◆膝の痛み

◇膝の痛み

最近、ドラッグストアに立ち寄ると、膝の痛みに効くという貼り紙が目に付くようになりました。

私も、膝が痛むことが多くなりましたので調べていたのです。

米国では5000万人以上が何らかの関節炎に悩まされていて、もっとも一般的なのが変形性関節症だとか。これは悪化性関節炎、異常肥大性関節炎とも呼ばれ骨の端を覆ってクッションの役割をする軟骨が徐々に破壊されていくにつれてゆっくりと進行していくとのこと。軟骨の消耗、磨耗の結果と考えられるそうです。

関節炎にはだれでもなる可能性がありますが、特に体重が多すぎた、,姿勢が悪かったり、外傷(特にひざ)、長期間にわたる厳しい手作業の仕事などの要素により病気の発病率が高くなるそうです。指・背骨下部・股関節・膝がもっとも一般的な箇所だとか。
そう言われると、私も、膝、股関節、指などが痛むことがときどきあります。

それで、副作用とかが少なくて良いものはないものかと思っていたのです。
そうしましたら、特にこれらの成分が不足がちな中高年の間で愛用されているものがあるというのです。

コンドロイチンとグルコサミンの二つを配合した健康補助食品がそれだというのです。

Sponsored Links

◆薬剤耐性菌(耐性菌)

薬剤耐性菌(耐性菌)とは、抗菌薬が効きにくい細菌のこと。

同じ抗菌薬ばかりが使われ、途中で中断したり使い方がまちまちだったりして、充分な量を充分な期

間使われないなど、抗菌薬の使い方が不適切な状況が続くと、その隙に乗じて、細菌は自分自身を

あの手この手で変化させ、薬が効かない耐性菌に変身する。

耐性菌が生じると、これまで使っていた薬の何倍もの薬を服用しても効果が得られなくなってしまう。

耐性菌の出現や拡大を許さないための対策が、医療の現場、そして服用者である患者にも求められる。

Sponsored Links

◆パニック障害 大場久美子さん!

大場さんが13歳で芸能界入りし、人気アイドルになってからも、実家をひと目見ようと遠くから来たファンを招き入れ食事を振舞った、という大場久美子さんのお母さん!

「母のような女性になりたいと、ずっと思い続けてきました」
そんな誰からも慕われる自慢のお母さんが、10年前の6月に心臓の病気で亡くなったという。

葬儀の翌日、大場久美子さんは、自宅のソファで疲れ切った体を休ませながら母を思った。

葬儀の緊張が解けると、喪失感や悲しみが何倍にもなって押し寄せた。ドラマ収録で最後を看取れなかったことを悔やんだ。そして最初の発作が起こった。

心臓が、取り乱したようにバクバク動き出した。鼓動が耳に刺さるほど大きく聞こえた。息苦しくなり、死を意識するほどの恐怖に襲われた。

パニック障害は、一生の間に100人に3、4人が罹るという。

脳の一部の過剰な興奮をきっかけに、動悸、息苦しさ、発汗、胸痛などが起こる。
緊張や不安から呼吸の回数が増え、息苦しさが増す過換気症候群を伴う場合も多いという。

大場久美子さんの場合、発作は30分近く続いたという。
疲労のためかと思ったが、2週間後、再び発作に見舞われた。頻度は次第に増し、毎日起こるようになった。
発作中に体が硬直し、目の前が真っ暗になることもあったという。
内科で心電図を取ったが異常なしと言われた。心療内科、そしてカウンセリングも受けた。
病院を何度も変えた。
洗髪が怖くなったかと思うと、飲食店や電車などの狭い場所でも発作が起こったら逃げられないと焦り、それが発作を招いた。

通るたびに発作が起こる階段、坂、エスカレーター・・、と苦手なものがどんどん増えていった。

Sponsored Links

◆LTP(ラクトトリペプチド)

実年齢以上に血管の老化が進むと、脳梗塞や心筋梗塞などの血管事故のリスクを高めることが分かっているそうです。
そこで、血管を若く保つための機能性成分「ラクトトリペプチド」について触れてみます。

☆ LTP(ラクトトリペプチド)という名前は、Lacto(乳から生まれた)、Tri(3つの)、Peptide(アミノ酸がつながったもの) 、ということに由来しています。

☆ LTP(ラクトトリペプチド)が生成されるおおもととなるのは酸乳(乳酸菌発酵した乳)です。 酸乳を食べている人々は寿命が長いことが古くから知られており、その研究の端緒は20世紀初頭のメチニコフ(Ilya Ilyich Mechnikov)の不老長寿説までさかのぼります。 以来、今日までに整腸作用、抗腫瘍作用、免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、腎障害抑制作用などさまざまな機能が明らかにされています。

☆ もともとVPP、IPPのアミノ酸配列は、主要なタンパク成分である乳タンパク質のカゼイン中に含まれていて、 これらが乳酸菌の持つタンパク質分解酵素により、発酵の過程で分解されLTPが生成されます。 つまりLTPは、乳酸菌発酵で作られる乳由来の天然成分なのです。

☆LTPは、これら酸乳研究が進む中で“高血圧 ”を抑制する有効成分として1993年、日本人研究者の手によって発見された新しい機能性成分だそうです。


・喫煙習慣は確実に血管を老化させる。
・食べ過ぎないこと。特に血管の老化を招く糖や炭水化物、油のとりすぎに注意。
・生活のリズムを崩さないこと。ドカ食い、間食、夜食が続くと動脈硬化を加速させる恐れが生じる。また、睡眠不足にも気をつけたい。

★次の症状に注意!
・階段や坂を歩くのがつらい。
・親族に心臓病や脳卒中になった人がいる。
・日頃から運動不足。歩くことが少ない。
・下肢の冷えや痺れを感じる。

◎血管年齢は、検査装置を備えた医療機関で調べられるそうです。

◆食生活の改善と適度な運動は必ず必要ですが、忙しさなどから食生活が改善できない場合、
「LTP(ラクトトリペプチド)」など、データとして信頼性のあるものを食生活に取り入れることが必要になります。
飲料やサプリメントから手軽に摂取できるそうです!




Sponsored Links

◆脳梗塞

◆脳梗塞
脳卒中を発症する患者は年間約33万人。
死亡者は、約13万人。

日本人の死因では、がん、心臓病、脳卒中の順。

◆脳卒中には、次のものがある。

脳梗塞: 
脳卒中には、血の小さな塊が脳の血管に詰まる。

くも膜下出血:
動脈に出来たこぶが破れてくも膜下に流れ込む。

脳出血:
脳内の細い血管が出血する。

くも膜下出血の治療は、破裂した血管のこぶの根元を金属で挟んで再出血を防ぐ手術や脚の付け根の血管から脳まで細い管を通し、破裂したこぶに金属製のコイルを詰める脳血管内治療が行われる。

脳出血では、血圧を下げるなどの薬物治療や重症の場合には血の塊を取り除く手術が行われることもある。

脳梗塞では、血を固まりにくくする薬物治療のほか、発症して間もない場合は、血栓をとかして血液の流れを回復させる血栓溶解療法※(t-PA治療)も行われている。
※t-PA治療は、発症から時間がたった患者では、脳出血の危険性の方がかえって高まるため、使用は発症から3時間以内が条件だという。患者の受け入れ後、病院側の手早い検査・診断できる体制が必要とされる。(讀賣・くらし健康参照)

Sponsored Links

◆皮膚がん

皮膚がんは白色人種に多かったが、高齢化とともに日本人にも増えてきたという。

1980年代には年間4000人前後だったが、最近では約2倍の年間8000人を超える。

皮膚がんでは、顔などに出来る基底細胞がん。転移の心配はなく手術で切除すれば治ることが多い。

これに比べ、メラノーマ(悪性黒色腫)は、頻度は低いものの、転移しやすく抗がん剤も効きにくいという。早期治療が重要だが、外見はほくろによく似ていて、専門医でなければ診断が難しいことが多い。
現在は、大学病院やがんセンターなど専門病院で集中して行われている傾向がある。

Sponsored Links

◆生活習慣病指導管理料

・生活習慣病指導管理料

「生活習慣病指導管理料」の点数は下記のような設定となっています。
  
院外処方 院内処方 差(薬剤費) の順
・高脂血症
1050点( 院外処方)
1550点(院内処方)
--
500点(差の薬剤費)

・高血圧症
1100点
1400点
--
300点

・糖尿病
1200点
1650点
--
450点

(1点10円)



『「生活習慣病指導管理料」は,高脂血症,高血圧症又は糖尿病を主病とする患者の治療においては生活習慣に関する総合的な指導及び治療管理が重要であることから設定されたものであり,治療計画を策定し,当該治療計画に基づき,服薬,運動,休養,栄養,喫煙及び飲酒等の生活習慣に関する総合的な指導及び治療管理を行った場合に,許可病床数が200床未満の病院及び診療所である保険医療機関において算定する。』もので、従来「運動療法指導管理料」とされていた老人以外の慢性疾患指導の項目が名前を変えて「生活習慣病指導管理料」となったものです。高脂血症・高血圧症・糖尿病の3つの疾患で、指導管理等、検査・投薬・注射の費用はすべて包括したものです。

  
 「生活習慣病指導管理料」については月1回以上適切な指導と治療管理が行われなくてはならず、また3ヶ月に1回の「療養計画書」を発行しなければなりません。

この算定の是非と問題点については、臨床の現場でも議論がなされています。
診療報酬改定では診療費・検査・薬剤費・入院費など軒並みダウンの医療費削減の中でただ一つ、「生活習慣病指導管理料」は診療報酬がアップした項目といえます。
Sponsored Links

◆C型肝炎 ペグインターフェロン

病気というのは、自分が罹ってみないと実感が湧かないものかもしれませんが、今日は、C型肝炎について触れてみます。

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスに感染すると発症する病気なのだそうです。
肝がんの原因の8割を占めるということで、怖いですね。

肝がん撲滅には、C型肝炎の治療が不可欠です。
困るのは、自覚症状がないこと。
血液検査をしないと感染の有無が分からないのですが、最近はウイルスを駆除する治療法が進み、早期発見で早期治療が出来れば、相当数の人が治るそうです。

C型肝炎は、1989年に発見されました。血液を介して感染するため、医療機器を使い捨てにする、輸血の血液をチェックする、などで新たな感染を防ぐことが出来る。しかし、1992年以前に輸血を受けた人など以前の医療行為で感染した人が多く、全国で約200万人存在するという。

一方、C型肝炎に感染すると、約3割は自然に治るものの、7割の人は慢性化するとのこと。
慢性化すると、多くの場合、慢性肝炎から肝硬変、肝がんへと進行する。
肝がんで亡くなる人は、年間3万人だが、その約8割はC型肝炎が原因だということです。
早い段階で血液検査を受け、万が一罹ってしまっていたら、専門医の治療を受けないといけません。今は、新しく開発された薬があるそうです。
1型・低ウイルス量または2型であれば、インターフェロンが効きやすいとのこと。
今では、インターフェロンが改良され、ペグインターフェロンが登場しました。このペグインターフェロンとリバビリンの併用療法で治療成績が大きく向上しているとのことです。(信州大学・消化器内科教授・田中榮司)

・保険適応
ペグインターフェロンというインターフェロンの注射薬とリバビリンという飲み薬の組みあわせの治療がC型肝炎に保険適応になったのは、2005年12月(適応追加承認)。

Sponsored Links

◆高血糖 ところてん

血糖値が高めな私は、医師自らが糖尿病であり、その病にどのように対処しているかを記した著書を読んでいる。
タイトルは、『糖尿病は薬なしで治せる』渡邊昌著

それで、私が心がけていることは、食事の量は少なめにして肉類や脂っこいものはさける。野菜類を多く取る。出来れば食後に30分歩く、である。
私の場合、夜は12時前に床に入ると翌日体のだるさが和らぐ。時間を見つけて30分以上歩くと気分も良くなる。
そして、以下に記すことより、「ところてん療法」である。療法というと大げさに聞こえるが、食後に「ところてん」を食べることである。これは、天草からつくられているのでカロリーはなく、食物繊維のため便秘にもいい。

ー血糖値を下げるー
食物繊維を多くとるようにすると、胃がその内容物を腸へ送りだすスピードが遅くなる。そのため、腸壁からの糖質吸収にも時間がかかり血糖値の上昇も緩やかになるわけです。

糖尿病はインシュリンの分泌障害によって食物としてとり入れた糖質の体内利用がうまくいかなくなり、血糖値が異常に高くなる病気です。
食物繊維を摂取することにより、血糖値の上昇を抑えてますので、インシュリンの分泌が少ない人でも充分糖質を分解させることができるようになります。

・肥満を防ぎ、便秘を解消
食物繊維そのものはノーカロリーですから、いくら食べても太り過ぎの心配はありません。しかも、食物繊維には吸水力があり水分を吸うとかさが増えますので、 少量でも満腹感が得られます。
また、糖質の吸収に時間がかかるので満腹感が長持ちするというメリットもあるのです。
食物繊維は、大腸内で水分を吸うと膨張して便のかさを増し、柔らかくします。 このような便が腸壁を刺激し、排便が楽になります。また、柔らかい便は痔の予防にもなります。

寒天の生理機能
寒天は水を抱え込む作用が特に強く、実に乾物量の250倍もの水を固めてしまいます。この水を抱え込んだ寒天ゼリーが消化器官を通過する段階で、水は徐々に体内に吸収され、大腸では水分が便をやわらかく保ち、排せつ時間が短縮され、自然なお通じを促します。
また、コレステロールを減少する力もあります。食事からの余分なコレステロールは、寒天によって体外に排出されます。

・寒天とところてん

ところてんは、天草(海藻)を煮溶かし、ろ過し、固めたものを、突き器で突き出し、細くしたものです。
寒天は、ところてんを凍結乾燥の繰り返しで水分を抜き、からからにしたものです。
ところてんと寒天は、原料は天草で同じですが、出来る工程が違うんですね。
ところてんは、食物繊維含有率が80%と食品の中でトップ。
(例)ひじき:55%、干ししいたけ:43%

ということで、私は最寄のお店で安く手に入るところてんを買い、食事療法(ところてん療法)と運動療法でがんばっています!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆高血糖に、ところてん


◆医療事務◆資格取得ガイド

Sponsored Links

◆新型インフルエンザ タミフル

各国が備蓄に務めているのが、抗ウイルス薬のタミフルやリレンザだが、健康な人や肺の病気、糖尿病などの持病のない人は、インフルエンザに薬は不要と米国で臨床経験が長い国立成育医療センターの感染症科医長はいう。
米国でタミフルを飲むのは極めて限られた人であり、治療の基本は家で静養することだと。

今回の新型インフルエンザの毒性は季節性と同程度とされる。今回の新型ウイルスでも、タミフルを服用する前に、症状が治まっていた患者も多い。病院に行けば返って感染を広げてしまう恐れがある。

新型ウイルスの急激な感染拡大防止を目指す流行初期や、妊婦や慢性の持病があって重症化の恐れがある人にとっては、抗ウイルス薬は貴重である。ほんとうに必要な患者のためにとっておくべきであると。

薬の過剰な使用は、薬の効かない耐性ウイルスを増やす。Aソ連型には98%にタミフルの耐性があるとも言われる。新型インフルエンザでも、不必要な使用は慎むべきである、と。
(讀賣医療ルネッサンスを読んで)

今回の新型(豚)インフルエンザについては、信頼できる筋からの正確な情報の発信が遅かったのではないか、と私は思う。肺の病気、糖尿病などの持病のない人はタミフルを使用する必要がない、ということは専門家でないと断言できない。
こうした事態での政府の対応が今後の課題ですね。今後も起きることが充分想定されますから。

Sponsored Links
sidetitleSponsored Linkssidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle★顎関節症改善!sidetitle
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★腰の病気sidetitle
sidetitle●医療全般sidetitle
カスタム検索
sidetitle◇お気に入り追加ボタンsidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle