FC2ブログ

糖尿病薬、がん発症予防か

糖尿病薬、がん発症予防 ポリープ再発を抑制
「メトホルミン」を使う糖尿病患者が、使わない患者と比べ、大腸がんの発症が少ない

ヨミドクターより

糖尿病の治療薬に大腸ポリープの再発を防ぐ効果があるとの研究結果を、
横浜市立大の中島淳教授(消化器病学)らがまとめた。

大腸がんの発症予防につながる成果で、
英医学誌ランセットオンコロジー電子版に論文が掲載された。

研究チームは、広く服用されている糖尿病治療薬の一つ「メトホルミン」を使う糖尿病患者が、使わない患者と比べ、大腸がんの発症が少ないことに注目した。

大腸がんになる前段階のポリープを切除した患者151人を対象に、
メトホルミンの服用により、別の部位でのポリープの再発が抑制できるかを調べたという。

結果、
メトホルミンを毎日服用したグループでは、切除後1年間のポリープの再発率が32%と、服用しなかったグループの52%を下回った。重い副作用は起きなかったという。

 研究チームの日暮(ひぐらし)琢磨助教は、
「研究をさらに継続して、大腸がんそのものの発症を抑制できるかを検証したい」としている。

☆ 中島 淳(なかじま・あつし) 横浜市立大学 教授
1989年大阪大学医学部卒。東京大学第3内科助手、
ハーバード大学客員研究員などを経て、現在、横浜市大附属病院消化器内科教授。
・専門
消化器内科、特に難治性の消化管機能異常の診断と治療

☆日暮琢磨  助教
横浜市立大学医学部卒 横浜市立大学大学院医学研究科修了
・ 資格
日本内科学会認定内科医・指導医、がん治療認定医、日本消化器病学会専門医
日本肝臓病学会専門医、日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医、日本カプセル内視鏡学会 認定医
Sponsored Links

テーマ : 消化器の病気
ジャンル : 心と身体

2016年度診療報酬改定のポイント

2016年度診療報酬改定のポイント

「医療の役割分担」
  ヨミドクターより

診療報酬改定!

国は在宅医療の充実を図ろうとしている模様。

2016年度4月から変わる。

「医療の役割分担」

診療報酬は、医療機関などが受け取るお金のこと。
通常は診療行為ごとに金額が決められ、
患者は、その1~3割を窓口で負担しているする。

国は力を入れてほしい診療に高い報酬を設定し、医療機関に取り組みを促す。

目指しているのは、高度な専門医療は大病院、日常の医療は中小病院や診療所という役割分担。

中小病院や診療所のかかりつけ医は、患者の健康管理や服薬状況など日常生活全般を見守り、
必要に応じて専門的な医療機関につなぐ橋渡し役を担う。


今回の改定では、
乳幼児や認知症の高齢者を丁寧に診るかかりつけ医を評価。

3歳未満の子どもを就学前まで継続的に診察し、発達段階に応じた助言や予防接種に関する指導などを行った場合、
最大で初診時7120円、再診時5230円を医療機関に多く支払う。

他の病気も抱える認知症患者に対しては、在宅医療や服薬管理などを24時間対応で行うと、
最大で月1回1万5150円を支払うようにした。

薬剤師にもかかりつけ機能を求めている。
複数の医療機関にかかり、何種類もの薬の処方を受ける高齢者が増え、
多剤服用で副作用が出たり、飲み残しで薬が無駄になったりする例が多いため。

かかりつけ薬剤師として患者の薬をまとめて管理する薬局への報酬を手厚くする。

大病院には、高い入院基本料を得るための条件となる重症患者の入院率を現在の15%以上から25%以上に引き上げ、
より多くの重症患者を受けるよう求めた。

治療を終えた患者の早期退院を促すとともに、質の高いリハビリを提供する回復期の病院への報酬も増やした。

在宅医療専門の診療所を開設することを認め、休日の往診に対しても新たに報酬を支払う。

また、大病院を直接受診する患者に対し、一定の費用負担を求める仕組みを作った。

軽症患者が大病院に集中すると医師や看護師が疲弊し、重症患者の治療に専念できなくなる恐れがある。
安易な受診で地域医療が機能不全に陥るのを防ぐため、かかりつけ医の紹介状なしに大学病院などの大病院を受診すると、
そのまま入院となるような重症の場合などを除き、患者に初診で5000円以上、再診で2500円以上の全額自己負担を求めることにした。

しかし、国が描く役割分担は患者から信頼されるかかりつけ医師・薬剤師が身近にいなければ始まらない。


未承認薬も対象「患者申出療養制度」

診療報酬で未承認の薬や医療機器を、患者の申し出で使えるようにする「患者申出療養制度」も4月にスタートする。

未承認の薬などを使うと原則、診察や入院費なども、患者が全額負担しなければならない。
新制度では、患者の申し出を受け、国内四つの臨床研究中核病院が1年程度かけて治療の実施計画を作る。
国の審査で認められれば、未承認の治療部分だけが患者の全額負担になる。

臨床研究中核病院の一つ、国立がん研究センター中央病院(東京・築地)は、
この制度を含めたがん治療に関する総合的な相談をがん相談対話外来で受け付ける。

担当の同病院乳腺・腫瘍内科医長の米盛勧さん:
「まず保険診療や治験参加、先進医療などの枠組みで治療できないかを考えた上で、患者が申し出た未承認の治療法を検討する」と話す。

同制度の窓口は大学病院など全国84の特定機能病院にも設置される。
ただ実際の利用は、高額の患者負担などから、限定的になるだろう。
Sponsored Links

エボラ出血熱 対応訓練

鹿児島市立病院

〒892-8580
鹿児島市加治屋町20-17
TEL099-224-2101 FAX099-233-3190
・院長 坪内博仁
http://www.kch.kagoshima.kagoshima.jp/
(※詳細はリンク先にてご確認ください)

◇外来診療受付時間
平日の午前8時30分から午前11時まで
ただし、再診の方が自動再診受付機で受付を行うときは、午前7時から午前11時までです。

・初診の方で、どの診療科を受診していいかわからない場合は、看護師が初診受付カウンター前で診療案内を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

※医療機関からの紹介状を持参してください。予約要有り無しなど詳細は各科により異なるためお問合せください。

◆診療科
内科
消化器内科
循環器内科
小児科
外科
心臓血管外科
整形外科
リウマチ科
形成外科
脳神経外科

小児外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
産科
婦人科
耳鼻いんこう科
放射線科
歯科・歯科口腔外科
麻酔科

《小児科スタッフ一部》
☆鮫島幸二 小児科医 部長
・専門
神経・先天異常
・資格
小児科専門医
鹿児島大学臨床教授

☆益田君教 科長
・専門
循環器
・資格
小児科専門医、小児循環器専門医
鹿児島大学臨床教授

ほか多数

◇交通アクセス
市立病院へは、市電や市営バスを利用するととても便利です!
→ 鹿児島市交通局ホームページ以下:
http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/

市電をご利用の方は、谷山方面(鹿児島駅前行き)から「新屋敷」電停で
鹿児島駅方面(谷山行き)からは「市立病院前」電停で降車してください。

■ 鹿児島中央駅からは

市営バスなら鹿児島中央駅東口バス停(東11又は東5のりば)で、
3番線(玉里団地・北営業所前行き[東11]又は市役所前行き[東5])に乗車します。
市立病院前で降車します。
鹿児島中央駅・・・(約5分)・・・市立病院

※市電なら乗り換えが必要です。
鹿児島中央駅前電停で、

①「鹿児島駅前」行きの電車に乗車します。
②高見馬場電停で降車します。降車の際、運転士から「乗換券※」をもらいます。
※ICカード、一日乗車券をご利用の方は、乗換券は不要です。
③到着した電停から横断歩道を渡り、市立病院側電停に移動します。
「谷山」行きに乗車します。高見馬場には2つの停留所があります。
くわしくは、鹿児島中央駅前電停に掲示板があります。

■ 鹿児島駅からは
バスで   約10分
市電で   約15分
タクシーで 約8分

■ 高見馬場から徒歩で約7分

※駐車場有(178台)

エボラ出血熱の疑いがある患者の発生を想定した対応訓練が19日、鹿児島市立病院で初めて行われた。(読売)

エボラ出血熱は西アフリカを中心に5000人を超す死者が出ている。

医師や看護師ら約30人が参加し、連絡体制や患者の移送手順などを確認したとのこと。

訓練は、
3週間前にギニアに渡航していた男性が発熱し、夜間に来院したという想定。
参加者は感染拡大を防ぐために診察の申込書を袋に入れたり、防護服の着脱を練習したりした。

鹿児島県内には現在、エボラ出血熱の疑いがある患者の受け入れ先となる
「第1種感染症指定医療機関」がなく、
市立病院などで患者の発生が確認された場合、原則として県外の指定医療機関に搬送するという。
Sponsored Links

テーマ : エボラ出血熱
ジャンル : 心と身体

手足口病-エンテロウイルス

国立感染症研究所
感染症情報センター

http://idsc.nih.go.jp/disease/hfmd/about.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎手足口病はエンテロウイルスの感染が原因で夏に流行。
口の中や手足に2~3ミリ大の水ほうが現れ、38度程度の熱が出ることもある。
4歳頃までの乳幼児がかかりやすい。

感染の対象はおもに子供なのだが子供から大人へと移る例が増えている。
大人が手足口病にかかると口内炎がひどく喉がはれ食事があまり取れなくなる場合も多い。


◆一般的な治療方針:

<発疹> 大部分は発疹のみの軽い疾患であり、特別な治療は必要としない。発疹に痒みや痛みを伴うことことは稀であるが、これらの症状の訴えに対して抗ヒスタミン剤の塗布程度を行うことはある。副腎皮質ステロイドホルモン剤等は、必要はない。

多くは軽症で発疹も数日で治まるが、まれに重症化し髄膜炎や脳炎を起こすことがある。
2日以上続く高熱や嘔吐などの症状があった場合は医療機関を受診しよう。


http://idsc.nih.go.jp/disease/hfmd/about.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


●手足口病は症状が治まっても感染後1か月間は便の中にウイルスが潜んでいることがあるため、排便後やおむつ交換の際の手洗いを徹底したい。ウイルスが付着することがある固形せっけんより、液体せっけんの方が望ましい、とのこと。

※不明な点は専門医に相談しよう。


Sponsored Links

事前指示書、循環器内科、内科、小児科-飯田医師会

羽生内科診療所

http://www.iida-ishikai.net/members/hanyu/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

〒395-0805
長野県飯田市鼎一色45-2
電話番号 0265-24-1250 FAX番号 0265-24-1251

循環器内科・内科・小児科

◇午前受付/8時~12時
◇午後受付/12時半~17時半

☆院長名 羽生 郁久
・診療科目 循環器内科、内科、小児科

◆診療時間

08:30

18:00

08:30

18:00

08:30

12:30

08:30

18:00

08:30

18:00

08:30

12:30

・休診日/水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

・予約 当日予約可、電話予約可
・往診可、訪問診療の実施、在宅診療、訪問看護、その他(予約診療有り)
・健康診査: 健康診査、健康診断


◇交通アクセス
・市民バス「一色運動公園通り」停留所・徒歩1分

◆長野県の飯田医師会のホームページを開くと、会が作った「事前指示書」を画面で見ることができる。
http://www.iida-ishikai.net/


Sponsored Links

そううつ病=双極性障害の治療指針まとめー安定薬「リチウム」推奨

東京女子医科大学東医療センター

〒116-8567
東京都荒川区西尾久2-1-10
TEL:03-3810-1111
FAX:03-3894-0282
・病院長 大塚邦明

http://www.twmu.ac.jp/DNH/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)


◇初診の受付
初診の受付は、午前8時20分から外来棟(青い建物)の1階、初診受付窓口で行います。 他の診療所、病院からの紹介状をお持ちの方は、診察申込書、保険証と一緒に受付へお出しください。 紹介状をお持ちでない方は医療費とは別に、初診時に3150円をご負担していただくこととなります。
 なお、精神科・整形外科・耳鼻咽喉科の初診受付は完全予約制となっております。
(*詳しくは各診療科案内ページよりご参照下さい)


◇外来受付時間・休診日のご案内
■月曜~金曜
 午前  8:20~11:00
 午後  11:30~14:30 (特殊外来)
■土曜日 午前  8:20~11:00
※但し、自動再来受付機を利用される再診の方は7:00から受付しております。
※午後の診療につきましては、各診療科におきまして予約外来及び専門外来となっておりますので、各診療科及び初診受付にてご確認ください。
尚、緊急を要する方は初診受付にお申し出ください。
休診日/日曜日、第3土曜日、祭日(振替休日)
本学創立記念日:12月5日(当日が日曜日の場合は、翌日)
年末・年始:12月30日~1月4日


◆診療科案内

内科 精神科(旧心の医療科)
小児科 外科   乳腺診療部
整形外科 リウマチ科 形成外科
脳神経外科 心臓血管外科・呼吸器外科
皮膚科 泌尿器科
産婦人科 周産期新生児診療部・新生児科
眼科 耳鼻咽喉科
放射線科 麻酔科 ペインクリニック
歯科口腔外科 救急医療科
リハビリテーション部 検査科・光学診療部
在宅医療部 血液浄化部
輸血部 病院病理科
性差医療部 総合診療部
骨盤底機能再建診療部


◇精神科 (旧心の医療科)
部長代行 山田和男准教授

「ストレス社会」ともよばれる現代社会において、近年、うつ病やパニック障害などの精神疾患にかかってしまう方が増えています。精神科では、このような患者様のご来院・ご紹介をお待ちしております。

●外来受診を希望の患者様への大切なお知らせ●
外来待ち時間短縮のため、新規患者様・再来(2度目からの診察)の全ての患者様の診察が予定診察制になりますので、ご了承下さい。新規の患者様で紹介状をお持ちの方も、必ず予約をお取り下さい。なお、6ヶ月間以上、受診されていない患者様は、新規の扱いとなります。再診で予約のない患者様は、待ち時間が長くなります。なお、外来予約は精神科外来受付、または電話にて承ります。
電話 03-3810-1111 内線:3451
電話受付時間 平日 9:00~15:00

◎診療科の紹介
診療科の構成 精神科
特徴および特色 当科の診療の対象は、うつ病、パニック障害、社交不安障害、不眠症、PMDD(月経前不快気分障害)、身体表現性障害、認知症などの精神疾患です。薬物療法を中心とした治療を行っております。また、PMDD(月経前不快気分障害)、OFP(口腔顔面痛)、女性更年期、不安障害などの特殊外来も行っております。当科は外来のみで、精神科ベッドはありませんので、自殺の可能性があるというような、入院が必要な患者様はお受けできません。また、薬物・アルコール依存症のプログラムや精神科デイケアなどの社会療法も行っておりませんので、これらのプログラムを必要とする薬物・アルコール依存症の患者様や、精神科リハビリテーションが必要な統合失調症の患者様は、これらのプログラムや社会療法を行っている医療機関への受診をおすすめしております。
http://www.twmu.ac.jp/DNH/annai/kokoro.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

☆山田和男 准教授
平成3年慶応義塾大学卒業。
臨床精神薬理学
精神医学一般・漢方医学
日本臨床精神神経薬理学会評議員
日本うつ病学会評議員
日本精神科診断学会評議員
日本東洋医学会参事


◇交通アクセス
ご来院にはタクシーが便利です。
ご利用の際には「女子医科大学東医療センター」と告げてください。

(1)タクシー利用の場合
JR田端駅北口より約5分
JR王子駅より約10分、JR西日暮里駅より約10分
 営団地下鉄(千代田線)又は京成電鉄町屋駅より約5分
JR尾久駅より約5分

(2)都バス利用の場合
JR田端駅北口下車、[東43]荒川土手行「西尾久2丁目」下車、徒歩約5分
JR田端駅北口下車、[端44]北千住行「熊ノ前」下車、徒歩約5分
JR日暮里駅または西日暮里駅下車、[里48]足立流通センター行「熊野前」下車、徒歩約5分

(3)都電利用の場合
JR王子駅下車、三ノ輪方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分
営団地下鉄(千代田線)又は京成電鉄町屋駅下車、
 早稲田方面行「宮ノ前」下車、徒歩約3分

(4)日暮里・舎人ライナー利用の場合
JR日暮里駅又は西日暮里駅下車、見沼代親水公園方面行「熊野前」下車、徒歩約5分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ 双極性障害(そううつ病)の治療指針

※日本うつ病学会(http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/)

http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/index.html
(※上記、気分障害の治療ガイドライン作成委員会)
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/110310.pdf
(※上記、「日本うつ病学会治療ガイドライン。双極性障害2011-PDF」)

▼双極性障害(そううつ病)の治療指針まとめ▼

◎推奨されない
抗てんかん薬(ラモトリギン、トピラマート)⇒躁状態のとき効果なし
抗うつ薬単独治療⇒うつ状態が急に躁状態になる恐れ

◎推奨される
躁状態が軽度の場合⇒リチウム
躁状態が重度の場合⇒リチウムと非定型抗精神病薬の併用
うつ状態のとき⇒リチウム,非定型抗精神病薬の一部

※非定型抗精神病薬:オランザピン(Olanzapine、商品名:ジプレキサ)


Sponsored Links

難病情報センター/スモン、ベーチェット病や多発性硬化症など

◆難病情報センター:
 http://www.nanbyou.or.jp/
(※詳細はリンク先にてご確認ください)
◇特定疾患

◎130の臨床調査研究分野の対象疾患を疾患群別に分類しております。

◇血液系疾患
◇免疫系疾患
◇内分泌系疾患
◇代謝系疾患
◇神経・筋疾患
◇視覚系疾患
◇聴覚・平衡機能系疾患
◇循環器系疾患
◇呼吸器系疾患
◇消化器系疾患
◇皮膚・結合組織疾患
◇骨・関節系疾患
◇腎・泌尿器系疾患
◇スモン

http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/search_part_i.htm#10
(※各疾患の詳細は、上記リンク先にてご確認ください)


(例)
◇神経・筋疾患

プリオン病
(1)クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)(公費対象)
(2)ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病
(GSS)(公費対象)
(3)致死性家族性不眠症(FFI)(公費対象)


・亜急性硬化性全脳炎(SSPE)(公費対象)
・進行性多巣性白質脳症(PML)
・脊髄小脳変性症公費対象


パーキンソン病関連疾患

2003年10月1日よりパーキンソン病に進行性核上性麻痺及び大脳皮質基底核変性症を加え、
「パーキンソン病関連疾患」と疾患名が変更されました。

(1)進行性核上性麻痺(公費対象)
(2)大脳皮質基底核変性症(公費対象)
(3)パーキンソン病(公費対象)


・筋萎縮性側索硬化症(ALS)(公費対象)
・脊髄性筋萎縮症公費対象
2009年10月より脊髄性進行性筋萎縮症から疾患名が変更されました。

・球脊髄性筋萎縮症(公費対象)


多系統萎縮症

2003年10月1日よりシャイ・ドレーガー症候群に線条体黒質変性症及びオリーブ橋小脳萎縮症(脊髄小脳変性症から移行)を加え、「多系統萎縮症」と疾患名が変更されました。

(1)線条体黒質変性症(公費対象)
(2)オリーブ橋小脳萎縮症(公費対象)
(3)シャイ・ドレーガー症候群(公費対象)


・副腎白質ジストロフィー(公費対象)
・多発性硬化症公費対象
・ギラン・バレー症候群
・重症筋無力症公費対象
・フィッシャー症候群
・慢性炎症性脱髄性多発神経炎(公費対象)
・多巣性運動ニューロパチー(ルイス・サムナー症候群)
・ハンチントン病(公費対象)
・単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群)
・正常圧水頭症
・モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症)(公費対象)
・ペルオキシソーム病
・ライソゾーム病(ファブリー病を除く)(公費対象)
・脊髄空洞症
・原発性側索硬化症
・有棘赤血球を伴う舞踏病
・HTLV-1関連脊髄症(HAM)


※公費対象は特定疾患治療研究事業対象(公費対象)の疾患です。




◇消化器系疾患
http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/search_part_i.htm#10
(※各疾患の詳細は、上記リンク先にてご確認ください)

・潰瘍性大腸炎(公費対象)
・クローン病(公費対象)
・自己免疫性肝炎
・原発性胆汁性肝硬変(公費対象)
・難治性の肝炎のうち劇症肝炎(公費対象)
・特発性門脈圧亢進症
・肝外門脈閉塞症
・バット・キアリ症候群(公費対象)
・肝内結石症
・肝内胆管障害(原発性硬化性胆管炎 等)
・慢性膵炎
・重症急性膵炎(公費対象)
・膵嚢胞線維症

※公費対象は、特定疾患治療研究事業対象(公費対象)の疾患です。


☆日本難病・疾病団体協議会(JPA)事務局  
〒162・0822 東京都新宿区下宮比町2の


Sponsored Links

がん治療 イタリアのシモンチーニ博士 来日!

がん治療で有名なイタリアのシモンチーニ博士が4月に日本で講演という記事を知りました!

がんは、真菌(カンディダ菌)による真菌感染であることが分かった、というものです。治療法は、重炭酸ナトリウムで洗浄するのだそうです。

今、世界中のがん患者の間で、イタリアのシモンチーニ博士の治療方法が話題になっているとのこと。

日本は、言葉の問題があって、この情報が広まるのが遅かったですね!

シモンチーニ博士の治療により、癌患者の90%以上が治っているとのこと。

◇具体的には、以下の、Youtubuのビデオを見てくださったほうが良いと思います。
 
◆≪シモンチーニ・プロトコール≫のビデオ

◆Chironcology ホームページ

以下サイトから引用です。

シモンチーニ・プロトコールは、Tullio Simonciniが、30年もの長い研究生活の間に考案した治療方法です。
世界で、多くの医師が見よう見真似で,一般に市販されている重炭酸ナトリウムを使用し患者の治療を行なってきましたが、どれもが、殆ど、失敗しています。
このビデオをご覧になった医師が見よう見真似で行なえるプロトコールではありませんので、くれぐれも当センターの研修を受けた医師のみが治療を行なうようにお願いいたします。
又、市販の重炭酸ナトリウムや重曹は、危険性がありますので、くれぐれも、独断でご使用にならないようにお願いいたします。
シモンチーニ研修センターで認定された医師には、当センターより、シモンチーニ氏が使用している重炭酸ナトリウムをお渡しいたしますので、こちらをご使用していただきますようお願いいたします。
又、重炭酸ナトリウム治療の受診をご希望の方々も、受診は、当センターの認定証明書を保有している医院のみで受診をお願いいたします。

研究科等        シモンチーニ・プロトコール専門医師養成コース
受入人数(単年度)   15人
対象者の募集方法    公募の上面接にて決定
研修の専門分野      ガンジダ菌である悪性腫瘍・固形がんの治療法
期間 6ヵ月(合計200時間以上)


◆Tullio Simoncini の発見。

『 癌とは真菌である。 』

一般に、生化学世界では、≪がんは、遺伝的な原因や、もしくは、ウィルスや化学物質や電磁波などが理由で、細胞の遺伝子が変異を起こしがん細胞化し自己増殖を何度も行う事によって異常増殖の結果であると、考えられてきました。

しかし、Tullio Simoncini は、『がんの原因は真菌である。』と明言しています。
故に、今迄の医学が唱えてきた、これらの癌の発生原因は全く誤りでありと言っています。
彼は、『人体が、がんに罹患するシステムは、患者の身体にカンジタなどの真菌類が感染した時、もしくは、感染後、人の免疫能力が、なんらかの原因により低下した為に真菌が動き出したとき、患者の免疫防御シテムが作動し、真菌に感染した細胞を腫瘍細胞にさせ、他への感染を防ぐのである。その為、真菌に感染し変異したがん細胞を重炭酸ナトリウム溶液で洗浄する事により、、がん化した細胞は正常細胞に戻らせる事が可能になる。』と言っています。

同時に、彼は、「癌細胞はたいていは白い」という事実に着目しています。これは真菌類に感染すると、その部分が白くなるという事実に対応しており、実際、疥癬や水虫など真菌類に感染した皮膚は白くなりますが、
『この事実と全くおなじ事が体内でも起きているという状態が癌である。』
という事実を彼は、世界で初めて発見しました。
Tullio Simoncini は、≪癌は真菌である。≫という事実を証明するために、さまざまな研究や治療を行いました。そして、遂に、重炭酸ナトリウム溶液で癌細胞を洗浄する事により、癌細胞が正常細胞に代わって行くという事実を発見するのです。
彼は、いとも簡単に、がん細胞を消毒し、細胞を見る見るうちに、正常細胞に変えていきます。(ビデオ参照)
現代の医学でも、癌患者が末期症状になると、抵抗力低下のために、日和見感染を受けカンジタが原因の肺炎などに陥ると言う事実はよく知られています。なぜか?癌細胞の周辺やがん細胞自身には、カンジタ菌が増殖しているという事実も知られていました。しかし、それは、あくまでも、患者の身体ががんによって弱った結果であるとの判断がされていました。
誰一人として、がんがカンジタ菌が原因であると言う事実に気が付かなかったのです。


◆Contact Us
Simoncini Cancer Center準備室

TEL 03-6439-3585
FAX 03-6439-3586

2-12-6 Roppongi Minatoku
Tokyo Japan
メール:info@chironcology.com


◆関係ホームページ

◆ホームページ:ガンは真菌であり、治療可能だ



◆それは、重炭酸ナトリウム。そう、馴染み深い重曹の主要成分である。(しかし重曹と同じではないと強調しておく。重曹は他の成分も含んでいる。)

彼が重炭酸ナトリウムを使った理由は、それには強力な殺菌力があり、薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することが出来ないからだ。患者は、医者が手術無しで患者の体内を調べるために使う内視鏡や細長いチューブのような体内用具によって、経口で重炭酸ナトリウムを投与される。これにより、重炭酸ナトリウムをガン、すなわち真菌に直接かけることが可能になる。

古代エジプト人は、抗真菌物質の治療特性を知っていたし、千年前のインドの書物は、実際にガンの処置には「アルカリが有効」であると薦めている。?

一九八三年にシモンチーニは、肺がんで余命数カ月のイタリア人患者ジェンナーロ・サンジェルマーノの処置にあたった。数カ月後、彼は死ぬことなく健康体に戻り、ガンは消えていた。

―以上抜粋―

◆もし、これが、事実なら、ノーベル賞ものかもしれません。
「シモンチーニ・ガン・センター」が、日本に出来るそうです。
シモンチーニ博士が4月に来日して講演を行なうそうです。事実なら、がん患者には朗報ですね!


Sponsored Links

新型インフルエンザで

 ・世界保健機関(WHO)は、世界の新型インフルエンザによる死者数が同月27日時点で12,220人と発表しましたね。前回20日の集計から1週間で704人増えたとのこと。(昨年12月30日発表)

 ・地域別では、日本を含む西太平洋地域が1249人、北米・中南米6670人、欧州2422人、東南アジア1056人。
日本については、「インフルエンザの活動は低下が続いている」と指摘。

◆厚生労働省は、
・新型インフルエンザの症状は、突然の高熱、咳、咽頭痛、倦怠感に加えて、鼻汁・鼻閉、頭痛等であり、季節性インフルエンザと類似していると。ただし、季節性インフルエンザに比べて、下痢などの消化器症状が多い(可能性)と指摘しています。

・ほとんどのヒトが軽症で回復しているが、持病があるヒトのなかには、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い方がいる。特に次の持病があるヒトは、手洗いの励行、うがい、人混みを避けるなどして感染しないように注意してください、とのこと。また、周囲のヒトにも、感染させないように配慮するようにと。

◇慢性呼吸器疾患
◇慢性心疾患
◇糖尿病などの代謝性疾患
◇腎機能障害
◇ステロイド内服などによる免疫機能不全

・さらに、次に該当する人についても、インフルエンザが重症化することがあると報告しています。
感染予防を心がけ、かかりつけの医師がいる方は、発症時の対応についても相談しておきましょう。

◇妊婦
◇乳幼児
◇高齢者


・新型インフルエンザは、ほとんどのヒトが免疫を持っていないため、通常のインフルエンザに比べると、感染が拡大しやすく、多くのヒトが感染することが考えられる。
新型インフルエンザの感染経路は通常のインフルエンザと同様で、咳やくしゃみとともに放出されたウイルスを吸い込むことによっておこる飛沫感染と、ウイルスが付着したものをふれた後に目、鼻、口などに触れることで、粘膜・結膜などを通じて感染する接触感染が考えられています。

・ウイルスは細菌と異なり、生物の中でのみ増殖するため、環境中では状況によって異なりますが、数分間から数時間内に感染力を失うと言われています。しかし、環境中でどれくらい生きているのかといった科学的なデータは一定ではない。
ただし、通常の季節型インフルエンザウイルスで考えても宿主となるヒトがいない状況で生き続けることは困難だといわれています。
・インフルエンザウイルスは、飛沫感染(咳・くしゃみをあびる)や接触感染(感染したヒトが触ったドアノブなどを直後に触り、その後に口を触り口腔内に入るなど)で感染する、と。


・主な治療法は抗インフルエンザウイルス薬(タミフル・リレンザ)の投与です。これらの薬は、医療機関等において医師が必要と認める場合に処方される。また、症状を緩和させる目的で、解熱薬や去痰薬、鎮咳薬などが処方される。妊婦や乳幼児に対する処方については、副作用のリスクを見極めながら、医師が投与の判断をすることになっているそうです。

◆患者はなるべく家族とは別の個室で静養することとし、マスクの着用や「咳エチケット」を心がけてもらう。
◆手洗い、うがいをてっていし、マスクを着用する 。
◆患者の看護や介護をした後は必ず石けんによる手洗い、またはアルコール製剤による消毒をすること。

 私も、上記のことに注意したいと思っています。




Sponsored Links
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle