◆食道がん

=食道がん 内視鏡治療に保険適用で=

外科手術で食道を切除か、内視鏡治療でガンを取る。

食道がんは、内側の粘膜に発生し、深く進んでいく。がんが粘膜にとどまっている場合は、リンパ節への転移がほとんどないため、内視鏡治療で切除できる。食道が残るので、治療前と変わらない食生活を送ることが出来る。
金属の輪をガンの根元にかけ、高周波電流を流して焼き切るのが一般的だが、一度に取れるガンの大きさは直径2センチだという。
大きなガンは、何度も分けて切除しなければならず、ガンの端を焼き切るため、取りきれたかどうかの診断がつけにくくなるという。

虎ノ門病院で行っているのは、胃がんで普及している「粘膜下層剥離術」という内視鏡治療。特殊なメスで、ガンのある粘膜の下の粘膜下層からはがしとる。
これだと、どんな大きなガンでも一度に切除できるという。

食道がんに粘膜下層剥離術を行っている医療機関は、まだそれほど多くはないという。
胃に比べて食道の空間は狭いため、内視鏡など機械の操作が難しく、さらに壁も薄いため、操作を誤ると食道に穴が開きやすいからだという。

保険が昨年から使えるようになったため、今後普及すると思われる。

(讀賣・医療ルネサンスを読んで)


Sponsored Links

◆もっと美しく 

♪♪「もっと美しくなりたい方」「10歳若く見られたい方」が、多いかもしれませんね!

以下は、気晴らしブログです。読み捨ててくださいね!


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



《コラーゲンサプリを飲んでも、そのまま肌のコラーゲンになるわけではないから》
 
 コラーゲンサプリを飲んでも、胃酸で溶かされ、
 小腸でアミノ酸に分解され、やっとその一部がカラダに吸収
 される。それよりも、最初からコラーゲンを
 構成するアミノ酸を飲んだ方がより早く、より効果的。



《肌細胞はアミノ酸からできているから》

 お肌の細胞はアミノ酸からできています。それならば、
 お肌を構成しているアミノ酸をバランスよく摂って、新しい
 肌細胞を作ることが、若々しいお肌の近道。



《天然保湿因子はアミノ酸からできているから》

 お肌の潤いを作っているのが、天然保湿因子。
 その天然保湿因子はアミノ酸からできています。
 潤いのある肌は、内側から作ることができるのです。



《睡眠をコントロールするホルモンはアミノ酸から作られる》

 よく眠れたよく朝は誰でもお肌の調子が優れているもの。
 その眠りをコントロールするのが脳内ホルモン。実は
 脳内ホルモンもアミノ酸から作られています。



《ストレスをコントロールするホルモンはアミノ酸から作られる》

 ストレスがたまると、肌荒れを起こしたり、ニキビが出来たり。
 ストレスを軽減するだけで、お肌はもとの輝きを取り戻すもの。
 ストレス軽減ホルモンもアミノ酸から作られています。



Sponsored Links

◆なぜ、うつ病が急増したのか!

うつ病増加の理由として、不況や終身雇用制の撤廃、非正規雇用の増加、グローバル競争の激化などによるストレスと不安の増大、若者を中心に精神構造の変化などが指摘されてきた。

それで、ノイローゼが増えたというのならともかく、うつ病患者数が2倍にも膨れ上がるものだろうか、という問いかけをしている精神科医がいる。

99年にSSRIと呼ばれる新型の抗うつ薬が導入された。ニュータイプの抗うつ薬の売れ行きと、うつ病患者の急増とは相関しているという。

新薬登場で患者数が減ったのならともかく逆に増えたということは?

ここで、製薬会社による啓発活動がクローズアップされてくる、と。

以前なら、うつ病と認識されることはなかったし、医療機関を訪れることもなかった。
製薬会社のプロモーション。これは、メタボリック・シンドロームと似た構図だと。

いたずらに、多数の病人が作り出されたのでなければよいのだが。病気の押し売りは禁物!
利益を上げるための病気づくりは困りますから。


Sponsored Links

◆心の状態 豊かにして 生きるには !

現代は、仕事や職業生活、家庭内のことでさまざまな不安、悩み、そしてストレスを抱えている人が多いのではないかと思います。
例えば職場の人間関係一つにしても、それに対して何らかの対策を施しているところは少ないのではないでしょうか?
仕事の悩みやストレスを職場でケアするつもりも余裕もない。心の健康対策に取り組んでいる企業は少ないのではないかと思います。

家庭内にしても、高齢化に伴う介護の問題は、これからますます増加していくと思われます。生活の基盤である仕事が思うように行かなければ、その上介護の問題をどうするかとゆとりを持って考えることが出来にくいのではと思いますね。

ストレスがプラス面に切り替えられればいいのですが、逆に作用すれば、抑うつ、イライラ、緊張、不安などの症状が起こりやすくなり、体の面でも胃や十二指腸潰瘍、動悸、食欲不振、不眠、肥満、下痢、便秘・・と、さまざまな症状が出てくるのではないかと思います。

いずれにしても、一人で考え込むのは危険です。公的機関なり医療機関、それに周囲の誰かに相談することが必要ですね。
与えられた一度限りの人生! 最後まで諦めずに生き抜きましょう!


Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle