船橋整形外科病院

船橋整形外科病院 Tel:047-425-5585 Fax:047-425-6592 〒274-0822 千葉県船橋市飯山満町 1-833

http://www.fff.or.jp/seikei/

お電話にて診療の予約、お問い合せ、変更などができます。
下記の専用電話番号をご利用下さい。

047-425-8499(月~土:午後1時~3時)


★高度であたたかな整形外科医療を目指して
生活様式の変化や、高齢化に伴い、腰痛や肩こりなどの慢性的な痛みに悩む人が増え、整形外科・理学療法科への医療ニーズは増大してきています。 このような状況下、当院は、最新の設備と充実したスタッフにより、専門的な診療を行える整形外科として、より高度でよりあたたかな「地域医療」をめざし、努力してまいります。


◆スポーツ医学センター
設立の目的と理念
当センターは、従来、船橋整形外科病院にて行ってきた一般整形外科・リハビリテーション、スポーツリハビリテーションをさらに発展させるため、膝関節・肩関節を中心に関節鏡を用いた低侵襲手術による専門的医療を提供することを目的として、専門医を迎え平成14年4月に設立されました。ここでは、スポーツ選手だけでなく膝関節・足関節や肩関節・肘関節に障害をかかえるすべての人々が対象となります。スポーツ医学センターの"スポーツ"とは、それぞれの患者さまの"ニーズ=要望"であり、プロスポーツレベルから一般の方の日常生活レベルまで、身体的に『どうありたい』、『こうありたい』というそれぞれの"ニーズ"に専門的知識と診療技術、リハビリテーションを駆使して答えていこうとするものです。

◆脊椎・脊髄センター
設立の目的と理念
首、背中、腰の痛みや手足のしびれを訴えて来院する患者さまが多くなっています。痛み、しびれが酷い場合は日常生活にも支障をきたし大変辛いことと思います。

当センターでは、薬物療法、リハビリテーション、ブロック療法などの保存的治療により改善しない腰痛(および下肢痛)に対し、体に負担の少ない低侵襲手術を行い、早期社会復帰および楽しい日常生活をおくれる様な活動します。

◆人工関節センター
設立の目的と理念
医療技術ならびに材料の進歩や発展はめざましく、特に人工関節分野では、5年前、10年前とは比較にならないほど新しい技術や材料が登場してきています。当センターは、人工股関節や人工膝関節手術、およびそのリハビリテーションに関して、最新の知識や技術をいち早く取り入れ、患者さまにより良い医療を提供することを目的に、人工関節センターとして、設立されました。


受付・診察時間のご案内
平日 午前8:30~午前11:30(診察は午前9:00より)
午後3:30~午後6:30(診察は午後4:00より)
※再診の場合は午後2:30より受付
土曜日 午前8:30~午前11:30 (診察は午前9:00より)
日曜日 午前8:30~午前11:30 (診察は午前9:00より)
休診日 ・祝日(祝日が日曜日の場合は振り替え休日の月曜日が休診日)
・平成21年5月3日~5月6日
・年末年始(平成21年12月29日~平成22年1月3日)
・平成21年12月19日(土曜日)は、休診とさせて頂きます。

※当院を『初めて受診される患者さま』『久しぶりに来院される患者さま』は手続きが必要となりますので、保険証をお持ちの上、受付終了の30分前までには、ご来院ください。

◆交通案内
JR東船橋駅から徒歩約15分



◇菅谷啓之
スポーツ医学センター 肩関節・肘関節外科部長

・専門分野
肩関節・肘関節疾患の治療。肩・肘関節疾患を中心に外来診察患者数は年間延べ約8,000名で、理学療法を駆使した保存療法が中心である。手術を要する症例については、すべて関節鏡視下に年間約420例程度の手術を行っている。

・肩関節鏡視下手術(反復性肩関節脱臼に対する鏡視下バンカート法、腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術をはじめ、投球障害肩・関節唇損傷・難治性拘縮肩・肩鎖関節脱臼など)は年間330例程度。

・肘関節鏡視下手術(関節ねずみの摘出、離断性骨軟骨炎、変形性関節症、肘関節拘縮など)は 年間60例程度。

・資格
医学博士、日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター

・学会など
肩関節鏡手術研究会(幹事)、よこはまスポーツ整形外科フォーラム(幹事)、肩症例検討会(幹事)、日本徒手的理学療法研究会(顧問)、日本関節鏡学会(評議員)、日本肩関節学会、日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、東京女子医科大学非常勤講師

経歴
昭和62年
千葉大学医学部卒業。同年千葉大学医学部整形外科入局
平成8年
学位取得、米国留学(フロリダ州ウエストパームビーチ、オルソペディック・リサーチ・ラボにて、スポーツバイオメカニクスの研究)
平成9年
川崎製鉄健康保険組合千葉病院(現JFE川鉄千葉病院)整形外科部長として赴任
平成14年
4月、川鉄千葉病院より船橋整形外科病院スポーツ医学センターに移る。

(※関連記事:「健康と病気」ブログ)


Sponsored Links

杉ウイメンズクリニック(婦人科、不育症、習慣流産、反復流産)

・杉ウイメンズクリニック
http://gdb.on.arena.ne.jp/s/d/E01934.html

◇住所:
神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-1 新横浜光伸ビル7階
◇TEL:
045-470-2113

◇診療科目:
婦人科、不育症、習慣流産、反復流産

◇概要
休診日:木・土曜午後、日曜、祝日
    完全予約制です。予め電話で予約のうえ、ご来院下さい。

◇診療内容:
・不育症原因検査
・最先端の血液凝固系検査
・アスピリン療法
・ヘパリン在宅自己注射療法
・4D超音波による胎児診断
・不育症学級
アクセス:新横浜駅より徒歩5分

メッセージ:
当院は、流産を繰り返したり、子宮内胎児死亡を経験された方を対象に、不育症の最先端の検査、治療を行うクリニックです。1996年に東海大学病院で不育症外来を開設し、不育症の原因となる抗体を発見、日本で初めてヘパリンの自己注射を導入しました。常に最先端の検査、治療を提供できるよう、当院では不育症研究室も併設しております。不育症の多くは、今では原因不明の難病ではありません。皆様の来院をお待ちしています。

開院年月日
2009/5/1

・杉ウイメンズクリニック院長

杉 俊隆 経歴:
1985年慶應義塾大学医学部卒業。92~94年米国インディアナポリスメソジスト生殖移植免疫センター主任研究員として、抗リン脂質抗体と血液凝固、線溶の研究に従事。96年東海大学医学部産婦人科学教室助手、不育症外来開設。同学部母子生育学系産婦人科学部門講師、専門診療学系准教授を経て、09年杉ウイメンズクリニック開設、東海大学医学部非常勤教授。医学博士。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本生殖免疫学会幹事、日本産科婦人科新生児血液学会評議委員。近著に『不育症学級』(金原出版)ほか。


Sponsored Links

大阪大学医学部附属病院

・大阪大学医学部附属病院

OSAKA UNIVERSITY HOSPITAL
ADDRESS. 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番15号 TEL. 06-6879-5111(代表)

http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/index.html
(詳細はリンク先にてご確認下さい)


・ 総合診療部

・ 漢方医学科

◆内科東専門外来

消化器内科

内分泌・代謝内科

呼吸器内科

免疫・アレルギー内科

◆内科西専門外来

循環器内科

腎臓内科

血液・腫瘍内科

老年・高血圧内科

神経内科・脳卒中科

◆外科専門外来

・心臓血管外科

・呼吸器外科

・消化器外科

・乳腺・内分泌外科

・泌尿器科

・眼科

・耳鼻咽喉科・頭頸部外科

・整形外科

・皮膚科

・ 形成外科

・神経科・精神科

・脳神経外科
・麻酔科

・産科婦人科

・小児科

・小児外科

放射線診断科

放射線治療科

核医学診療科


◇ セカンドオピニオン外来

遺伝子診療部

睡眠医療センター

疼痛医療センター

補完医療外来

前立腺センター

化学療法部(外来化学療法室)

脳卒中センター

生殖医療センター

小児医療センター

総合周産期母子医療センター


◆交通アクセス:
・大阪モノレール『阪大病院前』下車
・JR茨木駅から近鉄バス[阪大本部前行き]で『阪大医学部病院前』下車
・阪急茨木市駅から近鉄バス[阪大本部前行き]で『阪大医学部病院前』下車
・北大阪急行千里中央駅から阪急バス[阪大本部前行き(164系統)]・[北千里行き(171系統)]で『阪大医学部病院前』下車
・阪大医学部病院前→阪大歯学部病院前は、阪急バス[北千里行き](71系統)をご利用下さい。
・阪大歯学部病院前→阪大医学部病院前は、阪急バス[千里中央行き](72系統)をご利用下さい。


◎大阪大整形外科講師:村瀬剛さんのホームページ⇒http://www.dr-murase.net/(関連記事;「健康と病気」)
◎大阪大学発ベンチャー企業「オルスリー」ホームページ⇒http://www.orthree.jp/index.html

Sponsored Links

医療法人社団慶光会 大城クリニック

・医療法人社団慶光会
大城クリニック

〒 160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町駅ビル2F
http://www.ohshiro.com/

TEL:03-3352-0046
初診専用ダイヤル:0120-70-0046 オンライン予約
Email: info@ohshiro.com

◆メッセージ
レーザー治療には、レーザー破壊治療、レーザー融合治療、レーザー活性化治療があります。当院ではこれらの治療方法を駆使して、いろいろな病変や症状に対してレーザー治療を行っています。レーザーの数少ない指導施設として国内外の医師に対するレーザー医学の教育を行っています。レーザー治療は最小の肉体的損傷で最大の治療効果を与えることができ、副作用の少ない安全・安心な治療でありますから、21世紀の最先端治療として、今後、ますます普及・発展していくものと思われます。
当院は完全予約制です。

※休診日 木曜日・祝祭日
診療時間 午前9:00~午後4:30
電話受付時間 月~水・金曜日:午前9:00~午後8:00まで
土・日曜日:午前9:00~午後6:00まで
※木曜日については、オンライン初診予約のみ承ります。
・診療科目: 形成外科・皮膚科・美容外科・整形外科・婦人科・耳鼻咽喉科・ペインクリニック
(詳細は、診療内容一覧をご覧ください。)
・初診料 無料(保険適用の診療は除きます)

◇診療案内:
・当院での受診は完全予約制となっております。
ご連絡なく来院された場合、診療を受けられないこともございますのでご注意ください。
・初診予約はインターネットから24時間365日受け付けております。
・24時間リアルタイムで初診予約ができます。
・初診料(カウンセリング料)は無料です。
・十分に時間をかけてお話いたします。

◇赤アザ・青アザ・茶アザ・黒アザ・毛細血管拡張症・イレズミ・アートメイク・傷あと・ホクロ・ケロイド
ニキビとニキビあと・イボ・ウオノメなど

◇痛み(ペイン)・頭痛・肩こり・腰の痛み・膝の痛み・めまい・スポーツペインなど

◇女性不妊・男性不妊・生理痛・更年期障害など

◇シミ・シワ・ソバカス・わきが・若返り・ジュネッセ・上、下まぶたのタルミ・プチ整形・ピアス・美容手術
美白・美肌など

◇ワキ、上腕、前腕、Vライン、膝下などの医療レーザー脱毛

◇花粉症・通年性アレルギー性鼻炎

―レーザー専門医による診療・治療相談―

◆ご利用にあたって
1.予約の申し込み
(1) 当インターネット予約システム(以下、当システムと略します)は、どなたでも当システムに登録された予約可能な日時枠の情報を検索でき、 そして予約の申し込みをする事ができます。
(2) 当システムは、24時間いつでも予約申し込みができます。
(3) お申し込み頂いた予約情報は、登録完了後速やかに予約者本人のE-mailアドレスに送信され、そして当院へFAXにて送信されます。
(4) 当システムは、すべて無料でご利用いただけます。
2.予約者資格
(1) インターネットのE-mailアドレスを持っている方ならば、どなたでも予約お申し込みできます。
3.利用契約
(1) 利用契約は、予約者と当院の間で直接結ばれます。
(2) 利用契約は、予約者が当システムで登録した内容を最終確認し、予約正規登録のボタン スイッチを押したときに成立します。
(3) ご提供いただいた個人情報を無断で利用することは一切ございません。
4.注意事項
(1)当システムは、初診専用の予約受付となります。
再診の方はお電話でのご予約となります。
(2) 新生児・少児のアザでご予約希望の方は治療時期の関係上、必ずお電話にてお問い合わせの上、ご予約ください。
(3) 18才未満の方は保護者の同行が必要となります。
(4) 当オンライン予約に関しては、日時が限定しております関係上、ネット上でご希望の日時がない場合は、
直接当院にお電話にてご相談ください。
(5) ご相談内容によって、ご予約の日時が異なりますので、ご予約の際にはご相談内容をご確認ください。
(6) ご不明な点は、直接当院にお電話ください。
(7) 今回知り得た情報は予約手続き、ご連絡、ご案内以外には使用いたしません。

5.連絡・郵便物について
(1) 初診予約の入力確認を致しましたら、「ご予約確認メール」を返信させていただきます。
(2) 返信メールが翌日になっても届かない場合は、お電話にて当院にご確認くださいますようお願い致します。
(3) ご予約を頂いた方には、当院より「初診時のご案内」と「パンフレット」をご郵送いたします。
また、来院日の4日前、前後に予約確認電話を入れさせて頂きます。(否の場合は、入力時に選択してください。)
但し、ご予約日が入力日に近い場合(3~4日)は郵送物が来院後に届くことになりますのでご了承ください。

6.初診料のお支払い
初診料は無料です。診察のうえ、治療される場合は別途料金がかかります。

7.予約内容の変更・取消
キャンセル・変更については、インターネット上では出来ませんので、当院に直接ご連絡ください。
メールアドレスを明記して下さい。

8.取消料
故意による場合を除き、来院前日までの予約内容の変更・取消は無料です。

9.セカンドオピニオンについて
セカンドオピニオンに関するご相談も承っております。お電話にてお問い合わせください。

◆初診専用ダイヤル(フリーダイヤル) 0120-70-0046
お問い合わせ 9:00~20:00
〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町駅ビル2F TEL:03-3352-0046 E-Mail:info@ohshiro.com

・治療費について当院は自費診療となっております。一部健康保険の適用となっている疾患もありますので、詳細につきましては当院受付までお問い合わせください。

・お支払い方法各種クレジットカード、メディカルクレジットがご利用になれます。

◇交通アクセス:
JR信濃町駅からJR信濃町駅に直結の駅ビルです。改札を出た後左手すぐになります。
※当院専用の駐車場はございません。お車でのご来院はご遠慮ください。

◇大城クリニック理事長
大城 俊夫(おおしろ としお)
経歴1939年 沖縄県那覇市に生まれる
1958年 宮崎県立日南高等学校卒業
1965年 慶應義塾大学医学部卒業
1966年 慶應義塾大学病院形成外科入局
1974年 米国シンシナティ大学留学
1975年 静岡赤十字病院形成外科 初代部長就任
日本レーザー研究所 所長就任
1976年 慶應義塾大学医学部 講師(非常勤)就任
1977年 大城クリニック 院長就任
1981年 レーザー安全性標準化委員就任(財団法人光産業技術振興協会)
1988年 国際レーザー治療学会 初代会長就任
英文医学雑誌「LASER THERAPY」初代編集長就任
慶應義塾大学医学部三四会 評議員就任
IEC/TC76/WG4 国内対策委員就任(財団法人光産業技術振興協会)
1990年 国際レーザー治療学会(ILTA)第1回大会会長就任
1991年 日本レーザー治療学会(JaLTA) 理事就任
1992年 国際レーザー治療学会(ILTA) 名誉会長就任
慶應義塾大学医学部形成外科 客員助教授就任
日本慢性疼痛学会 理事就任
1993年 慶應医用レーザー研究会 副会長就任
日本実存心身療法研究会 顧問就任
1994年 世界レーザー治療学会(WALT) 名誉会長就任
第1回国際レーザー・スポーツ医学会(IALSM) 副会長就任
TC76 レーザー安全標準化委員会 委員就任
1996年 慶應義塾大学医学部 客員教授就任
1997年 ルーマニア医用レーザー基金 名誉会長就任
体力・栄養免疫学研究会 理事就任
1998年 国際レーザー医学会(ISLSM) 事務局長就任
2000年 米国レーザー医学会(ASLSM) 財務委員就任
国際レーザー医学会(ISLSM) 理事就任
2002年 日本レーザー医学会(JSLSM)専門制度 委員長就任
アジア太平洋レーザー医学会(APALMS) 事務局長就任
2004年 日本レーザー医学会(JSLSM) 副理事長就任
2005年 世界レーザー医学連合会(WFSLMS) 事務局長就任
ハルピン大学 名誉教授就任
2006年 国際光治療学会(IPTA) 財務担当就任
2007年 日本レーザーリプロダクション学会 理事長就任
血液を大切にする会 副代表理事就任
2009年 一般社団法人国際統合医学会 顧問就任

Sponsored Links

神奈川歯科大学附属 横浜研修センター横浜クリニック

・神奈川歯科大学附属 横浜研修センター
横浜クリニック


〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6
電話 045-313-0007
FAX 045-313-0027
http://www.hama.kdcnet.ac.jp/index.php
(詳細は、お問合せください)

・こんにちは、私たちは横浜駅西口から徒歩5分に位置する神奈川歯科大学附属の研修・医療施設です

◆神奈川歯科大学附属横浜研修センター・横浜クリニックは歯科を核とする
高度先進医療機関であるとともに最先端教育機関です。

当施設は入院設備を備えた医療機関として、高度で良質の医療を提供するとともに、有能な医療人の研修・育成に取り組んでおります。横浜駅の西口より徒歩5分という好立地にあり、お車や車椅子でのアクセスも整備されております。
 近年、口腔疾患が全身疾患と強く関連することが明らかになり、顎顔面、歯、口腔の治療だけでなく全身的に治療することの重要性が再認識されております。本クリニックでは歯科の専門各科のほかに内科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科を診療科目とし、各科の連携による総合的医療の提供を目指しております。その中でも、全身麻酔下手術を必要とする歯科口腔外科疾患や耳鼻咽喉科疾患、咬み合わせの異常、歯科インプラント難症例、睡眠時無呼吸症候群、難治性頭痛、金属アレルギーなど一般医療機関では対処困難な病気に悩んでいる患者さんについても高次先端医療を提供し,地域医療に貢献してまいりました。
 また、定期的な口腔ケア、人間ドック、内科検診、企業向け集団健診などを積極的に実施し、予防医学にも力を注いでまいりました。お陰さまで一般医療機関からの紹介患者さんの割合も非常に高くなっております。
 まだまだソフト・ハード面で改善しなければいけない点も多々ありますが、これからも地域医療機関と密に連携し、患者さまから愛され、信頼される医療機関を目指し、より一層努力してまいりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

    神奈川歯科大学附属横浜研修センター・横浜クリニック センター長・院長 吉田和市


◆診療科のご紹介
・歯科:
成人歯科 歯科口腔外科 小児歯科 矯正歯科 障害者歯科 インプラント科 歯科放射線科

・医科:
内科・神経内科 皮膚科 眼科 耳鼻咽喉科

◆外来の流れ 
診療時間は下記の通りです
月曜から土曜(休診 日曜・祝日及び年末年始・夏期休暇)
8:30~11:00 13:00~16:00
9:00~12:00 13:00~17:00

◆成人歯科、歯科口腔外科の初診の患者様の受付について
成人歯科(むし歯、義歯、歯周病)、歯科口腔外科(抜歯など)を希望される患者様が大変多く、次回の予約が2~3ヶ月先という状況になっております。多くの患者様が円滑に予約をとれるよう、初診受付は下記の通りとさせていただきますことをご了承願います。

・月~金曜日の初診受付は午前中(8:30~11:00)のみ
土曜日の初診受付は、午前・午後とも行っておりません(なお、他医療機関からの紹介状をお持ちの方はご相談下さい)。
・頭痛外来からのお知らせ
頭痛外来は完全予約制となりますのでお問い合わせ下さい。

電話 045-313-4033

・耳鼻咽喉科よりお知らせ
専門外来(補聴器外来、難聴外来)は完全予約制となりますのでお問い合わせ下さい。

電話 045-313-4038


◆交通アクセス:
横浜駅西口ランプよりお車で2分
・ヨドバシカメラ前の左折が出来ませんので(紫色の線)の様にロータリーをまわって頂きます。
 その際、タクシー専用・バス専用レーンにご注意下さい、時間帯によっては大変混雑いたします。

Sponsored Links

順天堂大学附属病院

◆順天堂大学附属病院:
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/
※詳細はご確認ください。

☆初めて外来を受診されるかたへ
当院は「特定機能病院」として厚生労働省から承認された病院ですので、
原則として他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)が必要です。
診察を円滑に行うためにも、ご持参くださるようお願いいたします。
なお、紹介状をお持ちでない場合でも、受診していただくことは可能です。

1.紹介状をご持参の方:
かかりつけ医、検診センター等からのご紹介
2.紹介状をお持ちでない方:
初回および再来初診(※1)の会計時に「特定医療費(※2)」として3,150円(自費)を申し受けます。
(※1)再来初診・・・当院最終来院日より6ヶ月以上経過した場合を指します。
(※2)特定医療費・・・健康保険法により、特定機能病院が算定できる費用です。


◇診療科

・総合診療科      ・循環器内科
・消化器内科      ・呼吸器内科
・腎・高血圧内科   ・膠原病・リウマチ内科
・血液内科       ・糖尿病・内分泌内科
・メンタルクリニック  ・脳神経内科
・小児科・思春期科  
・食道・胃外科     ・大腸・肛門外科
・肝・胆・膵外科    ・乳腺科
・心臓血管外科    ・呼吸器外科
・小児外科・小児泌尿生殖器外科 ・脳神経外科
・整形外科・スポーツ診療科  ・形成外科
・皮膚科 泌尿器科
・眼科
・コンタクトレンズ 耳鼻咽喉・頭頸科 
・放射線科 産科・婦人科
・救急科 麻酔科・ペインクリニック
・臨床検査医学科 歯科・口腔外科
・病理診断科 予約診察室
・リハビリテーション科

 
・乳腺センター ハートセンター
・小児科・小児外科・周産期母子メディカルセンター(母子医育支援センター)
・がん治療センター(化学療法室・緩和ケアセンター)




◇肝・胆・膵外科:
主任教授(科長) 川崎 誠治(かわさき せいじ)

卒業大学・卒年 東京大学 昭和52年
履歴及び職歴 昭和52年 東京大学医学部卒業
昭和52年 東京大学附属病院第二外科系研修医
昭和53年 国立国府台病院外科医員
昭和56年 東京大学第二外科医員
昭和59年 癌研究会附属病院外科医員
昭和60年 東京大学第二外科助手
昭和62年 米国 Emory 大学肝臓外科 Clinical Fellow
平成元年 東京大学医学部第二外科学講座助手
平成3年 信州大学第一外科助教授
平成7年 信州大学第一外科教授
平成14年 順天堂大学肝・胆・膵外科教授
現在に至る

所属学会 日本外科学会(評議員)、日本消化器外科学会(評議員)
日本消化器病学会(財団評議員)、日本肝臓学会(評議員)
日本臨床外科医学会(評議員)、日本移植学会(幹事、評議員)
日本胆道学会(評議員)、日本腹部救急医学会(評議員)
日本肝胆膵外科学会(評議員)、日本外科系連合学会(評議員)
日本肝移植研究会(世話人)、胆道外科研究会(世話人)
American College of Surgeon (Fellow)、Transplantation Society (member)
編集委員 Liver Transplantation
Hepatogastroenterology
Surgery Today
肝臓(日本肝臓学会雑誌) 、移植(日本移植学会雑誌)

Sponsored Links

山形大に東北初の放射線治療装置!

放射線治療、誤差1ミリ…山形大に東北初の装置(2010年6月4日 読売新聞)


画像の拡大
山形大医学部付属病院に導入される最新のIMRT 山形大医学部は、国内最高精度のがんの放射線治療装置を導入し、早ければ7月中に稼働させる。

 既存の装置では放射線照射の誤差が最大で10ミリ程度あったが、最新設備ではほぼ1ミリ単位で立体的にがん組織に照射可能で、東北地方では初、国内でも4、5台しか導入されていない。肺の中皮腫など疾患部分の形状が複雑でこれまで放射線治療が難しかったがんにも対応できるようになり、同大がん臨床センターは「放射線治療の需要が高まる中、東北のがん診療拠点の役割を果たしたい」としている。

 新たに導入するのは、米・独社製の「強度変調放射線治療(IMRT)装置」と、患部の位置を正確に測定する「イメージガイド」を組み合わせた設備。国の助成を受け、約12億円かけて周辺機器と治療室を整備する。

 最新のIMRTは、2方向から600万~1000万ボルトのX線を当て、誤差2・5ミリレベルで複雑な3次元の立体形状に照射することが可能。新型イメージガイドは、呼吸による患部の動き(位相)も想定しIMRTの照射に合わせるように台が微妙に動くことで、照射精度が飛躍的に高まる。

 2つの装置を組み合わせることで、精度の誤差は1ミリ程度にまで向上した。これまでは、皮膚に印を付けて放射線を当てる治療法で最大10ミリ程度の誤差があり、がんの周辺の正常な細胞や組織を傷付ける恐れがある場合は、外科的手術や設備の整った他県の病院に依頼するなどしてきたという。

 また、横隔膜の周辺に湾曲した形で広がる中皮腫や、頭蓋(ずがい)骨に沿った骨転移など、がんが正常組織を取り囲むように位置する場合、十分量の照射をすることは事実上不可能だったが、対応できるようになる。

 新設備では、事前に撮影したMRIやCTの画像をもとに10~20時間かけて治療プログラムを組むが、手術時間は10~15分程度で済み、患者の負担も大きく軽減されるという。付属病院2階に治療室を設け、試験運用を経て早ければ7月中に稼働させる。

 同大がん臨床センターによると、全国で放射線治療を受ける新規がん患者は、1990年に年間約5万人だったが、近年は20万人を超える。局所治療効果が高く臓器の温存が可能なことや、2008年4月から、IMRTが保険診療となったことも要因。同センターは、「患者にとってより安心できる治療法を追求していきたい」としている。

 IMRT がん組織の機能を低下、停止させる放射線治療機器。周囲への副作用を減らすため、がんの形状に合わせて様々な角度から立体的に放射線を照射する。

 イメージガイド 患部に弱いX線などを当てて3次元で正確な位置を計測する。


◆山形大学医学部がんセンター
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/cancer-center/index.html
〒990-9585
山形市飯田西2-2-2
023-628-5022


〒990-9585
山形県山形市飯田西 2-2-2
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/

山形大学医学部がんセンターの設立について

センター長 嘉山 孝正

山形大学医学部は高度のがん診療を目指して全国の大学医学部で初めての「がんセンター」を設立しました。その主眼はがん診療についての山形大学医学部における情報を収集、整理してデータベース化し、解析を行うことにより、社会へ向けての情報発信、診療の質の向上へ向けての体制整備、学外の研究とのリンクなどを目指すことです。
・続きは以下へ
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/cancer-center/message.html

※詳細は、リンク先にてご確認、お問合せください。




Sponsored Links

ハートライフ病院

・社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院

〒901-2492
沖縄県中頭郡中城村字伊集208番地
TEL(098)895-3255
FAX(098)895-2534

http://www.heartlife.or.jp/
(詳細はご確認をお願いいたします)

◇基本方針
・急性期医療(質の高いチーム医療)
・地域完結型医療(地域保健・医療・福祉施設との連携
・救急医療(24時間二次救急)
・がんの予防と治療
・研修教育病院
・健全な医療経営
・笑顔で親切


◇初めてご利用の方へ
 当院は、「初診時特定療養費」の算定基準を満たした病院です。救急の場合を除き、他院からの紹介状なしで受診の場合は「初診時特定療養費」として3,150円をご負担頂いております。

◇診療科目:
■一般診療

●内科
●呼吸器内科
●消化器内科
●循環器内科
●小児科 ●外科
●整形外科
●皮膚科
●脳神経外科
●呼吸器外科 ●泌尿器科
●産婦人科
●眼科
●肛門科
●耳鼻咽喉科 ●放射線科
●麻酔科
●心療内科
●リハビリテーション科  
■予防医学センター 人間ドック(宿泊・半日ドック・特定検診)
■糖尿病センター  ■内視鏡センター  ■血液浄化部(人工透析など)
■悪性腫瘍相談支援センター

◇病院の特徴 全床個室(一部を除く)
病床数300床
【24時間救急指定病院】
【開放病床(22床)】

地域医療支援病院   (財)日本医療機能評価機構 一般病院認定   DPC対象病院
医師卒後臨床研修指定病院   卒後臨床研修評価機構認定病院

◇職員数 728名(平成22年4月1日現在)
【内訳】 医局  67名  看護部門 390名  医療技術部門 105名
      事務部門  149名  料飲販売 17名


◇外来受付時間
診療時間 平日(午前診療) 午前9:00~11:30
(午後診療) 午後2:00~5:00
土曜日(午前診療のみ) 午前9:00~11:30

※診療科によって受診可能な時間が異なります。

・休診日
日曜日・土曜日の午後・祝祭日・年末年始

救急の患者さんは、毎日24時間受付しています。

・各科診療体制
診療体制は、各科のページをご覧下さい。

●Dr.山本によるインスリン外来・糖尿病Young外来は完全予約制となっております。
●Dr.毛利によるセルフケア外来(木曜日・午前)は完全予約制となっております。
●心療内科は外来診療のみ。入院治療・救急対応は行っておりません。

◇受診費用のお支払いについて
 お支払いには、各種クレジットカードもご利用いただけます。

◇交通アクセス
無料駐車場(300台)
東陽バス【30 泡瀬東線】 ハートライフ病院前下車
※駐車場は、移動が難しい方や外来の患者さんを優先します。お見舞いの方は、第3駐車場をご利用下さい。

Sponsored Links

山王病院

山王病院

〒107-0052
東京都港区赤坂 8-10-16

TEL:03-3402-3151(代表)

http://www.sannoclc.or.jp/
(詳細はリンク先にてご確認下さい

◇院長メッセージ:
山王病院は昭和12年の創設以来、オープンで安心な、思いやりのあるプライベートホスピタルの先駆的な存在としてその歴史を築いてまいりました。関係各位の多大なるご協力と温かいご理解のもと、おかげさまをもちまして、70余年もの歳月が経過いたしました。
この間、2度の移転を経て、最新医療機器の導入をはじめ、リプロダクションセンター(不妊治療センター)をはじめいくつかの診療科を新設するなど、外来診療部門や健診部門の充実も図ってまいりました。さらに、医師の充実や医療の高度化・近代化に対応する設備の導入にも物理的な限界が生じてきたことから、平成12年11月に、現在地に移転新築をいたしました。もともと「お産の山王病院」として皆様にお見知りおきいただいていた当院も、今では全科がバランスよくそろった総合病院として歩みを進めております。
21世紀の医療を担う病院として、アメニティはもちろんのこと、医療設備においても最新の医療機器を備え、検査の信頼度を高めながらスピードを図る一方、手術室も増設し各診療科の内視鏡や腹腔鏡を含めた多様な手術に対応しております。診療面においても、各科に質の高い医療スタッフを配し、バランスの取れた構成を心がけております。全職員が患者様への接遇に対する意識を高め、思いやりの気持ちでご対応させていただいております。
国内においては、少子・高齢化が進み、今後ますます国民の疾病構造も多様に変化していくことが予想されます。このような時代進行の中で、私ども山王病院は、専門性に基づく高度な医療のご提供を機軸に、徹底した患者様本位のスタンスに立ちながら、皆様に信頼され安心してご利用いただける存在でありたいと念願しております。これまで以上に職員一同力を合わせ、ご満足いただける医療サービスをご提供してまいる所存でございますので、今後も皆様方のご理解とご協力、ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。

・診療科:
診療科目内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病・甲状腺(内分泌代謝)
神経内科 呼吸器内科 血液内科 リウマチ科
アレルギー科 外科 一般消化器外科 乳腺外科
排便機能外来 脳神経外科 整形外科 リハビリテーション科
産婦人科 小児科 耳鼻咽喉科 泌尿器科
皮膚科 眼科 放射線科 麻酔科
※「血管外科」は山王メディカルセンターに移転しました。

リプロダクションセンター(生殖医療・不妊治療・内視鏡)

呼吸器センター(肺・呼吸器疾患)

国際医療福祉大学東京ボイスセンター(喉頭疾患・音声障害)

歯科・口腔インプラントセンター


セカンドオピニオン外来


特別診療外来のご案内


※「予防医学センター(人間ドック)」は山王メディカルセンターに移転しました。


◆交通アクセス:
〒107-0052 東京都港区赤坂8-10-16
TEL 03-3402-3151(代表)

◎銀座線・半蔵門線・大江戸線 「青山一丁目駅」4番出口 徒歩4分
千代田線 「乃木坂駅」3番出口 徒歩4分
※駐車場には限りがございます。なるべく公共の交通機関をご利用ください。


Sponsored Links

札幌いしやま病院 札幌いしやまクリニック

◆ 札幌いしやま病院(入院治療)
 住所 : 札幌市中央区南15条西10丁目
 電話 : (011)561-2241
 FAX : (011)551-1771
○駐車場有り

◆ 札幌いしやまクリニック(外来診療)
 住所 : 札幌市中央区南15条西11丁目
 電話 : (011)551-2241
 FAX : (011)551-2727
○駐車場有り

● 診療科目: 肛門科・外科・胃腸科

当院は昭和52年に痔および直腸疾患の専門病院としてスタートし、
以来、技術の研究を重ね、痛みが少なく肛門機能を損なわずに治療できる方法を確立し、
年間約50,000人の痔の治療をしています。
また、大腸癌の早期発見にも力を入れています。
※日本大腸肛門病学会「専門医修練施設」に認定されています。

・診療案内:
※日曜・祝日休診
※木曜・土曜は午後診療は休診です。 
※土曜は8:00~の診療となっています。
※消化管ドック(胃・大腸検査)は予約が必要となります。
※便秘専門外来は随時行っています。
★毎週火曜日の午後は女性患者専用外来となっております。


◎交通アクセス

◇地下鉄 東西線 西11丁目下車
(乗り換え)じょうてつバス全線→南14条西11丁目下車(徒歩1分)

◇じょうてつバス:
札幌駅前ターミナル発
定山渓線全線・藻岩線・真駒内線→
南14条西11丁目下車(徒歩1分)

◇市電
・西4丁目発→南14条下車(徒歩10分)
・すすきの発→行啓通下車(徒歩10分)

※詳細は直接お問合せください。

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle