
下部消化管(大腸肛門)疾患
腹腔鏡下手術 外科学会専門医・指導医
大腸肛門病学会専門医・指導医
消化器内視鏡学会専門医
内視鏡外科学会技術認定医
がん治療暫定教育医


☆病院長 舟木 成樹 (フナキ シゲキ)
1948年12月生
聖マリアンナ医科大学 大学( 医学部 医学科) 1977 (卒業)
医学博士 (論文) 聖マリアンナ医科大学 胸部外科学
聖マリアンナ医科大学 医学部
聖マリアンナ医科大学東横病院
教授
・研究分野 胸部外科学
・研究分野キーワード 心臓血管外科
・研究テーマ 体外循環
研究分野: 胸部外科学
・所属学会
日本外科学会 (国内)
日本胸部外科学会(国内)
日本心臓血管外科学会(国内)
日本臨床外科学会
(評議員 2001- 国内)
日本人工臓器学会
(1997-2002 国内)


◇交通アクセス

東急東横線・東急目黒線→「武蔵小杉駅」下車 徒歩1分
JR南武線→「武蔵小杉駅」下車 徒歩5分
JR横須賀線→「武蔵小杉駅」下車 徒歩9分
小田急線→「登戸駅」で南武線に乗り換え 「武蔵小杉駅」下車 徒歩5分


Sponsored Links

宮崎大学医学部附属病院

宮崎大学医学部附属病院

〒889-1692
宮崎県宮崎市清武町木原5200
電話 0985-85-1510(代表)
・病院長 池ノ上克(イケノウエツヨム)
http://www.miyazaki-med.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇病院長からのご挨拶

宮崎大学医学部附属病院では、平成18年度から病院の再整備事業に取り掛かっていますが、このたび新外来棟が完成し、平成22年5月6日から、新しい外来での診療を開始いたしました。スタート当初は新しいシステムのため、皆様にご迷惑をおかけいたしましたが、現在では順調に稼働するようになってまいりました。

宮崎大学のスローガンは「世界を視野に、地域から始めよう」ですが、その使命として位置付けられているのが、教育・研究・地域貢献の3本柱です。大学教育を通じて社会に貢献できる人材を輩出し、大学での研究成果を社会へ還元して地域貢献につなぐことができるかどうかが常に問われています。宮崎大学医学部附属病院の役割は、地域との関係でいえば正にその最前線にあると言えます。

私たちの病院は宮崎県唯一の特定機能病院として県民の皆様の命を支えており、宮崎県で行われる医療の最後の砦としての役割を担っています。そのためには最高レベルの医療を提供できるよう、職員の一人一人が日々の努力を続けています。

今回稼働を始めた新外来棟は延床面積8650平方メートル、3階建てで、1階から3階までが大きな吹き抜けになっています。2階,3階への上り下りが患者さんの負担にならないよう、エスカレーターやエレベーターの機能も充実しています。また、憩いのスペースとしてカフェも設置しました。

1階から3階までのフロアに各診療科が配置されていて、プライバシー保護を考慮した個室で防音の効いた診察室が133室完備しています。自動音声案内や大型モニターの導入で総合案内システムを電子化して、患者さんが「どこに行ったら良いのか」が解りやすくなるように改善を図りました。それでも、外来受診の際戸惑われるようなことがありましたら、1階の外来案内に経験豊かな看護師がいますので、遠慮なくお聞き下さい。

これまで県内唯一の特定機能病院として、地域の様々な診療所や病院からより高度な精密検査や治療を必要とする患者さんの受け入れに努めて参りましたが、この度の新外来棟の完成で受け入れの機能性は向上し、さらに質の高い医療を患者さんに提供できるようになりました。

附属病院の理念であります「良質な医療を提供するとともに、医療人の育成と医療の発展に貢献し、患者さんに信頼される病院を目指します」をさらに推進して、住民の皆さんの期待にこたえていきたいと思います。どうぞ宮崎大学医学部附属病院を気軽にご利用いただけますよう、お願い申し上げます。

病院長 池ノ上克



◇紹介状について
本院は、高度の医療を提供し、高度な医療技術の開発や研修などを行う特定機能病院のため、初診時に他の病院からの紹介状をご持参されるとスムーズな受診ができます。
なお、紹介状のない方は診療費とは別に 特定療養費として3,150円(実費)が、かかることをご了承下さい。


◇初診の手続き

  ・ 本院への来院は初めて
  ・ 他の診療科を受診したことはあるが、今回受診する診療科は初めて

 このような方は初診の手続きをお願いしています。


◇手続きの流れ:

 ●初めて本院を受診する場合は「診療申込書」を記入後、紹介状、レントゲン写真、保険証等と一緒に初診受付にお出しください。

 ●初診受付から「診察券」、「外来会計票」をお渡しします。

        
 ●どの診療科を受診してよいか分からない場合は、 お気軽に窓口にご相談ください。 

 ●初診受付を済ませた患者さんは、会計票に記載されている「本日の診察」の欄をご確認のうえ、各外来までお越しください。

 ●各外来のカウンターに「診察券」、「外来会計票」、「紹介状」、「レントゲン写真」等をお出しください。


◇診療受付時間と休診日

 診 療 受 付 時 間

 初診 午前8時30分~午前11時

 再診 午前8時30分~午後3時

※ ただし、再診で採血・採尿検査がある場合は、午前8時から受付ます。

 診 療 時 間

 午前9時~午後5時

 休 診 日

 土曜・日曜・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

・予約

  ご 予 約 に つ い て 

 再診は、原則予約制となっております。

 予約の変更、PET-CT、CT、MRI撮影、禁煙外来の予約は、総合予約室までご連絡ください。

 TEL 0985-85-1225

 FAX 0985-85-9186

 受付時間 午前8時30分~午後5時
※ ただし、土曜・日曜・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く。

なお、精神科・小児科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科の初診予約については、コチラをご覧ください。

    ご 予 約 の 変 更 に つ い て

やむをえず、再診予約日等を変更される場合は、総合予約室へご連絡ください。

その際には、必ず受付時間を守って頂くようにお願い致します。

受付時間外にご連絡をいただいても、変更の受付は出来かねます上、診療・看護業務に支障を来たす場合がありますので、何卒皆様のご理解とご協力をお願い致します。

なお、上記の電話番号は診療内容やその他のお問い合わせには対応しておりませんのでご注意ください。



◆診療科などのご案内
http://www.miyazaki-med.ac.jp/hospital/about/f_division_info.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

■診療科 

第一内科  →講座HP
循環器疾患、消化器疾患、高血圧、腎疾患など

第二内科 →講座HP
肝臓、胃腸、胆のう、膵臓、血液疾患など

膠原病・感染症内科  →講座HP
膠原病、感染症など

第三内科  →講座HP
呼吸器疾患、神経内科疾患、内分泌・代謝疾患など

精神科   →講座HP
痴呆やうつ状態等の高齢者の精神障害,てんかん,児童・思春期の精神障害の診断、など

小児科   →講座HP
免疫・アレルギー、小児循環器、発達・遺伝疾患、小児神経、血液・腫瘍、腎臓など

第一外科  →講座HP
肝胆膵疾患、消化管、乳腺・内分泌における外科的治療など

第二外科  →講座HP
心臓、血管、呼吸器、消化器、内分泌、一般外科など

整形外科  →講座HP
脊椎脊髄疾患、関節疾患(変形性関節症など)、関節リウマチ、スポーツ疾患、腫瘍、骨粗鬆症など

皮膚科  →講座HP
悪性腫瘍の温熱放射線療法・BRM放射線療法、重症熱傷、母斑・母斑症の皮膚外科およびレーザー治療、悪性リンパ腫の免疫賦活化学療法など

泌尿器科 →講座HP
尿路結石に対する治療、腹腔鏡手術、膀胱癌に対する機能温存治療、神経因性膀胱の診断と治療、尿失禁に対するコラーゲン注入療法、TVT手術、ほか泌尿器科一般

眼 科   →講座HP
眼科一般診療の他、専門外来として糖尿病網膜症、緑内障、小児・神経眼科、義眼、経瞳孔的温熱療法など

耳鼻咽喉科  →講座HP
耳鼻科一般診療の他、感音難聴、補聴器、人工内耳、アレルギー、めまいなど

産科婦人科 →講座HP
高度生殖医療、腹腔鏡下手術、女性癌に対する修学的治療、更年期・老年期女性に対する医療、ほか産婦人科一般

放射線科  →講座HP
放射線治療,温熱療法,IVR,内視鏡的治療など

麻酔科   →講座HP
臨床麻酔、ペインクリニック

脳神経外科  →講座HP
脳腫瘍、脳血管障害、脊髄・脊椎疾患、神経外傷、機能的脳神経外科疾患、先天性神経系疾患、神経系感染症など

歯科口腔外科・矯正歯科 →講座HP
口腔癌動注化学療法、顎変形症外科矯正手術、顎骨延長術、人工歯根、ほか歯科口腔外科一般



◆宮崎大学 医学部 内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野(第3内科)

☆松元 信弘
Matsumoto Nobuhiro

■略歴  
1993.3 宮崎医科大学卒
2001.3 医学博士取得(宮崎医科大学大学院)
2005.4 宮崎大学医学部第三内科 助手
2007.4 宮崎大学医学部第三内科 助教
2008.7 宮崎大学医学部第三内科 助教兼病棟副医長
2009.4 宮崎大学医学部第三内科 助教兼副外来医長

◇研究テーマ:
・ 間質性肺炎におけるガレクチンの病態生理学的意義

◇所属学会:
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本感染環境学会、日本感染症学会


☆柳 重久
Yanagi Shigehisa

■略歴  
1999.3 宮崎医科大学卒
2004.1 京都大学医学部付属病院病理部 派遣学生~2003.3
2005.8 秋田大学医学部分子医科学講座 派遣学生~H18.9.30
2006.3 医学博士取得(宮崎大学医学部大学院)
2007.4 宮崎大学医学部第三内科 助教
2009.4 宮崎大学医学部第三内科 助教兼副病棟医長
2009.9 宮崎大学医学部第三内科 助教兼外来医長

◇研究テーマ:
・ 呼吸器疾患におけるPTEN/PI3キナーゼ経路の機能解析

◇所属学会:
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本癌学会、日本臨床分子医学会


☆有村 保次
Arimura Yasuji

■略歴  
1999.3 宮崎医科大学卒
2001.6~ 宮崎県立日南病院内科、国立病院機構宮崎東病院呼吸器科、済生会日向病院内科、泉和会千代田病院内科等に勤務
2007.4 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻臨床研究者養成コース~2008.3
2008.4 宮崎大学医学部第三内科 医員
2008.11 宮崎大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター 助教

◇所属学会:
日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本肺癌学会、日本感染症学会、日本内科学会、総合診療医学会


◎患者さんへ:
1. 外来日:月曜日・金曜日(初診、再診とも)/水曜日(再診のみ)

2. 診療時間:8時30分から受付、診療を開始し、午前中の間診療を行います。再診の場合は原則として時間予約制で、診療順番もそれに従います。ただし、新患や急患の方が来られた場合は、担当医の判断で診療順番を変更する場合があります。

3. 診療内容:・呼吸器疾患 ・内分泌・代謝疾患 ・神経内科疾患

※お問い合わせ先 0985-85-9883【外来直通】


◇交通アクセス
宮交シティバスセンターよりバス
大学病院・宮崎大学行き
 【清武経由】 約20分 400円
宮崎大学行き
 【山崎・まなび野経由】 約25分 400円
宮崎大学行き
 【木花経由】 約30分 530円
清武駅よりバスにて  大学病院・宮崎大学行き 約7分 200円
           
宮崎空港より(宮崎空港駅)  タクシー 約10分 約2000円弱


Sponsored Links

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院

〒650-0046
神戸市中央区港島中町4丁目6番地
Tel. 078(302)4321 Fax. 078(302)7537
・院長  北  徹

http://chuo.kcho.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


・病院長ごあいさつ

当院は、病院を取り巻く環境が急激に厳しさを増す中で、市民のための総合病院として標準的な医療を高いレベルで提供する使命があります。 平成21年4月から地方独立行政法人化致しましたが、早いもので2年目に入っています。機動性・柔軟性・透明性を高め、より効率的な病院運営を実現するべく、全職員を挙げて努力を重ねています。 さらに、平成23年7月の新中央市民病院開院を目指して、その準備を着々と進めているところです。みなさんすでにお気づきと存じますが、新病院の建築は滞りなく進んでおり、現在は 内装・外装の過程にかかっています。

  新病院では、「地域医療機関との連携や役割分担のもと、救急医療・高度医療・急性期医療を重点に担い、24時間365日市民の生命と健康を守っていく」こと、「癒しと安らぎの環境をあわせ持った病院となり、患者本位の医療を提供していく」ことにしています。
  当院にとりまして、地域連携は非常に重要であると考えております。幸い、昨年の暮れに、地域医療支援病院の認定を頂きましたので、より一層、病診・病病連携の充実を図って参りたいと考えています。すでに多くの連携施設の登録を頂き、また、多くの連携登録医のご参加を頂いているところです。4月には、連携登録医の先生方と当院医師との「連携の集い」をさせて頂きました。

更に「医療産業都市構想の臨床部門の核として、新しい医療・高度医療に早く取り組み、臨床に対応可能となった段階の高度先進医療につきましては、その安全性と倫理性への十分な配慮のもと、いち早く市民に還元していく」ことを基本方針としています。したがって、現病院におきましても、それに向かって医療レベルの向上に努めてまいります。

臨床研修病院である当院は、その条件のひとつ、医療の原点である救急医療、もうひとつの柱である高度医療の推進を重要課題と考え、さらなる充実を図っていきたいと考えています。それを支えるためにも、もう一つの柱である教育研究の充実が必要であり、研修医が臨床能力を養う環境整備に努めているところです。

今後、取り組んでいくべき課題は多々ありますが、神戸市立医療センター中央市民病院とういう新しい職場で、夢のある・元気の出る・やりがいのある病院運営を職員一同、一緒に考えていきたいと思っております。

また、「患者中心の質の高い医療を提供する病院」として、さらなる飛躍を目指して、全力で頑張っていきたいと意を新たにしているところです。

  平成22年7月1日

神戸市立医療センター中央市民病院 院長  北  徹


外来受診のご案内

◇初めて受診される方の受付:
紹介患者さんを優先して診察します。

◇患者のみなさまへ
当院の外来は紹介制をとっております。

かかりつけ医・診療所など地域の医療機関からの紹介状をお持ちの患者さんを優先して診察いたしますので、呼び出しの順番が前後することをご了承ください。

なお、地域の医療機関を通じて診察予約をしていただくと待ち時間がさらに短くなりますので、かかりつけ医や診療所などの医師に紹介状を作成してもらう場合は、あわせて予約も依頼してください。

また、紹介状のない方は保険による一部負担金とは別に、初診時にかかる特定療養費として、1,380円を自己負担していただきますので、ご了承願います。医科と歯科は保険診療上別医療機関の扱いになります。各々でご負担いただくことになりますので、ご了承願います。

外来患者さんの受付は、初診の方と再診の方では若干異なります。

再診の方は「再診患者様の受付」をご確認ください。

携帯電話・パソコンからの総合待合表示のご案内
1.1.携帯電話またはパソコンで
http://www.kcgh.gr.jp/mobile/
にアクセスする。
2.確認したい診療科を選択する。
3.現在の番号が表示されます。
更新をクリックすると、最新の情報が表示されます。)
※ 携帯電話ではこちらの2次元バーコードがご利用できます。
http://chuo.kcho.jp/outpatient/firstpatient.html
(※上記リンク先にてご確認ください)

◇診察受付時間
月~金 8:45~11:45

休診日
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)



◆診療部門
循環器内科
糖尿病内分泌内科
腎臓内科
神経内科
消化器内科
呼吸器内科
免疫血液内科
感染症科
精神・神経科
小児科
新生児科
皮膚科
外科
移植外科
心臓血管外科
呼吸器外科
脳神経外科
整形外科
形成外科
産婦人科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
頭頸部外科
麻酔科
歯科・歯科口腔外科
臨床病理科
画像診断・放射線治療科
リハビリテーション科
中央手術部・集中治療部
臨床工学室
救命救急センター
救急部


◇神経内科 概要
特色

 神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を専門とする診療科です。例えば,意識がなくなる、意識がおかしい、けいれんが起こる、頭が痛い、物が二つに見える、天井が回る、喋りにくい、食べたり飲んだりするとむせる、飲み込みにくい、手足や身体の感覚がおかしい、手足が痺れる、手足に力が入らない、歩けない、歩くと一方に偏ってしまう、手足がふるえる(じっとしているとふるえる、コップを持ったり字を書こうとすると手がふるえる)、筋肉がピクピク動く、手足や肩の筋肉がやせてくるなどの症状のある方が当科の対象となります。最近増加している認知症の診断もおこなっています。なお精神的な病気の方は(うつ、神経症など)は精神科や心療内科を受診してください。
 
 当院は、神戸市の救命救急センターとして、24時間体制で1次(一般的な医療行為で対応出来る病気)から3次(大病院でしか出来ないような高度で特殊な医療行為を必要とする外傷や病気)までの救命救急医療を行っています。神経内科では脳出血や脳梗塞、髄膜脳炎、ギランバレー症候群、多発性硬化症などのように急性に発病する病気が多い関係から、当科では年間約830名の入院患者のうち700名余りが救急入院(うち65%が脳卒中)です。2003年に脳卒中センターが設立されて以後、当科と脳外科のスタッフが協力して,24時間体制で血栓溶解を含む急性期の血管内治療に積極的にとり組んでいますが、同時に脳血管障害の病態把握と治療,再発予防にも全力をあげています。このような性格から当科の入院は急性期の神経疾患の治療が主体であり、慢性神経疾患の長期にわたる入院治療は行っていません。脳卒中の急性期治療が終わりましたら入院後1-2週間で連携するリハビリテーション病院や自宅あるいは療養型病院に移っていただいておりますのでご了解ください。また在宅医療患者の急変時の救急外来におけるサポートは行っていますが、病院からの訪問診療などは行っていません。

 神経内科は脳卒中を中心とした救急医療と、神経難病を中心とする慢性神経疾患のいずれにも積極的に取り組んでいます。ベッド数に限りがあるために受診された方の検査のほとんどは外来で行っており、いわゆる検査入院は限られた場合のみです。外来は2診体制で、脳血管障害と神経筋疾患外来に分けて各スタッフの得意分野を生かした専門的な診療を行っています。毎日朝から夕方まで診療していますが多くのの患者さんが来られるために時間をかけて診療できないのが私たちの悩みです。このため診断と治療方針がきまると、特殊な専門治療が必要な場合をのぞき、かかりつけ医(近医)に紹介させていただいておりますのでご理解ください。

医療設備
MRI(3台)、64列および16列MDCT、SPECT、頚部超音波診断、脳波・筋電図・誘発電位、3D-DSAなど

外来診察
 月~金 初診受付は8時45分から11時15分まで。外来時間は9時~17時(火曜は9時から14時)です。初診の方は開業されている先生や他の病院の先生からの紹介状と資料を必ずご持参ください。脳血管障害外来と神経疾患外来の2診体制なのでどちらか希望があれば伝えてください。

☆神経内科部長  
幸原 伸夫(こうはら のぶお)

神経筋疾患、筋電図
日本神経学会専門医

昭和55年卒 日本神経学会評議員
日本臨床神経生理学会評議員、同監事
リハビリテーション科部長


◇耳鼻咽喉科 
副院長・部 長
内藤 泰( ないとう やすし)

耳・側頭骨の手術
(慢性中耳炎、中耳真珠腫、腫瘍、
難聴、人工内耳、めまいの手術)
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本めまい平衡医学会専門会員

昭和55年卒 京都大学医学博士
京都大学医学部臨床教授
信州大学医学部非常勤講師
先端医療センター研究員
理化学研究所神戸研究所客員研究員
日本耳鼻咽喉科学会評議員
日本めまい平衡医学会評議員
日本聴覚医学会難聴対策委員
日本小児耳鼻咽喉科学会人工内耳委員会委員
CORLAS member
BaranySociety member
ARO member


◇循環器内科
部長 古川 裕( ふるかわ ゆたか)
循環器内科,冠動脈疾患, 心不全
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本内科学会近畿地方会評議員
日本循環器学会専門医

平成元年卒 先端医療センター
京都大学医学博士
京都大学医学部 臨床教授
京都大学医学部非常勤講師



◇交通アクセス
公共交通機関でお越しの場合
各交通機関から三宮で ポートライナーに乗り継ぎ、 市民病院前駅で下車してください。

ポートライナーは「北埠頭行き」、「神戸空港行き」どちらにご乗車いただいても「市民病院前駅」は停車いたします。 また、快速にご乗車いただいても停車いたします。

ポートライナー三宮駅券売機横に「再診受付機」を設置しております。駅で再診の受付を済ませ予約時間までご自由にお過ごし頂けます。 ( →詳しくはこちら )

各公共機関からポートライナー三ノ宮駅へは


JR神戸線を利用される方
東改札口を出て海側(南側)にポートライナーに通じるエスカレータがございます。
JRホームページ

阪急神戸線を利用される方
東改札口からJR駅構内を通り海側(南側)に出るとJR線沿いに連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
阪急電鉄ホームページ

阪神神戸線を利用される方
北改札口を出て正面のエスカレータを上がると右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
阪神電車ホームページ

地下鉄山手線を利用される方
東改札口から東出口5を出て正面のJR駅構内を通過すると連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
神戸市営地下鉄ホームページ

地下鉄海岸線を利用される方
改札口を出て左側(西側)の出口4から地下街(さんちか)を阪神三宮駅を目指してください。 駅前を過ぎ正面のエスカレータを上がり右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。
神戸市営地下鉄ホームページ

淡路・四国方面から高速バスを利用される方
三宮バスターミナル降車場の2階(ミント神戸)がデッキでポートライナー三宮駅と直結しています。
西日本JRバスホームページ
FOOT BUSホームページ

・神戸空港から

空港ターミナルビル2階から連絡通路を通りポートライナーにご乗車ください。
すべての電車が病院前に停車いたします。


Sponsored Links

獨協医科大学越谷病院

獨協医科大学越谷病院

〒343-8555
埼玉県越谷市南越谷2-1-50 
TEL: 048-965-1111(代表)

http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-k.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


・病院長あいさつ

皆さまには、日頃より、獨協医科大学越谷病院をご支援いただきありがとうございます。

 当院は平成21年6月に開院25周年を迎えました。この間、診療科の増設、医療設備の拡充などを行って参りましたが、お陰さまで地域から信頼される大学病院として発展を遂げることができました。しかし、予てからの受診患者数の増加に伴い院内が手狭となり、皆さまには大変なご迷惑をかけることにもなりました。

 このようなことから、院内施設の一部を東武鉄道高架下に移転するなど、院内のIT化、医療の効率化、医療の質の向上や医療の安全性の追求を促進しておりますが、今後も引き続き院内環境を改善に取り組んでいきたいと考えております。

 また、各種先端の設備・検査・診療機器の拡充も随時行いながら、高度先進医療の充実を図っていきます。さらに、医師、看護師はじめ医療従事者の技術研修も積極的に行って高度医療の提供に努めていきます。そして、当院の役割である急性期病院としての機能を存分に発揮するためには、地域の病院並びに診療所との連携は不可欠ですので、さらなる医療連携の強化を推進していきたいと思います。このことは、延いては最良の医療の提供につながると考えております。

 私は、当院の理念である「常に研鑽し患者さまの信頼にこたえる」を常に認識した医療の提供をめざし、地域基幹病院としての任務を遂行することによって、皆さまから愛される病院であり続けることができるように、教職員一同とともに微力ではありますが、全力を尽くしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

獨協医科大学越谷病院
病院長  筑田 眞


◇受付時間・診療時間・休診日
・受付時間のご案内:
月曜日~土曜日 午前8時30分~午前10時30分

・診療時間のご案内
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時30分
土曜日 午前9時~午後0時30分

・休診日のご案内
日曜日・祝日・第3土曜日
年末年始(12月29日~1月3日)
開学記念日(4月23日)

・保険証について
毎月、月の初めの来院日に保険証の確認をします。
確認ができない場合には自費扱いになることがあります。
保険証の内容に変更が生じたときは初診受付へご提示ください。

※地域中核病院としての機能を発揮するため、初めて診療を受けられる方は、まずお近くの医療機関を受診され、紹介状・診療予約票をご持参の上、ご来院されることをお勧めします。[当院の連携医療機関からは紹介初診の日時予約が可能です。]
なお、紹介状をお持ちでない方につきましては、通常の医療費とは別に保険外併用療養費(選定療養費)として2,100円を自己負担していただいております。


◆診療部門
・診療部門(内科系)
内科(内分泌代謝・血液・神経)
呼吸器内科
消化器内科
循環器内科
腎臓内科
小児科
皮膚科
こころの診療科
放射線科

・診療部門(外科系)
第一外科
第二外科
整形外科
心臓血管外科・呼吸器外科
小児外科
産科婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
脳神経外科
泌尿器科
救急医療科
麻酔科
リハビリテーション部


◇耳鼻咽喉科

・新患、並びに予約外の受診受付は、午前8時30分より10時30分まで、
    再診は時間予約制となっております。 
   ・尚、各種専門外来につきましては、一般診療後の予約となっております。 
    くしゃみ、鼻水、鼻づまり、難聴、いびきでお悩みの方は、まず、午前中の
    一般外来にて御相談下さい。

   ・休診日は第3土曜及び、日曜、祭日となっております。


   ・予約変更は原則として指定日の2日前まで下記で承ります。
     耳鼻咽喉科外来電話受付 月曜日から金曜日までの午後2時~4時
          ℡0489-65-4941(直通)

   ・月初めのご来院時には、必ず保険証をご持参ください。



◇診療部長:渡辺建介

・診療内容
耳鼻咽喉科領域全般をカバーしています。耳科領域では、聴覚の保存および獲得に力を注いでいます。中耳手術としては難治な真珠腫性中耳炎は症例によっては2ステージ手術を行い、聴力保持を第一に行っています。人工内耳埋込み術はスタートして11年目になり軌道に乗ってきました。成人症例を行っていますが将来は小児にも人工内耳の適用を広げていこうと思っています。鼻科領域は、最近は患者の来院数はアレルギー性鼻炎の比率が増大していますが副鼻腔炎の患者の数も少なくありません。副鼻腔炎は手術を中心に治療しています。内視鏡および日帰り手術も可能です。アレルギー性鼻炎の治療も外科的治療中心に行い、なるべく通院回数を少なくして患者の負担を軽減する事を目標にしています。外科的治療とは主にレーザーおよび、高周波による下鼻甲介粘膜焼灼術です。これらはもちろん日帰り手術です。頭頚部腫瘍は血管吻合による各種皮弁作成により術後再建を行っています。

・特殊外来
中耳炎外来(水)
鼻腔外来・腫瘍外来(金)
めまい外来(水)
嚥下障害外来(木PM)

☆渡辺 建介 教授 鼻アレルギー、中耳手術
☆堤 剛 准教授 めまい、中耳手術
☆三輪 正人 准教授 アレルギー性鼻炎、鼻の生理学


◇交通アクセス
•東武伊勢崎線(地下鉄日比谷線)
新越谷駅下車徒歩 3分
•JR武蔵野線
南越谷駅下車 徒歩 3分
お願い
駐車スペース(有料)に限りがありますので、ご来院の際には公共の交通機関をご利用ください。


Sponsored Links

東京女子医科大学病院ー呼吸器内科

東京女子医科大学病院

〒162-8666
東京都新宿区河田町8-1
TEL03-3353-8111(大代表)
・永井 厚志 院長

http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

●ご来院される前にご確認いただきたいこと。
●当院では原則として予約診療を行っておりますが初診時については予約診療のお取扱いが異なります。 ご来院の前に「各診療科における予約のお取扱いについて」をご確認下さい。

当院は高度医療を提供する「特定機能病院」として厚生労働省から承認されており当院に受診される場合は原則、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)が必要となります。診療を円滑に行うために健康保険証などの必要書類と合わせてご持参いただきますようご協力をお願いします。
なお、紹介状(診療情報提供書)がない場合でも受診できますが、初診及び再来初診(1年以上来院なし)の際には、保険診療費の他に保険外併用療養費5,250円(消費税込み)をご負担していただくことを了承の上、受診していただいております。

また、歯科とその他診療科は、健康保険上は別の管理となりますので,それぞれ別に初診料の保険外併用療養費をご負担となります。
ただし、次の場合は、ご負担はございません。
  ①他の医療機関から紹介状(診療情報提供書)を持参した場合
  ②救急車で搬送された場合(緊急やむを得ない事情含む)
  ③生活保護や特定疾患等の国の定める公費負担受給対象の方
  ④今回の診療科は初めてだが、当院の別な診療科に(2年以内)受診の方


○初診

当日窓口での受診申し込みが可能です。
(一部の診療科を除く)。
午前7時30分から午前11時の時間帯に総合外来センター1階初診受付窓口にて承ります。
初診受付窓口では診察申込書をご記入頂きます。
※事前にプリントアウトしてご記入の上、ご持参頂いても結構です。
※http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/patient/index.html
(ダウンロード案内は、上記よりインク先より)

・午前9時から診療を開始します。

休診日:
日曜日、祝日、第3土曜日
本学創立記念日:12月5日(12月5日が日曜日の場合は12月6日)
年末年始:12月30日~1月4日

・当院では予約診療を行っております。予約センターまたは診療時にご予約をお願い致します。当日のご予約及び一部の診療科ではご予約のお取扱いをしていない科がありますので予めご了承下さい。
なお、止むを得ず予約診療外でご来院される場合は受付時間が異なりますのでご注意下さい。また、予約診療外の場合は診察待ち時間が数時間に及ぶ事もございますので、予めご了承下さい。


◎受診相談
・初診の方など来院前に受診する診療科がわからない場合は受診相談にお問合せ下さい。

予約専用直通電話 お 取 扱 時 間 帯:
総合外来センター1階
: 03(3353)8138
: 平 日 午前9時~午後4時
: 土曜日 午前9時~正午(第3土曜日は休診)

・休診日の翌日は、たいへんつながりにくくなっておりますので、ご了承ください。


◆診療部門
呼吸器内科
(呼吸器センター) 神経内科
(脳神経センター) 循環器内科
(心臓病センター) 消化器内科
(消化器病センター)
高血圧・内分泌内科
(内分泌センター) 糖尿病・代謝内科
(糖尿病センター) 腎臓内科
(腎臓病センター) 血液内科
呼吸器外科
(呼吸器センター) 脳神経外科
(脳神経センター) 心臓血管外科
(心臓病センター) 消化器外科
(消化器病センター)
内分泌外科
(内分泌センター) 腎臓外科
(腎臓病センター) 泌尿器科
(腎臓病センター) 救命救急センター
歯科口腔外科 外科・小児外科 整形外科 形成外科
リウマチ科
小 児 科 循環器小児科
(心臓病センター) 腎臓小児科
(腎臓病センター) 皮 膚 科
婦 人 科 産科・母子センター
新生児科 眼 科 糖尿病眼科
(糖尿病センター)
耳鼻咽喉科 放射線腫瘍科 画像診断・
核医学科 麻酔科・
ペインクリニック
神経精神科・
心身医療科 総合診療科 リハビリテーション科 病理診断科
化学療法・緩和ケア科

※複数の診療科が連携して治療を行います。
前立腺腫瘍センター 女性排尿障害センター

■呼吸器内科〔Pulmonology〕
+特徴
咳や痰、息切れや呼吸困難、胸痛などの症状のある方や、胸のX線写真で異常な影のある患者様を担当しています。主な病気は喘息、肺癌、肺炎、肺抗酸菌症、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、間質性肺炎、呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群などです。
+治療法
治療面ではピークフローメーター等を用いた喘息管理や慢性呼吸不全の在宅酸素療法、また呼吸器外科との連携のもとに肺癌にも積極的に取り組んでいます。
+禁煙をはじめましょう!
当院ではバレニクリン酒石酸塩(チャンピックス®)を処方しています
当院は禁煙治療の保険適応に必要な施設認定を受けています。『国が定める一定の条件』を満たすと診断された方には保険での治療ができます。

第一内科学教室(呼吸器センター内科)

今や肺癌は胃癌を抜いて男性の死因の第一位となり、喘息や慢性閉塞性肺疾患も年々増加 の一途をたどっています。その他、肺には感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常な ど実に様々な病気がありますが、当科では、各々の疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科 、麻酔科などと緊密に連携し高度で有機的な診療を行っています。
また、禁煙教育、喘息教室などによる予防医学・管理医学の充実や、在宅医療のネットワーク作りにも力を注いでいます。
研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学などの先端テ クノロジーを駆使した基礎研究から、これらの治療応用をめざした臨床研究まで幅広く行われ、国内外でも屈指の業績をあげています。さらに、卒後教育として多くの勉強会、 症例検討会、抄読会、研究発表会などを行い、優れた呼吸器内科専門医を養成し良質の医 療を患者さんに提供できるよう勤めています。

◇東京女子医科大学第一内科学(呼吸器センター内科学) 教室
肺には、感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常など実にさまざまな病気があり、とくに最近は生活環境の変化や人口の高齢化が進み、喘息をはじめ慢性閉塞性肺疾患や肺癌が増加の一途をたどっています。
これに対し当科では、各呼吸器疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科と密接に連携し、高度で有機的な診療を行う体制をとっています。また、喘息指導、禁煙外来、睡眠外来などを通じて予防医学・管理医学の充実を図り、さらに慢性呼吸不全の在宅医療ネットワーク作りにも力を注いでいます。

研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学、再生医学などの先端テクノロジーを駆使した基礎研究から、遺伝子診断や遺伝子治療の臨床応用を念頭においた臨床研究まで幅広く行い、国内外の学会や学術誌に多くの研究成果を発表しています。

さらに卒後教育として多くの勉強会、症例検討会、抄読会、研究発表会を開催し、優れた呼吸器内科専門医を育成し、良質の医療を患者さんに提供できるように努めています。

☆玉置淳(たまおき じゅん) 教授
・診療部長
昭和53年 東北大学医学部卒
東京女子医科大学第一内科教授
日本内科学会
日本アレルギー学会


◇交通アクセス
http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/access/index.html
(※上記リンク先に地図入りのご案内がございます)

所在地:東京都新宿区河田町8番1号
都営地下鉄大江戸線若松河田駅若松口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線牛込柳町駅西口より徒歩5分
都営地下鉄新宿線曙橋駅A2出口より徒歩8分
都営バス宿74系統・宿75系統・早81系統・高71系統東京女子医大バス停
正面玄関に、グリーンキャブの専用タクシー乗り場あり



Sponsored Links

国立病院機構 福岡病院

独立行政法人 国立病院機構 
福岡病院

〒811-1394 
福岡市南区屋形原4丁目39-1 
TEL:092-565-5534(代表) FAX:092-566-0702(代表)
・院長 岩永 知秋

http://www.fukuoka-nh.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇受診案内

1.外来診療受付時間
受付時間 診療科
月~金
午前8時30分~

10時30分
呼吸器科,心療内科, アレルギー科,リウマチ科
小児科,外科, 皮膚科,歯科(歯科は完全予約制),耳鼻科
午前10時30分~

午後3時
小児科,外科 (それ以外の科は予約のみ)
※皮膚科は10時30分~午後4時(月・水)


午前8時30分~

10時30分
内科、小児科 (紹介状のある方のみ)
SAS (初診の方が対象、予約不要)

※受診時には保険証を忘れないようにしてください.

※ぜんそく発作中など急患での受診の際は窓口でお申し出ください. ※受付時間外の急患の場合,事前に電話連絡をお願いします.

休診日
日曜日,祝祭日,および年末年始(12月29日~1月3日)


2.初めての方 2番窓口
1.外来診察申込書を記入し、紹介状、持参フイルム等、保険証を2番窓口へ提出して下さい。
2.内科、心療内科、外科を受診の方は、2番窓口より問診票、保険証を受領後、問診票をご記入頂き、処置室20番窓口へ提出して下さい。

小児科を受診の方は、保険証等を受領後、処置室10番窓口の前でお待ち下さい。

リウマチ科、皮膚科、耳鼻咽喉科を受診の方は、保険証等を受領後、カルテができるまでしばらくお待ち下さい。

保険外併用療養費について
他の医療機関等から紹介状なしで直接受診される方につきましては、診察料とは別に保険外併用療養費として1,575円をご負担いただきます。

・はじめて当院を受診される方は、かかりつけ医からの「紹介状」をお持ちいただきますようお願いいたします。


◆診療科

呼吸器科
アレルギー科
リウマチ科
心療内科
睡眠呼吸障害
小児科
外科
皮膚科
耳鼻咽喉科
歯科
放射線科

■主な疾患と治療
ぜんそく
ワクチン
花粉症
アトピー
慢性呼吸不全
睡眠時無呼吸
食物アレルギー
リウマチ
心身症
アルコール専門外来
睡眠センター

http://www.fukuoka-nh.jp/shinryou/index.html#2
(※上記各疾患詳細は、以下リンク先にてご確認ください)


◇心療内科
心療内科は「心身症」という身体の病気をあつかう「ストレス内科」ですが、 それ以外に うつ病うつ状態や不安・パニック発作で困っている人、自律神経失調症の人、アトピーや慢性じんましんの人、悩みで学校や職場へ行けない人も診療しています。摂食障害といって、食事を食べたがらなかったり、無茶食いして後で吐いたりする病気をあつかっているところもあります。

・心身症 について
 「心身症」とは、ストレスが発症の重要な原因になっている、いわゆる『ストレス病』のことです。薬による治療や生活の指導にくわえて、患者さんの心の悩みや、家庭や職場でのストレスついても考えた方が良い病気のことです。

 心の中に ストレス状態 があると、一つには(A)内分泌、自律神経系、免疫系の異常 をきたして、もう一つには(B)生活習慣の乱れ をきたして、病気(心身症)が出来上がります。

 (A)の例としては、緊張が続くと自律神経系の異常から胃液の過剰分泌が起き、ストレス潰瘍を作ったり、アレルギー(免疫異常)のため慢性じんましんやアトピーになります。脳が疲れ切って、うつになることもあります。

 (B)の例としては、ストレスからアルコールに走り、慢性肝炎になったり、食べ過ぎて糖尿病になるなどがあります。 治療には薬を飲むだけでなく、ストレスを減らしたり、生活習慣を正す 事が大切です。心療内科はそれを目指します。  ストレスを少なくするには、その人を取り巻くストレス状況(家庭、社会、経済状態など)を改善したり、リラックスする工夫をしたり、ストレス発散に努めたりする必要があります。 厄介なようでも「急がば回れ」で、病気の慢性化を防ぎます。

・診療内容
身体医学の基礎の上に、ストレスや生活習慣の影響を考えて、病態を理解し治療しています。患者の言いたい事をよく聞き、疾病をよく説明する事が基本です。それからストレスへの対処法や生活習慣の改善や薬物の応用を、患者納得の上で進めます。専門的な心理療法が必要な場合、心理士(カウンセラー)が対応します。


※心療内科受診   

気管支喘息   うつ病うつ状態   アトピー   慢性じんましん  

パニック障害   慢性頭痛  自律神経失調症   過敏性腸症候群  

心療内科裏話   過換気症候群 


◇過換気症候群
Q1.過換気発作とはどんな状態?
 登山の時、日焼けを嫌って長そでシャツで参加した女子学生が、急に呼吸困難、手足のしびれ引きつり、頭のくらくら感を訴え、歩けなくなりました。ひーひーと過換気状態で、尋ねても要領を得ません。涼しい木陰に休ませ、手持ちの安定剤を飲ませて良くなりました。日射病による過換気発作でした。このように突然の呼吸困難発作で、過呼吸あるいは頻呼吸状態になり、意識障害や感覚障害を起こします。調べても、呼吸循環系に障害は認められません。切っ掛けは、通常身体的な事より、不安・緊張・興奮等の精神的な事の方多く、本人は理由が分からず、突然に襲われると感じます。命に別状はありません。

Q2.過換気発作の治療は?
1)発作の誘因を除き、落ち着いた状況にする。 

2)Paper bag 法:袋を口に当てて呼気を再吸気する。PaCO2低下、PH上昇の著しい例では、症状による悪循環を除くのに有効。心理的効果も大きい。(頭からビニール袋をかぶせてはいけない。)

3)病院では精神安定剤(セルシン等)静注。

4)自宅では、精神安定剤を1-2錠屯服する。

Q3.慢性あるいは繰り返す過換気発作をどうする?
1)何故こんな発作が起きるのか、メカニズムを理解して、過剰な不安を除きます。(メカニズムはQ4に) 

2)Paper bag法をする。精神安定剤(呼吸中枢の過剰反応を抑える)を屯用する。あるいは常用しておく(車の運転に注意)。

3)呼吸訓練(Q6に)。ゆっくりした腹式呼吸を説明し練習します。

4)今回の発作のきっかけを探し、対処法を医師と一緒に考えます(Q7に)。

5)慢性的に続いている不安、緊張、興奮を探し、対処法を医師と一緒に考えます(Q8に)。

Q4.過換気発作のメカニズムは?
 過換気発作は窒息の誤警報です(火災報知器の誤作動のようなもの)。呼吸を調節している神経(呼吸中枢)が一過性に興奮して呼吸が不足していると誤認し、そのため呼吸しても呼吸しても息苦しく感じます。窒息の恐怖と共に交感神経系が興奮し、末梢血管の収縮、血圧上昇、頻脈が起こり、また過換気による低Ca血症のため、神経・筋肉に異常が出て、意識障害、筋硬直を起こります。一過性であり、完全に元に戻ります。

 発作を起こりやすいのは、普段から呼吸中枢が何らかの原因で過剰反応しやすくなっているからです。ところで一般に不安、緊張、興奮が異常に高まると(大事件の時等)、誰でも呼吸中枢が刺激されて過換気になります。そんな事がなくて、簡単に呼吸中枢が過剰反応しやすいのは、体質的因子もなくはないでしょうが、多くは不安、緊張、興奮が慢性的にあって、過反応しやすくなっているからです。そして少しのきっかけで過換気になります。慢性的な不安、緊張、興奮状態には自分でも気付かない事が多いので、過換気発作が頻発する事になります。これの治療のキーポイントは慢性的な不安、緊張、興奮状態にどう対処するかです。

Q5.呼吸訓練はどのようにする?
 発作の時の呼吸停止法(自分でできるだけ息止めをする)も有効と言われていますが、苦しくてなかなかできないので、ゆっくり腹式呼吸をします。吸気に下腹が膨れ、呼気に下腹が引っ込む呼吸です。肩の力を抜いて腕を脇に落とし、空気が喉を通ってお腹に入るようイメージして、普段から練習します。吸気で「気持ちが」とつぶやき、呼気で「落ち着いている」とつぶやくと自律訓練につながります。

Q6.発作のきっかけをまず探す。
 運動、暑さ、痛み等の身体的誘因もありますが、不安、緊張、興奮がきっかけの事が多いのです。叱られたり、脅されたり、試合に望んだり、遊びに熱中したり、恐ろし目に会ったり、人前で話したり等、いろんな事で不安、緊張、興奮が起こり、発作の誘因になります。きっかけが大きい時は、誘因である事が自分でもよく分かるので、避けるようにするか、慣れて強くなり、そのような事で不安、緊張、興奮を起こさないようにするのが重要です。 きっかけが小さい時は、誘因が自分でも分からない事が多く、またそんな事が誘因とは誰にも話したくないものです。例えば上司からちょっと注意を受けただけで過換気発作を起こしたとは、情けなくて信じたくないでしょう。過換気になるのは体質もありますが、実はそれまでに自分でも気づいていない慢性の不安、緊張、興奮状態があり、精神的に追い込まれていて、呼吸中枢が過剰反応を起こす一歩手前にあったのです。崖淵に立っていたと言えばオーバーですが、そこに新たに不安、緊張、興奮が加わって、最後の一押しになって過換気発作を起こしたのです。

Q7.慢性的に続いている、自分でも気づいていない不安、

 緊張、興奮への対策:
 何が自分を崖淵に連れてきているのか、それを見つけるのは簡単ではありません。恥という気持ちはひとまず脇に置いて、誘因になったと思われる事を一つずつ探し出します。誘因になったことは、自分でも、それが胸に大きく応えている事を薄々感じている事が多いので、素直に話せる雰囲気があれば、思う所をあれこれ話し、慢性の不安、緊張、興奮がどんな事か、浮かび上がってきます。話す事でだんだんと正体が分かってくると、対処法もおのずから分かってきます。立ち向かってゆくか、避けるか、あるいはもっと別の解決方法があるかも?と知恵を集めます。大元の原因はどんなことか、それが分かるようにするのが、自分でも気づいていない不安、緊張、興奮への対策です。

Q8.そのほかの治療法?
 箱庭療法も、不思議な事ですが、自分の置かれた状況を無意識の内に表現しているように思います。自分でも何故、慢性的に不安、緊張、興奮が続いているのか分からない場合、箱庭療法によって手がかりが掴めたり、それが何か分からないままに発作のおこりやすい状態を克服する事があります。 過換気発作が起こるのでないかという不安(予期不安)に対処するのも大切です。これには薬物療法(精神安定剤の常用)が大きな役割を果たします。また薬に頼らない訓練もしましょう。普段から過換気発作に負けない気持ちを持ち、発作が起こるのでないか、という不安を呼び起こす場所に自ら挑戦して行って、軽い発作をわざと起こし、自分で発作を収める訓練をします。


☆心療内科医長
横田 欣児(よこた きんじ)

S48年卒

日本内科学会認定医
日本アレルギー学会専門医
日本呼吸器学会指導医
日本心身医学会指導医


◇交通アクセス

「博多郵便局前」バス停より66番

 (那珂川営業所行)乗車

「天神・大丸前4C」バス停より61・161番

 (福大病院・老司団地・那珂川営業所行)乗車

「野間四角」・「清水四角」より6・61・66・161番

 (福大病院・老司団地・那珂川営業所行)乗車

「那珂川営業所」より61・66番

 (福浜・九大前・博多駅行)乗車

「桧原営業所」より6・61番

 (那の津四丁目・大橋駅行)乗車

「大橋駅」より6番

 (福大病院行)乗車

いずれも「福岡病院下」下車、徒歩3分


Sponsored Links

大阪医科大学附属病院

大阪医科大学附属病院

〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号
電話072-683-1221(代表)
・病院長 木下 光雄

http://hospital.osaka-med.ac.jp/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

● 紹介状(診療情報提供書)をお持ちでない方
保険外併用療養費(選定療養費)を自費でお支払いいただくことになります。(2,625円)

● 保険証、医療証等をご持参されていない方
自費扱いとなります。(保険証等のコピーでは取り扱いできません)


◇初めて受診される方へ
※新たに別の診療科を受診される方も該当します。

・診療受付時間
午前8時30分~午前11時(平日・第1土曜日・第3土曜日・第5土曜日)

休診日
日曜日・国が定める休日・第2土曜日・第4土曜日・
年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)・本学創立記念日(6月1日)
※救急の場合は、この限りではありません

保険証は各科受付にご提示ください。
保険証や、住所、氏名など変更がある場合は、その都度ご提示ください。

◆診療科のご案内
内科 循環器内科 消化器内科(胃腸科) 消化器内科(肝・胆・膵)
消化器内科(化学療法) 糖尿病代謝・内分泌内科 神経内科
呼吸器内科 膠原病内科 血液内科
腎臓内科 総合内科

外科 消化器外科 一般・乳腺・内分泌外科 心臓血管外科
呼吸器外科 脳神経外科

精神神経科 整形外科 一般小児科
発達小児科 婦人科・腫瘍科 産科・内分泌科
眼科 耳鼻咽喉科 皮膚科
泌尿器科 放射線科 麻酔科
形成外科 歯科口腔外科 リハビリテーション科


◇循環器内科

患者さまご紹介について
ごあいさつ
当科では循環器疾患全般にわたって診療を行っております。
豊富な経験を有するスタッフにより、虚血性心疾患に対するカテーテル検査・インターベンション治療、頻脈性不整脈に対するカテーテル焼灼術や致死的不整脈に対する植え込み型除細動器による治療を行っております。 また、心不全および心筋症、心筋炎などの特定心筋疾患の診断と先端的治療も特色の一つで良好な成績をあげております。心臓超音波検査、運動負荷試験、心臓核医学検査も常時施行。さらに、内科全般の健康管理を通じて高血圧症など生活習慣病の予防にも努めています。
これらを通じて地域医療機関の先生方と患者さまに貢献し、地域のみなさまのニーズに応えられる科を目ざして努力しておりますので、よろしくお願い申し上げます。


患者さまへ
循環器内科とは?
血液を全身に循環させるシステムを循環系と呼び、血液を送り出すポンプである心臓や血液を運搬する血管などを循環器と呼びます。心臓、血管などの循環器の機能が悪くなり正常に働かなくなるのが循環器病です。 循環器内科では、主に、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症、不整脈などの心臓の病気、大動脈、肺動脈および末梢血管の病気、また高血圧症の診断と治療を行っております。
当科では、患者さまの立場にたった医療理念(patient first)を大切にして、最良の医療をするべく日々の診療を行っております。循環器病も早期発見、早期治療が大切です。胸や背中の痛み、動悸、息切れ、足のむくみなど心配な症状があれば、早めにお気軽にご来院ください。また、心臓や血管の病気は高度の専門医療が必要な場合も少なくありません。かかりつけの先生からより詳しい検査をすすめられましたらお気軽に受診してください。


特色ある医療内容 本邦においては、高齢化や食生活の欧米化などにより、虚血性心疾患や末梢動脈疾患、心不全が増加のトレンドにあります。これらのADLを大きく損なう疾患に対し、最先端の適切な治療を提供するとともに、一次、二次予防の観点から高血圧、脂質異常症などの生活習慣病に対しても積極的なコントロールを心がけています。
1. 虚血性心疾患
運動負荷試験や核医学検査、冠動脈CT検査を積極的に行い早期発見に努めています。薬物療法に加え、冠動脈内への薬剤溶出性ステント留置やロータブレータを用いた冠動脈形成術を行い良好な成績を修めています。また、必要に応じて心臓血管外科と連携し冠動脈バイパス術を行っています。

2. 慢性心不全・急性心不全
エビデンスにもとづいた慎重かつ積極的な薬物治療に加え、心室再同期療法、植込み型除細動器などの先端の治療を行っています。心筋症、心筋炎に対しての心筋生検などの診断、治療の経験も豊富です。

3. 不整脈

ホルター心電図、電気生理学的検査(EPS)による的確な診断のもと、薬物治療に加え、カテーテル焼灼術、植込み型除細動器などの非薬物療法についても経験豊富な医師がそろっております。心房粗動、心房細動、発作性頻拍症、WPW症候群なども対象となります。
4. 末梢血管病
間欠性跛行の原因となる閉塞性動脈硬化症に対し、血管形成術による治療を行っています。また、画像的な頚動脈狭窄、腎血管狭窄についても画像を駆使した診断を行い、適応に応じた血行再建を行っています。

施設認定
日本循環器学会循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設

◇スタッフ
科長
  石坂 信和 東京大学(昭和61年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・高血圧・動脈硬化・心不全
医長
  石原 正 大阪医科大学(昭和51年卒)
循環器専門医
/循環器・虚血性心臓病

医長
  林 哲也 大阪医科大学(昭和56年卒)
循環器専門医
/循環器・心不全・動脈硬化・高血圧症・睡眠時無呼吸症候群

医長
  寺 文生 大阪医科大学(昭和57年卒)
循環器専門医
/循環器・心筋症・心筋炎

医長
  星賀 正明 大阪医科大学(昭和60年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・動脈硬化・弁膜症

医長
  河野 龍而 大阪医科大学(昭和61年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・虚血性心疾患

医長
  宗宮 浩一 大阪医科大学(昭和63年卒)
循環器専門医
/循環器

医長
  伊藤 隆英 大阪医科大学(平成元年卒)
循環器専門医、超音波専門医、総合内科専門医
/循環器・心臓超音波検査

医長
  鈴木 秀治 大阪医科大学(平成2年卒)
循環器専門医
/循環器・心臓カテーテル治療

医長
  谷川 淳 大阪医科大学(平成9年卒)
循環器専門医
/循環器・冠動脈疾患(カテーテル治療)
  中小路 隆裕 大阪医科大学(平成3年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・ペースメーカー・不整脈

  岡部 太一 大阪医科大学(平成6年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・弁膜症・心不全
  梅田 達也 大阪医科大学(平成7年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・不整脈

  森田 英晃 大阪医科大学(平成7年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・虚血性心疾患・末梢動脈疾患

  曽山 明子 大阪医科大学(平成9年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・虚血性心疾患
  新名 荘史 大阪医科大学(平成11年卒)
循環器専門医
/循環器・冠動脈疾患(カテーテル治療)
  村井 基修 川崎医科大学(平成11年卒)
循環器専門医
/循環器・冠動脈疾患(カテーテル治療)
  大塚 薫 大阪医科大学(平成12年卒)
循環器専門医
/循環器・虚血性心疾患・心筋症
  武田 義弘 大阪医科大学(平成12年卒)
循環器専門医、総合内科専門医
/循環器・冠動脈疾患(カテーテル治療)・画像診断
  片嶋 隆 大阪医科大学(平成13年卒)
循環器専門医
/虚血性心疾患



◇交通アクセス
http://hospital.osaka-med.ac.jp/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・電車をご利用の方 (近郊よりお越しの方)

JR東海道線「高槻」駅下より徒歩約8分  
南口の歩道橋をグリーンプラザ1と松坂屋方向に進み、花時計横の階段で地上に下ります。左に郵便局、右に松坂屋を見ながら進むとすぐに高槻センター街へ。高槻センター街を左に進むと正面に阪急高槻市駅があらわれます。阪急電車の線路を右に見ながら直進すると、左に病院正面玄関前のロータリーがあらわれます。

阪急京都線「高槻市」駅より徒歩約3分
エスカレーター、エレベーター、階段などを利用して、3階ホームから2階の改札口へ。改札口左後方にある1番出口へと続く通路を(京都方面に向かって)進むと、突き当たりにエスカレーターがあらわれます。これを降り、左に曲がると、すぐ目の前に病院正面玄関前のロータリーがあらわれます。

・電車をご利用の方 (遠方よりお越しの方)

東海道・山陽新幹線をご利用の場合/所用時間:約30分
(1) 「新大阪」駅下車、JR東海道線に乗り換え、新快速(京都方面)で「高槻」駅下車
(2) 「京都」駅下車、JR東海道線に乗り換え、新快速(大阪方面)で「高槻」駅下車

大阪国際空港(伊丹空港)をご利用の場合/所用時間:約55分
大阪モノレール「大阪空港」駅から乗車し、「南茨木」駅下車。阪急京都線「南茨木」駅に乗り換え、急行(河原町方面)で「高槻市」駅下車

関西国際空港をご利用の場合
(1) JR「関西空港」駅から特急はるかで「新大阪」駅下車。JR東海道線に乗り換え、新快速(京都方面)で「高槻」駅下車〈所用時間:約1時間45分〉
(2) エアポートリムジンバス(阪急茨木東口経由JR茨木東口行き)で「阪急茨木東口」下車。阪急京都線「茨木市」駅に乗り換え、急行(河原町方面)で「高槻市」駅下車〈所用時間:約1時間40分〉


国道171号「八丁畷」交差点から府道79号へ入ってすぐ。
本院立体駐車場をご利用ください。


・施設名 立体駐車場
所在地 大阪府高槻市大学町2番7号
(大阪医科大学北門すぐ)
収容台数 310台
利用時間 24時間
使用料
(2005年7月1日より一部変更) 外来患者様
●2時間まで … 無料
●2時間以降4時間まで … 300円
4時間以降1時間毎に … 300円

※1日上限額1,000円
(受診当日限り)
入院患者様につきましても、入院及び退院の当日利用に限り外来患者様と同様となります。

お見舞い客様を含む、その他の来院者様
●30分まで … 無料
●30分以降2時間まで … 300円
●2時間以降1時間毎に … 300円


Sponsored Links

埼玉医科大学病院

埼玉医科大学病院

〒350-0495 
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
電話 049-276-1111(番号案内)
病院長 かたやましげひろ

http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇埼玉医科大学病院は特定機能病院です。
特定機能病院とは、最も高度の医療を提供し、かつ高度の医療技術の開発・評価・教育・研修を実施しうる能力を有する病院として、厚生労働省が認可した病院のことです。
特定機能病院は、地域の医療機関との連携を深め、地域医療における高度医療の提供を担う役割を求められております。かかりつけの病院や医院からご紹介された患者さんを受け入れ、必要な検査や治療をし、その後の継続的治療が必要な場合には、再び元の医療機関にお願いすることになります。

◇受診の手続き

初めてその科を受診されるかた
・診療日 月曜日から土曜日(日曜・祝日を除く)

・診療受付時間 初診 午前8時30分から11時
但し、救急の場合には、随時お申し出ください。

・受診相談
どの科に受診したらよいかわからない場合には、総合診療案内にご相談ください。

・初診受付窓口(本館1階医務部初診窓口)
初めて受診される場合は、できるだけ他院の紹介状をお持ちください。
紹介状がなくても受診はできますが、初診に係る保険外併用療養費として3,150円(税込)を別途徴収させていただきます。
「初診申込書」用紙に必要事項を記入し、保険証・紹介状を添えて、初診受付窓口へ提出し、
診察券・カルテ用紙をお受け取りください。
保険証の提出がない場合は、自費扱いとなります。ご注意ください。
保険証は診察の都度確認しますので、来院の際に必ずご持参ください。
他の科に受診したことがあり、診察券をお持ちのかたは一緒に窓口へ提出してください。

・診察券
診察券は、永久に使用しますので大切に保管してください。診察券は、
来院の際、必ずお持ちください。

・診察
診察券とカルテ用紙を各科の受付に提出してから、診察を受けて下さい。

・診察終了後
診察が終わりましたら、診察券と料金カードの入ったファイルを渡されますので、
南かん1階会計カード提出窓口にお出しください。

・料金計算・会計窓口
本館1階医務部窓口です。

・院外処方
当院では、原則外来受診後に院外処方せんを発行し、街の保健薬局(院外薬局)でお薬を調剤してもらうシステムになっております。
院外処方せんの有効期限は4日間です。

・院内処方(薬剤部窓口 )
薬ができましたら、電光掲示板にそれぞれの「お薬引換券」の番号が表示されます。
薬剤部窓口に引換券を提出して、薬をお受け取りください。


すでにその科を受診されたことのあるかた
・再来受付時間 午前8時30分から11時。 
予約のないかた 午前8時30分から11時に、各外来窓口に診察券を提出してください。
予約のあるかた 予約時間の概ね30分前に来院してください。
診察前検査のあるかたは、特に指定された時間がある場合を除き、概ね1時間前に来院してください。

・再来診察時間 9時から17時

・再診受付窓口(各診療科窓口)
直接各診療科の受付へ行って診察券を提出してから、診察をお受けください。

・診察後
診察の都度、必ず保険証をファイルに入れて、会計カード提出窓口にお出しください。
診療科で受け取ったファイルを南かん1階会計カード窓口に提出した後は、初診時と同じ手続きです。

その他
・結婚などで氏名が変わったかたは初診窓口(本館1階)へお申し出ください。

・救急診療
救急診療については、第一ビル1階の急患センター(イーアール)(電話049-276-1465)で受け付けます。

◆診療科のご案内
・外来診療受付 
http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division_info.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

内科
血液内科 感染症科・感染制御科 リウマチ膠原病科 東洋医学診療科
呼吸器内科 腎臓内科 消化器内科・肝臓内科 内分泌内科・糖尿病内科
神経内科・脳卒中内科 小児科 リハビリテーション科 総合診療内科
外科
消化器・一般外科 呼吸器外科
調整中 乳腺腫瘍科 小児外科
脳神経外科 耳鼻咽喉科 神経耳科 整形外科・脊椎外科
産婦人科 皮膚科 眼科 形成外科・美容外科
泌尿器科 歯科・口腔外科 麻酔科

放射線科
放射線科 放射線腫瘍科 核医学診療科  
神経精神科センター
神経精神科・心療内科

腎臓病センター
腎臓内科 泌尿器科
成育医療センター
 「成育医療センターのご紹介」
小児科 新生児・未熟児科 産科新生児部門 小児外科
呼吸器病センター
呼吸器内科 呼吸器外科
調整中
睡眠呼吸センター
睡眠呼吸センター
アレルギー・喘息センター
アレルギー・喘息センター
創傷治癒・再生センター(Wound Healing and Regeneration Center)
創傷治癒・再生センター(Wound Healing and Regeneration Center)
健康管理センター
人間ドック
※急患センター(ER) 

※ER医(救急外来医)の役割
・ 「どこの病院に行ったらいいか分からない」と不安を感じたことはありませんか?
・ 近くの病院に電話で相談したら、「専門医がいないので他の病院に行くように」と断られたことはありませんか?
・ 診療を頼もうとした病院から「軽症の患者さんは診療しない」「重症の患者さんは診療できない」と言われたことはありませんか?

 なぜ、このようなことがなくならないのでしょう??

 「救急、夜間でも専門の医師に診てもらいたい」という患者さんの心情は当然です。しかし、常に各診療科の専門医を待機させるには、莫大な医療コストがかかります。結局、通常の病院では専門医を揃える当直体制が不可能なため、「専門医がいない」などと診療を断られることになります。また、専門化、細分化が進むと、いわゆる縦割りとなり、患者さんが選択された受診科が必ずしも適切ではない場合があります。「肩が痛い」と整形外科を受診しても実は急性心筋梗塞(循環器科)であったり、胆嚢炎(消化器外科)であったりということもあります。縦割りの弊害で適切な対応が遅れることになります。
 これらの問題を解決するため、あらゆる救急患者さんの診療にあたるのが急患センター(ER)です。

◆東洋医学診療科
月曜日~土曜日 受付時間 午前8:30~午前11:00
※診療時間が異なる場合がありますので、電話にてお問い合わせ下さい。

漢方診療、鍼治療ともに診察に先立って電話予約が必要です。
(東洋医学外来 TEL 049-276-1193)

・三村俊英 (診療科長)
・磯部 秀之 (漢方診 講師)
・山口 智 (鍼灸診 講師)

<漢方薬治療>
 漢方とは、患者さんの病態を「心身の歪」として漢方医学的な尺度で判断し、漢方薬を使ってその歪を是正していくものです。
 現代医学の進歩は目覚しく、感染症などの多くの疾患を克服して来ました。臓器移植や遺伝子治療など、今後も期待される分野はたくさんあります。しかし、現代社会の変化も大きく、飽食、運動不足、ストレス社会、環境汚染等に伴い、生活習慣病やストレス性疾患などの慢性疾患が増加しています。また、自覚症状があっても検査で異常がない場合や症状の安定しない機能性疾患と思われるものには、現代医学的にはあまりいい治療方法がありません。
 一方、漢方治療は患者さんの自覚症状を尊重し、愁訴をとることに重点を置いています。人間本来の治癒力を引き出すことを主眼としていて、調節、安定作用に優れています。そのため、作用はそれ程強くはありませんが、常に全身のバランスを考えながら、状態をいい方向へと近づけて行きます。一人一人に合わせて処方を行うことが基本の個別医療であるため、安全性が高く、長期の服用により、体質改善等も可能なのです。
 そこで、漢方は機能性の疾患の治療や全身状態の改善、体質改善等に適しています。西洋医学的には治療が難しいケース(検査で症状を説明できるような異常がない場合など)でも、漢方が役に立つことは少なくありません。西洋医学的な治療とうまく組み合わせることで、治療の幅が大きく広がると期待できます。
 
 漢方治療にむいている病態としては、
  ア.可逆的変化を主とする疾患
  イ.機能性疾患
  ウ.虚弱体質(体質改善)
  エ.心身症的傾向が強い
  オ.検査で症状を説明できるような異常がない
  カ.現代医学的には治療困難あるいは副作用のため治療が継続出来ないなどがあります。

 次のようなことでお困りの方は、漢方治療を考慮されたらいいと思います。
  ア.現代医学的にはよい治療法がない
  イ.診断がつかない(原因不明)
  ウ.検査では異常がないが愁訴は頑固に持続
  エ.現代医学的な治療では副作用が強く出てしまう
  オ.現代医学的な治療だけでは効果が不十分
 
 また、昔から漢方と鍼灸は「車の両輪」ともたとえられていますが、両者を併用することで、さらに治療効果を高めることが期待出来ます。


 <鍼灸治療>
 鍼灸治療は、2000年以上の長い歴史を有する東洋古来の伝統医療です。わが国には飛鳥朝の時代に中国より朝鮮半島を経て伝えられたと言われており、約1500年継続している医療です。近年、中国の鍼麻酔報道をはじめ、WHOや米国国立衛生研究所等から科学的な研究基盤により鍼治療に関する適応疾患なども発表され、欧米各国を中心に国際的にも広く普及してきております。
 東洋医学の診療は全人的な医療を基本とし、心身両面より患者さんの個々の状態を細かく診察し、治療を行います。また、鍼灸治療の効果が期待できないケースやより専門的な診断が必要な場合には、速やかに他の専門診療科に依頼することを原則としております。
 現在、当科には直接鍼灸治療を希望して直接来院される患者さん(約46%) と、大学病院内や地域の医療機関より紹介されて受診する患者さん(約54%)とに大別されます。下記の病気や症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。
 さらに鍼灸治療は病気の治療だけではなく、予防医療としての役割も大きく、皆さんの健康保持・増進に十分貢献できる、古くて最新の医療です。

 当診療科の対象疾患は次のようになっております
 慢性機能性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛他)、脳卒中後遺症、顔面神経麻痺(ベル麻痺・ラムゼイハント症候群等)、メニエル症候群、肩こり症、頸椎症、五十肩、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰痛症、変形性膝関節症、スポーツ障害、むち打ち症、各種神経痛、関節リウマチ、シェーグレン症候群、閉塞性肺疾患、気管支喘息、慢性胃炎、過敏性腸症候群、常習性便秘、腎不全(維持透析患者)過活動性膀胱、前立腺肥大、月経困難症、更年期障害、アトピー性皮膚炎、花粉症、ドライアイ、ドライマウス

 当診療科では次のような症状を扱っております
 頭痛、肩こり、顔の麻痺、めまい、耳鳴り、頚肩腕の痛み、肩関節の痛み、腰痛、足の痛み・シビレ、膝関節痛、癌性疼痛や術後の後遺症など難治性の痛みやしびれ、手足のむくみ、冷え症、便秘や月経痛、排尿障害、手足のレイノー症状、眼や口の乾燥症状、体がだるい。


・診療実績
新患患者内訳の統計(平成21年4月~平成22年3月) 213
腰痛・下肢痛(腰部脊柱管狭窄症、腰椎症、変形性膝関節症含む) 59
顔面神経麻痺(Bell麻痺、ラムゼイ-ハント症候群を含む) 48
頚部痛・上肢痛(頚椎症、肩関節周囲炎、テニス肘を含む) 35
頭痛・顔面痛(緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経痛を含む) 27
頸肩こり 23
その他(脳血管疾患、リウマチ・膠原病、アレルギー疾患、維持透析患者を含む) 21

■お問い合わせ先
電話番号: 急患センター(ER) 1ビル1F  049-276-1199 / 049-276-1465
 

◇交通アクセス
・電車を利用する場合

【池袋方面から東武東上線を利用される場合】
池袋駅より東武東上線に乗り、
「坂戸」駅で東武越生線に乗り換え、
「東もろ」駅にて下車。
東もろ駅から病院への所要時間は徒歩で約20分、バス・タクシーを利用しますと約5分です。
路線バスのバス停は駅の改札を出て左側にあります。

東武東上線は、池袋駅が始発駅です。
「おがわまち」行き、または「武蔵らんざん」行き、または「森林公園」行きにお乗り下さい。
そのほかの行き先の電車は、途中で停まり、坂戸駅までは行きません。
急行、準急、ふつう電車は料金は同じで、すべて坂戸駅に停車します。
所要時間は急行で約45分です。

東武越生線は、坂戸駅が始発駅です。
すべて越生行きの普通電車で、 およそ15分に1本の運行となっております。
坂戸駅と東もろ駅間の所要時間は5駅でおよそ15分です。

池袋駅には次の9路線が乗り入れています。
JRは埼京線、成田エクスプレス、山手線、湘南新宿ライン、東北・高崎線 の5路線、
私鉄・地下鉄は西武池袋線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ丸の内線 東京メトロ副都心線の4路線です。


【八王子方面よりJRを利用される場合】
JR八こう線高麗川駅より高崎行きまたは小川まち行きに乗って、次のもろ駅で下車して下さい。
駅からは徒歩3分ほどで病院に着きますが、列車はおよそ1時間に1本の運行となっております。

JR八こう線は八王子と高崎(群馬県)を結ぶ路線を言いますが、
途中の高麗川駅で乗り換えが必ず必要になります。

高麗川駅へはJR八こう線、JRかわごえ線が乗り入れています。


【大宮方面からのアクセス】
JRかわごえ線は大宮と高麗川を結ぶ路線で、かわごえを通り高麗川に乗り入れています。
高麗川まで行って八こう線に乗るか、かわごえ駅で降りて東武東上線に乗り換える方法もあります。

大宮駅には次の11路線が乗り入れています。
JRは埼京線、高崎線、東北本線、東北新幹線、成田エクスプレス、湘南新宿ライン、上越新幹線、京浜東北線、山形新幹線、秋田新幹線、長野新幹線の11路線、
私鉄・地下鉄は東武野田線、埼玉新都市こうつう伊奈線と接続されています。

【その他のアクセス方法】
JR八こう線の八王子寄りのはいじま駅には、JRおうめ線、JR五日市線、西武はいじま線が接続されています。
同じくJR八こう線の八王子寄りの東飯能駅には西武秩父線が接続されています(ただし少し歩きます)。
東武東上線では坂戸駅より池袋寄りのあさか台駅で、JR武蔵野線と接続されています。


Sponsored Links

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学附属病院

〒060-8543  
北海道札幌市中央区南1条西16丁目291番地
TEL:011-611-2111(代表)
FAX:011-621-8059(病院課)
病院長 塚本 泰司

http://web.sapmed.ac.jp/byoin/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇病院長あいさつ
 医療を取り巻く環境はここ数年大きく変化しています。今後もこの流れが続くことは間違いありません。大学の独立行政法人化もあり、本附属病院を見ても過去数年間で大きく変化しています。独立行政法人化に伴う病院運営、多様なニーズと医療の質の向上を目指した腫瘍診療センターあるいは内視鏡センターなどの新しい機構、時代にマッチした新時代の放射線機器の充実、など多くの改革がなされてきています。さらには病院にとって最も重要な課題の一つである医療安全などにも多くの改善が実施されてきたところであります。
 今後は、手狭で一部老朽化した附属病院の改善、より優れた医療安全システムの構築、効率的な病院経営、地域への医師派遣など、山積する多くの課題に取り組んでいかなければなりません。これまでの改革の大きな流れを停滞させることなく、「これまで以上に皆さまの役に立つ病院にするためにはどうすれば良いのか」をテーマに掲げ、さらに充実した質の高い医療機関を目指します。
 今後とも附属病院へのご支援をよろしくお願いいたします。

札幌医科大学附属病院長
塚本 泰司


◇外来診療受付時間
初診: 受付時間 :午前8時45分~午前11時まで
再診: 予約がある方の受付時間 :予約時間 まで
予約がない方の受付時間 :午前8時~午前11時まで

・外来診療休診日
 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
・健康保険証等について
 当院では、毎月、健康保険証の原本を確認させていただいております。
 医療費公費負担証書(特定疾患、老人医療、高齢受給者、乳児医療など)をお持ちの場合は、その証書も窓口で提示してください。
 また、保険が変更になった場合は、変更後の初回の受診時に窓口で提示してください。


◎医療相談について

・ 医療に関する心配事、家庭・職場の心配ごと、または経済的・精神的問題等について、2階の「患者サービスセンター」で、ご相談に応じますのでお気軽においでください。

・ 各種の公益負担医療(生活保護、児童福祉法、身体障害者福祉法、精神保健福祉法、特定疾患等)手続きの援助も行っています。

・ ご相談の受付は午前8時45分から午後5時15分までです。

(土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)



■ 各診療科案内
診 療 科 目       診  療  内  容
第 1 内 科
消化器疾患(胃・腸・肝・胆・膵等)、免疫疾患(リウマチ・膠原病、血液疾患、HIV等)

第 2 内 科
循環器(心臓、血管、血圧、動脈硬化、ペースメーカー)、腎臓、糖尿病、内分泌、高脂血症

第 3 内 科
呼吸器(肺、気管、気管支、縦隔)、喘息、アレルギー、職業性肺疾患

第 4 内 科
腫瘍(肝臓、胆道、膵臓、食道、胃、大腸、小腸など)、血液病(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血・多血症、血小板減少症・増多症、凝固異常症 )

神 経 内 科
脳血管障害、内頸動脈狭窄、髄膜脳炎、パーキンソン病、MCI(軽度認知障害)、アルツハイマー病、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、筋炎、末梢神経障害など

第 1 外 科
外科一般、頸部腫瘤の外科、消化器外科(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆道、膵臓)、内分泌外科(乳腺、甲状腺)、小児外科

第 2 外 科
心臓外科、血管外科、呼吸器・縦隔・胸壁・横隔膜の外科、人工臓器(ペースメーカー、人工心臓)、心肺移植

整 形 外 科
腰痛、脊椎疾患、上肢・手、肩関節、膝関節、股関節、足、リウマチ、骨・軟部腫瘍、スポーツ医学、骨粗鬆症、スポーツ障害

脳神経外科
脳脊髄腫瘍、頭蓋底腫瘍、脳血管障害(脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞)、脳血管内手術、機能的脳神経手術(三叉神経痛、顔面痙れん)、小児脳神経疾患、脊柱脊髄疾患

婦  人  科
妊娠3ヶ月未満、不妊症、思春期、更年期障害、骨粗鬆症、排尿障害、習慣性流産、良性並びに悪性腫瘍、女性外来

産科・周産期科 妊娠3ヶ月以上、新生児1ヶ月検診、合併症外来、遺伝相談

小  児  科
小児科一般、アレルギー、循環器、血液・腫瘍、神経、免疫不全、膠原病、肝炎、内分泌、遺伝相続(神経・代謝)、精神衛生相談、腎臓

眼     科
弱視、斜視、網膜硝子体、神経眼科、緑内障、白内障、角膜、流涙症、形成、ぶどう膜炎

皮  膚  科
湿疹、皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚癌、感染症、熱傷、ホクロ、アザ、その他の皮膚病一般

形 成 外 科
唇裂・小耳症、埋没耳など生まれつきの病気、指が多い・くっついている病気、皮膚の出来のもやイボ・皮膚ガンの手術、爪の手術、ホクロやアザの手術とレーザー治療、皮膚のレーザー治療、ヤケドやヤケドの後の治療、ケロイドの治療、顔面のけがやキズあとの治療、キズあとや変形が気になる人、わきが、いろいろなガン手術後の変形

泌 尿 器 科
腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、陰茎・精巣などの疾患、生まれつきの泌尿器の病気、男性不妊症、男性更年期、勃起不全、尿失禁、腎移植、尿路性器感染症

耳鼻咽喉科
耳・鼻・咽喉、頚のシコリ、甲状腺、唾液腺、めまい、顔面麻痺、睡眠時無呼吸

神経精神科
精神疾患(神経症・うつ病・統合失調症など)、不眠、摂食障害(過食、拒食)、ひきこもり、てんかん、痴呆、物質依存(アルコール、薬物など)、慢性疼痛、心身症、ストレス性障害、パニック障害など心の問題全般、性同一性障害

放 射 線 科
放射線治療、癌などの診断および治療、画像診断とそれを応用した非手術的治療(IVR)、CT・MRI診断、核医学(診断と治療:甲状腺機能亢進、甲状腺癌)

麻  酔  科
ペインクリニック、神経ブロック、帯状疱疹、腰痛、三叉神経痛

総合診療科
どの科にかかればよいか分からない方、まずは健康問題を相談してみたい方、高度な臓器別専門医療を必要としない方(いわゆる「カゼ」、健診で高血圧・糖尿病・高脂血症などを指摘されたなど)、予防医学的なアプローチを希望する方(肥満の食事療法・運動療法)など幅広く対応します。

歯科口腔外科
口腔腫瘍、顎変形症、顎関節疾患、顎口腔領域の炎症・外傷・嚢胞・先天異常・神経疾患、口腔粘膜疾患、ドライマウス、歯・歯周組織疾患、唾液腺疾患、インプラント義歯、矯正歯科

リハビリテーション科
脳・脊髄・末梢神経疾患、四肢・関節疾患、心肺疾患などに伴う障害に対し、検査、評価と理学療法・作業療法・義肢装具療法・言語療法を含めた治療

救急集中治療部
(救 急 部 門)
心肺停止、多発外傷、広範囲熱傷、急性薬物中毒、四肢切断、心筋梗塞、脳卒中、重症急性膵炎、臓器不全などの重篤患者を対象とした高度専門的な救急治療、大規模災害、テロなどの災害医療


◇神経内科 診療内容:
神経内科は中枢神経(大脳,脳幹,小脳,脊髄)に由来する疾患・症状,末梢神経(運動神経,感覚神経,自律神経)に由来する疾患・症状,神経筋接合部,筋肉に由来する疾患・症状 について診療しています。

中枢神経に由来する疾患
 多発性硬化症,パーキンソン病,脳炎,髄膜炎,てんかん,脳血管障害,脊髄小脳変性症,多系統萎縮症,クロイツフェルト-ヤコブ病,筋萎縮性側索硬化症,急性播種性散在性脳脊髄炎,HTLV-I関連ミエロパチー,スモンなど
末梢神経に由来する疾患
 ニューロパチー,ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発根神経炎など
神経筋接合部,筋肉に由来する疾患
 筋炎,筋ジストロフィー,周期性四肢麻痺,重症筋無力症, ミトコンドリアミオパチーなど


◇GIDクリニックについて:
当院では、性同一性障害(GID)で苦しんでおられる方々の治療のため、平成15年12月1日より、神経精神科や産婦人科、泌尿器科、第一外科、形成外科からなる専門外来「GIDクリニック」を開設しております。
これからはじめて当院を受診される方(初診)については、次のとおり完全予約制とさせていただきます。
 
・予約方法
あらかじめ電話により予約してください。初回は神経精神科での受診になります。
なお、初診の診察は月曜日のみで、お一人までとさせていただきます。
  
http://web.sapmed.ac.jp/byoin/index.html#info
(※詳細は上記リンク先「性同一性障害(GID)クリニック のお知らせ」にてご確認ください)
  

◇交通アクセス
http://web.sapmed.ac.jp/byoin/user_info/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

■地下鉄 札幌駅・大通駅から
 地下鉄 東西線西18丁目駅下車 5・6番出口から徒歩3分

■市電 西4丁目駅から
 市電 西15丁目下車 徒歩3分

■バス 札幌駅から(JR北海道バス)
医大病院前

■バス  札幌駅から(JR北海道バス)
南3条西15丁目

■ バス 桑園駅から
医大病院前

◎ 駐車場について
 本院の駐車場は非常に込み合いますので、来院の際はできるだけ公共交通 機関のご利用をお願いします。
  なお、病院正面玄関前に身体障害者用駐車場(12台分)をご用意しておりますので、ご利用ください。
※駐車場利用時間   午前7時から午後8時まで(夜間は施錠します)


Sponsored Links

名古屋市立大学病院ー耳鼻いんこう科

名古屋市立大学病院

〒467-8601
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
TEL 052-851-5511
病院長 山田和雄
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

◇初めて受診される方
1.総合案内に設置されている番号札をお取りのうえ、後方の記載台にある『診療申込票』に必要事項をご記入ください。他の病院・診療所等からの紹介状をお持ちの方は、診療申込票中段にある「紹介状の有無」の「有」を丸で囲ってください。
2.2番新来受付窓口より番号でお呼び出ししますので、診療申込票、保険証(医療証を含む)、番号札を提出してください。次に4番診察券交付窓口で保険証(医療証を含む)、診察券をお渡ししますのでご確認のうえお受け取りください。なお、交通事故・労災の関係で受診される方は、必ずお申し出ください。
3.次に受診科のある階の外来受付窓口に移動後、診察券を、また紹介状がある場合は紹介状を提出してください。手続きが終わりましたら「診療予定票」をお渡ししますので、お呼びするまで外待合でお待ちください。

◇外来受診のご案内
診療受付時間初診:8時30分~11時
再診:(予約外)午前8時30分~午前11時
(注意)診療科によって若干異なる場合があります。
診療時間 8時30分~17時
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

初診料加算額のおしらせ当院は地域の病院・診療所と連携を深め、機能分担により高度で良質な医療を提供する特定機能病院として承認されています。次の方は、初診料のほか「初診料加算額」として1,050円(税込)をご負担いただいておりますので、ご了承の程お願い申し上げます。

※初めて受診される方で、ほかの医療機関等からの紹介状のない方
当院に受診したことがあるが久しぶりの方
風邪などの、普通2~3週間で治癒する病気で、しばらく間をあけて受診される方
次の方は、初診料加算額1,050円をご負担いただく必要はありません。

ほかの医療機関等からの紹介状をお持ちの方(紹介状をお持ちの方は必ず受付に出してください)
救急車で来院された方
慢性疾患により長期に継続して受診されている方
交通事故、労災交通事故や労災の関係で受診される方は、必ず診察の前にそれぞれの診療科の受付にお申し出ください。

保険証の確認毎月初めての受診時と、保険証の内容に変更があった時には、診察券と保険証(医療証、医療券も含む)を受診される科の受付へお出しください。


◇電話予約センターのご案内

やむを得ない理由により、予約変更・取消を希望される場合は、電話予約センターへご連絡ください。

対象予約診察予約の変更・取消
(注意)下記の場合(1~4)及び医師の判断により変更・取消が許可されてない場合は、申し訳ございませんが、電話予約センターではお取り扱いできませんのでご了承ください。


1.検査予約の変更 お取り扱いできません(一部の取消のみ可能ですので、電話予約センターにお問い合わせください)。
2.新規予約の申込 お電話による申込は受け付けておりません。
3.担当医の変更 お取り扱いできません。
4.予約日を過ぎたもの お取り扱いできません。次回は予約なしで受診してください。

申込方法予約票をご用意いただき、お電話で予約の変更・取消をお申し付けください。
変更希望及び取消希望ともに、予約日当日までにご連絡ください。
(注意)窓口で直接、変更・取消を希望される場合は、受診科外来受付へお申し付けください。


連絡先電話:052-858-7137(直通)

受付時間平日の8時30分~17時

注意事項予約を変更することにより、検査結果が出ていない、お薬が足りなくなるなどの場合がございますので、ご注意ください。
予約の枠には限りがありますので、予約日・時間等につきまして、患者さんのご希望に添えない場合がございます。
予約を取り消した場合には、新たな予約を取ることはできません。次回は予約なしで受診していただくことになりますので、ご了承ください。


◆診療科
総合内科
消化器内科
肝・膵臓内科
呼吸器内科
循環器内科
内分泌・糖尿病内科
血液・膠原病内科
血液・化学療法内科
膠原病内科
神経内科
腎臓内科
消化器・一般外科
呼吸器外科
心臓血管外科
小児・移植外科
乳腺内分泌外科
整形外科
産科婦人科
小児科
眼科
耳鼻いんこう科
皮膚科
泌尿器科
こころの医療センター
放射線科
麻酔科
脳神経外科
歯科口腔外科


◆耳鼻いんこう科
受付時間新患:8時30分~11時
再来:8時30分~11時
腫瘍外来:火曜日 14時~15時30分
※専門外来(予約制)です。

木曜日:
診察室 1 (第1・3週)
*耳鳴り
蒲谷嘉代子医師

金曜日:
診察室 1
*におい
*副鼻腔
*アレルギー
鈴木元彦病院准教授

月曜日:
診察室 2
*のど
濱島有喜講師

水曜日:
診察室 2
初診
濱島有喜講師

木曜日:
診察室 2
*内耳
*中耳耳管
竹村景史助教

金曜日:
診察室 2
*顔面神経
村上信五教授

木曜日:
診察室 6
*心理
牧野多恵子心理士
高橋眞理子助教

火曜日:
診察室 8
*めまい
竹村景史助教

木曜日:
診察室 8
*耳鳴り
高橋眞理子助教

※上記は一部です。ほか、詳細は耳鼻いんこう科リンク先にてご確認ください。



◇交通アクセス
当院への交通アクセス地下鉄名古屋駅(地下鉄桜通線名古屋駅)

3番ホーム野並行き(約16分)桜山駅(市立大学病院)下車3番出口

市バス栄バスターミナル(オアシス21のりば)
【4番のりば】
栄26号系統 「博物館」行 (約25分)「市立大学病院」下車

金山市営バスターミナル
【7番のりば】
金山11号系統 「池下」行(約15分)「桜山」下車
金山16号系統 「瑞穂運動場東」行(約15分)「桜山」下車
金山12号系統 「妙見町」または「金山」行(約15分)「市立大学病院」下車
【8番のりば】
金山14号系統 「瑞穂運動場東」行(約15分)「市立大学病院」下車

地下鉄・市バスの時刻表については、名古屋市交通局ホームページ(URL:http://www.kotsu.city.nagoya.jp/)をご利用ください。

自動車で来院される方へのお願い駐車場に限りがあり、駐車できない場合(特に午前中)もありますので、公共交通機関等をご利用ください。
なお、駐車場は外来者専用ですので、入院中に駐車されたままにすることはできません。

駐車場管理時間
24時間

駐車場使用料
患者さん 受診の領収書(または薬袋)を駐車場整理券と一緒にご提示ください。 無料
付添の方 一般駐車場利用申請書による承認が必要です。 無料
見舞いの方等 0分~30分まで 無料
見舞いの方等 30分~60分まで 100円
見舞いの方等 以降30分毎 50円増



Sponsored Links

三重大学医学部附属病院 ー神経内科

三重大学医学部附属病院

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL :059- 232 -1111(代表)

http://www.hosp.mie-u.ac.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初診の患者さんへ
紹介初診患者予約システムについて
他医療機関受診時に、当院初診外来の受診予約ができます。

・医療機関の先生方へ

本院では特定機能病院として、地域医療機関との連携と患者サービスの向上を目指し、紹介初診患者予約システムを導入しています。 このシステムは事前に先生方から紹介頂いた患者様に対し予約受付を行い、予約 当日にスムーズに受診していただけるシステムです。

申込み方法:

「診療予約申込書」に必要事項を記入の上、FAX059-231-5541に送信していただき、予約受付を行います。予約受付窓口に着信後、原則15分以内に折り返しFAXで診療予約の回答をさせていただきます。
なお、患者様からの直接FAXでのお申し込みはできません。


◎紹介状について
当院の外来受診は、原則「他の医療機関からの紹介状をお持ちの方」とさせていただいております。
初診時に紹介状(診療情報提供書)がない方は、診療費の他に「選定療養費」として3,150円が自費負担となります。(紹介状がない場合でも、当院での受診は可能です。)


◇診療受付時間初 診 受 付
8 : 30 ~ 12 : 00

再 診 受 付
予約あり: 8 : 30 ~ 17 : 00

予約なし: 8 : 30 ~ 12 : 00

・休診日について
土曜・日曜・祝祭日および年末年始(12月29日~1月3日)

曜日によって休診する診療科があります。

また、担当医が急用で休診となる場合もありますので、必ずお問い合わせの上、ご来院下さい。

・時間帯
お問い合わせ電話番号

時間内 059-232-1111(内線5207) 診療案内係
時間外 059-232-1111(内線5233) 事務当直室

※診療予約の変更、取り消し等は各診療科へお問い合わせください。


◆診療科名

総合診療科

循環器内科

腫瘍内科

糖尿病内分泌内科

神経内科

腎臓内科

血液内科

消化器・肝臓内科

呼吸器内科


一般外科

消化管外科

肝胆膵外科

心臓血管外科

脳神経外科

歯科・口腔外科

呼吸器外科

乳腺外科

小児外科

整形外科

リハビリテーション科

耳鼻咽喉・頭頚部外科

腎泌尿器外科


産科婦人科

小児科

精神科神経科

デイケア

眼 科

皮膚科

放射線診断科

IVR科

放射線治療科(ライナック)

麻酔科 (ペインクリニック)

麻酔科 (漢方外来)

麻酔科 (統合医療・鍼灸外来)

麻酔科 (臨床麻酔部)

救急科

オーダーメイド医療部


◆神経内科
科 長
冨本 秀和 教授

副科長
内藤 寛 講師


神経内科は、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、まひ、歩きにくさ、意識障害、物忘れ、けいれんなどの症状を対象にしています。 最近では高齢化社会を反映し、認知症が疑われて受診する方も増えています。
これらの症状の中には、中枢神経(脳や脊髄)、末梢神経、あるいは筋肉に異常があったり、 全身的な疾患に起因する場合があります。神経内科では時間をかけて問診と診察を行い、その後に必要な検査を行います。

具体的な対象疾患としては、


・脳血管障害:一過性脳虚血発作・脳梗塞・脳出血など
・神経変性疾患:パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症・多系統萎縮症など
・認知症:アルツハイマー病・脳血管性認知症など
・免疫性神経疾患:重症筋無力症・多発性硬化症・ギランバレー症候群・CIDPなど
・末梢神経疾患
・筋疾患:筋炎・筋ジストロフィーなど
・中枢神経系の感染症:脳炎・髄膜炎など
・てんかん
などです。この他にも内科の疾患に伴う神経症状も数多く扱っています。
なお、これらに該当せず、 精神的な訴えのみの場合は精神科にご相談願います。

◇診 療

・ボトックス治療

眼瞼けいれん、顔面けいれんなどの患者さんに、ボツリヌス毒素を薄めた液を注射します。

・物忘れ外来

認知症を早く見つけるために、種々の物忘れの検査を行います。

・バクロフェン髄注療法

整形外科と協力し、痙縮の強い方にバクロフェン(筋弛緩薬)を脊髄腔内に注入します。


・検 査

神経伝導速度検査・筋電図

まひやしびれの原因がどこにあるかを弱い電気を使って調べます。


☆冨本 秀和(とみもとひでかず) 教授
昭和56年京都大学卒業
京都大学医学博士
所属学会
日本神経学会、日本脳卒中学会、脳循環代謝学会、日本神経病理学会、日本老年医学会、認知症学会 社会活動

認知症医療学講座教授

職歴 Mayo Clinic研究員 学術(芸術)賞
専門分野 神経内科、脳卒中学、神経病理学
現在の研究課題 血管性認知症の病態解明と治療法の開発
担当科目:神経内科


◇交通アクセス
交通機関徒歩の場合

近鉄名古屋線 江戸橋駅下車 徒歩10分
バスの場合

三重交通バス 大学病院バス停下車 すぐ
三重交通バス 大学病院前バス停下車 徒歩3分

※大学病院方面のバスは、津駅東口 4番バス停より発車します。 バスの行き先
降りるバス停

大学病院行 「大学病院」バス停で下車
椋本行 「大学病院」または「大学病院前」バス停で下車
関バスセンター行
豊里ネオポリス行
高田高校行
一身田行
三行行
白塚駅行
太陽の街行 「大学病院前」バス停で下車

JR紀勢本線・伊勢鉄道

特急「南紀」・快速「みえ」が津駅に停車します。


Sponsored Links

インフルエンザー感染症

国立感染症研究所感染症情報センター
 
〒162-8640 
東京都新宿区戸山1-23-1
Tel:03-5285-1111(内:2538) Fax:03-5285-1129

http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
(※詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

☆谷口清州(第一室長)

谷口清州(たにぐちきよす)
1984年三重大学医学部卒業。同大学小児科学教室入局。
1985年~1991年 鹿児島市立病院小児科、静岡県立こども病院臨床病理科、三重大学付属病院小児科、厚生連鈴鹿中央総合病院小児科勤務
1992年ガーナ国野口記念医学研究所プロジェクトリーダー
1995年国立三重病院小児科急性病棟主任
1996年国立予防衛生研究所感染症疫学部主任研究官
1997年国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官(組織改編により名称のみ変更)
1998年国立感染症研究所感染症情報センター感染症対策計画室長
2000年世界保健機関(WHO)ジュネーブ本部感染症対策部医務官
2002年現職に復帰


◆インフルエンザの流行がピークを迎えているので、予防に努めたいですね。
以下に簡単にまとめてみました。


★インフルエンザの主な感染原因:

「飛まつ感染」⇒ せき、くしゃみ、などで空気中に飛ぶ細かいつばなどによるもの。
「接触感染」⇒ ウイルスが付着した手で、口やのど、鼻などに触れて感染するもの。

感染防止:手洗い。手の甲だけでなく手首や指先、指の間まで、石鹸と流水で15秒以上洗う。
濃度が60~80度の速乾性のアルコール消毒剤を使うのもウイルスを死滅させるのに効果的だという。

感染を広めない方法:「せきエチケット」⇒マスクの装着が有効。素材はガーゼではなく不織布製のものが良いという。鼻筋に合うように鼻と口を覆いゴムひもを耳にしっかり固定する。
1日1枚を目安に使い捨てにするか、マスクを替える。

マスクをしていない時には、ティッシュなどで口や鼻を覆い、他の人から顔をそむけるようにする。覆うものがない場合は、袖口で口を押さえて飛まつが飛ばないようにする。

ワクチンは接種してから効果が発揮されるまで約2週間かかるという。
接種したからといって発症を完全に防げるわけではないので注意。

かかったときは、抗インフルエンザ薬の治療などで、外出を避け安静にする。
熱が下がっても、体内のウイルスは消えず感染力は残っているので、解熱後も最低2日間は外出を避けた方が良いという。

ウイルスが沈静化するまで、学校は休ませるのが懸命ですね。


◇「つぶやき」予測
ツイッターで「インフルエンザ」という文字を含むつぶやきを自動的に集計し、地域別の数を公開するホームページを作成したという。以下です。

インフルエンザ ツイッター


Sponsored Links
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle