東京医科大学 皮膚科

東京医科大学病院
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿6-7-1
TEL 03-3342-6111(代表)
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/index.html
(※詳細はご確認ください)

東京医科大学 皮膚科
http://www.tokyo-med.ac.jp/derma/toppage/index.htm
(※詳細はご確認ください)

☆主任教授 
坪 井 良 治 (つぼい りょうじ)

■ 経歴

広島県出身
1980年   防衛医科大学校卒業
1987年   順天堂大学大学院修了(皮膚科学)
1987-9年  ニュ-ヨ-ク大学医学部研究員(細胞生物学)
1990年    順天堂大学皮膚科講師
1998年    順天堂大学皮膚科助教授
2002年    東京医科大学皮膚科主任教授
       (東京薬科大学客員教授、順天堂大学非常勤講師)


■ 資格

皮膚科専門医、医真菌専門医


■ 所属学会

日本皮膚科学会会員(平成14年より代議員)、日本研究皮膚科学会会員(平成6年より評議員)、日本褥瘡学会会員(平成17年より理事)、日本医真菌学会会員(平成18年より理事)、毛髪科学研究会(事務局長)、日本美容皮膚科学会会員(平成18年より理事)、アメリカ合衆国皮膚科学会会員、アメリカ合衆国研究皮膚科学会会員、国際医真菌学会会員、日本生化学学会会員、日本皮膚悪性腫瘍学会会員(平成14年より評議員)、日本アレルギー学会会員、日本皮膚アレルギー学会会員(平成16年より評議員)、日本乾癬学会会員(平成14年より評議員)、日本エイズ学会会員、日本感染症学会会員、日本香粧品学会会員、日本皮膚病理組織学会会員


■ 診療実績

【真菌症】 爪真菌症(爪白癬)、足白癬、マラセチア関連疾患など皮膚真菌症の経験25年。爪の変形にも経験が深い。

【脱毛症】 円形脱毛症、男性型脱毛症、瘢痕性脱毛症など髪のトラブルと脂漏性皮膚炎など頭皮のトラブルに詳しい。20年の経験。円形脱毛症は1万例以上の診断経験。円形脱毛症にはステロイドの注射や局所免疫療法を推奨。男性型脱毛症へのプロペシアの処方は教室全体として1千例。

【皮膚潰瘍】 保存的治療や外科的治療を実践。院内褥瘡チーム長

【アトピー性皮膚炎】 細菌(ブドウ球菌)や真菌(マラセチア)による皮疹の悪化から抗菌療法に興味を持つ。痒みと不眠の関係に注目。

【皮膚癌】上皮系腫瘍の診断と治療

【その他】紅斑症、肉芽腫症など診断の難しい疾患や全身性疾患に伴う皮膚病変の診断を得意にする。



■ 研究内容

【創傷治癒過程と皮膚の再生の研究】 皮膚潰瘍治療薬の開発や皮膚の老化・再生のメカニズムについて研究している。

【発毛機序の解析と脱毛症の治療】 発毛剤の開発や毛包皮脂腺系の発生について研究している。各種脱毛症に関する臨床研究も行っている。

【真菌症の診断と治療】 爪真菌症の新しい診断法やマラセチアの菌相について研究している。特許申請中。

【アトピー性皮膚炎と生体防御】 アトピー性皮膚炎の悪化とブドウ球菌やマラセチアの感染との関連について検討中である。痒みのメカニズムにも注目している。


■ その他
毛髪・爪のトラブル、スキンケア、水虫、床ずれに関する執筆多数
NHKラジオ「暮らしの電話相談」皮膚科を担当


■ ひとこと
病気の原因、検査結果、治療方法、生活上気をつけることなどについて十分ご説明するようにしています。患者様が多いので、初診ではかなりお待たせします。


☆東京医科大学・皮膚科関連リンク:
東京医科大学・皮膚科関連リンク

Sponsored Links

城西クリニック福岡

◇名称 医療法人社団ウェルエイジング 城西クリニック福岡
http://www.josaiclinic-fukuoka.com/
(※詳細はご確認ください)

◇発毛・育毛専門クリニック紹介:

・抜け毛の予防から発毛治療まで、総合的な頭髪治療を行うクリニックで「髪の主治医」が最先端の頭髪治療を提供致します。また、患者さん1人ひとりに合ったオーダーメイド治療ですので、抜け毛、薄毛に関することなど頭髪に関することは何でもお気軽にご相談ください。あなたも当院で髪の主治医を見つけて下さい。



〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル9F >アクセスページへ
TEL 092-738-8571
フリーダイヤル 0120-77-0066
FAX 092-738-8572
Mail info@josaiclinic-fukuoka.com
URL 発毛・育毛専門:城西クリニック福岡(福岡県)
http://www.josaiclinic-fukuoka.com/
診療時間 ≪完全予約制≫ ※予約受付は、30分前までとなります
水曜日 13:00~18:00
木~土曜日 10:00~19:00
日曜日 10:00~18:00
休診日 毎週月・火曜日、第1水曜日


◇発毛治療案内
・診察の流れ:
予約した時間にクリニックに来院していただき、受付後、問診表を記入していただきます。問診表では、現在の体調やこれまでの病歴、アレルギーの有無などをはじめ、髪についての質問をさせていただきます。

カウンセリングでは、記入して頂いた問診表をベースに、現在、気になっている症状などをヒアリングする形になっております。また、治療内容や期間、費用などもモニター症例写真等をご紹介して分かり易くご説明します。他にもシャンプーの仕方や髪に負担をかけないドライヤーの使い方など、健康な髪を維持する為に役立つ情報も提供させていただきます。
現在の頭髪状態を記録する為に写真撮影を行います。治療中は1か月ごと定期的に頭髪の写真を撮って比較し、治療効果を確認します。
客観的にみて比較することは正しい状態を把握できて、とても良いことなんです。
ヘアスコープを使って頭皮の状態を診ます。頭皮自体が炎症を起こしてしまうと、髪にも当然悪影響をおよぼします。
ここでの頭皮写真をみて自己流のケアは”怖いなぁ”と思ってしまう人が多いようです。
医師が問診表をみながら頭髪、頭皮の状態を確認します。また、食生活や生活習慣、健康状態や遺伝的背景なども問診し、髪に優しい生活に改善していく様アドバイスを行います。 問診・視診・触診を含めて30~40分程の診察となります。
医師の診察後、血液検査と血圧測定を行います。これは肝機能や腎機能など体の内側をチェックし、全身状態をみて、お薬を処方できるかどうかを確認します。
また、ご希望によりDNA検査や毛髪ミネラル検査等の専門的な各種検査を行うことも可能です。

患者さまの疑問や不安を取り除き、安心して次のステップに進んでいただく為にアフターカウンセリングの場を設けております。分からないこと等ありましたらご質問ください。

約1週間程で血液検査の結果がでます。肝機能・腎機能などに異常がない場合は、治療に関するインフォームドコンセントを行い、お薬を処方します。お薬は1カ月分となりますので、次の診察は1カ月後です。費用は診察代、お薬代を含めて3万円程度です。

約1カ月ごとに定期的な診察を行い、発毛効果や頭皮の状態などを診察し、一人ひとりの症状に合わせてお薬を処方します。 ※気になる治療効果はこちらから



【初診費用】
初診料 ¥10,500
血液検査 ¥5,250
初診料合計 ¥15,750

【再診費用】
再診料 ¥31,500前後(お薬30日分含む)

【オプション検査費用】
DNA検査 ¥19,950
毛髪ミネラル分析検査 ¥10,500

※価格はすべて税込 (ホームページより)



☆院長 小西 さわ子(こにし さわこ)

経歴
1997年3月 佐賀医科大学医学部医学科卒業
1997年6月 産業医科大学病院研修医
1998年5月 九州大学医学部附属病院研修医
1999年5月 九州厚生年金病院医員
2002年4月 国立小倉病院皮膚科長
2004年4月 国立病院機構九州医療センター
2006年4月 城西クリニック福岡院長就任

☆名誉院長 中溝 慶生(なかみぞ よしお)
主な所属
九州大学名誉教授、 日本毛髪協会顧問 、
特定非営利活動法人F.M.L. 理事、日本乾癬学会初代理事長、
日本皮膚科学会名誉会員、 日本臨床皮膚科学会名誉会員
城西クリニック福岡名誉院長

◇交通アクセス:リンク先地図にてご確認ください。
http://www.josaiclinic-fukuoka.com/access/index.html

Sponsored Links

国立精神・神経医療センター病院

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター
〒187-8551東京都小平市小川東町4-1-1 代表:042-341-2711
※病院、神経研究所、精神保健研究所住所・電話はすべて同じになります。
http://www.ncnp.go.jp/access/index.html
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

◆独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター
http://www.ncnp.go.jp/guide/greeting.html

◇理事長の挨拶より抜粋:
「世界にひとつだけの花」という歌がありますが、当センターは「世界にひとつだけの精神・神経センター」です。

 世界には類似の医療機関がないわけではありません。例えば、ドイツのミュンヘンにあるマックスプランク研究所があります。しかし、この研究所はほとんどがうつ病の研究中心であり、病院もありますが、うつ病の診療中心です。また、ほとんどが精神の研究であり、神経疾患の研究はほとんどありません。米国のNIMH(国立精神保健研究所)の場合も精神領域のみの研究機関です。当センターのように、精神・神経・筋・発達障害を同じ病院、研究所で診療・研究しているのは極めてユニークかつ希少です。

◎もの忘れ外来
http://www.ncnp.go.jp/hospital/guide_s_outpatient/detail02.html
(※詳細は、上記アドレス)
 
「もの忘れ外来」とは、もの忘れが気になっている方のための外来です。

 高齢になるともの忘れが多くなってきます。その多くは年齢相応の自然なものですが、もしかしたら認知症がはじまったのではないか、と不安に思っている人のために開設されたのが「もの忘れ外来」です。その人のもの忘れが、自然なものなのか、病的なものなのかを診断し、その症状に応じた適切な治療を行います。

◇ご案内: 
当院では、全国に先駆けて1994年に「もの忘れ外来」を開設し、認知症の早期診断と早期治療を行って参りました。その後、認知症疾患の診断技術は進歩し、治療薬も開発されて来ており、現在では全国の大学病院等の精神科、神経内科、老年病科などでも同様の診断・治療を受けることができるようになりました。

 私たちは、地域の保健・福祉・介護・医療機関と密接な連携を取り合いながら、よりよい治療を進めることが大切であると考えています。特に、ご高齢の方は、認知症以外にも高血圧、心臓病、糖尿病、高脂血症などの疾患を伴うことが多く、これらの命取りになりやすい病気は内科的な健康管理が不可欠です。したがって当院の専門外来において認知症と診断され、薬物治療の必要が生じた場合は、原則として、日常的にご本人の全般的な健康を管理して下さっているご近所の「かかりつけ医」(家庭医)の元で、認知症の治療をお受けになることをお勧めしています。

 また、介護についてのお悩みや介護保険についてのご相談は、まずお住まいの地域の市役所老人福祉課などの各種窓口をご利用下さい。各種申請用の診断書や主治医意見書の作成もかかりつけ医に行っていただくのがご便利です。

 このような経緯、現状を踏まえて、当病院のもの忘れ外来の役割は、下記の3点と考えております。

1.認知症の早期の発見と診断、そして治療方針の決定
2.他の医療機関では実施していない高度・特殊な検査の依頼(紹介状が必須です)
例)脳機能画像(SPECT他)検査、CFSマーカー検査 3.1)、2)に基づく、かかりつけ医(家庭医)等への適切な継続診療のご紹介  
・以上の趣旨をご理解の上で受診をご検討下さいますようお願いいたします。

受診について「もの忘れ外来」の受診がお役に立つ方
 「軽度のもの忘れがあるが、病気の始まりかどうか」と悩んでおられる方

※当院は精神・神経疾患の専門病院であり、老年内科・老年外科は設けておりません。

 ご高齢の方、重篤な内科・外科疾患をお持ちの方は、当院での継続診療は困難なので、老人専門の総合医療機関の受診をお勧めします。

高齢者の精神状態が急に異常になった場合
 75歳以上の高齢者がある日突然、「いないはずの人の姿が見えると言って騒ぐ、辻褄の合わないことを言い、意思の疎通が出来ない、興奮して動き回り、落ち着かず夜も寝ない」などの症状を示す場合は、急性脳障害であるせん妄(せんもう)の可能性があります。この場合には、早急な治療が必要です。すぐに一般内科、老年内科のある病院を受診することをお勧めします。

 その結果、精神科の受診を勧められた場合には、当院を含む精神科の一般外来を早めに受診して下さい。

高齢者の認知症で幻覚・妄想・運動興奮が強く、入院が必要と思われる場合
 認知症にともない幻覚・妄想・運動興奮が強い場合は、高齢者認知症治療病棟をもつ病院を直接受診されることをお勧めします。

◇受診について
「もの忘れ外来」の受診がお役に立つ方
 「軽度のもの忘れがあるが、病気の始まりかどうか」と悩んでおられる方

※当院は精神・神経疾患の専門病院であり、老年内科・老年外科は設けておりません。

 ご高齢の方、重篤な内科・外科疾患をお持ちの方は、当院での継続診療は困難なので、老人専門の総合医療機関の受診をお勧めします。

高齢者の精神状態が急に異常になった場合
 75歳以上の高齢者がある日突然、「いないはずの人の姿が見えると言って騒ぐ、辻褄の合わないことを言い、意思の疎通が出来ない、興奮して動き回り、落ち着かず夜も寝ない」などの症状を示す場合は、急性脳障害であるせん妄(せんもう)の可能性があります。この場合には、早急な治療が必要です。すぐに一般内科、老年内科のある病院を受診することをお勧めします。

 その結果、精神科の受診を勧められた場合には、当院を含む精神科の一般外来を早めに受診して下さい。

高齢者の認知症で幻覚・妄想・運動興奮が強く、入院が必要と思われる場合
 認知症にともない幻覚・妄想・運動興奮が強い場合は、高齢者認知症治療病棟をもつ病院を直接受診されることをお勧めします。

◇診察について検査
 その方の症状により異なりますが、一般的には以下のような検査を行い、病気かどうかを診断しています。

1.神経心理学的検査 もの忘れや生活の支障が認知症といえるものなのかどうかを調べます。

(1)一般知能検査(長谷川式簡易認知症検査など)で知能の低下の有無を確認します。
(2)記憶機能検査(物語、単語、図形など)や注意機能検査、言語機能検査などで障害の詳しい程度を調べます。

2.脳画像検査 脳の壊れた部分があるか、機能の低下した部分があるか調べます。

(1)MRIやXCTで、脳梗塞、脳出血、脳の萎縮を調べます。
(2)SPECT(脳血流検査)で脳の働きが十分かどうか調べます。  
※上記検査一式を行うには通常4〜5回ほど通院していただくことになります。

3.特殊な検査 CSFマーカー検査は医師が必要と判断した方に限り、ご本人とご家族の同意の上で実施します。

治療
 当院では主に以下の治療を行います。

1.薬物療法 2.生活指導  
※症状によって異なりますので、詳しくは診察を担当する医師に診察結果とともにおたずね下さい。

◇早期診断, 早期治療の重要性
 たとえ認知症と診断されたとしても、早い段階で治療を始めれば進行を遅らせることができます。また、疾患によっては適切な治療に症状を改善させることができます。

 早期の診断、治療をおすすめします。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

            (独立行政法人 国立精神・神経医療センターホームページより抜粋)

電車をご利用の場合:
◆西武新宿線拝島行または西武遊園地行にて萩山駅(南口)下車、徒歩7分 ◆JR中央線国分寺駅乗換え、西武多摩湖線萩山駅下車、徒歩7分 ◆JR武蔵野線新小平駅下車、徒歩10分



◇独立行政法人 国立精神・神経医療センター病院
http://www.ncnp.go.jp/hospital/index.html

第一精神診療部長:有馬 邦正
信州大医 昭和53年卒 医学博士
日本認知症学会評議員、日本神経病理学会評議員


◇独立行政法人 国立精神・神経医療センター病院
精神科医長:坂田 増弘(デイケア医長)
☆坂田増弘 臨床精神医学(認知症を含む老年期精神疾患など)
・東京大医 平成5年卒、同大学院平成13年修了


◆認知症については、下記「健康と病気」ページにて、「認知症」で検索してください。
◆健康と病気

Sponsored Links

東京メモリアルクリニック・平山-脱毛症、あざ治療

東京メモリアルクリニック・平山
東京都渋谷区代々木2-16-7
山葉ビル2階
tel 03-5351-0309
fax 03-5351-1395
http://www.clinic-hirayama.com/
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

◇法人名 医療法人社団TMC
施設名 東京メモリアルクリニック・平山

電話 03-5351-0309
FAX 03-5351-1395
住所 東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル2F
最寄駅 JR新宿駅から徒歩6~7分
都営新宿線から徒歩2分
診療科 形成外科・皮フ科・レーザー治療・スキンケア外来


■■■ 治療案内 ■■■


◆一般形成外科
・あざ
・しみ
・毛髪(1) (2)
・扁平母斑
・血管腫
その他
・AURA-iレーザー
・Q-YAG5レーザー
・ホクロ
・しみ・くすみ・にきび
・シルエットリフト


◇東京メモリアルクリニック・平山

・佐藤明男医師

フィナステリド感受性試験(AGAチェック)の効用について

男性型脱毛症(Androgenetic Alipecia:AGA)は、平成17年12月に治療薬である「プロペシア」が万有製薬より発売されたことで医学的治療法も選択可能となりまた。さて、AGAは「男性において思春期以降に発症する遺伝的背景を持った薄毛」と定義されています。日本では、男性の5人に1人が罹患しているとの統計があります。しかし、その発症の原因に関しては完全には究明されていません。・・
http://www.jhi.co.jp/greeting/sato.html
(※詳細は、リンク先にてご確認ください)


◇心の悩みも治療するそれが医師の勤め
 
 アザをもって生まれてきたばかりに、いつもそれを気に病み、明るい気持ちになれないとしたら悲しいことです。
 アザに悩む人は多く、その悩みために対人恐怖症や外出恐怖症、恋愛・結婚恐怖症に陥っている人は計り知れないといわれています。今まで治療が無理とされていた種類のアザが治療できるようになりました。


・レーザー治療
  ●正常な皮膚組織を痛めません。
  ●外来通院で治療できます。
  ●500円玉ほどの大きさのあざでは5分程で治療できます。
  ●大人の場合、麻酔クリームだけで治療できます。


・赤アザと黒アザとは

黒アザ 皮膚の中、表皮メラニン、メラニン色素産生細胞が異常に増加しているもの。
色調・・・黒、紫、青、褐色
ほくろ(黒子)、黒アザ、大田母斑、
扁平母斑、脂漏性角化症、悪性黒色腫
   
赤アザ 生まれつき、沢山の血管が、皮下に群集するもの。
色調・・・赤、どす黒い赤
単純性血管腫、苺状血管腫、
海面状血管腫、サモンパッチ



☆佐藤明男院長
1989年 北里大学医学部卒業と同時に形成外科研修医
1995年 日本形成外科学会認定医取得
1997年 医学博士号取得(専門は培養皮膚)
1998年 厚生省高度先進医療推進事業にて国費留学
オックスフォード大学医学部客員研究員      

1999年 東京メモリアルクリニック(クリニック平山)
副院長就任
2001年 東京メモリアルクリニック(クリニック平山)院長
2003年 頭髪治療専門医院ウインズクリニック副院長

◇主な院外業務

横浜市立大学医学部形成外科非常勤講師
関連学会
・日本形成外科学会認定医
・日本レーザー医学会専門医
・日本臨床毛髪学会理事
・国際植毛学会会員
・欧州毛髪研究学会会員

Sponsored Links

東京医科大学病院 皮膚科-脱毛症-

東京医科大学病院
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿6-7-1
TEL 03-3342-6111(代表)

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/index.html
(※詳細はご確認ください)


◇院長挨拶
「腑に落ちる」医療

最近は「腑に落ちない」という否定的表現がよく使われ、肯定的な「腑に落ちる」は聞き慣れないかもしれません。しかし、「腑に落ちる」と言う表現は夏目漱石の作品にもあり、立派な日本語だと思います。医療も「腑に落ちない」ことが多くなったのは事実ですが、我々は「腑に落ちる」医療を目指します。
「なるほど」と患者さんやその家族が「腑に落ちる」ことが、まずもって大切です。そして医療者も共に「腑に落ちる」ことも大事だと考えます。なぜなら、医療は患者さんやその家族や関係者の方々と、医療者が協力して作り上げるものと理解するからです。それぞれの立場からお互いの納得を確認し、これを分かち合うことが「腑に落ちる」医療につながります。安全・安心で高度な医療は、同時に「腑に落ちる」医療でなければなりません。安全も安心も、そして高度さも「なるほど」と実感できるものでなければならないということです。

本院は、特定機能病院として最高レベルの医療機器と医療スタッフが診療に携わっています。これまでに積み重ねた経験を活かし、チーム医療のより一層の充実を図ります。これらの一つ一つの努力が、「腑に落ちる」医療へとつながることを願い日々の業務を誠実に行います。

我々は、患者さんやその家族の方々と共にある大学病院でありたいと願っています。

平成21年9月 東京医科大学病院 院長 行岡 哲男


■各診療科
○頭部・頸部
神経内科
脳神経外科
歯科口腔外科
眼科
耳鼻咽喉科

○胸部
心臓外科
乳腺科
循環器内科
呼吸器内科
呼吸器外科・甲状腺外科

○腹部
消化器内科
消化器外科・小児外科
腎臓内科
産科・婦人科
泌尿器科

○全身
総合診療科
皮膚科
形成外科
整形外科
血管外科
血液内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
リウマチ・膠原病内科
アレルギー(喘息)内科
小児科
老年病科
麻酔科
放射線科
臨床検査医学科
メンタルヘルス科
臨床腫瘍科


皮膚科:

◆皮膚科の3つの特徴
1 水虫から腫瘍まで
当科では皮膚に関するトラブルならどんなことでも扱っています。水虫や湿疹といった日常の疾患から皮膚の悪性腫瘍といった外来では治療が困難な疾患まで、何でもご相談ください。ひとりで悩まずに、まずは受診されることをお勧めします。
2 患者さん本位の治療
当たり前のことですが、治療を受けられる患者さんには治療の選択枝を丁寧かつ十分に説明し、患者さんと相談しながら、その患者さんに一番あった治療を選択するように心掛けています。
3 医療連携
地域で開業をされている医師との連絡を密にし、疾患、症状に応じて紹介・逆紹介患者さんの情報を共有することで迅速で無理なく対応できるよう心掛けています。

◆主な診療内容について
・アトピー性皮膚炎:
ステロイド外用剤や抗アレルギー剤といった一般的な治療に加え、身体症状のみならずストレスとの関連を考慮し、心理面からのアプローチも行っています。

・皮膚腫瘍:
腫瘍にはホクロや脂肪の固まりのような良性のものから、悪性黒色腫のような命にかかわる悪性のものまで、様々なものがあります。自己判断せずに専門医の診察を受けましょう。悪性の場合、治療法の選択は腫瘍の性質、全身状態、年令、生活環境などを考慮し、患者さんとともに考えていくように心がけています。腫瘍を専門に扱う専門外来も開設されています。

・脱毛症:
主に円形脱毛症、男性型脱毛、女性型脱毛の治療を行っています。円形脱毛症は軽症のものから全ての頭髪が脱落する全頭型まで広く扱っています。局所免疫療法(SADBE・DPCP)・ステロイド外用・局注療法など。患者さんの状態に合わせて治療を選択します。
男性の男性型脱毛症に対してはプロペシアの処方や、育毛剤の紹介を行っています。

◆専門外来
アトピー外来
パッチテスト外来
白斑外来
手術外来
レーザー外来
膠原病外来
乾癬外来
脱毛症外来
腫瘍外来
ピーリング外来

☆坪井良治 (つぼい りょうじ) 皮膚科教授・認定資格:
皮膚科専門医
医真菌専門医

・所属学会日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
日本医真菌学会
日本皮膚悪性腫瘍学会
日本皮膚アレルギー学会
日本乾癬学会
日本美容皮膚科学会
日本香粧品科学会
毛髪科学研究会
日本褥瘡学会
American Academy of Dermatology

・メッセージ:
病気の原因や検査結果について十分ご説明するようにしています。患者様が多いのでかなりお待たせすることがあります。


◇交通アクセス
新宿駅からの交通案内
■ 徒 歩 : 新宿駅西口より約10分

■ タクシー : 新宿駅西口より約5分

■ 地下鉄 : 新宿駅より下記の各線に乗車

東京メトロ丸ノ内線
西新宿駅(東京医大病院前)下車 2番出口 または E5番出口よりすぐ

都営大江戸線
都庁前駅下車 A7番出口より徒歩約7分(都営線ご利用の方は、中野坂上駅で丸ノ内線に乗り換えが便利です)

■ バ ス : JR新宿駅 西口より下記の路線にて約3分

新宿駅西口バスターミナルのりば案内 …( )内はのりば番号

都営バス
王子行(8)・駒沢陸橋行(9)・新代田駅行(9)・杉並車庫行(10)にて乗車、東京医大病院前で下車

西武バス
池袋西武百貨店行(7)にて乗車、東京医大病院前で下車

京王バス
渋谷駅行(16)・永福町行(17)・佼正会聖堂前行(17)にて乗車、新宿住友ビル前で下車

Sponsored Links

慶應義塾大学保健管理センター

慶應義塾大学保健管理センター
http://www.hcc.keio.ac.jp/
(※詳細は上記にてご確認ください)

保健管理センター本部(日吉)
〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 
(東急東横線・横浜市営地下鉄日吉駅下車 徒歩約1分)

◇ 慶應義塾大学保健管理センターは,健康保持増進のための医学研究ならびに慶應義塾の設置する大学および一貫教育校の塾生等の保健衛生教育ならびに義塾全般の保健管理に関する専門的業務を行い,塾生等および義塾教職員の保健を図ることを目的に,スタッフ全員で取り組んでいます。

☆慶應義塾大学保健管理センターは健康の保持増進のための教育・研究、慶應義塾の塾生・教職員の健康管理、感染症管理、環境の衛生管理などの業務を行っています。さらに、日吉、三田、湘南藤沢の慶應義塾診療所における診療業務も行っています。
―慶應義塾大学保健管理センター所長 齊藤郁夫―

・日吉保セ
・三田保セ
・信濃町保セ
・矢上保セ
・SFC保セ
・芝共立保セ

☆Staff List
 慶應義塾大学保健管理センターの専任スタッフの紹介です 。

所長
・齊藤 郁夫(医師)
副所長
・河邊 博史(医師)
事務長
・小島 正孝 
事務長代理
・小原 佐之 


教授
・齊藤 郁夫
・南里 清一郎
・河邊 博史
・大野 裕

准教授
・辻岡 三南子
・和井内 由充子
・徳村 光昭
・森 正明
・横山 裕一
・広瀬 寛
・森木 隆典
・西村 由貴

専任講師
・井ノ口 美香子

助教
・田中 徹哉
・井ノ口 美香子
・田中 祐子


センター本部(日吉)
・齊藤 郁夫(医師,所長兼診療所長)

・小島 正孝(事務長)
・中島 正則(放射線技師)
・久根木 康子(係主任,保健師)
・小坂 桃子(保健師)
・戸田 寛子(保健師)

三田分室
・河邊 博史(医師,診療所長)

・小原 佐之(事務長代理)
・田中 由紀子(係主任,保健師)
・松本 可愛(保健師)

信濃町分室
・横山 裕一(医師,産業医) 

・高山 昌子(保健師)
・齋藤 圭美(保健師)

矢上分室
・広瀬 寛(医師,校医)

・佐藤 幸美子(保健師)

湘南藤沢分室
・辻岡 三南子(医師,産業医,診療所長)

・藤井 香(係主任,保健師)
・室屋 恵子(保健師)
・小坂 桃子(保健師)
・高橋 綾(保健師)
・横尾 理代(看護師)

・森木 隆典(医師,校医)【高等部担当】

・徳村 光昭(医師,校医)【中等部担当】

・室屋 恵子(保健師)【中高担当】

芝共立分室
・森 正明(医師,校医)

・澁谷 麻由美(保健師)

高校分室
・森 正明(医師,校医)

・玄葉 道子(保健師)

志木高分室
・河邊 博史(医師,校医)

女子高分室
・和井内 由充子(医師,校医)

・松岡 珠実(保健師)

普通部分室
・徳村 光昭(医師,校医)

・木村 奈々(保健師)

中等部分室
・徳村 光昭(医師,校医)

・山岸 あや(保健師)

幼稚舎分室
・南里 清一郎(医師,校医)

・外山 千鈴(保健師)


※「健康と病気」の関連ページです。

☆大野 裕  Yutaka Ono

保健管理センター 教授(医学博士)

研究分野
臨床精神医学

専門分野
臨床精神医学

主要著書
・こころが楽になる気分転換のコツ(大和書房)
・『うつ』を治す(PHP新書)
・心の力を育てる認知療法自習帳

所属学会
日本認知療法学会,日本精神神経学会,日本心身医学会,日本ストレス学会,アメリカ精神医学会

略歴
1978年 慶應義塾大学医学部卒業
1985-1988年 コーネル大学医学部 visiting fellow
1988年 ペンシルバニア大学 clinical visit
1989年 慶応義塾大学専任講師(医学部精神神経科)
2002年 慶応義塾大学教授(保健管理センター)

Sponsored Links

滋賀医科大学附属病院

滋賀医科大学附属病院
〒520-2192
滋賀県大津市瀬田月輪町 
TEL:077-548-2111(代表)077-548-2770(時間外)
http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/
(※詳細はご確認ください)

☆病院長
Director of the SUMS Hospital
Atsunori Kashiwagi

滋賀医科大学病院長
柏木 厚典


◇初めての方
紹介状なしの初診時負担額について•本院は特定機能病院です。高度な医療を必要とする患者さんを治療することを役割としているため、受診いただく際には原則「他の医療機関からの紹介状」が必要です。
•紹介状が無くても受診いただくことはできますが、選定療養費として5,250円(保険適用外、消費税込み)をご負担いただきます。また、予約患者さんを優先しますので、診察までにお時間をいただくことになります。
•なお、紹介状をお持ちの場合は、上記料金は不要です。

◇受付時間・休診日
新来受付 午前8時30分~午前10時30分
再来受付 午前8時30分~午前11時00分
再来受付機※ 午前8時30分~午後16時00分
(初めての診療科、休診日・予約診療のみの日は使用できません)
診療開始時間 午前9時~
休診日 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※予約の方(手書き、検査予約を除く)でかつ保険確認が3ヵ月以内の場合のみご利用いただけます。


◆診療科一覧
診療科
循環器内科
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
糖尿病内分泌内科
腎臓内科
神経内科
腫瘍内科
小児科
精神科神経科
皮膚科
消化器外科
乳腺・一般外科
心臓血管外科
呼吸器外科
整形外科
脳神経外科
耳鼻咽喉科
母子診療科
女性診療科
泌尿器科
眼科
麻酔科
ペインクリニック科
放射線科
歯科口腔外科
リハビリテーション科中央診療部
検査部
手術部
放射線部
材料部
救急・集中治療部
輸血部
総合診療部
医療情報部
光学医療診療部
リハビリテーション部
病理部
血液浄化部
分娩部
無菌治療部
病歴部
臨床工学部
化学療法部
栄養治療部各部・センター
医療安全管理部
医療研修部
感染制御部
医師臨床教育センター
治験管理センター
腫瘍センター
患者支援センター
薬剤部
看護部
看護臨床教育センター専門外来等
生活習慣病センター
禁煙外来
形成外科外来
漢方外来
リンパ浮腫外来
フットケア外来
排泄機能ケア外来
ストーマ外来
看護相談外来
院内助産所・助産師外来
セカンドオピニオン外来


☆柏木厚典( KASHIWAGI Atsunori )
 
所属 理事(医療等担当・副学長・病院長) 職名:副学長 日本糖尿病学会評議員

取得学位 医学博士 課程 取得大学: 大阪大学 分野: 代謝学 研究経歴

研究職歴:
1981米国NIHフェニックス臨床研究所研究員としてピマインディアンの糖尿病発症機構に関する臨床研究に従事
1979大阪大学医学部第一内科助手
1983滋賀医科大学第三内科医員
1983滋賀医科大学第三内科助手
1988滋賀医科大学第三内科講師
1995滋賀医科大学第三内科助教授
2001滋賀医科大学内科学講座教授(内分泌代謝学)
講義科目 内分泌・代謝学 専門診療科名 内科学・内分泌代謝学

・自己紹介:
糖尿病・動脈硬化症の発症機構、新しい診断・治療法の開発をめざすとともに、地域医療の発展に尽くしたい。


◇交通アクセス
JRの場合JR東海道本線 (琵琶湖線)の「瀬田駅」で下車。瀬田駅から「滋賀医大」行きのバスに乗車し、「大学病院前」で下車。
※JR 瀬田駅には新快速は止まりません。快速または各駅停車をご利用ください。また、京都駅では琵琶湖線(草津、野洲、米原、長浜行き)と湖西線とをお間違えないようにご注意ください。
お車の場合京都・大阪方面から
1号線
「瀬田駅口」交差点を右折、約2km先の名神高速道路の陸橋を渡ってすぐの交差点を左折、約1kmで「瀬田月輪」交差点があり、ここを右折し約1.2km
京滋バイパス
有料区間が終わり最初の信号(一里山四丁目)を右折、約800mの名神高速道路の陸橋を渡ってすぐの交差点を左折、約1kmで「瀬田月輪」交差点があり、ここを右折し約1.2km
名神高速
草津田上インターで高速を降り、料金所を出てすぐの信号を左折、約300m先の「医科大学北口」信号を越えてすぐの交差点を左折、突き当たりを右折し約400m
彦根・名古屋方面から
1号線
「月輪一丁目」交差点を左折し、約2km
京滋バイパス
「野路中央」交差点を左折、約1.5km先の名神高速道路の陸橋を渡ってすぐの交差点を右折、約1km先の「医科大学北口」信号を越えてすぐの交差点を左折、突き当たりを右折し約400m
名神高速
草津田上インターで高速を降り、料金所を出てすぐの信号を左折、約300m先の「医科大学北口」信号を越えてすぐの交差点を左折、突き当たりを右折し約400m
信楽・亀山方面から
新名神高速
草津田上インターで高速を降り、料金所を出てすぐの信号を左折。約300m先の「医科大学北口」信号を越えてすぐの交差点を左折、突き当たりを右折し約400m

Sponsored Links

NTT東日本関東病院予防医学センター

NTT東日本関東病院
〒141-8625
品川区東五反田5-9-22
電話:03-3448-6111(代表)

◇予防医学センター
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/24health.html
(※詳細はご確認ください)

・人間ドック・健康診断

予防医学センター(人間ドック)では、人間ドックのほかに、資格・免許申請・受験・就職・留学などの一般健康診断と労働安全衛生法に基づく企業の定期健康診断を行っております。

個人で一般健康診断を受診される方は、事前に下記へお問合せのうえお越しください。

■お問い合わせ先
NTT東日本関東病院 予防医学センター 人間ドック室
電話:(03)3448-6275 受付時間:平日10:30~16:30

◇人間ドックの特色

悪性腫瘍(癌)、脳卒中(脳出血、脳梗塞)、心臓病(心筋梗塞、心不全)がわが国の三大死因です。脳卒中、心臓病の原因の多くは動脈硬化に基づき、動脈硬化を促進する危険因子として高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙が知られています。早期の癌や動脈硬化危険因子が認められる段階では症状がほとんどありません。癌は早期であれば外科的摘除により治癒が可能ですし、動脈硬化に基づく病気も生活習慣の改善や薬物治療により予防が可能となります。癌や動脈硬化に基づく病気を早期発見し、病気の進行を予防することがドック受診の目的です。ドックは精密検査ではなく全身をひろく検査します。自覚症状など異常のある方は診療科の受診をおすすめします。

・胸部(肺癌): 40歳以上の方は全員に胸部CTをおこなっております。
・消化管(胃癌、大腸癌など): 上部消化管は内視鏡(胃カメラ)検査をおこなっております。(2日コースは下部内視鏡検査で直腸・S状結腸の検査をおこないます。)
・前立腺(前立腺癌): 前立腺腫瘍マーカー(PSA)を男性の方におこなっております。
・乳腺(乳癌): 専門医による診察と40歳以上の女性の方にマンモグラフィを、40歳未満の方には乳腺超音波検査をおこなっております。
・歯科検診: トータル・ヘルスチェックとして全員の方におこなっております。
・体力測定: 安全で効果的な運動実践ができるよう自分の体力を知っておくため、2日コースの方におこなっております。

※上記の検査をオプションではなく通常検査として行っております。


◆ 診療科案内
├ 循環器内科
├ 消化器内科
├ 神経内科
├ 高血圧・腎臓内科
├ 糖尿病・内分泌内科
├ 血液内科
├ 呼吸器科・肺外科
├ 外科
├ 心臓血管外科
├ 脳神経外科
├ ガンマナイフセンター
├ 脳卒中センター
├ 整形外科
├ 歯科口腔外科
├ 皮膚科
├ 泌尿器科
├ 産婦人科
├ 眼科
├ 耳鼻咽喉科
├ 小児科
├ 精神神経科
├ 放射線科
├ ペインクリニック科
├ リハビリテーション科
├ 緩和ケア科
├ 予防医学センター(人間ドック)
├ 麻酔科
└ 連携診療科

◇血液内科
・扱う疾患および特色
各種造血器悪性腫瘍(急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫) および骨髄増殖症候群(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症など)、骨髄異形成症候群などの各種血液疾患の集学的治療を基本にした高度先進医療を実施しています。これらの白血病、悪性リンパ腫などの治療成績が優秀なことで有名です。また、NASA基準のクラス100の無菌室2床とクラス10000に準じる無菌室9床(個室)があり、無菌治療に習熟しており、自己末梢血幹細胞移植および血縁者間同種末梢血幹細胞移植、非血縁者間臍帯血移植、ミニ移植も積極的に行っています。骨髄移植は都内の多くの施設と連携して実施しています。
 再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの難病や、自己免疫性溶血性貧血、寒冷凝集素病、発作性夜間血色素尿症、鉄欠乏性貧血、悪性貧血などの治療も多数手掛けています。再生不良性貧血の抗胸腺細胞グロブリンなどによる免疫抑制療法では国内有数の経験があります。
 入院治療ばかりでなく外来治療にも重点を置いています。
 診療の基本方針は,原則として病名を告知し、十分な説明の上に、納得のいく形で治療法を選択して頂くこととしています。また、患者さんのQuality of Lifeを最も重視した治療を実践しています。


☆浦部 晶夫(うらべ あきお)予防医学センター長
主な経歴
1.卒業大学(卒業年) 
東京大学医学部(1973年)
2.卒業後の研修機関等
東京大学医学部附属病院内科
米国スローン・ケタリング癌研

得意な分野
・内科学
・血液学、化学療法
・白血病、悪性リンパ腫
・再生不良性貧血

取得専門医・認定医
・日本血液学会指導医・専門医
・日本内科学会認定内科医・指導医
・日本感染症学会専門医・指導医
・日本臨床腫瘍学会暫定指導医
・日本がん治療認定医機構暫定教育医


◇交通アクセス:
所在地 〒141-8625 品川区東五反田5-9-22 TEL(03)3448-6111(代表)

駐車場への案内図 ●JR線山手線
東京駅から五反田駅約15分

●JR線山手線
新宿駅から五反田駅約14分

●JRおよび池上線
五反田駅から徒歩約7分

●都営地下鉄浅草線
五反田駅から徒歩約5分

※五反田駅からチャリティーバスをご利用いただけます。
JR五反田駅(東口)とNTT東日本関東病院を結ぶ、チャリティーバスを運行いたします。最寄駅からの患者さん、お見舞いの皆様の交通手段としてご利用いただき、お客様にとっての快適な病院環境づくりの一環として取り組みます。

平日:8時00分~17時45分 毎日運行!(※運行時間は、時刻により異なります。)

●駐車場案内(B3F、B4F)
利用料金: 100円/30分
利用台数: 150台
利用時間: 7:00~21:00

Sponsored Links

獨協医科大学 公衆衛生学

獨協医科大学
〒321-0293
栃木県下都賀郡壬生町北小林880 TEL: 0282-86-1111(代表)
・医学部
http://www.dokkyomed.ac.jp/dusm.html
(※詳細はご確認ください)

・公衆衛生学講座
http://www.dokkyomed.ac.jp/dusm/kousei/404.html
(※詳細はご確認ください)

☆スタッフ

教 授
武藤 孝司

准教授
三浦 善憲
高橋 都
春山 康夫

助 教
橋本 充代
西連地利己
小松 渡

技術員
鈴木 悦子
今井 陽子
佐藤 幸江

◇研究方針
人々の生活の場である地域,職域,学校などで問題となっている公衆衛生学的課題の解決を図るという実学的立場から,そうした場をフィールドとし,主に疫学的手法を用いた研究を行う。

◇研究内容
•生活習慣病予防プログラムの開発・評価
•循環器疾患の疫学
•栄養指導プログラムの開発と効果評価
•保健医療プログラムの経済的評価
•がん患者・家族の心理・社会的支援
•保健行動の社会心理学的要因
•高齢者に対する保健指導プログラムの開発
•中小企業に対する産業保健サービスのあり方
•腰痛予防プログラムの開発
•危険・安全行動の関連要因
•給食作業員の労働衛生管理

◇教育方針
医学・医療における公衆衛生学の意義とその方法論を理解したpublic health minded な医師の養成をめざした教育を行う。


☆ 高橋都
獨協医科大学 公衆衛生学 准教授
がん・慢性疾患患者のQOL、サバイバーシップ研究

1959年生。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(保健学)

Sponsored Links

東邦大学医療センター 大橋病院

東邦大学医療センター
大橋病院 消化器内科
〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)
http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/
(※詳細はご確認ください)


◇初めて受診される方へ

外来診療日 月曜日 から 土曜日
休診日 第 3 土曜日、日曜日、祝日
年末年始 (12 月 29 日から 1 月 3 日)
創立記念日 (6 月 10 日)
診療受付時間 8 時 30 分 から 11 時 まで
※診療科によって午後診療もありますので、お問い合わせ下さい。
受付窓口 正面玄関入口入って右側の[1] 番初診受付窓口
※一部の診療科では午後の受付となる場合がございます。
詳しくは、平日の時間内(8時30分 から 16時 まで)に下記連絡先までお問い合わせ下さい。

・※健康保険証(原本)、老人医療受給者証(原本)、公費受給者証(原本)ほか持参の上、ご来院下さい。
(保険証のご提示がありませんと、当日の診療費は自費料金となりますのでご了承ください。)
・初診時は、他医療機関からの「紹介状」をご持参いただくことをおすすめいたします。
・他の医療機関等からの紹介状をお持ちにならずに来院された患者様につきましては、健康保険法で定められた初診料の他に、初診時選定療養費として下記料金を実費負担していただいております。
(初診時選定療養費の免除が国で定められた公費を除く)
【初診時選定療養費<ベッド数200床以上の病院>】
※当院⇒2,100円(消費税含む) (H21.6.30まで)
     ⇒3,150円(消費税含む) (H21.7.1から)


◆診療科:
消化器内科
循環器内科
腎臓内科
神経内科
呼吸器内科
糖尿病内科
心の診療科
小児科
外科(第3外科)
脳神経外科
整形外科
心臓血管外科
産婦人科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
リハビリテーション科
形成外科・美容外科
膠原病リウマチ科
美容医学センター
女性専用外来
肛門外来
漢方外来
救急集中治療科
慢性腎疾患心血管合併症治療センター
肺がんセンター
乳がんセンター
外来化学療法室
総合健康相談センター


◇消化器内科は、一般的な疾患から難知性疾患に至るまで、上部・下部消化管、肝臓、胆・膵の3領域全ての消化器疾患に対して、それぞれの分野の専門医が診断、治療にあたっています。
現在では画像診断や内視鏡手技の著しい進歩により、様々な消化器疾患に対する診断、治療の可能性が広がってまいりました。私たちは日々新しい知見を取り入れ、また手技の研鑽に努め、患者様に常にハイレベルな診断、治療を提供できますよう努めております。
なかでも特に早期がんの発見や内視鏡的摘除術、また進行がんに対してはステント留置を始めとする各種インターベンション治療、化学療法などに積極的に取り組んでいます。
また私たちは地域の先生方とも緊密な連携を取りながら診療を進めて参ります。


・これから受診される方へ(初診時の流れ、注意事項等)患者さまへ

消化管の病気:
腹痛、悪心、嘔吐、下痢、便秘、食欲不振などの症状は消化器疾患が原因である頻度が高く、そのような症状で来院された場合、通常、消化器内科を受診していただくことになります。まず、問診票に症状などを記入していただきます。その後、外来担当医による診察の上、必要な検査、治療につき御相談させていただきます。必要に応じて腹部超音波、上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)などの検査を受けていただく場合がございます。内視鏡は原則予約制になっております。初診時に予約していただき、内視鏡は後日受けていただくことになりますが、特殊な場合を除き、通常1週間以内に検査可能です。但し、症状が強い場合や消化管出血が疑われる場合など、緊急を要する状況と考えられる際には予約なしでも検査を施行しておりますので外来担当医と御相談下さい。

肝臓の病気:
肝臓は沈黙の臓器と言われ、症状があまりないことが多いです。ですので、健康診断などで、肝機能の異常を指摘された場合は積極的に精密検査をお受けになることをお勧めします。血液検査や、超音波検査、CT検査などを行い、何が原因で肝機能が異常であるのかを突き止め、対処することが必要です。初診時に健康診断での結果などを持参いただき、ご相談ください。

胆道と膵臓の病気:
上腹部(お臍からみぞおち)が痛む場合には胆石や膵炎などの場合がありますので胃カメラと一緒に腹部超音波検査をお勧めしています。朝食を摂らなければ同日の午前中に一緒に検査することができます。
 また、胆管結石、膵炎、膵のう胞、胆嚢ポリープや腫瘍などによる黄疸の治療も積極的に行っております。月曜日から金曜日まで毎日膵胆道の専門家が外来を行っておりますのでお気軽にご相談ください。



氏名:前谷 容(MAETANI Iruru )

職位:教授

取得学位:医学博士 (論文) 東邦大学 消化器内科学

専門領域:消化器一般、胆道・膵臓疾患、内視鏡

所属学会:
日本消化器病学会評議員/和文誌査読委員、
英文誌査読委員、日本消化器内視鏡学会評議員、日本胆道学会評議員、日本マイクロウェーブサージャリー研究会評議員、関東胆膵治療懇話会世話人、関東胆膵IVR研究会世話人、東京胆道懇話会世話人、欧州消化器内視鏡学会機関紙Endoscopy査読医院、日本内科学会認定専門医/指導医、日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本大腸肛門病学会指導医


◇交通のご案内

所在地
東邦大学医療センター大橋病院
〒153-8515 東京都目黒区大橋 2-17-6
電話:03-3468-1251(代表).JR山手線 渋谷駅南口より
  三軒茶屋方面バス 大橋バス停下車、徒歩3分
東京急行田園都市線
  (営団半蔵門線より直通あり)
  池尻大橋駅(渋谷駅より一つ目)下車、徒歩6分
京王井の頭線
  駒場東大前駅(渋谷より二つ目)下車、徒歩10分
東急東横線(営団地下鉄日比谷線)中目黒駅より
  大橋バス停下車、徒歩3分
.駐車場の収容台数に限りがございますので、電車等をご利用下さいますようお願い申し上げます。

Sponsored Links

順天堂大学医学部附属順天堂医院

◇順天堂大学医学部附属6病院
http://www.juntendo.ac.jp/ac/hpmap.html
(※詳細はご確認ください)


・順天堂大学医学部附属順天堂医院 
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL:03-3813-3111(大代表)
腎・高血圧内科
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/zinzo/shinryo.html
(※詳細はご確認ください)

☆腎・高血圧内科 教授 富野 康日己

大学院医学研究科長・医学部長

1969年、本学は他大学に先駆けて臓器別講座制への再編成に踏み切り、腎臓内科学講座は、この臓器別講座制の導入により誕生しました。平成6年、私が第3代主任教授に就任しましてから、本年7月で丸16年が経ちました。現在、約100名の現役医局員とOBに支えられ、IgA腎症、糖尿病腎症、本態性高血圧、腎不全をテーマに、臨床・教育・研究にあたっています。

私の教室運営の理念は、まず心温まる医療・診察を実践しうる"良き臨床医"の育成を第一とし、臨床に直結した研究を進め、その成果を患者さんにフィードバックしていくことです。本学並びに当講座では、年配の者がもつ知識や技術を惜しみなく年下の者に与え、またその下へと伝えていくという良き伝統によって培われてきました。単に医学知識を深めるだけではなく、患者さんに対して "もし自分の身内であったならどのような対応ができるのか"を念頭に、なおかつ冷静な判断のもとに最善を尽くす"良き臨床医"としての姿勢も代々受け継がれてきました。本学は1内科制を取っているため、臨床・研究いずれにおいても各講座間の垣根を低くして、お互いに連携を密にしていくことが重要だと考えています。つまり、患者さん本意の "兼科"というシステムをとっています。

当講座は研究面で、炎症性腎疾患・代謝性腎疾患・腹膜透析・補体系と腎疾患の各基礎研究グループと臨床研究グループに分かれ、それぞれのテーマに取り組んでいます。その結果、毎年国内・外に優れた論文を数多く発表出来るようになりました。

医局には野球チーム「ベアーズ」がありますが、"医局とは、1人ひとりがお互いに連携しながら各ポジションを守り、一丸となって攻守する野球チームのようなものだ" と思います。当講座では、優秀な女医さんも多くなりましたので、女子ボーリングチーム・ビューティーベアーズを作りました。これらのレジャーを通じても、当科のチーム医療が一層深まりつつあると感じています。

私は、"監督"として医局員全員の将来に責任を負っています。頑張っている大学院生や若い先生たち1人ひとりをわが子のように大切に思っていますし、その活躍に期待しています。彼・彼女らの努力に報いるためにも、全国から患者さんが集まるような「患者さん本意の診療を行う腎臓内科」を目指す一方、研究面でもピンポイントの新知見を世界に発信していきたいと考えています。

◇腎・高血圧内科
教授 富野 康日己 (Tomino Yasuhiko)

卒業大学・卒年 順天堂大学 昭和49年
出身 北海道
専門分野 腎臓病、高血圧
資格 日本内科学会(認定内科医)、日本腎臓学会(法人評議員、認定専門医、指導医)、日本糖尿病学会(評議員)
履歴及び職歴 昭和49年3月 順天堂大学医学部卒業
昭和49年4月 市立札幌病院中央検査科病理部臨床修練医
昭和52年4月 市立札幌病院内科臨床修練医
昭和54年4月 東海大学医学部内科助手
昭和59年4月 同講師
昭和63年10月 順天堂大学腎臓内科学講座助教授
平成6年7月 同教授
平成11年9月 ハノイ医科大学客員教授
平成12年10月 香港大学客員教授
平成12年11月 マラヤ大学客員教授
平成13年5月 フエ医科大学客員教授
平成13年11月 高雄医学大学客員教授
平成15年5月 インドネシア大学客員教授
平成15年7月 アイルランガ大学客員教授
平成16年4月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 副院長
平成18年4月 順天堂大学医学部長
平成20年4月 順天堂大学大学院医学研究科長
平成20年10月 中国医科大学客員教授
平成21年4月 ガジャマダ大学客員教授
平成22年4月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科非常勤講師

学会認定医・専門医・学会評議員等 アジア・太平洋腎臓学会(理事長)
国際腎臓学会(諮問委員)
国際IgA腎症シンポジウム(理事)
日本内科学会(理事、評議員、認定内科医)
日本腎臓学会(前理事、法人評議員、認定専門医、指導医)
日本医学会(評議員)
日本糖尿病学会(評議員)
日本高血圧学会(指導医)
日本成人病学会(理事)
日本結合組織学会(評議員)

Sponsored Links

北海道大学病院

国立大学法人 北海道大学病院
〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目
電話 (代表) 011-716-1161 FAX (代表) 011-706-7627
http://www.huhp.hokudai.ac.jp/
(※詳細はご確認ください)

◆医科外来診療日のご案内臓器別内科系初診

・初診:
午前8時30分~正午まで
再診: 午前8時30分~午前11時まで
ただし、予約のある方は午前11時以降も受付ができます。

内科系の再診は月~金(祝日を除く)の毎日診療していますが,初診は曜日によって担当診療科が異なります。

◇臓器別内科系初診
診療分野 診療科名および初診日
呼吸器 第一内科(月~金)
膠原病 第二内科(月~金)
消化管 第三内科(月~金)
循環器 循環器内科(月~金)
内分泌・代謝 第一内科(月・木・奇数月の水) 第二内科(火・金・偶数月の水)
腎臓 第二内科(月~金)
血液 第二内科(火・金) 第三内科(月・火,水,金は紹介のみ) 血液内科(水・木)
※6月1日より臓器別内科での血液の初診については,すべて血液内科(月~金)で受付することとなります。
HIV感染症 血液内科(月~金)
神経内科 神経内科(月~金)
腫瘍 腫瘍内科(月~金)


◆歯科外来診療日のご案内
初診 午前8時30分~午前12時まで
午後1時~午後4時
再診 予約制になっておりますので、予約の時間までに再来受付機で受付をしてください

※詳細は Tel:011-706-4327 にお問い合わせください。
(平日 午前8時30分~午後5時15分)

保存系歯科 予防歯科専門外来
歯内療法・歯周病専門外来
冠橋義歯補綴専門外来
咬合系歯科 小児歯科・障害者歯科専門外来
矯正歯科専門外来
歯冠修復専門外来
義歯補綴専門外来
口腔系歯科 口腔内科診療専門外来
口腔外科診療専門外来
歯科放射線専門外来
歯科麻酔専門外来
グループ系専門外来 歯ぎしり専門外来
口臭専門外来(初診時から要予約制)
摂食・嚥下専門外来
審美歯科専門外来
高次口腔医療センター 顎関節治療部門外来
顎口腔機能治療部門外来
口腔インプラント治療部門外来
高齢者歯科治療部門外来


◆診療科のご案内

医科

・診療科名  各科のご案内

診療科 内科 第一内科 呼吸器、循環器(とくに肺循環)、代謝
第二内科 リウマチ膠原病、糖尿病内分泌、血液、腎臓
第三内科 消化器疾患および、血液疾患の診療
循環器内科 循環器疾患の診療
血液内科1 血液内科、造血細胞移植
腫瘍内科 がんの診断・治療
外科 第一外科 消化器外科、移植医療、乳腺・甲状腺外科
第二外科 消化器外科、呼吸器外科
循環器外科 心臓血管外科
整形外科
泌尿器科
麻酔科 麻酔・周術期管理、疼痛治療、高気圧酸素
形成外科
スポーツ医学診療科 スポーツ整形外科、膝関節外科
小児外科 新生児外科、小児腹部・呼吸器外科
救急科
脳・
神経・
感覚器科 神経内科 脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気
眼科
耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科、頭頸部外科
皮膚科
精神科神経科
脳神経外科
リハビリテーション科 リハビリテーション医療全般
小児・
周産・
女性科 産科 産科、新生児医療、生殖医療
婦人科 一般、悪性腫瘍、生殖内分泌、
中高年婦人科、泌尿婦人科、リンパ浮腫
小児科
放射線科 放射線科 画像診断、IVR、放射線治療
核医学診療科


・歯科診療センター 診療科名 各科のご案内

診療科 保存系
歯科 予防歯科専門外来
歯内療法・歯周病専門外来 歯内療法,歯周治療
冠橋義歯補綴専門外来 補綴全般、顎関節症、顎顔面補綴、顎変形症
咬合系
歯科 歯冠修復専門外来 虫歯・根の治療
義歯補綴専門外来 有床義歯・インプラント等の補綴治療
矯正歯科専門外来 歯科矯正治療全般
小児歯科・障害者歯科専門外来 小児歯科、障害者歯科
口腔系
歯科 口腔内科診療専門外来
口腔外科診療専門外来
歯科放射線専門外来 口腔画像診断、放射線治療口腔管理
歯科麻酔科専門外来 安全・快適な歯科治療のための管理
グループ系
専門外来 歯ぎしり専門外来 歯ぎしりの治療
口臭専門外来
摂食・嚥下専門外来
審美歯科専門外来
高次口腔
医療センター 顎関節治療部門外来
顎口腔機能治療部門外来
口腔インプラント治療部門外来
高齢者歯科治療部門外来


★婦人科

ごあいさつ

・婦人科は、女性が一生(新生児期~小児期~思春期~性成熟期~更年期~老年期)のうちに遭遇する女性特有の疾患の全て、すなわち腫瘍(良性・悪性)、感染症、ホルモン異常、更年期障害など、さまざまな疾患の患者様を対象としています。また婦人科では、それぞれの疾患の診断から治療(手術・抗癌剤・ホルモン療法)まで幅広くカバーしているのも大きな特徴です。

◇診療体制:
教授、准教授以下、指導スタッフが中心となり、医員、大学院生、研修医とともに、日夜、婦人科疾患の診断・治療にあたっています。その治療方針については、毎週月・水曜日朝の婦人科症例カンファランスによって詳細に検討しています。悪性腫瘍症例に対しては、毎週月曜日に放射線科治療グループとの合同カンファランスを、毎週木曜日に病理部との合同カンファランスを開催しています。このように、婦人科腫瘍専門医のみならず、放射線腫瘍学者、病理診断学専門医とチームを組んで、もてる知識と技術を総結集して診断・治療にあたっています。手術に関しては、根治性だけではなく、術後のQOLを考慮した手術(自律神経温存広汎子宮全摘術など)を行なっています。がん術後合併症であるリンパ浮腫に関しても、術後早期より指導を行い、成果をあげています。北大病院は婦人科がんに関する診断・治療のみならず、臨床研究や社会への啓発、修練医・研修医・医学生の教育を行なう医育機関でもあります。最近では国内外の多施設共同臨床試験(日本のJGOG、JCOG、アメリカのGOG)に積極的に参加しており、国際的に最先端の治療方針での治療が可能となっています。

◇治療方針:
エビデンスに基づいた治療方針を中心としていますが、ひとりひとりの患者様の状態を個別によく評価した上で、治療成績に加えて心身両面のQOLを考慮した治療をめざしています。


◇診療分野:
◦婦人科一般(感染症、先天疾患、月経異常、良性腫瘍、子宮内膜症など)
◦婦人科悪性腫瘍(子宮頸がん・体がん、卵巣がんなど)
◦生殖内分泌(不妊症、腹腔鏡手術など)
◦中高年婦人科(更年期障害、骨粗鬆症など)
◦泌尿婦人科(尿失禁、排尿障害、性器脱など)
◦リンパ浮腫

◇診療時間
初診受付:月~金 午前8時30分〜午前12時

 婦人科担当日
 月曜日:櫻木教授
 水曜日:金内特任准教授(寄附講座)、渡利講師(診療准教授)
 木曜日:工藤准教授

2回目以降は、専門外来あるいは一般外来への予約受診となります。



◇交通アクセス:
JR利用
JR札幌駅下車、札幌駅北口より徒歩15分

地下鉄利用
地下鉄南北線にて北12条駅下車、徒歩6分

地下鉄東豊線にて北13条東駅下車、徒歩15分

バス利用
中央バス01、03、04屯田線にて北大病院前下車、徒歩3分

タクシー
JR札幌駅北口より約700円

自家用車
札樽自動車道 札幌北インターチェンジより西5丁目通りを南に15分。

Sponsored Links

心臓血管研究所付属病院

財団法人 心臓血管研究所付属病院(心研)
東京都港区六本木7-3-10
電話03(3408)2151
http://www.cvi.or.jp/
(※詳細はご確認ください)

・東京都港区の循環器科、心臓血管研究所付属病院は虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、心不全、心臓カテーテルなどの心臓病、血管病を専門としています。

◇外来の案内
当院は、循環器疾患の専門病院です。

診 療 時 間
平日 午前 8時45分から12時00分
午後 1時30分から4時30分

土曜日・日曜日
祝日・年末年始
(12/29から1/3)
休診となります。
ただし、急患は随時診療いたします。


◇初診の方へ
【予 約】
当院は、原則予約制となっております。緊急時以外はご来院後の診察等がスムーズに行える様、お電話にて診療日時のご予約をお取り頂きますよう願いいたします。ご予約は外来センターにて承ります。尚、当院では紹介の有無にかかわらず、どなたでも受診して頂けます。紹介状の有無で料金が変わることはございません。
予 約 電 話 (電話受付時間 9:00から17:00)
紹介状をお持ちの方 TEL 03-3408-2315(診療連携室)
紹介状をお持ちでない方 TEL 03-3408-2187(外来センター)
再診に係る予約変更等 TEL 03-3408-4007(予約係)
その他 TEL 03-3408-2151(代表)
但し、体調、症状などが悪化した時などはご予約の日でなくてもご連絡下さい。

【初診受付時間】
初診時の受付時間は下記になっております。
午 前   8時30分から10時30分
午 後  12時30分から1時30分

【ご来院時のお持ち物】
健康保険被保険者証、又は後期高齢者医療被保険者証を必ずご持参下さい。
その他の医療証もお持ちの方は一緒にご持参下さい。
お忘れになりますと全額私費扱いとなります。
現在他院で処方されたお薬を服用中の方は、そのお薬もしくはお薬名を記載したものをご持参下さい。

◇セカンドオピニオン外来
他病院での治療方針等に関するセカンドオピニオン外来を設置いたしました。心臓カテーテル・インターベンション関連、電気生理・不整脈関連、心不全・運動療法関連、心臓血管外科関連の4部門にわたって、完全予約制(私費扱い)にて承っております。
セカンドオピニオン お問い合わせ
外来センター  TEL03-3408-2187


◆循環器科(不整脈)
・当院の体制
当院では不整脈の患者様を対象に、下記の検査と治療を行っています。
不整脈部門は、現在、3名の常勤医師と数名のレジデント医師が検査、治療を担当しています。当院は、植込み型除細動器、及び、心不全治療のペースメーカー植込み認定施設です。不整脈の電気生理学的検査、及び、カテーテルアブレーション治療は、月曜日、水曜日の午前・午後に行われ、大塚医師が担当しています。

・ペースメーカー植込み手術日は火曜日と木曜日の午前で、主に相良医師が手術を担当しています。また、山下医師は、不整脈(特に心房細動)に関する日本のオピニオンリーダーとして全国各地での啓蒙活動に努めております。電気生理学的検査、及び、カテーテルアブレーションは2泊3日の入院、ペースメーカー治療は7日間の入院と、すべての患者様にクリニカルパスを用いることで、安全で計画的な治療の提供に努めています。外来診療には上記3名の常勤医師が従事しております


◎不整脈とは
不整脈とは、血液を送り出す心臓のリズムや、回数が一定でない状態を言います。
心臓という全身に血液を送り出すポンプは、心臓をかたちづくる心筋という筋肉に電気が流れ、運動することで動いています。
心臓の上の方にある洞房結節が興奮することで電気がうまれ、伝導路という電気の通り道を通って、心筋全体に伝わるという仕組みです。このときに、洞房結節で電気がうまれなかったり、伝導路で電気がうまく伝わらなくなるなど、正常な洞房結節からの興奮伝導が心筋にうまくつたわらない状態になると、心臓のリズム、回数が乱れます。これが、不整脈です。


・不整脈の原因
不整脈の原因は、高齢化や体質的なものが最も多く、心臓病と必ずしも関係があるわけではありません。不整脈は年をとるにつれ増え、また、ストレスや疲労、睡眠不足などによっても起こりやすくなり、健康な人にでも起こるものです。
ただし、心臓病があると、その影響で電気の流れが乱れ、不整脈は起こりやすくなります。検診で不整脈と診断された場合は、必ず、くわしい検査をうけてください。


・不整脈の症状
不整脈の症状として、洞房結節以外からの電気で心筋が収縮する期外収縮では、胸に痛みを感じたり、違和感を覚えるといった症状があり、脈が速くなる頻脈では、動悸、息苦しさ、めまい、失神などがおこり、脈が遅くなる徐脈では、息切れ、意識が遠のくなどの症状があらわれます特に失神、そこまでいかなくても、意識が遠のく症状がでたり、倒れそうになるなどの症状が現れると危険です。心臓が止まるほどの重大な不整脈が起こっている危険性があります。

・不整脈の検査
不整脈の検査として、心臓電気生理学的検査(EPS)が行われます。電極カテーテルという数ミリ径の細い管を、足の付け根や首にある静脈から、心臓に向かって数本挿入します。このカテーテルの先端には金属製の小さなチップ(=電極)が付いており、これを心臓内壁に接触させると、心臓内の電気活動を詳細に得られる事が出来ます。不整脈診断においては非常に重要かつ有効な検査です。

・不整脈の治療
不整脈の治療として、徐脈の方にはペースメーカーによる治療があります。ペースメーカーは電気の流れが遅れている心臓の電気系統の代わりに、外部から心筋に電気を伝えて、必要な心臓の収縮を発生させます。
頻脈にはカテーテルアブレーションという手術があります。カテーテルと言う細い管を
血管内にいれ、管の先端から高周波をながし、頻脈の原因となっている不整脈の回路にあたる心筋を焼いて、その回路を遮断、切断します。
重大で命に危険が及ぶ不整脈が起きても、心拍数を常に監視し、危険な不整脈を感知して止める機能をもつ植え込み型徐細動器もあります。
又、近年は重症な心筋障害による心不全に対しての再同期療法のためのペースメーカーもあります。

☆山下 武志(やました たけし)
専門分野 不整脈、心臓電気生理学
学会・認定資格 日本循環器学会(認定循環器専門医)
日本心臓病学会(特別正会員)
日本内科学会(認定内科医、指導医)
日本心電学会(理事)
日本不整脈学会(理事)
卒・大学(大学院) 昭和61年 東京大学
役職 研究本部長 臨床試験管理室長


◇交通機関のご案内
地下鉄ご利用の場合
地下鉄 千代田線乃木坂駅下車  出口3  徒歩3分
地下鉄 日比谷線六本木駅下車  出口4  徒歩7分
地下鉄 大江戸線六本木駅下車  出口7  徒歩5分

心臓血管研究所付属病院まで来られるのに便利な「ちぃばす」を是非ご利用ください。
 乗 り 場     降 り 場
・赤坂駅前     乃木公園
・六本木駅前    心臓血管研究所前
六本木ヒルズ~赤坂方面(循環)ルートのバスをご活用下さい。
「ちぃばす」は一律100円


Sponsored Links

てんかん抑制 迷走神経 刺激療法 7月から保険適用

迷走神経 刺激療法… 体内に電極 てんかん抑制

 けいれん発作などを起こす「てんかん」の治療は、飲み薬が中心だが、薬で症状を抑制できない患者もいる。
こうした患者に対し、体内に埋め込んだ電極で首の神経を刺激し、発作の抑制を狙う「迷走神経刺激療法」が、
今年7月、新たに保険適用になった。(高橋圭史)

 

◆難治患者が対象 7月から保険適用 

 てんかんは、電気信号のやりとりで情報を伝えている脳神経のバランスが崩れ、一時的に過剰な電気信号が流れることで、けいれん発作などを起こす病気。国内の患者数は約100万人と言われる。

 東大病院脳神経外科准教授の川合謙介さんによると、患者の約7割は、適切な薬物治療によって、発作をほぼ抑えられるが、残りの3割は薬では発作のコントロールが難しい。

 難治患者に対しては、脳の異常な信号を発する部位が一部に限られる場合は開頭手術も選択肢だ。ただし、効果が出なかったり、悪化したりするケースもあるうえ、まれに言語障害やまひなどを招く危険もあり、手術に踏み切るか、当事者が悩む場合も少なくない。また、異常な信号を発する部位が脳全体に広がるタイプは手術の対象にならない。

 新たに保険適用になった「迷走神経刺激療法」は、こうした難治患者が対象。欧米では1990年代から用いられてきた。

 「迷走神経」は脳と内臓を双方向に結ぶ神経で、左右に一対ある。この治療では左の迷走神経の首付近に電極を巻き付けて電気刺激を加える。この刺激が迷走神経を通じ脳に伝わると神経活動を安定させ、発作の軽減が狙えるという。

 電池を内蔵した電気信号発生装置は横4・5センチ、縦3・2センチ、厚さ7ミリ。手術で、左胸の皮下脂肪の下(筋肉の上)に埋め込む。首の迷走神経に巻き付ける電極はリード線でこの装置につながっている。

 手術2週間後から電気刺激を開始。最初は5分間隔で30秒間刺激するが、患者の状態に合わせ、徐々に刺激のペースと強さを増していく。刺激の調節は医療機関で行うが、装置を埋め込んだ胸の上に専用機器を近づけ、電磁波を送って設定変更する。

 効果には個人差がある。米国で行われた臨床試験では、発作が半減する患者の割合は、治療1年後は37%、2年後は43%超。時間がたつにつれて、効果が増してくる傾向もある。川合さんは「『発作が大幅に減る』『まずまず減る』『全く減らない』が、ほぼ3等分される感じ」と話す。

 電気刺激が迷走神経以外の近くの神経に及ぶこともあり、副作用のかすれ声を治療1年目に28%が経験するが、3年後には2%に減る。「開頭手術に比べれば、重い副作用の危険はなく、副作用が強ければ電気刺激を中止することも可能」(川合さん)。ただし、12歳以下を対象にした厳密な臨床試験データがあるわけではないので、厚生労働省は、子供に対しては全例経過観察するよう求めている。

 手術の傷は、首の左前側3~5センチと左わきの下5センチで、手術時間は2時間ほど、入院期間は4日程度だ。今年7月から保険がきくようになり、3割負担では75万円だが、高額療養費制度を申請すれば、世帯所得が年600万円を超えない一般区分では約10万円に負担を減らせる。電池が4~7年で切れるので、治療を継続する場合、装置交換の手術が必要になる。

(読売・医療大全記事より)


☆川合 謙介(かわい けんすけ) 東京大学准教授

専門分野:てんかんとその外科的治療、機能的脳神経外科、脳神経外科手術一般

ホームページ:難治性てんかんの手術治療(http://plaza.umin.ac.jp/~kenkawai/)

資格:日本脳神経外科学会専門医、日本てんかん学会専門医(評議員)

★難治性てんかんの治療:
世の中には、およそ100人に1人の割合でてんかんを持つ人がいると言われています。この数字を見ると、患者さんの多さに驚かれるかもしれません。ただし、てんかん患者さんのタイプは実にさまざまです。生まれると同時にてんかんの発作が始まる人もいれば、高齢になって初めててんかん発作を経験する人もいます。一生のうちに数回しか発作が起こらない人もいれば、毎日数百回の発作がある人もいます。

多くの人は、少量の薬をきちんと飲んでいれば発作が起きません。てんかん発作を抑える薬(抗てんかん薬)にはいろいろな種類があり、現在も新薬の開発が続けられています。しかし、抗てんかん薬も万能ではありません。残念ながら約3割の人では、薬をきちんと飲んでいるにもかかわらず、発作を止めきれないのです。また、薬の副作用がほかの人よりも強く出てしまうために、有効な抗てんかん薬を飲めない人もいます。

このサイトでは、このような薬剤抵抗性てんかん(難治性てんかん)に関する情報や治療法を、専門医が解説します。日本では患者さんの数に比して、てんかん専門医の数は限られています(専門医一覧はこちらから )。
薬剤抵抗性てんかんに対する外科治療を専門とする脳神経外科医の数はさらに限られています。一方、抗てんかん薬の処方はどこの病院でも、どの科の医師でもできます。このことは患者さんにとって、とても便利である反面、有効でない薬、時には有害な薬が漫然と処方され続ける危険をはらんでいます。薬を飲んでいるにもかかわらず止まらないてんかんの発作に悩んでいる方は、是非一度専門医を受診されることをお勧めします。

このサイトの情報が、難治性てんかんでお悩みの方やご家族にとって、少しでも助けになることを願ってやみません。
(※詳細は、ホームページでご確認ください⇒http://plaza.umin.ac.jp/~kenkawai/)

Sponsored Links

森下眼科

医療法人森下眼科
大阪府大阪市北区天神橋5-6-13
電話:06-6353-1399
・JR大阪環状線 天満駅
※詳細はご確認ください。


◆眼科専門

◇受付時間:
午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:00
休診 木・土午後 日祝日

※年末年始・夏期休暇・連休、学会参加などで、臨時休診や受付時間が変更になる場合もございます。
来院前にご確認下さい。


☆森下清文(もりした せいぶん)

1954年三重県伊賀市生まれ。
80年兵庫医科大卒業後、大阪医科大眼科学教室で研修。
82年神戸海星病院、83年北野病院に勤務。
84年から同医科大で白内障、緑内障、眼底疾患の診療・研究に従事。
88年同医科大講師。
91年大阪市北区天神橋で医療法人森下眼科を開業。
医学博士。市民健康講座「目の勉強会」代表世話人。


-----------------------------
※糖尿病性網膜症とは生活習慣病の糖尿病合併症である最小血管合併症のひとつです。
糖尿病合併症には他にも糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症があり、
3疾患合わせて糖尿病の3大合併症といいます。

Sponsored Links

福井県済生会病院

社会福祉法人恩賜財団済生会
福井県済生会病院
〒918-8503
福井市和田中町舟橋7番地1
TEL. 0776-23-1111
http://fukui-saiseikai.com/
(※詳細はご確認ください)

◇院長挨拶:
 当院では『患者さんの立場で考える』という基本理念を掲げています。一方的に与える医療ではなく、患者さんの気持ちになり、どういう医療・サービスが求められているのかを考え、行動することが真のホスピタリティにつながると考えるからです。その実践のために職員を大切にしています。

 病院の三ヶ年計画では、次の四点を最重要課題としています。

 一番目は地域の中核病院として「日本一の地域医療システム」を作ること。そのために全てを病院で診るのではなくて、地域での役割分担を明らかにしながら、地域全体で完結する医療を目標にしております。医師会メンバーとの糖尿病共通ガイドライン作製、種々の連携パス、常に県下一高い逆紹介率にそれが現れています。

 二番目にがんの包括的診療があります。各種がんに対する低侵襲な治療を病院を挙げて追求しています。2009年3月からは、最新型のIMRTの放射線治療機(トモセラピー)も導入します。

 緩和ケアは、1998年のホスピス建設以来、県下の緩和ケア医療をリードしています。緩和ケアに力を入れたがん診療連携拠点病院として、専門性の高い医療を追求しています。

 三番目に急性期医療にも24時間365日体制で対応しています。特に心疾患や脳卒中は早期のケアで後の症状に大きく差がつくため、専門スタッフによる診療体制の整備も進めています。

 四番目に積極的に推進しているのが予防医療です。健診機能を充実しデータを蓄積。病気になる前に予防ができるよう努めるとともに、テーラーメイド指導など患者さん一人ひとりにあった健康づくりにも取り組んでいます。

 また、医療・サービスの質を高めるには、それを担う人間の質も問われます。当院では人づくりの一環として、ワークアウトやISO、バランスト・スコアカードなどの手法を取り入れ、生きいきした組織のパワーを生みだしています。

 『患者さんの立場で考える』。この思いは福井県済生会病院のめざすベクトルを示すとともに、全職員の原動力にもなっています。

           院長 田中延善



◇許可病床数
466床〈一般427床(うち開放型40床)、緩和ケア病棟20床、結核10床、ICU8床、SCU9床〉


◆診療科
内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・精神科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・放射線科・麻酔科・リハビリ科・歯科口腔外科・救急・人工透析・人間ドック・脳ドック


・平日/8:30~11:00 (午後:紹介状あり・予約・小児科)
休診日/土曜・日曜・祝祭日

※休日・時間外の診療は時間外受付にてお願いいたします。
 (受付時間:平日/17:00~8:00 休日終日)



◇専門外来:

・膝・股関節外科外来
十分な時間をとって診察します

膝・股関節疾患に罹患している患者さんに病気の説明・生活指導・手術が必要かどうかの判断、手術となればその詳しい内容の説明を患者さんが納得できるよう、十分な時間をとって診察することを目的としています。膝・股関節外科外来の特徴1.完全予約制の専門外来です。

1.完全予約制の専門外来です。

一度当院の一般外来を受診していただいた上で、医師が専門外来の予約をとらせていただいております。

2.診察日は毎週金曜、14:00~16:30まで。(当初は第1・3金曜で開始)

3.1時間の診察枠は3人から4人で、十分な時間を取って診察いたします。

4.専門のスタッフ(理学療法士・MSW・メディカルコーディネーター等)と連携して
生活指導、社会保障制度、お悩みや不安などについても相談させていただきます。

5.セカンドオピニオンも受け付けます(その際、紹介状をご持参ください)。

6.定期的に患者さんを対象とした勉強会も予定いたしております。

・診療日:
毎週金曜、14:00~16:30 完全予約制(当初は第1・3金曜で開始)
担当医師:五之治行雄 整形外科部長


・物忘れ外来
・禁煙外来
・スキンケア外来
・看護外来
・乳腺外科外来
・頭痛外来
・インターフェロン外来
http://fukui-saiseikai.com/kanjyasan/shinryo/shinryo_index.html
(※上記、詳細はご確認ください)



☆林 浩嗣 (はやし こうじ) 神経内科医長

免許取得:平成8年

【専門】
神経内科、脳卒中

【資格】
日本神経学会専門医/日本内科学会認定内科医/AHA公認ACLSプロバイダー/日本神経学会指導医

【役職】
福井心脈管画像研究会世話人/福井脳梗塞セミナー世話人/福井脳・神経疾患談話会世話人


◇交通アクセス:
【車】
 JR福井駅より車で10分。

【バス】
 病院玄関前「済生会病院停留所」
 (1)JR福井駅前市内バス9番のりば 約15分

【タクシー】
 JR福井駅より10分 約1,800円

【その他】
 北陸自動車道福井インターより3分

・駐車場について
駐車場出入り口に設置しております料金精算機で精算してください。
最初の1時間は無料としております。
6時間までは100円、その後1時間ごとに100円が加算されます。

Sponsored Links

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院
〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目6番地
Tel. 078(302)4321 Fax. 078(302)7537
http://chuo.kcho.jp/
(※詳細はご確認ください)

・基本理念
神戸市立医療センター中央市民病院は、神戸市の基幹病院として、市民の生命と健康を守るため、患者中心の質の高い医療を安全に提供する。

・病院長ごあいさつ
当院は、病院を取り巻く環境が急激に厳しさを増す中で、市民のための総合病院として標準的な医療を高いレベルで提供する使命があります。 平成21年4月から地方独立行政法人化致しましたが、早いもので2年目に入っています。機動性・柔軟性・透明性を高め、より効率的な病院運営を実現するべく、全職員を挙げて努力を重ねています。 さらに、平成23年7月の新中央市民病院開院を目指して、その準備を着々と進めているところです。みなさんすでにお気づきと存じますが、新病院の建築は滞りなく進んでおり、現在は 内装・外装の過程にかかっています。

  新病院では、「地域医療機関との連携や役割分担のもと、救急医療・高度医療・急性期医療を重点に担い、24時間365日市民の生命と健康を守っていく」こと、「癒しと安らぎの環境をあわせ持った病院となり、患者本位の医療を提供していく」ことにしています。
  当院にとりまして、地域連携は非常に重要であると考えております。幸い、昨年の暮れに、地域医療支援病院の認定を頂きましたので、より一層、病診・病病連携の充実を図って参りたいと考えています。すでに多くの連携施設の登録を頂き、また、多くの連携登録医のご参加を頂いているところです。4月には、連携登録医の先生方と当院医師との「連携の集い」をさせて頂きました。

更に「医療産業都市構想の臨床部門の核として、新しい医療・高度医療に早く取り組み、臨床に対応可能となった段階の高度先進医療につきましては、その安全性と倫理性への十分な配慮のもと、いち早く市民に還元していく」ことを基本方針としています。したがって、現病院におきましても、それに向かって医療レベルの向上に努めてまいります。

臨床研修病院である当院は、その条件のひとつ、医療の原点である救急医療、もうひとつの柱である高度医療の推進を重要課題と考え、さらなる充実を図っていきたいと考えています。それを支えるためにも、もう一つの柱である教育研究の充実が必要であり、研修医が臨床能力を養う環境整備に努めているところです。

今後、取り組んでいくべき課題は多々ありますが、神戸市立医療センター中央市民病院とういう新しい職場で、夢のある・元気の出る・やりがいのある病院運営を職員一同、一緒に考えていきたいと思っております。

また、「患者中心の質の高い医療を提供する病院」として、さらなる飛躍を目指して、全力で頑張っていきたいと意を新たにしているところです。

    平成22年7月1日

神戸市立医療センター中央市民病院 院長  北  徹


◇初めて受診される方の受付
紹介患者さんを優先して診察します。

患者のみなさまへ
当院の外来は紹介制をとっております。

かかりつけ医・診療所など地域の医療機関からの紹介状をお持ちの患者さんを優先して診察いたしますので、呼び出しの順番が前後することをご了承ください。

なお、地域の医療機関を通じて診察予約をしていただくと待ち時間がさらに短くなりますので、かかりつけ医や診療所などの医師に紹介状を作成してもらう場合は、あわせて予約も依頼してください。

また、紹介状のない方は保険による一部負担金とは別に、初診時にかかる特定療養費として、1,380円を自己負担していただきますので、ご了承願います。医科と歯科は保険診療上別医療機関の扱いになります。各々でご負担いただくことになりますので、ご了承願います。

外来患者さんの受付は、初診の方と再診の方では若干異なります。

再診の方は「再診患者様の受付」をご確認ください。

携帯電話・パソコンからの総合待合表示のご案内
1.1.携帯電話またはパソコンでhttp://www.kcgh.gr.jp/mobile/にアクセスする。
2.確認したい診療科を選択する。
3.現在の番号が表示されます。
更新をクリックすると、最新の情報が表示されます。)
※ 携帯電話ではこちらの2次元バーコードがご利用できます。

◆診察受付時間
月~金 8:45~11:45
・休診日:
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


◆診療科
循環器内科 | 糖尿病・内分泌内科 | 腎臓内科 | 神経内科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 免疫血液内科 | 感染症科 | 精神・神経科 | 小児科 | 新生児科
皮膚科 | 外科 | 移植外科 | 心臓血管外科 | 呼吸器外科 | 脳神経外科 | 整形外科 | 形成外科 | 産婦人科 | 泌尿器科 | 眼科 | 耳鼻咽喉科 | 頭頸部外科 | 麻酔科 | 歯科・歯科口腔外科
臨床病理科 | 画像診断・放射線治療科 | リハビリテーション科 | 中央手術部・集中治療部 | 臨床工学室 | 救命救急センター | 救急部 | 外来化学療法センター | 心臓リハビリ


☆脳神経外科:
当院脳神経外科の特色

・脳血管疾患の治療に積極的に取り組んでいます。
- 急性期脳血管障害(脳卒中)の治療に積極的に取り組んでいます
脳血管障害は初期治療が的確に行われるかどうかにより、その予後が大きく左右されます。当院では脳卒中診療の充実を図るため、2002年にStroke Care Unit(SCU)が設置され、同時に当番医による脳卒中ホットライン(090-8885-0351)の常時携帯を開始しました。ホットラインは、救急隊や初期診療所・病院から、発症早期の脳卒中患者さんの診療や治療の依頼を迅速に受け入れるために設置しましたが、着々と成果をあげてきています。そして2004年1月には、MRIの24時間対応の開始、脳卒中内科医の充実を期に脳卒中センター(センター長 菊池晴彦院長)を開設しました。10名を越える日本脳卒中学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療学会指導医専門医を擁し、脳卒中の内科治療、外科治療を専門的に行う神戸市立中央市民病院脳卒中センターは、その実績と治療レベルから国内有数の脳卒中センターとして評価されています。数多くの臨床試験に参加し、学会やセミナーを主催するなど、地域内はもとより国内有数の脳卒中センターとして、脳卒中診療の内容の充実、若手医師およびコメディカルスタッフの教育、学術活動などに積極的に取り組んでいます。
- 脳血管内治療に積極的に取り組んでいます
平成13年4月より現在のチームが診療を担当するようになってから高度な血管内手術が可能となり、急性期ばかりでなく慢性期脳血管障害の治療成績の向上もはかられています。脳血管内治療の実績、治療レベルは国内有数と評価され、脳動脈瘤・脳動静脈奇形・硬膜動静脈瘻・頸動脈狭窄症・頭蓋内動脈狭窄症など、あらゆる脳血管内治療分野で豊富な実績と良好な治療結果を提供しています。

・ 脳神経外科各分野の高度専門医療を、総合的にチームで行っています。
脳血管障害ばかりでなく、脳腫瘍、機能的疾患など脳神経外科の各分野で、高度な医療をチームで取り組みおこなっています。
脳腫瘍など悪性疾患については、内科、小児科、放射線科などと協力し、集学的治療を行っています。また、本院に導入されている定位的放射線治療装置(Linac Radiosurgery、Xナイフ)は、手術が困難な転移性悩腫瘍などに有効で、放射線科と協力し積極的に実施しています。 脳血管障害については、神経内科と協力し、急性期から慢性期まで総合的な医療を行っています。さらに、難治性パーキンソン病などの変性疾患や難治性てんかんの治療についても、神経内科、小児科と協力し、本科で外科的治療を行っています。
・ 救急医療に積極的に取り組んでいます。
本院は救急救命センターを併設していますので、365日24時間体制で脳神経外科疾患の救急患者さんを受け入れています。

脳神経外科部長 坂井 信幸  平成22年7月1日

・坂井 信幸(さかい のぶゆき)  部長 
脳神経外科、脳卒中、脳血管内治療
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会指導医

1956年生まれ。84年関西医科大学卒業
先端医療センター脳血管内治療科部長
日本脳神経血管内治療学会会長(2006-2007)
日本頸部脳血管治療学会会長(2005-2006)


◇交通アクセス
公共交通機関でお越しの場合
各交通機関から三宮で ポートライナーに乗り継ぎ、 市民病院前駅で下車してください。
ポートライナーは「北埠頭行き」、「神戸空港行き」どちらにご乗車いただいても「市民病院前駅」は停車いたします。 また、快速にご乗車いただいても停車いたします。
ポートライナー三宮駅券売機横に「再診受付機」を設置しております。駅で再診の受付を済ませ予約時間までご自由にお過ごし頂けます。

JR神戸線を利用される方
東改札口を出て海側(南側)にポートライナーに通じるエスカレータがございます。


阪急神戸線を利用される方
東改札口からJR駅構内を通り海側(南側)に出るとJR線沿いに連絡通路がございます。標識に従って進んでください。


阪神神戸線を利用される方
北改札口を出て正面のエスカレータを上がると右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。


地下鉄山手線を利用される方
東改札口から東出口5を出て正面のJR駅構内を通過すると連絡通路がございます。標識に従って進んでください。


地下鉄海岸線を利用される方
改札口を出て左側(西側)の出口4から地下街(さんちか)を阪神三宮駅を目指してください。 駅前を過ぎ正面のエスカレータを上がり右側(東側)に連絡通路がございます。標識に従って進んでください。


淡路・四国方面から高速バスを利用される方
三宮バスターミナル降車場の2階(ミント神戸)がデッキでポートライナー三宮駅と直結しています。

神戸空港から
空港ターミナルビル2階から連絡通路を通りポートライナーにご乗車ください。
すべての電車が病院前に停車いたします。

Sponsored Links

聖母病院

社会福祉法人 聖母会
聖母病院
〒161-8521 東京都新宿区中落合2-5-1 
TEL. 03-3951-1111
☆外来診療テレホンサービス:03-3951-1499
http://www.seibokai.or.jp/
(※詳細はご確認ください)

◇病院長ご挨拶
聖母病院は、戦前の混迷の時代の中にあって、カトリック精神の下弱者救済を掲げて創立し、その歴史は75年余りとなります。何回か苦境に立たされた時期もありましたが、多くの方々からの信頼を得て今日に至っております。この間、病院はその時々の社会観、人々の人生観を映す鏡であり続けました。病院史は、とりもなおさず、戦前らから今日に至る日本史でもあります。75年以上に亘り変わらぬものは、全ての人に愛と癒しをもたらそうと志向してきた病院の理念です。貧困、対立、多様化、格差の時代変遷の中で、一貫して求め続けてきた愛の精神は多くの人に支持され今日の病院の姿をなしていると考えます。人は生老病死といった究極のときにあって、はじめて身体の事情のみならず、人の心を知ります。聖母病院に働く人はこの人の愛と心を大切にしたいと願っています。

聖母病院内では赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代の方に接します。病院の将来採るべき道は、より多くの人たちの出生から終末まで、包括して便宜を図るため、周産期、小児医療から高齢介護的内容まで踏み込んだ医療相談、健康管理などに特色ある運営を心掛けることであると考えます。このためには今後とも皆様からの当院に対する信頼が不可欠であります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
         病院長 一瀬 祐一


◇診療受付時間:
●午前診療
8:00~11:00(自動再来機は7:30~11:00)
診療開始時間 午前9:00より

●午後診療
内 科(月~金) 午後0:30~2:00
小 児 科 (月~金) 午後4:00~5:30
泌尿器科(月・木 ) 午後0:30~3:00

※特別外来・専門外来・予約外来については各診療科のご案内をご覧ください。

● 日曜日・祝祭日・第3土曜日・年末年始(12月30日~1月3日)、クリスマス(12月25日)
各医師のお休みは、外来診療テレフォンサービスにお電話ください。テープでお知らせします。

※外来診療テレフォンサービス:TEL.03-3951-1499(直通)

●受付・番窓口にお越しください。
●健康保険証を(他に医療証をお持ちの方は併せて)お持ちください。


◆診療部門
・内科
循環器、消化器、糖尿病、腎臓、呼吸、神経などの専門医による質の高い医療を提供。疾病の予防・早期発見のための健診、訪問医療、医療相談、生活指導を活用して、全人的医療をめざします。
・小児科
「母と子に優しい診療」を日々こころがけています。日本有数の出産数を誇り、健診、育児相談も完備、予防接種も毎日受けられます。ぜんそく・アレルギー、夜尿症・神経、心臓、発達外来も設置。
・産婦人科
産科は年間1700件以上の分娩に対応、きめ細かい周産期医療を提供しています。婦人科は思春期の異常から更年期障害、不妊症、生理不順、子宮がん検診や婦人科腫瘍など幅広く対応します。
・眼科
常勤医師2名と視能訓練士3名により、結膜炎から白内障、眼底疾患まで一般眼科診療をしております。白内障などの手術も行っており、日帰り手術も可能です。
・皮膚科
アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、にきびなど、よく目にする皮膚疾患から、乾癬、掌蹠膿疱症、水疱症、小児のあざや生まれつきの病気、脱毛症、白斑といった専門的な治療を必要とする疾患まで、幅広く診療を行っています。乾癬、掌蹠膿疱症、小児のあざ、にきびやしみの美容皮膚科については予約外来を設けています。
・放射線科
専門医の資格を有する常勤医が、X線撮影、CT、MRIなど全ての検査に対して画像診断報告書を作成、報告する欧米並みのシステムを確立。地域の画像センターの役割も果たしています。
・耳鼻咽喉科
鼓膜鏡や電子内視鏡等を駆使して診察、細菌の検査や抗体の検査も活用し、正確な診断を下します。特に声の病気については専門診断機器を用いて、力を入れて行っております。
・整形外科
手足の怪我、肩や膝、股関節、腰、首の痛みを扱います。骨粗鬆症の予防・治療にも力を入れています。
・神経科
ストレス、不眠、不安、うつ、不定愁訴などを診療します。初診は十分なご相談をするため予約制とさせて頂いております。
・外科
消化器を中心とした手術を行っており内視鏡手術もおこなっております。
・乳腺外科
近年、日本でも乳癌をわずらう方が増えております。どのような病気でもがんは早期発見、早期治療が大切です。特に乳がんは、早期発見により治癒率の高い病気です。
・麻酔科(ペインクリニック)
ペイン=痛みを主に治療します。局所麻酔薬を注射する事により痛みを取り除きます。ドクターからの紹介で治療に当たりますが、治療法がなく長期に苦しんでいる方にはご相談に応じます。
・泌尿器科
慶応義塾大学医学部泌尿器科より協力を得て、教授、助教授クラスの診療を実施しています。

★皮膚科:
アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、にきび、皮膚腫瘍など、皮膚の病気全般の治療を行うほか、乾癬、掌蹠膿疱症、水疱症、小児のあざや生まれつきの病気、脱毛症や白斑といった専門的な治療を必要とする疾患の診療を行っています。これまでの治療で苦慮されている方、治療で迷われている方は、是非一度ご相談ください。
ほくろやにきび、しみについては有効な自由診療を取り入れています。まず、一般外来で診察させていただいてからのご予約となります。
生まれて間もない赤ちゃんから小児、成人、お年寄りまで、幅広い年齢層の患者さんが安心して受診できる皮膚科でありたいと願っています。

◎乾癬外来
乾癬(かんせん)とは、赤く厚みのある紅斑(こうはん)に、白くガサガサした鱗屑(りんせつ)をのせる発疹が、頭や肘、膝をはじめ全身のどこにでも出現する皮膚疾患です。爪にも肥厚や変形を生じます。関節症状を伴うものは関節症性乾癬と呼ばれます。皮膚の赤みやぱらぱら落ちる鱗屑(りんせつ)は患者さんの深刻な悩みとなります。一方、治療の進歩は目覚しく、皮疹がほとんどない状態で過ごすことも夢ではなくなりました。これまで診断すら曖昧であった関節症性乾癬の治療も格段に進歩しつつあります。
乾癬になったら、治らないと決してあきらめずに、自分に合う治療を見つけましょう。外用療法、光線療法(ナローバンドUVB)、内服療法のほか、炎症の中心をなす物質を選択的に抑制する生物学的製剤が承認されました。治療の組み合わせ、安全性、副作用について、専門的な知識が必要な分野となります。根気強く通院し、症状の変化を主治医と共有することが、適切な治療の選択につながります。

◇一般外来

午前診療受付 8:00~11:00(再診受付は7:30より受付)
院内PHSの貸し出しあり。

○一般外来の再診予約について
 診療を円滑に進めるため、下記の方の予約診療を行っています。ご協力お願いいたします。診察時に医師が予約をお取りします。
 1.経過が順調でお薬の継続が必要な方
 2.いぼの液体窒素療法など、決まった処置を必要とする方
 3.手術翌日の止血確認
 4.院内美容製剤、自費製剤の購入
 5.時間を要する処置が必要な方(11時以降に診察)
 ※現在、人員の関係で予約の変更がお受けできません。予約日にお越しになれない場合は受付順とさせていただきます。

◇専門外来(予約制)

乾癬外来・掌蹠膿疱症外来
 火曜日 午前・午後
 木曜日 午前
光線治療・学童外来
 水曜日・金曜日 午後
手術外来
 月曜日・木曜日 午後
小児レーザー外来
 月曜日・水曜日 午前・午後
 火曜日 午後
美容・ピーリング外来
 月曜日・火曜日 午後

◇その他の治療
ピアス
男性型脱毛(AGA)に対するプロペシア内服
巻き爪のワイヤー挿入術

◇取り扱い品
院内調剤の皮膚美容化粧品
ビタミンCローション
ホームピーリングローション
レチノイン酸クリーム
ハイドロキノンクリーム  など
外部の皮膚美容化粧品
日焼け止め(成人用、小児用)
レチノール美容液  など

◆連携:
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リウマチ内科
東京女子医科大学病院皮膚科 <乾癬外来>

・予約診療
担当医師:小林里実 火曜日   9:00~10:30、14:00~15:30
木曜日   9:00~10:30
 ※火曜日・木曜日は初診から予約可能
金曜日<光線外来> 14:00~15:30


◇交通アクセス
●JR目白駅より都バス 池65・白61練馬方面行き、聖母病院入口下車
●新宿駅より関東バス丸山営業所行 聖母病院前下車
●西武新宿線下落合駅下車 徒歩7分
●西武池袋線椎名町駅下車 徒歩10分

Sponsored Links

東京慈恵会医科大学附属病院  皮膚科

東京慈恵会医科大学附属病院
〒 105-8471
東京都港区西新橋3-19-18
03-3433-1111
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/sinryo/13.html
(※詳細はご確認ください)

◆皮膚科

■診療部長 : 中川 秀己


◇診療内容:

・ 初めてのご来院の方は、診療情報提供書(医療機関が発行した紹介状)をお持ちください。
午前中に診療部長(水・木)、副診療部長(月・火)、診療医長 (金)が初診を担当します。

・ 午前中の一般外来を受診され、特殊な検査や治療などが必要であれば、その後、専門外来で診療いたします。全身麻酔を要する手術や重症例は、入院して治療いたします。
・ 原則的に一般外来は午前8~11時に受付です。午後の外来は専門外来のみとなり一般外来の方は午前中に受診していただく様お願い申し上げます。土曜日の午後は急患のみの対応となります。


乾癬 アトピー性皮膚炎
接触性皮膚炎 皮膚良性腫瘍
皮膚癌(有棘細胞癌、基底細胞癌、
メラノーマ、パジェット病など) 神経線維腫症(レックリングハウゼン病および神経線維腫症2型)
血管腫・色素性病変
ヘルペス
(単純疱疹)
(帯状疱疹・帯状疱疹後 神経痛(PHN))
疣贅(いぼ)
スキンケア外来


◇特色:
乾癬、アトピー性皮膚炎、皮膚悪性腫瘍、神経線維腫症、ならびに帯状疱疹、単純ヘルペス、疣贅などのウィルス性皮膚疾患の精査、治療に力を入れています。

◇特殊検査・先進医療
(1) 単純ヘルペスウイルスの型判定
(2) ヒト乳頭腫ウィルスのDNA型判定
(3) 悪性黒色腫のセンチネルリンパ節廊清


☆中川秀己 皮膚科教授
 
1977年 東京大学医学部卒業
東京大学医学部皮膚科学講座 助手
1981-1983年 米国ハーバード大学マサチューセッツ総合病院 皮膚科 基礎研究員
1986年 東京大学医学部皮膚科学講座 講師
1988年 東京大学医学部皮膚科学講座 助教授
1997年 自治医科大学皮膚科学講座 主任教授
2004年 東京慈恵会医科大学皮膚科学講座 主任教授

Q.乾癬は「原因がよくわからない病気」といわれていますが、どのくらい解明が進んできたのでしょうか?

乾癬は、原因不明の病気といわれていますが、発症のメカニズムや病態などは、かなりわかってきています。
乾癬は、多因子遺伝性疾患と呼ばれています。すなわち、患者さんには病気になりやすい遺伝的素因があり、その素因の染色体の部位、変異などがわかっています。ただ、なりやすい素因があっても病気にならない人はたくさんいるわけで、乾癬は、そうした素因の上に、ストレス、不規則な生活、肥満、薬剤などの環境因子が加わって発症すると考えられています。
病態の解明も進んでいますが、実は偶然の発見によるところが大きいのです。たとえば、免疫反応の異常を抑える薬剤を使用したところ、乾癬が改善したことから、免疫の関与がわかってきました。また、乾癬を合併しているクローン病の患者さんにTNFα阻害薬を投与したところ、偶然にも乾癬の症状が改善したことから、乾癬に対してもTNFαの関与が注目されました。
最近では、このTNFαが乾癬の病態に重要な役割を果たしていることがわかり、治療のターゲットとなっています。


Q.病態の解明が進むとともに、治療も変わってきているのでしょうか?

乾癬の病態の中心は表皮細胞(ひょうひさいぼう;皮膚の最も外側の層にある細胞)の増殖にあると考えられてきましたが、その後、免疫の異常が関わっていることが明らかになりました。そのため現在では、ステロイドや活性型ビタミンD3の外用薬、シクロスポリンやレチノイド(ビタミンA誘導体)の内服薬、光線療法など、何らかの形で免疫の異常に働きかける治療が行われています。
さらに、どのような細胞が免疫の異常に関係しているのかということも、次々とわかってきています。ほんの数年前までは、白血球の一種であるTh1(ティー・エイチ1)細胞が免疫異常の主役とされていましたが、最近では樹状細胞(じゅじょうさいぼう)やTh17(ティー・エイチ17)細胞が主役とみなされるようになりました。
TNFαは、これらの細胞から産生される物質の1つであり、乾癬の病態において重要な役割を果たしています。
そして、そのTNFαをピンポイントで抑える新しい治療薬が「TNFα阻害薬」です。TNFαは乾癬の発症や維持など様々な場面に関わっているので、TNFαを阻害する薬剤の治療効果は高いといえます。
特に点滴で投与するTNFα阻害薬は、皮膚の症状に対して速やかな効果を発揮するのが特徴です。また、爪の症状や関節の痛みなど、患者さんのQOLを低下させていた難治性の症状にも改善が期待できます。
(※Q&Aの項:「専門医に聞く 乾癬治療のフロントライン」より抜粋。)

◇交通アクセス:

■地下鉄
・都営三田線 御成門 A5出口 約3分
内幸町 A3出口 約10分
・日比谷線 神谷町 3出口 約7分
・銀座線 虎ノ門 1出口 約10分
・銀座線・都営浅草線 新 橋 8出口 約12分
・都営浅草線・都営大江戸線 大 門 A2出口 約13分
・丸の内線・千代田線 霞ヶ関 C3出口 約13分


■JR
新橋駅下車 徒歩12分 (タクシー5分)
浜松町駅下車 徒歩15分 (タクシー8分)
東京駅下車 タクシー12分


■バス(交通事情により所要時間が異なることがあります)
・都営バス 
東98系統(東急バスと共同運行)
 東京駅丸の内南口 ~ (目黒駅経由) ~ 等々力操車所前
  「慈恵会医大前」または「愛宕山下」下車
※東京駅丸の内南口バス乗り場(5番)より約20分
※慈恵大学病院中央棟前、愛宕下通りにバス停があります
※1時間に3~4本程度、運行しています
詳しくはこちら 東京都交通局(都営バス)ホームページ

・港区コミュニティバス「ちぃばす」
新橋駅~田町駅東口(芝ルート)
※新橋駅から慈恵医大病院まで約15分
※日比谷通り、芝郵便局の近くにバス停があります
詳しくはこちら 港区ポータルサイト・みなとコミュニティバス「ちぃばす」

■羽田空港よりお越しの方
・東京モノレール 
羽田空港(第1ビル駅または第2ビル駅) → 浜松町駅 (JR線へ乗り換え) → 
新橋駅
・ 浜松町駅より タクシー8分
・ 新橋駅より タクシー5分


・京浜急行線(都営浅草線と直通運転)
1 羽田空港駅 → 京急蒲田駅 → 品川駅 → 泉岳寺駅 → 
 三田駅(都営三田線へ乗り換え) → 御成門駅 
2 羽田空港駅 → 京急蒲田駅 → 品川駅 → 泉岳寺駅 →
 大門駅 または 新橋駅 下車 


■車
首都高速「芝公園」出口より約3分
首都高速「霞ヶ関」出口より約10分

駐車場(有料)は数に限りがあり、混雑が予想されます。
電車・バス等の公共交通機関をご利用ください。

Sponsored Links

吉野記念クリニック

吉野記念クリニック
東京都練馬区旭町2-35-14
電 話: 03-3939-4412
http://www.yoshino-memorial-clinic.jp/index.php
(※詳細はご確認ください)

◆当院は平成17 年開院し、泌尿器科、皮膚科、内科/リウマチ科の診察、および健康診断、予防接種を行っております。当院ではレントゲン検査、心電図検査、超音波検査、内視鏡を用いた尿道膀胱鏡検査、種々の顕微鏡検査を院内で行っており、血液検査は検査機関に依頼し遅くとも翌日には結果が確認できます。CT、MRI 検査も近隣の病院と提携しており当日に撮影が可能となっております。関節リウマチ、泌尿器疾患については診療医師が専門医、登録医にて、専門的な診断、治療に対応しております。ただ、当院で対応できない疾患、症状については専門の医療機関にご紹介させていただきます。

◇診療時間
午前9:00~12:00
午後3:00~6:00

<メッセージ> 「身体の痛みのみならず心の痛みのわかる医師になれ」私が日本医科大学リウマチ科の教授をしていたとき、この言葉を座右の銘にし、医局の先生たちを指導しておりました。この言葉は当クリニックのポリシーでもあります。

●病気で悩み苦しんでいる方々へのアドバイス
"楽しい時には大いに笑い、悲しい時には涙を流して泣き、夜は深い睡眠を、そして時には好きな事に没頭すること"即ちこれが療養生活の基本です。
洋の東西を問わず昔から、"心と体"、"心と病"は密接な関連があることはよく知られている事実です。我々臨床医は日常の診療でこの関連を示す事象をよく経験しております。例えば、家族とか友人との死別、人間関係の悪化、ひどい屈辱、経済的損失、入学または入社試験など、過度の精神的ストレス刺激を受けると、病気が悪化することを度々目にします。
私の不勉強かもしれませんが、この関連を科学的に証明した人は世界でまだいないようなので、私が明らかにしようと決心しました。
身体的、または精神的ストレス刺激が加わると、"からだ"は内部のバランスが崩れないように、神経系(主に自律神経系)、内分泌系、免疫系が協力し合っていることはよく知られております。私はこの事実に注目し、この三つの系が乱れている関節リウマチの患者さん、そして健康な方々の協力を得て、1995年から2003年にかけて、楽しい笑い、涙して泣く、全身麻酔(深い眠り?)、怖い噺(怪談)に没頭するなどの実験を次から次へと、計8回行いました。私はこの実験結果にはただびっくりさせられました。血液中の関節リウマチを悪化させる物質、ストレスを反映させる物質は低下し、反対に、改善させる物質は増加し、先に述べた三つの系の乱れたバランスが正されたのでした。
しかし、健康の人達はこれら各物質の値は不変でした。乱れていないものをあえて乱す必要はないのです。自然の妙と言うのでしょうか!!
この理由として私は、笑い、泣くなどは、その瞬間何も考えない、即ち頭の中が真っ白になるためではないかと考え、この機序を『脳内リセット(Brain Reset Mechanism)』と呼ぶことにしました。私達人間は大脳が他の動物に比較し非常に発達したため、過度の精神的ストレス刺激などによって心の病を患う宿命を背負ってしまったのです。即ち逃げる事ができないのです。天はそれではあまりにも可哀想であると思われ、一瞬でも精神的ストレス刺激を忘れさせる機序をそっと用意してくれたのです。それが脳内リセット機構です。我々に備わっているストレスに対応する第3のシステムです。楽しい笑い、涙を流して泣く、好きなことに熱中する、熟睡なども、この機序のボタンを押します。
病など、また家庭のこと、学校のこと、職場のことなど色々と悩み苦しんでおられる方は、是非この脳内リセット機構を理解され、そして参考にして下さい。
なお、体調の良し悪しを判別する手段は色々あると思いますが、私は「快眠、快便」に優る方法はないと考えております。

●リウマチは集学的治療で!手術を受けるか否かで迷っている方へ
私のライフワークは、歩行不能(いわゆる寝たきりリウマチ)とか、歩行困難な方を外科的治療(主に人工関節)、薬物治療、リハビリテーションなどすべてを活用し、再び立ち、そして歩けるようにすること、そして人工膝関節の開発です。現在私はこの経験を基に外科的治療の有無を判断し、しかるべき施設(日本医科大学リウマチ科、東京白十字病院など)へ紹介しております。なお、手術に関してセカンドオピニオンを希望される方は、必ず予約をしてください。


☆吉野槙一
<専門分野> リウマチ科
<経歴> 日本医科大学 名誉教授
東京電機大学 客員教授
社会福祉法人 白十字会 理事
中間法人 日本リウマチ学会 評議員
<出身地> 東京都
昭和40年 日本医科大学卒業
昭和41年 東京大学医学部整形外科学教室入局
昭和49年 都立墨東病院リウマチ科医長
昭和53年 医学博士
昭和53年 日本医科大学理学診療科助教授
昭和63年 米国ルイジアナ州立大整形外科客員教授
平成03年 日本医科大学リウマチ科教授
平成17年 日本医科大学定年退職、同大学名誉教授
平成20年 東京電機大学客員教授


◇交通アクセス
●東武東上線/「成増」駅より徒歩8 分
●地下鉄有楽町線/「成増」駅出口(4) より徒歩約7分
●西武バス/旭町都営住宅前 下車
(東武東上線「成増」駅 南口バスロータリー(4) 番より「光ヶ丘」駅・日大練馬光ヶ丘病院・「練馬高野台」駅行へ乗車)

※お車の場合は、旭町郵便局を目安にお越しください。

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle