FC2ブログ

在宅ホスピスケア、末期がん、緩和医療-訪問看護

クリニック川越

〒130-0026
東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル4階
Tel:03-5669-8301 Fax:03-5669-8303
・院長 川越 厚(かわごえ こう)

http://www.pallium.co.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎クリニック川越は在宅療養支援診療所です。 クリニック川越は、一般の外来はもちろん、
できるだけご自宅で過ごしたいと願っている末期がんの患者様や病弱な高齢者の方を、訪問診察・往診の形で医療面から支援いたします。

◆診療科
一般外来: 内科・婦人科

当院には入院施設はございません。入院の必要な方は受け入れ先のご紹介をします。
相談外来 末期がん患者様のご自宅でのホスピスケア(在宅ホスピスケア)、治療継続中のがん患者様の在宅ケア、高齢者の在宅ケア

●外来診療 月~水・金  予約制を取っておりますので、ご来院の際はお電話ください。
 予約受付時間:月~水・金(9:30~12:00)
●外来休診日 木・土・日曜、祭日


☆川越 厚(かわごえ こう) 院長
1973年 東京大学医学部卒業
茨城県立中央病院産婦人科医長
東京大学講師
白十字診療所在宅ホスピス部長を経て
1994年より6年間、賛育会病院長を務め、退職。
2000年6月、自らのクリニックを開業すると同時に、
在宅ケア支援グループ・パリアンを設立。
緩和医療学会 暫定指導医


■訪問看護パリアン(クリニック川越と連携)
〒130-0026 
東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル4階
TEL 03-5669-8302 FAX 03-5669-8310
・営業時間 午前9時~午後5時(国民の祝日、年末年始を除く)

http://www.pallium.co.jp/visit_nursing.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎患者様がご自宅で日常生活を送る上でもっとも力になるのが、強くたくましくそして心優しい訪問看護師です。 訪問看護が必要な患者様には、訪問看護パリアンの看護師がケアにあたります。

○ご利用できる方
・ご自宅で過ごしたいと願っている末期がん患者(医療保険を利用)
・介護保険を利用でき、主治医が訪問看護を必要と判断される方


◇交通アクセス
■JR総武線
両国駅下車 東口より 徒歩2分

→東出口を出たら左手に進み、パチンコ店のある角を右折します。 「両国三丁目」の信号をわたり、右手に進みます。 セブンイレブンを過ぎコイン・パーキングの隣り、美容室のあるビルの4階にパリアンはあります。

■都営大江戸線
両国駅下車 A4出口より徒歩7分

→A4(あるいはエレベーター用A3)出口を出たら、右手に進み「緑一丁目」の信号をわたり、 「ライオン堂」の角を右折しお進みください。 「両国三丁目」の信号を越えセブンイレブンを過ぎコイン・パーキングの隣り、美容室のあるビルの4階にパリアンはあります。

■京葉道路 
錦糸町方面から「両国三丁目」交差点を過ぎ、 セブンイレブンの隣のコイン・パーキングをご案内させていただいております。 駐車場の隣りのビルの4階にパリアンはあります。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◎関連情報
札幌医科大学
寄附講座緩和医療学 特任助教

岩本 喜久子 先生

◇プロフィール:
1999~2005年。
米国オレゴン州ポートランドにて在宅ホスピス、アルツハイマー協会、在宅医療センターなどでソーシャルワーカーとして勤務。
また全米で初めて設立されたグリーフケア専門センター「ダギーセンター」のグループファシリテーターとして従事する。2006年~2008年、ホームケアクリニック川越(東京)研究員、2008年から現職。

緩和医療に対する関心の高まりとともに、グリーフ(grief)と呼ばれる喪失体験にともなう心理的・霊的・社会的・身体的苦痛に対するケア(グリーフケア)も注目され始めた。


Sponsored Links
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleコメントsidetitle
◆こちらでは、病気と医療機関、病気と専門医、保険、医療事務、及び医療情報などについてふれております。

※ここでは、ページの都合上、各医療機関の一部分を載せていますので、詳細はリンク先にてご確認くださいませ。
医療機関のリンク先は、
URLをコピーペーストしてご利用くださいませ。

sidetitle☆検索フォームsidetitle
・病院名でヒットしない場合、例えば、「歯科」「整形外科」「病名」「医師名」などで検索してみてください。医療機関の途中までの住所でヒットする場合もあります。
sidetitle◆膝の痛み、水がたまる膝sidetitle
膝関節の痛み、水がたまる膝と付き合う私のケース    ↓↓↓
関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle★自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法sidetitle
sidetitle◇悩み改善sidetitle
sidetitleパーキンソン病ケアプログラムsidetitle
震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。パーキンソン病治療のパーキンソン病ケアプログラム。
sidetitle高血糖対策sidetitle
sidetitle▼坐骨神経痛改善sidetitle
sidetitle▼膝の痛み改善sidetitle


関節げんき
◆膝関節の痛み、水がたまる膝とのことにふれる体験ブログ
sidetitle◇お気に入り追加sidetitle
※クリックするとこの【医事ブログ】が、ご訪問者様のお気に入りに追加されます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle緑内障改善プログラムsidetitle
sidetitle資格ガイドsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle