◇オーダーメイド サプリ 薬剤師

□■□ 『Pharla・ファルラ』のオーダーメイドサプリメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・薬剤師がサプリメントの効果を真剣に見直しています!

・サプリメントってほんとうに効果があるの?
・このグループのサプリメントへの取り組みはひたむきですね。

・多くの人が薬剤師によるサプリメント効果を知りたがっているんですね!

◆薬剤師によるオーダーメイド専門ショップ

 ・ご記入頂いたカウンセリングシートをもとに
 あなたにピッタリで安心・安全なサプリメントをセレクトします!

◆ 医薬品を見つめてきた薬剤師ならではの厳しい視点で、

 ・あなたにピッタリのサプリメントをオーダーメイドでご提供しています!


サプリメントのオーダーメイド









Sponsored Links

◆経口避妊薬

経口避妊薬(低用量ピル)が日本で発売され、10年を迎えたという。

低用量ピルは、卵巣から分泌される女性ホルモンを体の外から補うことで、卵巣本来の働きを抑え排卵をなくす作用がある。

欧米では、コンドームよりも確実な避妊法(99.7%)として、1970年代から広く使用されている。

日本では、承認審査に9年間もかかり、99年にやっと発売された。
使用者は、2001年の約20万人から、2009年には約66万人に増加。


しかし、16歳~49歳の女性人口における使用者の割合は、3%。

フランス:44%
イギリス:26%
アメリカ:18%

厚生労働省研究班で理由を調べたところ、
「副作用が心配」という答えが半数を超えたという。

副作用で最も心配されるのは、血液の固まりが血管をふさいで脳梗塞や心臓発作を招く血栓症だという。
欧米では、10万人に15~25人程度、と使用しない場合・5人、より高いが、これは通常の妊娠中の発症(60人)に比べれば低い。

日本家族計画協会クリニック所長は、「日本人は欧米と比べて血栓症は少なく、この10年間の国内での発症はピル服用者10万人あたり2~6人とみられる」と。

低用量ピルには、月経痛の緩和や子宮の内膜組織が別の場所に出来て痛みを伴う子宮内膜症などへの効用もある。
日本での低用量ピル使用者のうち避妊目的は約3割に過ぎないとの調査もある。

普及に向けては、正しい情報提供や教育の充実が望まれるところだ。(讀賣参照)


Sponsored Links

◆スペインかぜに、再び学ぶ!

◆ー油断は出来ない新型インフルエンザ!ースペインかぜに学ぶ◆

スペインかぜの世界の死者は、4000万人以上だったという。
実際には、アフリカ諸国や中国の記録はなかったというから、かなりの数だったと思われる。

日本でも、1918年11月には1ヶ月で13万人以上が死亡。病院に患者が押し寄せ交通機関や通信機能が麻痺し、結局国民の約4割が感染し、40歳以下の若い世代を中心に38万~45万人が死亡したという。
これは、1923年の関東大震災の死者約10万5千人の4倍近い。

悪いことに、同時期に第一次世界大戦と関東大震災があったため、そちらへ関心が向いたことと、「かぜ」という名前が、この病気を軽いものだと誤解させたらしい。

最終的には、世界人口20億人の約3分の1が感染し、第一次世界大戦の戦死者の4倍にあたる、
4千万人以上が死亡した。

慶応大学の名誉教授・速水融氏(歴史人口学)は、「春に流行が始まった点など、今回の新型は、スペインかぜの再来と思えてならない。第2波に備えるたびに、過去の被害の実態や当時の人がどう対処したかなど、過去の歴史を知ることが重要」と強調する。(讀賣新聞を読んで)

注意しなければならないことは、スペインかぜも第1波は症状が軽く死者も少なかったが、凶悪化した第2波、第3波の流行が世界を駆け巡ったことだ! 
そして、4000万人以上が死亡したという事実がある。

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle