大阪大学歯学部付属病院

・大阪大学歯学部付属病院
住所:〒565-0871 吹田市山田丘1番8号
電話番号(代表):06-6879-5111(時間外):06-6879-2848
http://hospital.dent.osaka-u.ac.jp/
(※詳細はご確認ください)

◇当院は大学病院であり診療を通じて歯学の教育及び研究を行っています。
患者の皆様にはこの趣旨をご理解のうえ、ご協力をお願いします。
病院長 森崎市治郎


◇基本理念:
大阪大学歯学部附属病院の基本理念は、『診療を通じて口腔医学の教育と研究を推進し、口腔医療の発展に貢献する』ことであります。
本病院は、基本理念のもと、大学病院として3つの使命と役割に対して、行動目標・行動計画を立てています。

地域の中核病院として口腔に関する専門医療の提供(医療提供機能)
将来の口腔医療を担う医療従事者の育成(教育研修機能)
臨床医学の発展を推進し、医療技術の水準の向上に貢献(研究開発機能)
これらを柱に、患者様中心の安全で、信頼される口腔医療の提供、口腔医療人の育成、口腔医学・口腔医療の新たな発展に全力を注いでいます。

平成12年度の大学院重点化を機に、病院の診療体系を患者様中心の治療の効率化を図るために、11診療科から3診療科(歯疾制御系科、咬合・咀嚼障害系科、口顎病態系科)に再編しました。
特に、本病院は、臨床教育と臨床研修の充実、研修実績評価システムの構築、う蝕や歯周病などの口腔疾患の治療法・予防法の開発、口腔腫瘍、唇裂口蓋裂、顎変形症などの診断・治療法の開発、摂食・咀嚼・嚥下・発音などの口腔機能障害に関する研究と治療法の開発、地域中核病院としての専門外来・高度先進医療の充実、医療情報ネットワークの構築、社会的弱者の立場の患者様や全身的な配慮の必要な患者様の治療などを介して社会貢献に寄与し、インフォームドコンセントに基づいた安全で、安心できる医療の提供を目指しています。


◇初診の方は:

初めて受診される方は、診療申込書に必要事項を記入された後、3番の初診受付窓口に保険証等を添えてお出しください。なお、紹介状があれば一緒にお出しください。
「健康調査票」をお渡しします。待合ホールでご記入いただき、しばらくお待ちください。
紹介状をご持参の方は、8番窓口から直接受診科へ行っていただきます。
紹介状をお持ちでない方は、1番問診室で受診される診療科をお伝え致します。
受診科の受付に診察券をお出しください。


◇診療科一覧診療科

・歯疾制御系科
保存科 06-6879-2354
口腔治療・歯周科 06-6879-2352 06-6879-2375
予防歯科 06-6879-2350
小児歯科 06-6879-2370

・咬合咀嚼障害系科
口腔補綴科 06-6879-2355
咀嚼補綴科 06-6879-2359
矯正科 06-6879-2360

・口顎病態系科
口腔外科1<制御系> 06-6879-2358
口腔外科2<修復系> 06-6879-2358
放射線科 06-6879-2363
歯科麻酔科 06-6879-2372


◇診療日・受付時間・休診日診療日・受付時間・
休診日 初診の方へ 再診の方へ 夜間休日緊急診療 ホーム 外来診療の案内 診療日・受付時間・休診日
診療日・受付時間
月曜日~金曜日
【初診】 8時30分~11時30分 (初めて受診される方)
【再診】 8時30分~15時00分 (原則として全科予約制)

休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

夜間休日の緊急診療につきましては、別途対応いたしております。

病院へのお問い合わせ
病院へのお問い合わせは、下記時間内にお願いいたします。
月曜日~金曜日 8時30分~17時00分
電話連絡は、下記の番号をご使用ください。

(06) 6879-5111

※診療時間外・休診日(急用のとき以外はご遠慮ください。)

(06) 6879-2848


◇交通アクセス:
・バス:
「阪大歯学部附属病院前」下車

「阪急バス」
阪急千里線北千里駅
・4番乗場より「阪大歯学部病院前経由 阪大医学部病院行」に乗車 約7分
北大阪急行千里中央駅
・8番乗場より「北千里 阪大歯学部病院前経由 阪大医学部病院行」に乗車 約22分
・6番乗場より「阪大本部前行」に乗車 約15分(阪大歯学部病院前経由のもののみ)

※「阪大本部前」にて下車し、西へ徒歩5分

「阪急バス」
阪急千里線山田駅(大阪モノレール山田駅)より「茨木美穂ヶ丘行」に乗車 約10分
北大阪急行千里中央駅 6番乗場より「阪大本部前行」に乗車 約20分
「近鉄バス」
JR京都線茨木駅より「阪大本部前行」に乗車 約20分
阪急京都線茨木市駅より「阪大本部前行」に乗車 約25分
阪急電車
阪急千里線北千里駅下車、東へ徒歩約25分

モノレール
大阪モノレール阪大病院前駅(終点)下車、徒歩15分 >> 詳細地図はこちら
※万博記念公園駅で乗換

タクシー
JR京都線茨木駅より約15分
北大阪急行千里中央駅より約10分
阪急千里線北千里駅より約5分
阪急千里線山田駅より約5分


◆組織図:
(管理者)病院長 教授 森崎 市治郎

副病院長 教授 前田 芳信
副病院長 教授 丹羽 均 ・ 副病院長 教授 村上 伸也


診療科
歯疾制御系科
保存科 科長(教授) 恵比須 繁之
口腔治療・歯周科 科長(教授) 村上 伸也
予防歯科 科長(教授)
小児歯科 科長(教授) 大嶋 隆

咬合・咀嚼障害系科
口腔補綴科 科長(教授) 矢谷 博文
咀嚼補綴科 科長(教授) 前田 芳信
矯正科 科長(教授) 高田 健治

口顎病態系科
口腔外科1(制御系) 科長(教授) 古郷 幹彦
口腔外科2(修復系) 科長(教授) 由良 義明
放射線科 科長(教授) 古川 惣平
歯科麻酔科 科長(教授) 丹羽 均
口腔内科 担当医師 西田 和彦
口腔小児科 担当医師 別所 一彦

中央診療施設等
検査部 部長(兼任)教授  古郷 幹彦
顎口腔機能治療部 部長(教授) 阪井 丘芳
障害者歯科治療部 部長(教授) 森崎 市冶郎
口腔総合診療部 部長(教授) 竹重 文雄

センター
一般歯科総合診療センター センター長(兼任)教授  竹重 文雄
近未来歯科医療センター センター長(兼任)教授 森崎 市治郎

共用診療施設等
総合技工室 室長(兼任)教授 前田 芳信
中央材料室 室長(兼任)教授 由良 義明
中央病室 室長(兼任)教授 古郷 幹彦
中央手術室 室長(兼任)教授 丹羽 均
総合予診室 室長(兼任)教授 竹重 文雄
医療情報室 室長(兼任)教授 前田 芳信
感染制御室 室長(兼任)教授 村上 伸也
地域医療連携室 室長(兼任)教授 古郷 幹彦

薬剤部 部長 上田 幹子

看護部 部長 西尾 善子

医療安全管理部 部長(兼任)教授 丹羽 均

◎咀嚼補綴科教授:前田芳信
Sponsored Links

日本歯科大学新潟病院

日本歯科大学/新潟病院・医科病院
〒95-8580 新潟市中央区浜浦町1-8
TEL.025-267-1500

http://www2.ndu.ac.jp/hospital/dental/index.html
(※詳細はご確認ください)


●病院の理念
患者様の立場に立ち、信頼される病院をめざします。

安心・安全で良質な医療を提供します。

地域の医療機関および福祉施設と連携し、人々の健康をサポートします。

次世代を担う人間性豊かな医療人の育成に努めます。

●大学病院の特色
日本歯科大学新潟病院は昭和46年4月1日に開設され、地域医療に基盤をおいた医療機関として実績を重ねるとともに、全人的な医療教育および高度な医療サービスのための臨床研究を行っている。

地域医療では、昭和62年より在宅歯科往診ケアチームを発足し、現在、歯科医師3名、衛生士3名で毎日訪問歯科診療を実施している。

病院では、各診療科に加えてインプラントセンター、心身障害児・者センター、いびき診療センターを併設し専門性の高いサービスを行っている。さらに白い歯外来、特殊歯周病治療外来、スポーツ歯科外来、いき息さわやか外来、あごの関節外来、口のかわき治療外来、歯科アレルギー外来、歯科鎮静リラックス外来、顎のかたち・咬み合わせ外来の外来部門を設置し患者のニーズに応えている。

教育面ではクリニカルクラークシップをとり、指導医、臨床研修医、学生、衛生士、衛生士学生がチームとなり、臨床研修と臨床実習に対応している。


◇受診のご案内
日本歯科大学新潟病院・歯科および日本歯科大学医科病院それぞれの別の診療券を発行しています。
それぞれの病院を初めて受診される場合は、初診の手続きをお願いいたします。

・診療申込書記入 初診受付・入退院受付窓口(1番)前に「診療申込書」がありますので、必要事項を記入の上、「健康保険証」「紹介状」(お持ちの方のみ)を添えて初診受付窓口へお出しください。
※健康保険証の提示がない場合は、診療・処置に要した費用を自己負担していただくことになります。
※診療・処置の内容により健康保険等がお使いになれない場合があります。詳細は係までおたずねください。

・初診受付窓口 初診受付(1番)にてカルテと診療券を作成し、各診療科へご案内致します。

・再診予約 日本歯科大学新潟病院の再来は予約制をとっています。初診以降は次回の受診日と時間を、担当医と相談のうえご予約ください。

◇診療科のご案内総合診療科
口腔外科
歯科麻酔・全身管理科
小児歯科
矯正歯科
放射線科

・センター・特殊外来
口腔インプラントセンター
いびき診療センター
障害児歯科センター
障害者歯科センター
在宅歯科往診ケアチーム
白い歯外来
スポーツ歯科外来
いき息さわやか外来
あごの関節外来
口のかわき治療外来
歯科アレルギー治療外来
歯科鎮静リラックス外来
顎のかたち・咬み合わせ外来

◆診療日: 月曜から土曜日 診療時間: ●初めて来院される方(初診)
9時から12時、13時30分から16時
(電話による予約もお受けいたします)
●再来
9時から17時の予約した時間(但し、急患はこの限りではありません。)
休診日: 日曜日、祝祭日、創立記念日(6月1日)、8月12日~8月16日、12月29日~1月4日


◇日本歯科大新潟生命歯学部
http://www2.ndu.ac.jp/guide/index.html
(※詳細はご確認ください)

―創立100周年を迎えた―

私ども日本歯科大学は、中原市五郎によって、明治40年(1907)6月、公立私立歯科医学校指定規則に基づくわが国最初の歯科医学校として創立されました。当時、歯科医療は黎明期にあり、「学・技両全にして人格高尚なる歯科医師の養成」を建学の目的としました。そして歯・顎・口腔の医学を教導し、学・術・道を兼ねそなえた歯科医師を輩出し、歯科医学の進展、歯科医療の向上、患者国民の福祉に邁進しました。
そしてこの伝統を基盤として、昭和47年(1972)4月、日本海側最大の都市である新潟市に、本学第2番目の歯学部として日本歯科大学新潟歯学部が誕生しました。

私どもは、私学として創立者の「自主独立」という建学の精神を継承し、平成18年(2006)に創立100周年を迎えました。この100年におよぶ歴史と伝統は、本学がわが国の“歯科界の源流”といわれる由縁であります。

世界最大の歯科大学である
私ども日本歯科大学は、現在、歯科医学の総合的大学として、2つの歯学部を有する唯一の歯科大学です。新潟と東京の両キャンパスを合わせて、2つの大学院(新潟生命歯学研究科・生命歯学研究科)、2つの歯学部(新潟生命歯学部・生命歯学部)、3つの附属病院(新潟キャンパスの新潟病院と医科病院・東京キャンパスの附属病院)、2つの短期大学(新潟短期大学・東京短期大学)、および博物館(新潟キャンパスの「医の博物館」)を擁し、学生総数約2,000名、専任教職員数約1,000名、および卒業生総数約19,600名を数えます。本学は、紛れもなく世界最大の歯科大学であります。


・診療科一覧
◇総合診療科 | 口腔外科 | 歯科麻酔・全身管理科 | 小児歯科 | 矯正歯科 | 放射線科



◇日本歯科大新潟生命歯学部教授の渡辺文彦
http://www2.ndu.ac.jp/guide/clinic/clinic02.html



◇交通アクセス:
●JR
上越新幹線新潟駅下車
越後線関屋駅下車、徒歩約15分

●バス
新潟駅から来られる場合
新潟駅前バスターミナルより浜浦町線(西循環浜浦町先回り)にて約25分、浜浦町一丁目下車徒歩1分
高速バスご利用の場合
新潟駅前にて下車、浜浦町線(西循環浜浦町先回り)に乗り換え
国道116号線沿線(内野方面)から来られる場合
信濃町下車、徒歩約7分
国道402号線沿線(内野方面)から来られる場合
文京町下車、徒歩約8分

●佐渡汽船
佐渡汽船下船後、バスで新潟駅へ
新潟駅前にて下車、浜浦町線(西循環浜浦町先回り)に乗り換え

●自家用車
新潟バイパスをご利用の場合は、女池インターチェンジ出口より降車約15分
駐車場完備(病院正面に駐車場 患者さんは総合受付で、駐車券に無料パンチを受けて下さい)

Sponsored Links

東京医科歯科大学歯学部附属病院

・東京医科歯科大学歯学部附属病院
〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45
TEL 03-3813-6111(代)
http://www.tmd.ac.jp/denthospital/index.html
(※詳細はご確認ください)

◇病院長のご挨拶:
東京医科歯科大学歯学部附属病院は、安全で質の高い歯科医療の実践、将来を担う歯科医療人の育成、臨床技術の改善と開発への貢献を目指しています。来院される患者さんの数は全国一で、一日平均約1800人の外来患者さんと年間延べ約19000人の入院患者さんに利用していただいています。この多くの患者さんに応えるために、高度な医療を提供することはもとより、昨今の歯科医療に対する患者さんのニーズの多様化に対応すべく、専門外来を設け、どのような患者さんも受け入れることができるよう努力しています。スポーツ歯科外来、頭頸部心療外来、言語治療外来、歯科アレルギー外来、摂食リハビリテーション外来、スペシャルケア外来、息さわやか外来、ペインクリニック、顎関節治療部、などが設置されています。
 平成16年4月から東京医科歯科大学は国立大学法人となり、歯学部附属病院も自立した運営と同時に経営の一層の効率化が求められることになりました。大学病院の使命と機能を達成するために、財政基盤の安定化を図りつつ、診療環境の整備と体制の確立に努めていきたいと考えています。
 今回、本院での診療内容をより理解いただけるよう、さらには各診療科で行われています最新の治療法を広く知っていただけるようにホームページを充実させました。なお、歯科診療についてお尋ねになりたいこと、ご相談になりたいことがございましたら、ご遠慮なく1階の医療相談室をお訪ねください。
 東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」出口のエレベータ設置に伴う病院進入路の改善により、ホームから階段を使用することなく来院できるようになりましたことをお知らせいたします。

東京医科歯科大学歯学部附属病院
病院長 嶋田 昌彦



■初めての方へ
診療申し込み書に記入し、保険証、(紹介状)を1階窓口へ出してください。前回来院から3ヶ月以上たっている方は初診扱いとなります。

◇診療科
http://www.tmd.ac.jp/denthospital/practice/index.html
(※詳細はご確認ください)

・育成系診療科
矯正歯科外来
小児歯科外来

・維持系診療科
むし歯外来
歯周病外来
ペインクリニック
歯科心身医療外来
顎関節治療部

・回復系診療科
口腔外科外来
顎顔面外科外来
義歯外来
顎義歯外来
スポーツ歯科外来
言語治療外来
インプラント外来

・総合診療科
歯科総合診療部
(専)いびき無呼吸歯科外来
歯科麻酔外来
歯科放射線外来

・スペシャルケア外来
(専)摂食リハビリテーション外来
息さわやか外来
クリーンルーム歯科外来
口腔ケア外来
歯科アレルギー外来

・中央診療施設等
検査部
歯科技工部

・医療安全管理室
感染対策室

・診療情報管理室
歯科臨床研修センター
地域歯科医療連携センター

・歯科医療情報センター
歯科器材・薬品開発センター
中央手術室

・歯科病棟
中央器材室

・薬剤部
看護部
歯科衛生保健部

・事務部

■先進医療について
当院は特定承認保険医療機関の指定を受けています。
治療が認められている先進医療で、当院が行う医療内容及び費用は次のとおりです。

・インプラント義歯
・顎顔面補綴
・X線CT画像診断に基づく手術用顕微鏡を用いた歯根端切除手術
・歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法

■社会保険
特定承認保険医療機関及び特定承認療養取扱機関
更生医療・育成医療指定医療機関
生活保護指定医療機関・被爆者一般疾病医療機関

■画像検査のお申し込みについて
東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科放射線外来では、歯科診療所や病院からの画像検査・診断のお申込を受け付けております。

1) 画像検査の種類
CT検査 (ヘリカルCT)
MRI検査
小照射野歯科用CT (モリタ社製3DX)検査
唾液腺造影検査
頭部X線規格撮影 (セファロ)等の一般X線撮影


2) 診療時間
月曜~金曜 9:00~16:00 (祝日, 年末年始を除く)
http://www.tmd.ac.jp/denthospital/clinic/clinic4.html
(※詳細はご確認ください)


◇交通アクセス:
東京地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅より徒歩約2分
JR東日本中央線、総武線御茶ノ水駅より徒歩約5分
東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅より徒歩約10分
都営新宿線小川町駅より徒歩約20分
都営バス東43系統「御茶ノ水駅前」下車5分
都営バス茶51系統「御茶ノ水駅前」下車2分

■東京医科歯科大歯学部付属病院 和泉雄一教授:

・歯周病外来

◇和泉 雄一 教授

・診療内容
歯周組織(歯肉、歯槽骨)の治療を行います。

・主な疾病
歯周炎、歯肉炎、歯肉退縮、歯肉増殖

・連絡先
03-5803-5736

Sponsored Links

東京歯科大学千葉病院

東京歯科大学千葉病院

所在地 千葉県千葉市美浜区真砂1-2-2
TEL 043-270-3915
http://www.tdc.ac.jp/hospital/ch/
(※詳細はご確認ください)

◇初診受付(1階)
■ 保険証をご提示ください
■ 診療申込書をご記入ください
■ 紹介状をご提示ください

◇再来受付機(1階)―2回目からの方(予約制)
■ 診察券をご持参ください

【診療科目のご案内】
・保存科:むし歯(齲蝕)、歯の痛み、歯周病、外傷歯の処置、歯の審美的な回復
・口腔外科:抜歯、顎・顔面の骨折などのけが、口の粘膜の病気、顎関節症、顎変形症の治療
・補綴科:義歯、ブリッジ等による機能と審美の回復および健康の増進
・矯正歯科:歯並び・咬み合わせの治療、子供の顎の成長促進、顎の変形の治療
・小児歯科:子供(初診時年齢16歳未満)のむし歯の予防と治療、歯並びの治療および歯のケガが治療
・歯科麻酔科:全身疾患や障害のある患者様の全身管理下での安全・快適な治療と痛みの治療
・総合診療科:むし歯、歯周病の治療からさし歯やブリッジ、入れ歯による機能回復までの一貫治療
・スポーツ歯科:マウスガードによる口腔顎顔面外傷の予防と治療、咬み合わせ改善による全身運動能力の向上
・口腔インプラント科:(人工歯根)による機能と審美の改善、骨造成等の関連手術、
インプラント治療の相談・検査
・摂食・嚥下リハビリテーション・地域歯科診療支援科:口から食べること、飲むことに障害をお持ちの方へのリハビリテーションを、
外来および往診にて対応
・放射線科:エックス線、CTスキャン、MRI、超音波等による診断
・臨床検査部:全身又は口腔内の状態の客観的な把握
(口腔病理検査、血液検査、尿検査、生理機能検査、歯科特殊検査)
・内科:糖尿病、高血圧、心臓病などの内科全般の治療、食道・胃内視鏡検査、心臓、腹部超音波検査(以下詳述)
◇内科診療について:
歯科大学に内科が?と不思議に思われる方もいらっしゃることと思います。しかし当院の内科では、歯科に通院中の患者様で内科的な病気をお持ちの方はもちろんのこと、一般の病院と同様に内科疾患だけの方の診療も行っています。つまりどなたでも受診が可能ということです。診療内容は、風邪ひき、腹痛、下痢などの一般内科、高血圧、不整脈、喘息といった循環器、呼吸器疾患、糖尿病、高脂血症など代謝、内分泌疾患、消化性潰瘍、大腸ポリープなどの消化器疾患と幅広く対応しています。また、必要があれば診察に応じて適切な検査を行います。当院では血液検査をはじめ、超音波診断装置による心臓の検査や、肝臓、すい臓、胆のうなど腹部臓器の検査、上部、下部消化管内視鏡検査(経鼻内視鏡もあります。)も受けることができます。放射線科には一般レントゲン装置、CTスキャン、MRIがあり、これらを利用し、頭部(脳)・胸部・腹部などの画像診断も可能です。ただし、当院には内科疾患の治療のための入院病床はありません。もし、診察・各種検査の結果、より精密な検査や入院治療が必要と判断した際には、責任を持って専門の病院を紹介させていただきます。
何か健康上のご不安などございましたら、内科外来までぜひお気軽にご相談ください。
(なお、15歳以下の患者様は小児科になりますので基本的には診察できません。ご了承ください。)
※内科受付:
TEL 043-270-3922


【受付・診療・面会時間】
○受付時間:
※ 初診(病院代表 043-270-3915、なお口腔インプラント科は予約制ですので、口腔インプラント科 043-270-3653までお電話下さい。)
■ 平日:午前9:00~午前11:00
■ 土曜:午前9:00~午前11:00

※ 再診
■ 予約時間の前までにお越しください。

○診療時間:
■ 平日:午前9:30~午後5:30
■ 土曜:午前9:30~正午

○休診日
■ 日曜日、祝日、創立記念日(2月12日)、
第2土曜日、年末年始

※ その他季節等により診療時間および休診日を変更する
場合がありますのでご注意ください。


◎診療費について
・保険診療:
※ 保険で診療をお受けになる方は、保険証を受付にご提示ください。
(保険証のご提示のない方は、自費診療になりますので、ご了承願います。)

※ 継続して診療をお受けになる方は、毎月1回(ご来院月の初めの日)保険証の確認をさせていただきます。

・自費診療(保険適用外):
当院では、自費診療(保険適用外の義歯、インプラント等)については、着手時に自費料金の2分の1以上に相当する金額を納入していただいておりますので、予めご了承ください。


○入院患者様への面会時間
■ 平日:午後 1:00~午後7:00
■ 土曜:午後 1:00~午後7:00
■ 休日:午前11:00~午後7:00


◇交通アクセス:
・JR総武線
■稲毛駅から(千葉海浜交通バス)
西口1番乗車口から「稲毛海岸駅行き(歯科大経由)」に乗車し、東京歯科大学(正門)下車
※ 2系統出ていますので「歯科大経由」をご確認ください。

■新検見川駅から(千葉海浜交通バス)
南口1番(8時30分まで)/5番(8時31分以降)乗車口から「検見川浜駅行き(2丁目経由)」に乗車し、
東京歯科大学(正門)下車

・JR京葉線
■ 稲毛海岸駅から(千葉海浜交通バス)
南口4番乗車口から「稲毛駅行き(歯科大経由)」に乗車し、東京歯科大学(正門)下車

■ 検見川浜駅から(千葉海浜交通バス)
2番乗車口から「新検見川駅行き(2丁目経由)」に乗車し、東京歯科大学(正門)下車

※ 京成線稲毛駅下車徒歩 京成稲毛駅入口から千葉海浜交通バスに乗車し、東京歯科大学(正門)下車
※ 日中のバス便は少なくなりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

※ 車でのご来院の場合、駐車場は約160台収容できますが、有料となります。
  また、混雑時は満車になることもあります。なるべく公共交通機関をご利用ください。

■口腔インプラント科:
1983年に東京歯科大学が日本で最初にオッセオインテグレーテッドインプラントの概念とその治療法を紹介して以来、口腔インプラント療法は急速な進歩を遂げ、現在では、咀嚼障害や審美障害の改善手段として、長期間にわたる良好な治療成績が確認されています。
千葉病院口腔インプラント科では、近年、ますます複雑、多様化する患者様のニーズに応えるため、最新の設備や充実したスタッフを配備し、安心、快適、便利を実感できる診療科をめざしています。
また、インプラント埋入手術時の鎮静法の併用、基礎疾患を持っている患者様の全身管理下での処置と必要に応じて入院可能な設備体制を整え、難症例や広範囲に及ぶ骨移植等の関連外科手術など大学病院の特色と利点を最大限に生かした治療を心がけています。

☆口腔インプラント科教授の矢島安朝: 指導医 社団法人日本口腔外科学会

Sponsored Links

海外製の後発薬(ジェネリック)、日本に!

 ◇外資系の後発医薬品メーカーが低コストの海外製後発薬を日本に投入する。

世界最大手のテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ(イスラエル)は年内にも、米国で生産した抗がん剤を輸入販売する。

インド製薬大手のザイダスグループもインドで生産した高血圧症治療薬を輸入するという。

各社は利用者の安心感を得るため日本で製造してきたが、後発薬(Generic drug)の認知度が高まってきたため、海外製に切り替えると。

 海外製は国産より生産コストが2~3割安とみられ、販売競争が激化する。
 テバとザイダスはこのほど、厚生労働省から海外製後発薬の販売承認を取得した。
 薬価=薬の公定価格=が決まり次第、輸入販売を始める。


                            (日経新聞より)

◎後発医薬品(こうはついやくひん=Generic drug)とは:
成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。

商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。

・後発医薬品は先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売することが国から承認されています。患者の負担を軽減し、医療保険財政の改善に資するものと考えられますが、まだまだ日本では欧米諸国と比べて普及が進んでいないようです。

◇日本ジェネリック医薬品学会:
http://www.ge-academy.org/
・治療上の評価が確立し、特許も切れた医薬品をより安く、より良く提供することがジェネリック医薬品の役割です。西欧先進国ではジェネリック医薬品は数量シェア4~5割を占めるのに対し、日本では1割程度に過ぎません。・・

◇私も2年ほど前から、ジェネリック医薬品を活用させていただいております。みなさんは?

Sponsored Links

九州大学病院

・九州大学病院
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-641-1151(代表) 092-642-5163(時間外受付)
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/index.php
(※詳細はご確認ください)


◇初診の方へ(「はじめての方」と「一年以上間のあいた方」)
1.診療申込書記入
「診療申込書」に必要事項を記入し、「保険証」をご用意ください。
2.初診受付
診療申込書」「保険証」「紹介状」「フィルム」「CD」等を添え、 1初診受付へお出しください。
※高齢者医療、公費負担関係の受給者証をお持ちの方は、併せて提出してください。


診療科

◇内科系
血液・腫瘍内科 免疫・膠原病・感染症内科
消化管内科
腎・高血圧・脳血管内科
内分泌代謝・糖尿病内科
肝臓・膵臓・胆道内科
心療内科
神経内科
循環器内科
呼吸器科
小児科
精神科神経科
放射線科
総合診療科
先端分子・細胞治療科

◇外科系
産科婦人科
消化管外科(1)、胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科、呼吸器外科(1)、乳腺外科(1)、内分泌外科

消化管外科(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、乳腺外科(2)、血管外科
整形外科

脳神経外科
心臓血管外科
小児外科
皮膚科
泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科
眼科
耳鼻咽喉・頭頸部外科
麻酔科蘇生科

◇歯科系
小児歯科
矯正歯科
歯内治療科
歯周病科
義歯補綴科
咬合補綴科
顎口腔外科
顔面口腔外科
歯科麻酔科
口腔画像診断科
口腔総合診療科
全身管理歯科


◎心療内科

医局カンファレンス
発症や経過に心理的因子が関与する身体疾患(心身症)の治療を行っています。現代社会においてストレス関連疾患は増加しており、全国から患者さんが受診しています。昭和38年に、心療内科として日本で最初に開設されました。

得意分野
心理社会的アプローチが有効である疾患の治療を行います。ストレス関連内科疾患(機能性胃腸障害など)、心理的因子の影響が大きい疾患(慢性疼痛など)、心理と身体両面についてのケアが必要となる疾患(摂食障害など)の治療を行っています。

診療体制
疾患系統別の専門グループ(内分泌、アレルギー、消化器、神経生理、心理)が協力しながら、統合的な全人医療を目指し診療を行っています。専門外来としては、摂食障害外来、慢性疼痛外来、アレルギー外来、斜頸・書痙外来、肥満外来があります。

診療方針
身体の治療と心理療法を組み合わせ、心身両面からの全人的医療を行っています。また、病気のセルフコントロールを目標にした治療と指導をしています。西洋医学を中心としながら、東洋医学的治療法も患者さんの病態に応じて取り入れています。
対象疾患

摂食障害、慢性疼痛、機能性胃腸障害、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、糖尿病、睡眠障害、自律神経失調症、パニック障害など
主な検査

胃排出能検査、消化管輸送能検査、食道内圧検査、自律神経機能検査、終夜睡眠ポリグラフィ、各種心理テストなど
主な治療・高度先進医療

心理面に配慮した、内科的治療を行います。

■心理療法:支持的面接療法、自律訓練法、認知行動療法、芸術療法、家族療法など

■行動医学的治療:生活習慣病(糖尿病など)に対して、生活習慣を無理なく改善するための工夫を患者さんと協力しながら行います。

■バイオフィードバック療法

■薬物療法:抗不安薬・抗うつ薬などの、向精神薬も必要に応じて用います。

■東洋医学的治療:絶食療法、内観療


◆瀧井 正人 (たきい まさと)
講師
九州大学病院 心療内科 九州大学病院心療内科
大学院(学府)担当
医学系学府 臓器機能医学専攻
学部担当
医学部 医学科臨床医学
電子メール

ホームページ
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cephal/
心療内科ホームページ.
電話番号
092-642-5319
取得学位
医学博士
専門分野
心身医学、摂食障害、糖尿病
活動概要
摂食障害を合併した1型糖尿病患者の臨床像と治療
難治性摂食障害の治療法
心理社会的問題を抱えた糖尿病患者の治療


◇交通アクセス:
<JRご利用の場合>
●JR「吉塚駅」下車 徒歩9分  

<市営地下鉄をご利用の場合>
●地下鉄2号線(箱崎線)「馬出九大病院前」下車 徒歩2分
福岡空港から13分 / 博多駅から10分 / 天神から6分

<バスをご利用の場合>
●西鉄バス「県庁九大病院前」又は「警察本部前」下車 徒歩3分、「九大病院」下車徒歩1分
博多駅から約15分(系統番号9・10・29) / 天神から約15分(行先番号1・12・13・51・52等)

●JRバス「九大病院県庁前」下車徒歩2分  

<タクシーやお車でお越しの場合>
●タクシーをご利用の場合
JR博多駅から約15分/JR吉塚駅から約5分/西鉄福岡(天神)駅から約15分

●お車でお越しの場合
外来受診のためにお越しの方は一定時間内駐車料金が無料になります。 お見舞いの方は有料です。また、本院の駐車場は台数に限りがありますので、出来るだけ公共の交通機関をご利用下さい。

●福岡市都市高速道路をご利用の場合
 ○唐津/天神方面からお越しの場合は、福岡都市高速2号線「呉服町」出口から約2km
 ○太宰府/博多駅方面からお越しの場合は、福岡都市高速2号線「千代」出口から約1km
 ○北九州/香椎方面からお越しの場合は、福岡都市高速1号線「東浜」出口から約2km

●九州自動車道をご利用の場合
 「福岡インター」出口から約9km

 *福岡空港をご利用の場合
 タクシーで約15分/福岡市営地下鉄で13分

Sponsored Links

関西医科大学附属枚方病院

・関西医科大学附属枚方病院
〒573-1191
大阪府枚方市新町2丁目3−1
072-804-0101(代表)
http://www.kmu.ac.jp/hirakata/
(※詳細はご確認下さい)

○初めて当院を受診される方へ保険証、かかりつけ医からの紹介状などをご用意ください。
診察申込書をご記入いただき、番号カードをお取りになってください。 紹介状をお持ちでない初診患者さん当院は、高度な医療の提供、医療技術の開発・評価、臨床研修などを使命とする特定機能病院であり、当院を受診される患者さんは、他の医療機関からの紹介状が原則必要となります。

○紹介状をお持ちでない場合、他の医療機関でお受けになった検査があらためて必要になる場合や、診察までに時間を要することなど、患者さんにご負担をおかけすることがあります。
 さらに初診料のほかに、保険外併用療養費制度に基づく選定療養費として5,250円が必要となりますのでご了承下さい。 診療受付 初診受付をします診察券、受付票、呼出受信機(PHS)をお渡しいたします。
受診科受付へ来院された旨をお申し出ください。
病院内でお待ちください。

○ 診察券
1.全科共通で使用できます。
2.受付、診察、会計、に必要ですので、ご来院時には必ずご持参ください。
3.再発行は有料です。(100円) 受付票受付番号、受診科、予約時間、診察室番号をご確認ください。
呼出し受信機(PHS)

・診察室診察の順番が近くなると、呼出受信機(PHS)でお知らせいたします。確認ボタンを押して診察室前までお越しください。
・診察の順番になると診察室前表示盤に受付番号が表示されます。
・呼出受信機(PHS)でもお知らせいたしますので、確認ボタンを押して診察室へお入りください。


◆診療科目:
血液腫瘍内科 循環器内科 循環器外科 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器肝臓内科 消化器外科 腎臓内科 泌尿器科 産科・婦人科 乳腺外科 小児科 小児外科 精神神経科 脳神経外科 神経内科 整形外科 形成外科 皮膚科 眼科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 放射線科 麻酔科 内分泌・代謝性疾患科 リウマチ・膠原病科 リハビリテーション科 総合診療科 救急医学科 臨床検査医学科 病理科 健康科学科 心療内科

◇心療内科
科の特徴6月から、心療内科は附属枚方病院へ移転。
心身症は病名ではなく病態です心身症の定義は「心身症とは身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」(日本心身医学会、1991年)となっています。
 ここで器質的というのは、がんや潰瘍、炎症など現在の医学的検査で異常が認められる病気です。機能的というのは、過敏性腸症候群、びまん性食道けいれん、片頭痛など、器質的検査では異常を認めませんが、明らかに一つの器官の働き(機能的)の乱れによって起こる病気のことをいいます。うつ病や神経症、不眠症などは精神科が専門医であるということを理解しておいてください。心療内科は不定愁訴や心因性(私たちは心因性という言葉を絶対に使いません)の病気を診る科なのではありません。
受診する患者さんで多い病気関西医大心療内科を受診される患者さんのうち、どのような病気や症状の方が多いかまとめました。心療内科は横断的な科なので、各科からの紹介受診があります。

1. 消化器疾患:FD(Functional dyspepsia;機能性胃腸症)、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、慢性膵炎、食道アカラシア、びまん性食道けいれん、難治性・再発性の胃潰瘍、十二指腸潰瘍など
2. 慢性疼痛: 腹痛、頭痛、腰痛、胸痛などの慢性に続く各科の痛み
3. アレルギー疾患:難治性気管支喘息、アトピー性皮膚炎、慢性じんましん
4. 循環器疾患:原因不明の胸痛や動悸、動揺性高血圧、発作性頻拍、ストレスが関与する虚血性心疾患
5. 内分泌疾患:コントロールの難しい糖尿病、甲状腺機能亢進症、肥満症
6. 神経疾患:片頭痛、緊張型頭痛、痙性斜頚、書痙、めまい症など

外来を受診する場合当科の初診、再来はすべて予約制になっています。できるだけかかりつけの先生の紹介状をご持参ください(初診予約 : 平日 月曜~金曜 / 14:00~16:00 内線 3531)。
 初診での診察は一人約1時間かけて行います。診察の前にスタッフによる予診(約30分)を行い、次に簡単な健康調査票を記入していただきます。それから診察に入ります。心療内科の診察は内科的な問診・診察・検査だけでなく、症状に関わる心理社会的な状況も聞かせていただきます。
関西医科大学心療内科の治療での特色心療内科の一般的な治療(自律訓練法、行動療法、認知行動療法、システムズアプローチ、薬物療法ほか)とは別に、次のような治療法を用いる(主に入院にて)のが特色です。

1.バイオフィードバック
2.絶食療法
3.自律訓練法などのリラクセーション
4.箱庭療法などの心理療法

◎神原 憲治 (KANBARA KENJI) 助教 応用精神生理学、バイオフィードバック療法 日本心身医学会専門医、
日本心療内科学会登録医、日本医師会認定産業医
医学部 心療内科学講座 助教

■ 資格・免許
医師  博士(医学)

■ 専門領域
心身医学、応用精神生理学

■ 学歴(略歴)
1. 1989/03 大阪大学 工学部卒業
2. 1997/03 岐阜大学 医学部卒業
3. 2005/03 関西医科大学 大学院(博士課程)修了

■ 所属学会等
1. 日本医師会
2004 認定産業医
2. 日本心身医学会
2003 認定医
2004/06~ 代議員
2006/10~2008/06 教育研修委員会専門委員
2008 日本心身医学会認定 心身医療「内科」専門医
2009/01~ 専門医制度委員会委員
2009/01~ 編集委員会 英文投稿推進ワーキンググループ委員


交通:
京阪電車・枚方市駅から「徒歩5分」と便利な立地にあります。
また、淀川河川敷公園に隣接する自然豊かな環境が、患者さんの癒しに貢献します。

Sponsored Links

愛知県がんセンター中央病院

・愛知県がんセンター 中央病院・研究所
〒464-8681
名古屋市千種区鹿子殿1番1号
電話:052-762-6111(代)
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/
(詳細はご確認下さい)


◇愛知県がんセンター
総長 二村雄次
ご挨拶:
 愛知県がんセンターは、東海地方で初めて、昭和39年12月に病院と研究所を併せ持つがん専門施設として設置され、平成16年に創立40周年を迎えました。この間、国立がんセンター、(財)癌研究会癌研究所と並び、日本における3つの主要がんセンターの一員としてがんの診断・治療・予防並びに研究に励んで参りました。平成16年9月には、(財)日本医療機能評価機構から病院機能評価の認定書の交付を受け、同年12月には日本経済新聞社のアンケート調査で日本一のがん治療実績を持つ病院として極めて高い評価を受けました。
 333病床で発足した中央病院は、平成4年5月の病院棟全面改築を経て現在は23診療部門からなる500病床のがん診療に特化した高度専門病院として、地域がん医療水準の向上に努めており、平成19年1月には、新制度に基づく都道府県がん診療連携拠点病院として指定を受け、県内に13ヶ所指定された地域がん診療連携拠点病院と連携しながら、当地域ではどこでもくまなくがんの適正な医療が受けられるような体制づくりをしています。平成20年度の新入院患者総数は9,561名であり、また外来患者の1日平均は632名となっており、入院・外来患者数とも年々増加傾向にありますが、患者さんに「安心で安全で且つ高度の医療」を提供することを基本に診療にあたっております。
 一方、研究所では、がんの疫学・予防研究、診断・治療に向けての前臨床研究、発がん機構やその制御の研究等を行っております。平成12年度には、研究所の研究成果をもとに厚生労働省に申請した“固形がんの遺伝子診断”が当時の高度先進医療として認められ、病院で施行されてきた実績がございます。
 また、平成17年4月には県立愛知病院が当センターの一員として加わり、その結果、当センターは、名古屋市の中央病院と研究所、岡崎市の愛知病院の3つの組織となりました。愛知病院では、三河地域のがん患者さんのご要望にお応えできる体制づくりを進めつつあり、平成17年10月には乳腺科を、また、平成18年4月には緩和ケア病棟(20床)を開設いたしました。
このように、当センターは発がん研究から、診断・治療、さらには緩和ケアまで含めた広い分野でがんと闘う組織を整備しております。
 21世紀を迎え、今後ともがん患者は増加しつつあると予想されていますが、中央病院、愛知病院、研究所の3組織が一体となって「国内外に誇り得るがん医療のメッカ」として「がんの克服」に向けて取り組んでいきたいと思っております。


◇初診予約ができます。(※詳細は、ホームページでご確認下さい)
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/100/120/index.html

【方法】
前医から診療情報提供書(紹介状)を当院の医療連携室へファックス(052-764-9897)送信することにより、当院の医療連携室から記入された連絡先に連絡をさせていただきますので、その場で初診予約ができます。
(詳細は当院ホームページの〔医療連携システムご利用の手引き〕をご参照ください。 〔医療連携システムご利用の手引き〕) 


・ 保険証をお持ちになってください。

・ 受診する科の診察日を確認の上、8時30分から11時30分までに、総合案内にお越しください。
・ 診療情報提供書(紹介状)をお持ちください。前医での検査結果や治療効果などは、当院の診療にたいへん役立ちます。ぜひ前医にお願いして、診療情報提供書(紹介状)を書いてもらってください。
なお、診療情報提供書(紹介状)をお持ちにならずに受診される場合は、
保険診療費の他に特定療養費として5,370円を自費負担して頂きます。


・ 診療情報提供書(紹介状)、フィルム等をお持ちの場合は、「初診受付」で提出してください。

・ お薬は原則として院外処方せんで、最寄の保険薬局で受け取っていただきます。


◇初診 : 午前8時30分~11時30分

◇再診 : 午前8時30分~11時30分  

(※自動再来受付機による受付
は午前8時からできます)

◇休診日 : 土・日・祝日、年末年始


◇交通機関:下記参照;
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/100/170/index.html

Sponsored Links

中山クリニック

・中山クリニック
http://nakayama-clinic.jp/
(詳細はご確認下さい)

中山クリニック 内科・リハビリテーション科(作業療法)

〒556-0006 大阪市浪速区日本橋東3-7-7 川田ビル4F
電話 06-4397-9299  FAX 06-4397-9298


◎診療案内:

◆ 脳卒中、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、心疾患、消化器疾患(慢性肝炎、胃炎など)、気管支喘息、骨粗しょう症、前立腺肥大などを対象に幅広い内科診療を行なっています。
◆ 院長は日本内科学会認定内科専門医、日本老年医学会認定専門医、日本脳卒中学会専門医です。
◆ 分かり易く病状・治療方針について説明いたします。
◆ 学会のガイドラインに従った標準的な治療に基づいて、患者さんの病状に適した治療を提案・実施いたします。
◆ 当院で提供できない専門的検査や治療が必要な場合は、速やかに専門クリニックや病院を紹介します。
◆ 脳卒中やパーキンソン病などのために障害をお持ちの方には、機能回復・機能維持を目的にリハビリテーション(作業療法)を行なっています。
◆ ホットパック、マイクロ波などの温熱療法も受けられます。

◇午前 (9時- 12時)
◇午後 (5時- 7時)
◆休診:日曜、祝日、水曜(午後)、土曜(午後)

・ 川田ビル1階の駐車場をご利用いただけます(無料)。ただし、ハイルーフ車はいれられません。
・ 車椅子対応のトイレがあります。
・ 通院リハビリテーション(作業療法)は予約制です。
・ 訪問リハビリテーションをご希望の方は、まずお電話でご相談ください。
・ 内科受診には予約は必要ありません。


■交通アクセス
・ 地下鉄堺筋線恵美須町駅1-A出口から徒歩3分です。
・ 地下鉄恵美須町駅のエレベーターは1-B出口(堺筋西側)にあります。1-B出口を利用された場合は、堺筋を東に横断してください。
・ お車の方は国道25号線恵美須町東交差点を北へ入ってください。阪神高速ガード下を超えて最初の信号のところに川田ビルがあります。阪神高速をご利用の際は、夕陽丘出口をご利用ください。



◎中山博文

略歴:

昭和32年大阪生まれ。
弘前大学医学部卒。
弘前大学医学部助手、国立大阪病院研修医・レジデント、国立大阪病院内科医長を経て、平成13年中山クリニックを開設。
平成3年度厚生省臨床指導医海外留学生として2年間デンマーク国コペンハーゲン大学に留学。
 
医学博士(大阪大学)
 
日本内科学会認定内科専門医
日本老年医学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
 
(社)日本脳卒中協会専務理事・事務局長
日本脳卒中学会評議員
日本循環器管理研究協議会評議員
日露医学医療交流財団理事

Sponsored Links

横浜ほうゆう病院

・横浜ほうゆう病院
yokohama-hoyu.jp
(詳細はお調べ下さい)
横浜市旭区金が谷644
045-360-8787

病院長  小 阪  憲 司 
当病院は平成13年4月に新設された認知症専門の精神科病院です。認知症専門の精神科病院というのは日本全国でも数少なく、神奈川県・横浜市でも当院のみしかありません。
初代病院長の藤澤浩四郎先生は東大医学部を卒業し、東京都神経科学研究所の副所長を歴任した神経病理学の権威であり、当病院の基礎をつくり、平成19年6月で院長を退職した後、名誉院長として勤務しています。
私は昭和40年代初めから老年精神医学領域、特に認知症の臨床と神経病理を専門として40年以上この領域に携わってきました。その間、アルツハイマー病の発見者であるAlzheimerやレビー小体の発見者であるLewyがいたことのあるミュンヘン大学精神医学研究所を前身とするMax-Planck精神医学研究所の客員研究員や横浜市大精神医学教室教授などを経て、平成19年7月から当院病院長に招かれて就任しました。老年精神医学会の理事長、レビー小体型認知症研究会(リンク参照)の代表世話人などを兼務しています。
当院は207床の病院ですが、認知症専門の精神科医6人と内科医2人が常勤として勤務し、非常勤医も10人おり、認知症の看護・ケアを専門とするスタッフがそろっており、外来・入院医療とも充実しております。物忘れ外来やデイケア活動にも力を入れています。


 ■ 診療時間 ・ 休診日 ■

診  療  日  月曜日 ~ 金曜日
診 療 時 間  【午前】  9時30分 ~ 12時00分
 【午後】 13時00分 ~ 16時00分
休  診  日  土曜日 ・ 日曜日 ・ 祝祭日 ・ 年末年始
診 療 科 目  精神科 (認知症専門外来、もの忘れ外来)
 内 科

※ 診察は完全予約制となっております。まずはお電話ください。
045-360-8787

■アクセスマップ
 
【お車でお越しの方は】

◇町田、横浜方面から保土ヶ谷バイパス(R16)でお越しの方は…
下川井ICで中原街道に出て一つ目の信号を左折、 一つ目の交差点を右折してすぐです。

◇県央からお越しの方は…
中原街道を丸子方面に進み、 下川井ICの一つ手前の信号を右折、 一つ目の交差点を右折してすぐです。
   

【電車でお越しの方は】

◇相模鉄道線二俣川駅よりお越しの方は…
相鉄バス旭高校行き金が谷バス停下車 徒歩3分

◇相模鉄道線三ツ境駅よりお越しの方は…
相鉄バス岸本経由ズーラシア行き金が谷バス停下車 徒歩2分


◆レビー小体型認知症研究会
http://www.d-lewy.com/
認知症に悩む人たちは、年々増えています。3大認知症は、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症といわれています。その中で、レビー小体型認知症は、日本で発見されたにもかかわらず、一般的に知られていません。 本サイトは、レビー小体型認知症を正しく紹介する事を目的としています。
病気を発見した小阪憲司(横浜市立大学名誉教授)が発起人となり運営しています。また、複数の著名な研究者に世話人として協力していただいています。 今後、サイトに病気を紹介するコンテンツを掲載していく予定です。

Sponsored Links

横浜市立大学附属市民総合医療センター

・公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター
http://www.urahp.yokohama-cu.ac.jp/
(詳細はお調べ下さい)

〒232-0024
神奈川県横浜市南区浦舟町4丁目57番地
電話:045(261)5656(代表)

◇外来受診:
受付時間
初診
午前8:45~午前10:30
再診
午前7:30~
予約診療  指定時間
予約外診療 診療科によって異なるので、下記の一覧表をご確認ください。
ご注意ください
紹介外来制実施診療科にかかる場合は、他の病院や診療所からの紹介状が必要になります。
紹介状がない場合は受診できませんのでご了承ください。
再診とは、継続治療中の疾病に対する治療目的にて、同一診療科を受診されることです。
当院に受診されたことのある方でも、以下の場合はあらためて紹介状が必要となります。
継続治療中以外の疾病で受診されるとき
他の診療科を受診されるとき
かかりつけ医へ紹介されたのちに受診されるとき
最終診療日から一定の期間(13カ月)を過ぎて受診されるとき


診療部門:

◎疾患別センター:
高度救命救急センター
総合周産期母子医療センター
リウマチ膠原病センター
炎症性腸疾患(IBD)センター
精神医療センター
心臓血管センター
消化器病センター
呼吸器病センター
小児総合医療センター

◎専門外来 :
女性外来
漢方外来
小児禁煙外来
もの忘れ外来 専門診療科
総合診療科
血液内科
婦人科
腎臓内科
内分泌・糖尿病内科
形成外科
皮膚科
乳腺・甲状腺外科
整形外科
脳神経外科
泌尿器・腎移植外科
放射線科
眼科
耳鼻咽喉科
神経内科
歯科・口腔外科・矯正歯科
麻酔科
再建外科(特定機能再建)
リハビリテーション科


◇紹介外来制以外の診療科:
※かかりつけ医がある場合には、紹介状をご持参ください。
※総合周産期母子医療センターでの分娩は、予約数に限りがあるため、妊娠週数によっては、お引き受けできない場合がありますので、ご了承ください。

・休診日
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

◇診療費のお支払いについて
診療費は、必ず診療日の当日にお支払いください。
お支払方法は現金、クレジットカード、デビットカードのいずれかになります。
ご利用できるクレジットカード
DCカード、UFJカード、ニコス、VISA、マスターカード、JCBカード、アメリカンエキスプレス


◇交通アクセス:
・電車を利用する方
京浜急行「黄金町」駅下車 徒歩10分
市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分

・バスを利用する方
市営バス  68、102、158系統浦舟町下車
京浜急行バス  110系統浦舟町下車

・車を利用する方
花之木ランプ 1.6km 約7分
横浜公園ランプ 1.5km 約6分
阪東橋ランプ 0.5km 約2分

・タクシーを利用する方
※横浜市立大学(横浜市大)には病院が二つあります。

金沢区福浦の「附属病院」
南区浦舟町の「市民総合医療センター(センター病院)」←こちらが当院
行き先を告げる際はお間違えの無いようにご注意下さい。
◇駐車場案内
利用時間
平日(月~土):8時から20時30分まで
日曜・休日:13時から20時30分まで

利用料金
3時間まで 300円(30分までは無料)
以降1時間ごとに100円加算

収容台数
400台(ただし,改造車等は利用できないことがあります。)

注意事項
利用される車両に制限があります
長さ    5.3メートル以内
幅     1.9メートル以内
高さ    2.0メートル以内
重量    2.3トン以内
最低地上高 0.12メートル

Sponsored Links

東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 病 院

・東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 病 院
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/
(詳細はご確認下さい)

開設者 理事長  栗原  敏

 管理者 院  長  森山  寛
 所在地 〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18

 届出許可病床 一般1,026床/精神49床/合計1,075床


◇午前の受付 8時~11時
◇午後の受付 11時~15時


午前の診療 9時~12時30分   午後の診療 13時30分~16時
※ 午後や土曜日については休診となる診療科もございます。詳細につきましては、
  各診療科へお尋ねください。

◇休診:
日曜・祝祭日、年末年始 (12月30日~1月4日)
本学の記念日(5月1日・10月15日)
※救急の場合は診療いたします。


◇ 紹介状の手続き(以下、URLページを参照してください)
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/letter.html
・『FAXによる予約診療』は、初診の際にも医師の指定および診察時間の予約ができ、カルテの作成等事務手続きも事前に済ませておくため待ち時間が短くなります。
ぜひ、ご利用くださいますようご案内申し上げます。
※ FAX は診察希望日2日前の午後5:00までにお送り下さい。
・東京慈恵会医科大学附属病院 医療連携室
TEL 03-5400-1202
FAX 03-5401-1879


●救急および時間外について
救急部専属医師を24時間体制で配置しております。救急受け入れをスムーズにするため、電話でのお問い合わせも専属医師が直接対応いたしております。救急及び時間外の患者さんご紹介の際には、救急部をご利用ください。

【救急部】
TEL:03-3433-1111 (内線3121~3)
FAX:03-5400-1252


=《お願い》=
・病院敷地内はすべて禁煙となっております。
・携帯電話が医療機器の作動に障害を与えることがあります。院内で使用する場合は病院の指定する「使用エリア」でお願いします。
・盗難防止のため貴重品などには十分ご注意ください。
・ご不明な点がありましたら病院正面玄関にあるスマイルカウンターへお気軽におたずねください。
・受診の手続に関する電話でのお問い合わせは業務課初診受付までお願いいたします。
 TEL:03-3433-1111 内線(5147~8)


【受診の手続き】

●診療申込書に必要事項をご記入のうえ、保険証をそえて初診受付にお出しください。
保険証のご提示がありませんと、当日の診療費は自費料金となりますのでご了承ください。
●当院は特定機能病院の承認を受けていますので、紹介状をお持ちの場合はご提示ください。
初診または前回来院日より6ヶ月以上経過し、医療機関から発行されました紹介状や検査結果等をお持ちでない場合は、初診に係る「保険外併用療養費」をお支払いいただくこととなりますのでご了承ください。
●カルテ、診察カード等をお受け取りになりましたら、診療科の受付窓口へお出しください。

●同じ科で前回の受診から6ヶ月以内であれば、予約の有無に関わらず自動再来受付機で手続を済ませてから診療科におこしください。6ヶ月以上経過した場合は、診察申込書に必要事項を記入のうえ、診察カードと保険証をそえて初診受付へお出しください。

● 診療受付時間:
午前8時~午前11時
午前11時~午後3時
土曜日や午後の診察については、各診療科で異なります。詳細につきましては、各診療科までお問い合わせ願います。
● 診療開始時間:
午前9時~
午後1時30分~
●休診日:日曜、祝日、本学記念日(5月1日、10月15日)年末年始(12月30日~1月4日)
※救急診療は、休診日や診療時間にかかわらず終日実施しています。


●診察の前に診察申込書に必要事項をご記入のうえ、診察カードと保険証等をそえて初診受付へお出しください。


●診察カードの番号は、患者さん固有の番号であり、全診療科共通です。他の診療科に受診する場合も使用しますので、ご来院の際は必ずお持ちください。
●診察カードを忘れた場合や紛失された場合には、初診受付にて仮のカードの発行又はカードの再発行をいたします。


●カルテと診察カード(紹介状をお持ちの方はご一緒に)を診療科受付窓口にお出しください。
●診療科によっては、問診票をご記入いただくこともあります。
●2科以上受診される場合は、薬や検査の重複を避けるため、必ず診療科受付窓口、担当医師にお申し出ください。


外来棟1階または2階の外来会計カウンターの計算窓口にホルダーをご提出ください。
また、月に一度、健康保険証および医療券等の確認を行いますので、提示をお願いします。
● 院外処方箋は、各科外来でお渡しします。
● 計算が終了すると番号表示パネルに受付番号が表示されます。会計窓口横の自動精算機をご利用ください。


・ 院外処方の方
当院では原則として院外処方箋をお出ししています。院外処方箋を受け取られましたら、4日以内に院外の保険調剤薬局にお出しください。
● 院内処方の方
外来棟1階薬剤部窓口上部のモニター画面に出来たおくすりの番号が表示されます。ご自分のおくすり引換券の番号が表示されましたら、窓口にてお受け取りください。



◇法令による医療機関の指定

特定機能病院
保険医療機関
救急医療機関
臨床研修指定病院(医師、歯科医師)
臨床修練指定病院(外国医師、外国歯科医師)
労災保険指定病院
労災保険二次健診等給付病院
被爆者一般疾病医療機関
公害医療機関
特定疾患治療研究事業指定医療機関
小児慢性特定疾患治療研究事業指定医療機関
指定自立支援医療機関
(育成医療・更正医療・精神通院医療) 指定養育医療機関
東京地域周産期母子医療センター
東京都指定二次救急医療機関
東京都災害時後方医療施設
東京都エイズ診療中核拠点病院
東京都神経難病医療拠点病院
DPC対象病院
治験拠点医療機関
東京都認定がん診療病院
東京都感染症診療協力医療機関
東京都感染症入院医療機関
財団法人日本医療機能評価機構認定施設(一般病院種別B)
東京都感染症診療協力医療機関


その他、以下の法令による指定、認定を受けております。
高齢者の医療の確保に関する法律、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(結核)、生活保護法、精神保健福祉法、戦傷病者特別援護法(更正医療)、身体障害者福祉法、母体保護法、地方公務員災害補償法、東京都の医療費助成事業等


Sponsored Links

千葉中央メディカルセンター

・医療法人社団 誠馨会 千葉中央メディカルセンター

千葉市若葉区加曽利町1835-1
043-232-3691
www.ccmc.seikei-kai.or.jp
(詳細はお問合せください)


☆Topics 最新医療情報:
http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/center/cerebrovascular.html
脳卒中ケアユニット(SCU)が完成しました!
脳卒中ケアユニット(SCU;Stroke Care Unit)は、脳卒中を発症したばかりの患者さんたちをより効果的に治療するために造られた専用の治療室です。脳卒中による後遺症を最小限に食い止め、早期の離床・退院を目指して、専門の医師、看護師、リハビリテーションスタッフらが365日24時間体制で治療にあたります。

◇受付・予約に関するお電話でのお問い合わせについて
受付時間 :月~金 13:00~17:00
連絡先 : 043-232-3691

◇持ち物 保険証 ※毎月1回確認させていただいております。
ご提示いただけない場合、自費診療とさせていただく場合があります。
当院の診察券 ※お持ちの方のみ
公費受給者証 ※お持ちの方のみ

◇初診の方の場合、原則として
「初診時選定療養費」(¥1,050 消費税込)を算定させていただきます。

※但し、下記の方からはいただきません。
かかりつけ医からの紹介状をお持ちの方
救急車での来院の方、および緊急でのやむを得ない受診の方
国の公費負担医療制度の受給対象の方
生活保護を受けている方
自賠責保険、労災保険での受診の方


◇診療案内:
TEL:043-232-3691. 受付時間: 午前8時15分~.
※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。


◆内科 消化器内科 循環器センター 糖尿病センター リウマチ科 呼吸器内科 腎臓内科 神経内科 和漢診療科 外科 整形外科 脊椎脊髄センター 脳神経外科 心臓血管外科 泌尿器科 眼科 形成外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科・口腔外科 矯正歯科


◇当院では「セカンドオピニオン外来」は設けておりません。(セカンドオピニオンは実践しております)
セカンドオピニオンとは、現在の病状や治療内容・今後の治療方針について、 受診中の主治医以外の医師からも意見を聞くことです。 複数の専門医師の意見や参考となる情報を求め、病気の治療に関してより 多くの意見や情報を得ることで、納得してどの治療方針がいいのかの選択が できるようにするためのものです。
かかりつけ患者様で、他院での「セカンドオピニオン外来」の受診を希望される方は、担当主治医の外来にて医師へご相談ください。その上で必要な書類などをご用意いたします。


◇公共交通機関によるアクセス:
JR総武線「千葉駅」下車(東京駅より快速で約45分)
千葉駅前ロータリーより「京成バス・9番」(約20分)
千城台車庫(ほおじろ台経由)行き、
または御成台車庫(ほおじろ台経由)行き
「ほおじろ台」下車
(千葉駅からタクシーでご利用の場合は15分程度です)

Sponsored Links

久留米大学病院

・久留米大学病院

〒830-0011 福岡県久留米市旭町67番地
代表:0942-35-3311
http://www.hosp.kurume-u.ac.jp/index.html
(詳細はリンク先でご確認ください)

◆病院長挨拶
―高度で安全な大学病院を目指して―平成22年4月
病院長 中島 格

 久留米大学は歴史の宝庫が散在する耳納連山や、有明海にはさまれる筑後平野を貫くようにして流れる九州最長の筑紫二郎(筑後川)の畔にあります。戦国の世に名を馳せた有馬藩ゆかりの篠山城跡に並ぶようにして久留米大学医学部があり、久留米大学病院はその基幹として世界に発信する医療を提供してきました。久留米市は世界的企業であるブリヂストン発祥の地としても知られ、創設者である石橋徳二郎・正二郎氏の助力を得て、恵まれた自然と歴史の宝庫であるこの地に医科大学を開設した先人の先見の明をあらためて思い知る気がします。

 久留米大学は平成20年に創立80周年を迎えましたが、記念事業のひとつとして平成21年4月に病院本館西棟が開院しました。平成22年秋には病院本館東棟が完成し、屋上にヘリポートを擁する久留米大学病院本館として開院します。病院の改築をきっかけに病床数をスリム化させ、最終的には1098床の総合病院が誕生する予定で、より高度な医療の集約化を目指すことになります。創立70周年事業として建造された総合診療棟共々、機能性と安全性を重視した外来・病棟がすべて完成することになります。特定機能病院、日本医療機能評価機構認定病院、地域がん診療拠点病院としての役割に加えて、ドクターヘリを有して地域の医療を支える高度救命救急センター、新生児ICUを含む福岡県総合周産期母子医療センターなど、医師・看護師・薬剤師・検査技師・事務職員などの計約2000名の職員による24時間、365日稼動する診療体制はより充実していくことでしょう。

 高度で安全な医療体制の充実や、安定した病院運営とその効率化を基軸にして、久留米大学病院が地域の中でいつまでも存在感を保ち、日本から世界に羽ばたき輝く医療を実現できるように、職員一同より一層務めて行きたいと願っています。皆さんの暖かいご支援とご理解をお願い申し上げます。


◇外来診療のご案内:

・診療科一覧
消化器病センター TEL:0942-31-7627
肝がんセンター TEL:0942-31-7627
循環器病センター TEL:0942-31-7628
呼吸器病センター TEL:0942-31-7629
内分泌代謝内科 TEL:0942-31-7611
腎臓内科 TEL:0942-31-7611
血液・腫瘍内科 TEL:0942-31-7611
神経内科 TEL:0942-31-7611
放射線科治療 TEL:0942-31-7611
膠原病内科 TEL:0942-31-7611
睡眠医療外来 TEL:0942-31-7905
もの忘れ外来 TEL:0942-31-7611
遺伝外来 TEL:0942-31-7611
歯科口腔医療センター TEL:0942-31-7623
精神神経科 TEL:0942-31-7613
眼科 TEL:0942-31-7621
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 TEL:0942-31-7622
小児科 TEL:0942-31-7614
整形外科 TEL:0942-31-7615
皮膚科 TEL:0942-31-7618
泌尿器科 TEL:0942-31-7619
婦人科 TEL:0942-31-7620
産科 TEL:0942-31-7710
脳神経外科 TEL:0942-31-7617
乳腺外科・一般外科総合外来 TEL:0942-31-7612
形成外科・顎顔面外科 TEL:0942-31-7616
麻酔科 TEL:0942-31-7624
小児外科 TEL:0942-31-7754


◇外来診察日及び受付・診察時間、休診日外来診察日 月曜日~金曜日
受付時間 初  診 午 前 8:30 ~ 11:00
午 後 13:30 ~ 15:00
再  診
(自動再来受付機) 午 前 8:00 ~ 11:00
午 後 12:00 ~ 15:00
※上記時間帯以外は、初診 ① 番カウンターにご相談ください。

診察時間 8:30 ~ 17:00(診療科によって異なります)
休診日 土曜日・日曜日・祝祭日・休日
年末年始(12月29日~1月3日)
お盆(8月15日)

ただし、午後診療については、診療科によって異なりますので、ご注意ください。

◆がん相談支援センター

がんは、心身両面に大きなストレスをもたらします。

今までに経験した事の無い、つらい状態に陥り日常生活に支障が出る人も少なくありません。
不安や孤独感など、心の苦痛も強く見られます。お話しするだけで気持ちが軽くなるかもしれません。


◇がん支援相談センターに:
専門の看護師が相談に応じています。悔いを残さない治療・療養をするために、迷っている事や理解できない事・悩んでいる事・不安な気持ちを相談しましょう。お話を伺った上で、求めている情報の提供や理解を手助けし、自己決定のための支援を行っています。電話での相談も可能ですが、直接面談のほうが、具体的で細かな情報提供や相談が出来ます。相談は、患者さん本人に限らず、ご家族からの相談も可能です。
また、がんに関する冊子も提供しています。

◇がん情報について:
病気を正しく理解することから始まります。
インターネットや雑誌などから多様な情報が発信され翻弄されてしまいがちですが、すべての情報が絶対的なものではありません。
あくまでも参考として理解しましょう。

・情報を探すときは、情報提供の主体が明確にされた公的研究機関のサイトの利用をお勧めします。

・がん相談支援センターにご相談ください


相談場所: 久留米大学病院 総合診療棟1階「がん相談支援センター」
受付時間: 9:00~16:30 (相談料:無料)
連絡先 :TEL:0942-31-7903(直)・FAX:0942-31-7716
E-mail : renkei@kurume_u.ac.jp

◇肝がんセンター

概要肝がんセンターは、久留米大学が平成15年に文部科学省の21世紀 COE「先端的な癌治療研究拠点」に選ばれたことを契機に、肝がんの診断、治療を専門に行う診療施設として、 平成16年2月に久留米大学病院総合診療棟3階の消化器病センターに隣接して開設されました。当センターでは月曜から金曜まで内科、外科、放射線科、免疫学の肝がんの専門医が診療に携わっています。

久留米大学は肝がんに関する診断や治療のみならず、基礎および臨床研究は以前から全国的にも高い評価を得てきました。このような特徴をさらに発展させ、肝がんセンターでは内科、外科、放射線科の肝がん治療を専門とする医師が互いに協力し、 各々の専門的技術を提供し合い、最先端の診断、治療技術を用いて患者さんに最も適した医療を提供することをお約束いたします。また、当センターでは通常の医療のみならず、新しい治療法を開発すべく臨床治験も積極的に行い、肝がん撲滅を目指して久留米から世界に向けて発信したいと考えています。

さらに、病気の治療中に生じる患者さんやご家族の心の悩みにも対応すべく、臨床心理士による「心のケア外来」 を毎週月曜日に開設しています。「心のケア外来」は予約制になっていますので、詳しくは肝がんセンター受付にお問い合わせください。

TEL 0942-35-3311 (内線6320)

◇セカンドオピニオンとはセカンドオピニオン外来

『第2の専門的意見(判断)』という意味です。

患者さんが、主治医以外の専門医に診断や治療法に関して客観的な意見や判断を求め、その意見を今後の治療・療養の自己決定の判断材料にして頂く為のものです。悔いを残さない選択をするために利用されると良いでしょう。

まずは、現在の病状の理解が基本です。

久留米大学病院、及び久留米大学医療センター以外の医療機関におかかりの患者さんが対象で完全予約制で対応しています。

注意事項
◎情報提供のみで、検査や治療は行いません。
◎ご相談をお受けできない場合もあります。
◎当院で治療希望の場合は対象外です。
◎完全予約制・自由診療で有料です。
◎問い合わせやご予約は無料です。

セカンドオピニオンのお問い合せ
直通電話:0942-31-7903 (平日9:00~16:30)

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle