◆認知症 ケアの仕方

認知症の親や配偶者に対する接し方について、新聞で良い記事を読みました。

それは、本人の生活習慣や毎日の体調の変化などをメモに書き出すことから始めると良い、と。

メモを通じて、本人の生き方や好き嫌いが分かり、ケアマネジャーらと一緒に介護を楽にする方法を考えることが出来る。

側にいる身内だと、本人の好み、趣味とか意外と気づかないかもしれませんね。毎日の習慣になっていて気づかない。

本人が好きなこと、たとえば、歌とか、ダンスとか、なんでも。本人が沈んでいる時にその歌をうたったり、ダンスの話をしてみたりとか。そうして母親を元気づけるようにするのだという。

「実は、介護を楽にするコツは、毎日の生活の中にあるのだが、家族も介護の専門家もなかなか気づかない。書くことによって初めて発見することがよくある」と、”ケアサークル恵愛”のケアマネジャーは指摘しています。

Sponsored Links

◆糖尿病治療薬 Epac2!

神戸大教授ら発見!

インスリンの分泌を促す たんぱく質!


新たな糖尿病治療薬開発につながる成果で、31日の科学誌サイエンスに発表するとのこと!

糖尿病治療に有効なインスリンの分泌を促すたんぱく質(Epac2)を
神戸大の清野進教授らが見つけた。


膵臓のβ細胞にある、Epac2がインスリン分泌に関与することは分かっていたが、日本で最も多い、
100万人以上が服用する治療薬「スルホニル尿素薬(SU薬)」が効くのは、Epac2とは関係ない仕組みと考えられていた。

清野教授らは、今回、このSU薬が、従来の仕組み以外にも、直接Epac2と結合することで、インスリン分泌が促されることを突き止めた。

実際、Epac2を作れなくしたマウスに、ブドウ糖を与えて血糖値を上げた後、SU薬を与えても、正常なたんぱく質を持つマウスに比べて、インスリンの分泌量が半分程度にしかならなかったという。


Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle